%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年7月8日号 No.365

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブル同宿会ニュース
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブル同宿会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 親分からして大罪人!
 − リトル・ペブル同宿会は どんな大罪人でも受け入れます! −

 福音は罪人のためにある! 医者を必要とするのは病人である!
みじめな霊魂ほど神は愛します。できの悪い子ほど神はかわいがります。
同宿会は罪深い人の場です。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年7月1日 AM1:20
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょっとジャン・マリーの今の体の状態のことについて話していた時
に、今しるしだけが何度も持続して続いたので、「誰ですか?」って今
聞いているところなんですけど。「聖母です」って答えが返ってきたの
で、ちょっと確認のしるしとります。今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、聖母が話します。あなたが
インスピレーションを受け、預言的使命を果たそうと努めた、この一年
とちょっとの間、必死に愛を注いだマリー・レベッカが、最後に言い残
した「セックスしなくなって、私うれしい。ありがとう」という言葉が、
あなたの心の矢となって、今ささっています。愛していたのに裏切られ
たショックから、体の変化がいま苦しみに増大しています。悪魔は攻撃
を仕掛けていて、マリー・レベッカが呪いのような言葉を浴びせかけた、
その一瞬の時から「償いのセックス」を終わらせ、服を着たままの接吻
とキス、ハッグと「だっこ法」による、二人の小さな子供(マリー・マ
ドレーヌとクララ・ヨゼファ・メネンデス)の治療に専念するよう、天
は望みました。
 しかし、いまあなたは、もう座っていても射精しそうになるくらい、
心臓にも圧迫感を感じるほどの苦しみを受ける、そういうアタックを受
けています。マグダラのマリアとアンナリアとだけに、取次ぎをお願い
して下さい。クララ・ヨゼファ・メネンデスは、愛する息子のその苦し
みを見て、ペニスを吸ったかも知れません。でも、彼女は嫌悪感と動揺
と恐れとに見舞われて、「こんなことしてもいいのかしら」と迷ってい
ます。苦しいでしょうけれども、これをマリー・レベッカの果たせな
かった使命の償いとして捧げて下さい。ですから、服の上からペニスを
揉んでもらうとか、さすってもらうだけにして下さい。本当に苦しいで
しょうけれども、必ず癒されます。必ず夢精が起き、必ず元のように
射精の状態になれますから、もう過去のこの出来事のゆえに受けた恐れ
を取り去って下さい。マグダラのマリアとアンナリアにお願いするので
す。そして、大天使聖ミカエルに頼んで、これを鎮圧してもらえるよう
にお願いして下さい。攻撃です。攻撃を受けているので、あなたの体は、
本当に苦しみで満ちています。マリー・マドレーヌも同じく、ペニス
からは吸うことはありません。痛いとか、本当に恐怖に襲われる時期も
多々あるでしょうけれども、これはアタックなので、全て聖母に願い、
マグダラのマリアに願い、アンナリアに願い、ヨゼフと大天使聖ミカエ
ルに願って下さい。ヨゼフは、聖母が体内にイエズスを妊娠したとき、
一番苦しみました。彼はその苦しみを判ってくれる一人です。唯一の
理解者になります。ヨゼフに頼んで下さい。祝福をおくります。父と子
と聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしとりました。しるしがあって、「もう一度、ヨゼフに
頼むんですよ」って言っています。確認のしるし、今ありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ
 「それだけです」って、しるしがありました。


--------------------------------
2007年7月1日 PM17:25
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第二ミサをしていて、カリスの洗浄のときに「大丈夫だよ。イエズス
に任せてくれ」って言う声が聞こえてきたんです。「あれ」って思って
「しるしがありますか?」って聞いたら、識別のためのしるしがありま
した。今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌ、イエズスが話をする。聖痕のことについ
て、指導司祭から聞いたように、あなたは恐れなくて大丈夫。全部イエ
ズスがコントロールするので、イエズスに身をまかせ、委ねて欲しい。
聖痕のできる時期は、フランスの旅行とドイツの旅行が済み次第、与え
られて、死のときには、眠るように息を引き取って、マリアの船に乗っ
ていく。マリアママを、あなたは愛したし、慕ってくれている。ヨゼフ
パパも、あなたを大歓迎してくれる。本当に惨めなほど可愛くて仕方が
ないのである。
 愛する息子は、もう悪魔祓いのことを始めているけれども、直接対決
が後になってあるので、準備をするように言う。情緒の問題に関して、
傷を負ったマリー・マドレーヌをはじめ、清水小屋の子供たちは、皆
それぞれの立場で傷を負わされているけれども、今それと戦いながら、
子供たちの世話をしている。一番重い、れもんの傷を一ヶ月では癒せな
いけれども、でもだいぶ一ヶ月後には変わってくるという状態にまでな
る事を、期待して欲しい。子供は成長するから、愛されれば、どんどん
自分に愛が増えてきて、人からの愛を受け取れるようになってくる。
 マリー・マドレーヌは、3、4才の魂のまま、しかも本当に人並みに
育てようと必死で母親が、生後一年たつ前から、ハイハイを教えて、缶
をならして「そこまでおいで」というように育ててきたので、本当に
人並みに育てさせられた。げんこつが多かったし、手がとんでくること
も多かった。それゆえに異常な恐怖感を覚えて、何事に対しても、すぐ
不安になる事を植えつけられてしまって、今に至っている。順調に育っ
たらいむ君が虫を持ってきただけでも、もう駄目で、昔虫を触った時や、
学校の時代、マリー・マドレーヌはあったけれども、その時にはあまり
恐怖を感じないで触っていた。でも、ある時に突然、マリー・マドレー
ヌの兄がセミを捕まえたことから恐怖を植えつけられてしまい、「持っ
てこないで」と言うふうになってしまった。「怖くないのに、バカ」っ
て言われてから、変わってしまったのである。耳元に持ってこようとし
た兄に、恐れをなしたマリー・マドレーヌだった。今も本当に虫好き
な愛する息子とは全く正反対の状態なので、虫好きな愛する息子は、マ
リー・マドレーヌのおびえに、ちょっと疲れたかもしれない。
 聖痕に関して、もう恐れがなくなっているので、今すぐにでも与えて
あげたいくらいだけれども、秋田に人が押し寄せた場合、マリー・マド
レーヌを三人の男性が守って欲しい。聖人扱いを、マリー・マドレーヌ
は拒否し、話が出来なくなるので、全部を男性にお願いして欲しい。今
の状況では、子供たちがいるので、荷が重過ぎるために、時を延ばして
いる。イエズスのしたいようにさせて欲しい。イエズスは、すぐ聖体の
側で寝ているあなたの寝顔を、いつも見ている。あなたは、寝る時間が
すごく多くなっているのを知っている。本当に人よりも何時間寝ている
か、コアラちゃんみたいになってきた。でも、恥ずかしがらないで。体
を私がコントロールしているので、体のことで心配したりしないように
して欲しい。優しいイエズスがいつも側にいて、内的に話が出来ないあ
なたをも包み、守っている。天使のジュディエルがあなたを導く。司祭
の祝福をマリー・マドレーヌにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうしるしないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 イエズスに、「私の罪を許して下さい」って伝えてね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって、

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)の痛み、苦しみ全てを、イエズス
が知っているし、罪を許している。ただ、あなたはマリー・レベッカを
命をかけて愛したために、童貞の状態でなくなってしまった事からの
症状かも知れないので、心配をしないように。「夢精を早く下さい」と
祈って欲しい。そして、ヨゼフに、大天使聖ミカエルに、この悪魔の
攻撃を鎮圧してもらうよう、祈りをして欲しい。マリー・レベッカは、
愛されていることをわかったのに、最後は選んで、自分から出て行って
しまった。マリー・マドレーヌに対しても同じだが、愛する息子を受
け入れないで出てしまうと、イスカリオでのユダのような状態になる。
本当に言葉の軽い女性であったために、表と裏がはっきりしてしまった。
悲しい結果である。「信仰は自由だものね」 これも、彼女の言い残し
た言葉である。最初から、彼女は愛する息子のことを受け入れなかった
状況になる。だんだん、指摘が厳しくなってから、もう愛する息子に
対する愛というよりも、憎しみに変わってしまったので、この言葉を
残して出て行った。いま何をどう愛する息子のことについて話している
のか知れないが、でも、第二世代の価値観を守り通したかった彼女に
とっては、外に出ないとそれが果たせないのを知って、愛する息子に
逆らった。価値観がものを言ったので、「自分のしている事は正しい」
と言って、離れた人々を援助するかのように出て行った。もう思い出さ
ないで欲しい。愛する息子は、一生懸命に全てを果たしたので、許され
ている。心に留めないで、今つい数日前にした事も、心に留めないで、
恐れないで欲しい。優しいイエズスが、あなたを包み、痛み苦しむ場所
に、十字架の愛のしるしをつける。祝福をおくる。父と、子と聖霊との
御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ジャン・マリーのまん前に十字架がたっているのが
見えたんですけど。確認のしるし、今とりました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 しるしを求めてね。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

イエズス様:
 イエズスが、鞭打ちやたくさんの罰を受けて、人の前に引き出されて、
なぶり者にされた時、全部を打ちつけられたのである。体も弱り、本当
に歩くのも辛かった。愛する息子は、その状態に入っている。鞭打ちの
刑のような状態であり、人からのバッシングは、「もうこんな奴いらな
い」などという、「十字架にかけてしまえ」というものであり、それを
ナウラが行ってしまったのである。日本のミッションの人たちも、それ
を本当に強く強調してしまった。娼婦のような女性を相手にした、など
と言ったので、たぶんそれをナウラが正直に飲み込んでしまったのであ
る。「何かあったのか?」とも問わずに、である。愛する息子、全身に
あなたは聖痕を受ける。パードレピオの保護を強く求めなさい。祝福を
おくる。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました、今。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリー・マドレーヌの受けたメッセージは、全部箱舟で公開したいん
ですけど、よろしいでしょうか? 受けた時から公表するまでに、もう
かなりの時間がたっていますから。また今回の自分の罪も全部……

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって……

イエズス様:
 クララ・ヨゼファ・メネンデスもバッシングの対象になるので。でも、
そのへりくだりを、私は喜ぶ。決して好んでやったわけではなくて、苦
しくて仕方がなく、どうすることをしたらいいのか解決が欲しくて、そ
の行動をクララに表し、クララもそれを受け入れたので、彼女も今度は
バッシングの対象になる事を考慮した上で、コルベ・マリーに明かし、
載せるか載せないかを決めて欲しい。今の最新のこの愛する息子の苦し
む状態を誰かがわかってあげられたらどんなにいいだろうかと思うが、
コルベ・マリーと相談し、一切合財を彼に打ち明け、載せるか載せない
かを二人で判断し、公開していくようにして欲しい。もう聖職剥奪(は
くだつ)の状態になっているので、ますますバッシングが浴びせられる
事を予想するけれども、愛する息子の望みは全部受け入れられているの
で、メッセージを公開していくようにお願いする。今までマリー・マド
レーヌに与えたメッセージは、公開して欲しい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「コルベ・マリーは良き理解者になってくれる」と
一言だけ言われました。確認のしるしとります。しるしありました。



----------------------------------------------------------------
3. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は7月15日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]