%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年7月1日号 No.364

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
【2007年3月29日、30日の追加分:箱舟の聖母No.351、352参照】

……
--------------------------------
2007年3月29日 AM5:55
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今、悪魔祓いの一般的祝福の祈りをしたところです。イエズスに私た
ち嘆願をしたんですけど、これからのこと、そして愛するマリー・レベッ
カのことについてのことで嘆願しました。最初に促しがあって、しるし
あって、聞いて求めたんですけれども、その時にはしるしがなかったの
で、サタンを追い出しました。続いてまたすぐに、今度ははっきりした
形でしるしが示されたので、「誰ですか?」って聞いて、「イエズス、
二つ」って言われています。「メッセージが二つ」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 世界で最もマリー・レベッカを愛する、そして情緒に…???…ある
ジャン・マリー神父のためです。イエズスの限りないあわれみの聖心に
よって、マリア様の汚れなき御心の御名によって、御心の御名によって、
今あわれみを説明してください。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

イエズス様:
 愛するマリー・レベッカ、あなたを深く愛するイエズスが、あなたに
話しをする。あなたはいろんなことに一生懸命に尽くしてきた。人に
愛するリトル・ペブルのことを伝えることや、ヨゼフの百合の本をあな
たの愛するミッションの仲間に配り、愛を伝えた。今まであなたをたく
さん戒めたのは、あなたが憎いからではなくて、あなたの情熱的な愛を
もう一度愛する息子(ジャン・マリー神父)と一緒にして
ほしかったのである。
 でも、あなたはたくさんの言葉で一人一人を誤解し、考えるという
部分で悪魔に全くあけわたしてしまっていて、無防備な状態のまま悪魔
に誘導され、本来のやさしいマリー・レベッカを悪魔がいやがって、今
混乱と憎しみ、怒り、前のことに対する執着心に引き戻してしまおうと
している。
 もう一度、言う。あなたの人格が全部悪いと言っているのではない。
あなたはよいものを持っている。けれども溺愛の傷で、全部かわってし
まったのである。愛する子よ、泉にひたり、癒され、回復を受けなさい。
そして、すべての心の傷、悪魔の誘導は、泉の奇跡により癒される。
 愛するマリー・レベッカ、ワルトルタのイエズスの受難のところで、
愛する私の母が嘆願したところを読みなさい。愛する母に「私はこうな
んです」と頼みなさい。祝福をおくる。司祭の祝福をマリー・レベッカ
にお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 このメッセージについて、確認とれました。もう一つのことについて、
です。今、しるしがありました。「ジャン・マリー司祭に」って。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、あなたを祝福する。マリー・レ
ベッカの奇跡的妊娠については、彼女はベッティーナの受けた讒言(ざ
んげん)に耐えられないので、この使命はこれで終わりである。彼女に、
子供たちすべてに伝えてほしいのは、「イエズスはゆるす」と言った
マリアの言葉を話してほしい。「罰する神ではなく、ゆるす神である」
と伝えなさい。
 自分の罪が意識できず、使命の裏切りについても全く意識できていな
い彼女を牛耳っているのは悪魔なので、ミサの祈りの中に彼女のために
悪魔に内的に命じ、追い出すよう、イエズスがあなたにその仕事を授け
る。全ての意志の誘導を悪魔が牛耳っている。内的にしなさい。声に
出してすると、彼女は「私を悪魔呼ばわりして」と言って、もうこの家
から出てしまう。子供よ、彼女を散歩に少し連れ出し、外の空気を吸わ
せ、そして彼女の望み、彼女の願いをコルベ・マリーに打ち明けさせ、
何がほしくて、何をしたいのか聞いてあげてほしい。すべての人に対し
不満と憎しみと恨みをもつ彼女には、全くそれがなくなるまで、そして
泉がわくまで、ロザリオを唱え続けるようお願いする。祝福をおくる。
司祭の祝福をマリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと今、全然違うんですけれども、しるしを求めたら、下に沈み
始めたんで、しるし求めます。今しるしがあって、またリンボウ(古聖
所)にいっています。リンボウは暗くないですね、明るいですね。とっ
ても、何か自然的な静かな感じで風が吹いてて、煉獄とか地獄みたいな
炎のようなものは全くない。
 しるし、またあって、赤ちゃんたちがずうっと動いている感じ。しる
しがまたあって、それが2,3人のように見える。しるしあって、ちっ
ちゃい女の子が「神様見たい」って言ってる。しるしがあって、「お母
さんに会いたかった」って。しるしがあって、別の赤ちゃんなんだけれ
ども、「洗礼授けて」って言ってる。しるし、またあって、「マリア
ママに会いたい」って。しるしあって、私に教えてくれたんだけれども、
「みんな、考えられないくらいたくさんいるんだよ」って。しるしあっ
て、男の赤ちゃんなんだけど、「僕たちをあわれんで」って。しるし
あって、ちっちゃい赤ちゃんの手が、こちらの方にのびてる……。しる
しがあって、「おっぱい欲しいの」って。しるしがあって、「イェジュ
スに会いたい」って。しるしがあって、私のこの一体を全部赤ちゃんだ
らけ。「洗礼ちょうだい」って押し寄せている感じ。泣き声が聞こえて
きた。しるしがあって、「ママに会いたいよ」って。もうしるしはなく
なった。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、もうここに戻ってきています。しるしがあって、
「聖母マリア」って言われています。

聖母マリア様:
 愛する子に、聖母が話します。性的な乱れにより殺された赤ちゃんた
ちを、あなたに会わせ、母親の愛を教えています。実際に、あなたは
子供は与えられずに、神のところに行きます。でも、死ぬまでリンボウ
の子供たちを愛する母親役をします。マリー・ダニエルが、訪問した
煉獄の霊魂たちを愛したように、あなたは幼な子なのでリンボウの子た
ちと一緒に遊び、友達になって、ちっちゃなお母さんのようになります。
今さっき、手を差しのべてきた赤ちゃんは、「一緒に遊んで欲しい」と
お願いしたのです。
 ミッシェル・マリー・フランソワも、愛する息子も、これからリンボ
ウと煉獄の霊魂、そして天使と聖人、イエズス、マリア、ヨゼフ、永遠
の御父に出会い、幻視や幻聴を受けます。神秘的な教会の建て直しは、
二人の男性(ジャン・マリー神父とミシェル・マリー・フランソワ)の
肩に重くかかっているので、二人で一致し、建て直して下さい。
 幼な子たちのローキューションやビジョンについては、しるしを求め
て自分で使えないので、瞬時に観察し、書き留めて下さい。小学生の
子供には、しるしを使うことを一緒に手伝います。そして、しるしにつ
いて、識別のためのものは言わないよう、何度も話してあげて下さい。
持続してしるしを見せてもらうように、天使に強く願いなさい。天使は、
すぐにそれを与えます。今、マリー・マドレーヌに司祭が導いたように、
小さな子供たちにも「同じようにしるしを求めてね」とまず初めに言っ
て、ビジョンが切り替わる瞬間やローキューションが始まる瞬間に、即
しるしを求めさせ、しるしがちゃんとしたものであったら、それを報告
させ、お話を聞きます。「話して下さい」と心の中で、あるいは言葉に
出させるなど、その時々に対応して教えてあげて下さい。
 愛する息子には、特別に一人一人の守護の天使を見せ、会話させます。
マリー・マドレーヌも守護の天使を、愛する息子が見るので、全ての
これからの道を、愛する息子はつつがなく知るようになります。司祭の
祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミサに入って下さい」って。

……

--------------------------------
2007年3月29日 AM11:29
マリー・マドレーヌに与えられたマリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ミサが終わってひと休憩してるところだったんです。静かにしてたら、
「あなたの心の情緒全ては癒されます」って一言聞こえました。「しる
しありますか?」って聞いたら識別のためのしるしをもらって、「どな
たですか?」って聞いたら「聖母マリア」って言われました。「もう
一回しるしをもらえますか?」って聞いたら、識別のためのしるしをも
らいました。今しるし、もう一回ありました。

マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌに愛の母、慰めの母、無原罪の聖母が
話しをします。あなたの決断を天は祝福します。リトル・ペブルとベッ
ティーナを慰める役割を二人は負います。天はそれを先に伝えます。マ
リー・マドレーヌの情緒に関する傷も、すべて泉で癒します。人に対す
る不信頼も、長上の言葉を棚上げしたことで自分の判断にたよろうとし
たことも、いますべてゆるします。
 マリー・レベッカをあわれむ心を天は喜び、あなたのその命の奉献を
祝福します。ゲッセマニでイエズスが受ける杯を「どうか、この苦い杯
を遠ざけてください。けれども私の思いではなく、あなたのお望みがな
りますように」と言った祈りを、あなたは今日祈りました。イエズスに
導かれ、イエズスと一致する道へ入ります。マグダラのマリアがいつも
一緒にいてあなたを強めますから、そのはずかしめを受けてください。
マリー・レベッカに与えられるはずだった子供のたくさんの祝福を見る
ことができず、あなたは苦しみました。でもそのかわり、あなたは泉を
見て、奇跡にあずかります。神には不可能なことはありません。十字架
を一緒に愛する息子と背負ってください。祝福を送ります。司祭の祝福
をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 リトル・ぺブルさんに何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

マリア様:
 愛するリトル・ペブルに聖母が話します。天が愛する息子(ジャン・
マリー神父)にインスピレーションを与え、預言的使命があなたは果た
せなかったことを、愛する息子が愛の行為で二人の女性にすべて命を
与えて、その預言的使命の実現をと願い行動しました。マリー・マド
レーヌはアン役として、マリー・レベッカはベッティーナと同じ運命に
あずからせるために子供をあなたの「聖なる輝く棒」により妊娠する
奇跡を、天がこの寺沢の地においておこそうとしました。マリー・レ
ベッカはもう子供が産めない状態でいました。奇跡にあずかる身をもつ
はずでしたが、彼女の心の弱さのゆえに、彼女がそれをできなくしてし
まいました。そのため、マリー・マドレーヌと愛する息子は償いをしま
す。あなたのすべてにおいて、これから天がそれを知らせます。公けに
されるために、いつしかあなたの耳に届くはずです。
 子供よ、ベッティーナとあなたを慰めるために、はずかしめの道を
同じく行こうとする全盲の女性と誓願を守る愛する息子の正しいセック
スが行なわれます。イエズスが命じました。償いをさせるためです。
すべてあなたに愛を送っている行動になります。あなたの浄配がすべて
直接あなた自身に知らせます。祝福を送ります。司祭の祝福をリトル・
ペブルにお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

……

--------------------------------
2007年3月30日 AM6:41
マリー・マドレーヌに与えられた、煉獄の霊魂とリンボウの子供たち、
聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょっと休憩をとったんだけれども、また熱くなってきてしるしを
求めたら、識別のためのしるしがあって、先ほどと同じ煉獄に戻ってき
ています。今しるしがあって、「音楽家だった」っていう人が一人……

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、ビジョンがあるんですけど、その人は女性で髪の
毛が長い。今しるしありました。

煉獄の霊魂:
 私は、イタリアで昔、プリマドンナとして活躍したオペラ歌手です。
マリー・マドレーヌは歌をしていたからわかると思うけど、人からの
拍手喝さいを浴びて、自分の演奏の技量をみてもらって、その評価によ
り演奏料としてお金を稼ぐ生活をして、歌い手は過ごします。少しでも
下手になると、もうその地位は下がって新しい人をお客さんは求め、ま
るで物を扱うように声楽の世界は本当に名誉欲を保たないと生きていけ
ない世界です。売春婦が自分の体を男の人に売るように、声楽家は名誉
を支配する悪魔に身を売るようなものです。地道に小さなところで、
本当に歌が好きで純粋に神様が歌うことを人間に与えてくれて、自然に
歌が好きで、その歌う喜びを伝えたいと、大ホールでの演奏を嫌う声楽
家もたくさんいます。でも、やはり祈りの歌や生活の中で、声楽を特別
に勉強しないで自然に歌を歌う人たちは、全く本当の歌を知っています。
そこには、人に聞いてもらう、という意識は全くなく、愛からその歌を
歌い、祈っているから。
 だけど、声楽家ほど傲慢になりやすい人はいません。自分の声がこん
なに美しいの、それに顔も体格も見た目に良かったら、なおさらうぬぼ
れるでしょう。あなたは、声楽家を断念したのは、全く神の御旨に沿っ
ていました。むしろすごい良い事なのです。歌を歌うのは、愛するジャ
ン・マリー司祭のように、また、ラテン系で普通の生活をして口ずさん
でいる人のようにして、喜びがほとばしり、また悲しい歌でも、その
一瞬一瞬生きている心だから、それを大切にして下さい。音楽が好きな
のは悪い事ではないけれど、自分が世界で一番上手いとか、技量がある
んだとうぬぼれたら、もう終わりですよ。
 私は歌の魅力に取り付かれて、教会に行かず、告解も聖体拝領もおろ
そかにしました。なぜなら、罪を言いあらわさなければならなかったし、
自分の歌の仕事をやめて、他の事はしたくなかったから。名誉にどっぷ
り浸かりました。悪魔の餌食になってしまいます。本当に危ないので、
やめて下さい。この罪をどうか償って欲しいのです。お願いします。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、少しだんだん上にあがってきています。今しるし
があって、ガブリエルが話してくれたんですけれども、「リンボウに
行きます」って、今確認のしるしもらいました。リンボウの状況なんで
すけど、煉獄みたいに熱いっていうのは全くなくって、静かに風がすーっ
と吹いてる……また確認のしるしもらった。
 しるしがあって、まだビジョンが続いてるんだけど、ちっちゃい天使
が赤ちゃんに寄り添ってる。
 今しるしあった。しるしと同時にビジョンが見えて、声も聞こえて、
そのビジョンは女の子で、「天国でいっぱい、おっぱい飲みたいの」っ
て。声とビジョンの確認もらいました。
 しるしが見えて、男の子「早く洗礼受けたい」。今確認のしるしもらっ
た。しるしがあって、女の子「ガラガラのおもちゃで遊びたい」って。
確認のしるしくれた。ちっちゃい可愛い女の子で、しるしもらって「ベ
ビーベットあるのかなあ」だって。確認のしるしもらった。しるしがあっ
て、女の子「おしっこいっぱいしちゃうよー」って。今確認のしるし
もらった。しるしがあって、また女の子で「マリアママのおっぱい飲み
たい」って。今確認のしるしもらった。しるしがあって、女の子で「お
しゃぶりあるの?」って聞いてる。今確認のしるしもらった。今ビジョ
ンがあって、1位の天使が教えてくれてるんだけど「今一人リンボウに
送られた子がいる」って。確認のしるしもらって、ビジョンの状況が続
くんだけれども、その女の子が泣いてて「何でお母さん私のこといらな
いって言ったの」ってわんわん泣いてる。確認のしるしもらった。しる
しがあって、今の女の子が「マリアってお名前ちょうだい」って。確認
のしるしもらってる。しるしがなくなって、リンボウから出ました。
 しるしがあって、マリア様が……

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が愛してやまない赤ちゃんたちがいっぱいいま
す。天国では、赤ちゃんは本当に宝なのです。それを、人間は宝ではな
く、ゴミのように捨てたり、全く恐ろしいことしています。赤ちゃんの
殺害が続くなら、神は怒りを発します。何度も同じメッセージだと言っ
て軽く見ないで下さい。
 このように、緊急なお願いをしているのは、ソドムやゴモラよりもひ
どく、日本やアメリカで胎児の虐殺が行われているからです。神が見て
いないなどという思い上がりを、今捨て去るように。あなた方に警告し
ます。子供を産むのが嫌なら、最初から結婚をしなかった方が、罪は
軽く済んだはずです。また、結婚前に妊娠して子供を降ろした場合も、
恐ろしい結果を招いていることを覚えて下さい。司祭の祝福を、リンボ
ウの子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(リンボウの子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

……

--------------------------------
2007年3月30日 AM9:30
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子供たち、主であるイエズスが話をする。愛する息子(ジャン・
マリー神父)の願いは、全て聞かれている。全て二つの文を出しなさい。
これにより、シャーベル会がどうみるか、あなた方ここにいる子供たち、
そして私が選んだ子供たちは、はっきりわかる。そして、シャーベル会
の状態がどういうことになっているか、一つのしるしを彼らの判断に
よってはっきりとわかる。リトル・ぺブルがこれにより動かされる。
恐れてはならない。
 愛する息子の真実の愛が示される時がきた。彼ら(シャーベル会)は、
愛する息子を警戒し、毛嫌いした。偽り者とみたのであるが、天は愛す
る息子のために、一つのしるしを与える。それは、誰も否定できないも
のである。愛する子供らよ、彼らの判断に任せなさい。天は、あなた方
を決して見捨てない。面倒をみる。祝福を、シャーベル会にお願いする。

ジャン・マリー神父:(シャーベル会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、確認のしるしがあったんだけど、それと同時にビジョンが見えて、
イエズスが十字架にかかっているのが見えます。もう一度確認します。
このビジョンには確認がとれました。



----------------------------------------------------------------
2. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は7月8日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]