「箱舟の聖母」6月24日号No.363
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年6月24日号 No.363

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月28日 AM9:30
マリー・マドレーヌに与えられた、イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 「ここで終わっていいですか?」って聞くように司祭に言われて、た
ずねたらイエズスが「あなたのシナリオについて」って一言言われて、
それと同時にしるしがありました。

イエズス様;
 愛する子供(マリー・マドレーヌ)に、以前書いたシナリオとは異な
り、まだミッシェル・マリー・フランソワの訓練が終わらないので、愛
する息子(ジャン・マリー神父)が願っている「枝の主日の日に奇跡を」
という願いは延ばされて、聖木曜日でもなく、もう少し地上に残す。そ
して、愛する息子と天草へ行かせる。あなたの旧姓のルーツを調べるよ
う、男性の助けを願って欲しい。秋田においては、ミッシェル・マリー・
フランソワとクララ、そしてマリー・レベッカが中心に働く。コルベ・
マリーは□□と□□のチームをサポートし、名古屋ではロンジ
ン・マリーとフランソワ・マリーのチームで、そして北岡ファミリーと
愛する息子とマリー・マドレーヌが天草へ行く。全て全国に同宿会を
建てるために、メンバーを決めて天が使わしていくので、それをこれか
ら計画して欲しい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(すべての子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛する子供たちに、イエズスが話をする。クララのために祈り、最後
に聖体訪問をロザリオでこの時を終えて欲しい。祝福をおくる。父と子
と聖霊との御名によりて、アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 イエズス様に「3人の一夫多妻の預言的使命は、新しいシナリオでど
うなりますか? 教えていただけますか?」

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

イエズス様:
 愛する息子に、イエズスが話をする。マリー・レベッカの心は、愛す
る自分の主人に心を開いていて、解放を願っている。だから、この預言
的使命については、リトル・ぺブルができなかったように、あなたも
そのくびきを外される。彼女はここの同宿院長として、使命を全うする。
残念ながら、一夫多妻については、解放される。子供よ、愛するマリー・
マドレーヌの養父としてのみ最後まで一緒にいるよう、イエズスが望む。
司祭の祝福をマリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 確認したいんですけれども、私とマリー・マドレーヌの裸の抱っこは
続けますか? 司祭の質問で、ジャン・マリーが今やっていることを
継続しますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

イエズス様:
 愛する息子に、マリー・マドレーヌの事でイエズスが話をする。マ
リー・マドレーヌは情緒が不安定であり、母親の愛を受けられなかった
ので、裸でのスキンシップを続けて欲しい。マリー・マドレーヌは子供
は生まないけれども、新しくこれから生きる象徴になるので、彼女が神
のもとに行くまで、幼な子の道を歩かせ、使命を全うさせるようにして
欲しい。彼女は、いつどこにいても愛する息子と一緒でないと過ごせな
いので、旅行に関しても連れて行くよう、お願いする。マリー・ダニエ
ルとは、タイプは違うが、神秘家として、愛する息子と行動を共にする。
祝福をおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン。マリー神父:(すべての子供に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 今わからないので、正直うかがいます。これは公表しませんが、はっ
きり答えて欲しいんですけれども、セックスの仕方を教えて下さい。マ
リー・マドレーヌのヴァギナの中に、射精すべきなのか、そうではなく
て、百合の刺激でコップにとるべきなのか、それとも、もう一切無精だ
けにするのか、また、マリー・レベッカともいつ、今の裸の抱っこも、
今から即中止するのか、この質問にはっきりと、あからさまな表現で
教えて欲しいんです。罪を避けたいんです。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

イエズス様:
 愛する息子に、イエズスが話をする。あなたに、与えられたこの預言
的使命に関するインスピレーションは確かに天が与えたものである。け
れども、マリー・レベッカの弱さのゆえに、実現できなくなった。泉の
奇跡によっても、これは、実現できない。
 あなたの誓願を最後まで守り、マリー・マドレーヌの裸の抱っこに
ついては、ヴァギナに入れず、百合を刺激する。そして、あなたはこの
リトル・ぺブルの受けた体験をするにとどまり、もう一度コップに取っ
て、それを流すよう命じる。イエズスは、あなたの今までの愛の行為を、
決して罪とは認めない。
 マリー・レベッカとは、もう一緒に添い寝しないように。今日の夜を
もって終わりにするよう、お願いする。イエズスがいるので、この讒言
(ざんげん)があるかもしれないが、恐れないで歩んで欲しい。そして、
これをコルベ・マリーとミッシェル・マリー・フランソワの三人で話し、
二人の男性が愛する息子を支えるよう強く願う。 



--------------------------------
2007年3月28日 PM15:06
マリー・マドレーヌに与えられた、大天使ガブリエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
大天使ガブリエル:
 愛するちっちゃい子、あなたの守護の天使ガブリエルが話をする。
「みんな、小さい子にならなければ決して天国に入れない」と言った
イエズスの言葉は真実である。福音は、人を落とすためのものではない。
今から本当の福音、イエズスとリトル・ぺブルが一致している福音を、
ここ日本で見ることになる。修徳を積んで、みんなは天国に行くように、
という招きを受ける。意志を奮い起こして、弱さと戦う修道者と信徒は
違う。そして、過去の過ちを徹底的に改めることを、愛する息子をリー
ダーとしてコルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フランソワ、ロンジ
ン・マリー、フランソワ・マリー、そして、マリア・ヨゼフ・天草四郎・
北岡直樹、これらの男性が正義と力を結集しておこなう。一致団結して、
友情を保って欲しい。
 女性は、全員どんな地位に置かれても、みな避雷針で、男性の戦いを
励まし、疲れきった男性を慰めるよう、お願いする。女性の持つエバの
罪については、マリー・マドレーヌが本当に苦しみ、今でももだえてい
る。ちっちゃい子の路線を、悪魔は猛攻撃で滅ぼそうとしたのを、イエ
ズスと愛する息子、そして私ガブリエルが止めた。あなたは、泉の奇跡
にあずかって赦しをリトル・ぺブルのゆえに経験する。
 今、みなに必要なのは、裁きの神ではなく、精神的に病んだ人たちに
は、あわれみとやさしい神のイメージを持たせなければ、本当の福音に
ならない。イエズスは。病んだ人を癒し、心貧しい人に福音を告げた。
同宿たちは、全く同じように働かなければならない。決して、自己愛に
凝り固まらないように、お願いする。男性の柱をたてたのは、そのため
である。ミッシェル・マリー・フランソワは、秋田にいて、また、愛す
る息子と一緒に司祭として働く。コルベ・マリーも、愛する息子を助け
る。司祭の祝福を、男性にお願いする。

ジャン・マリー神父:(男性の柱たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

大天使ガブリエル:
 愛する子供たち、ガブリエルが話をする。クララとらいむ、そして
れもんは第三世代の神秘家、幻視者の卵である。それぞれのケアを司祭
が、そして男性の柱がするように、お願いする。ミッシェル・マリー・
フランソワと愛する息子は、神秘的教会の建て直しに力を注ぎ、今、そ
れに集中している。れもんは、神秘家の行動をしていく。ロンジン・マ
リーに、強くお願いする。愛する息子と連絡を密にして、彼に出会った
時のことを、全部メモに書き留め、愛する息子に送るように。らいむは、
幻視を受ける。そして、夢に関する幻も多く見るようになるので、フラ
ンソワ・マリーとロンジン・マリーの共同作業により、北岡家の子供た
ちの面倒を見て欲しい。そして、マリア・アントニアについても、神秘
的な事柄が行われるので、彼女を今、特に祝福する。サタンの攻撃に
あったために、大変傷を深く負っているので、悩み、苦しんでいる。こ
れからの天草への準備は、数ヶ月かけて行われる。必ず北岡家は天草に
行くので、ミサの中で、今司祭がしているように、天草四郎とその殉教
者たちの取次ぎを願うときに、みなに意識して祈りをしてもらうよう
お願いする。司祭の祝福を、北岡家に、そしてクララにお願いする。

ジャン・マリー神父:(北岡家に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3. お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は7月1日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]