「箱舟の聖母」6月17日号No.362
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年6月17日号 No.362

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブル同宿会ニュース
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
   礼紋(れもん)日記
 4.お知らせ


----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブル同宿会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆預言的使命の再度の失敗

 きわめて残念なことに、2007年6月3日、預言的使命は失われ、6月4日、
マリー・レベッカはリトル・ペブルさんの「聖なる輝く棒」から奇跡的
に妊娠した子供を流産しました。

 6月6日、この子の葬儀ミサが行なわれ、「マリア・ヨゼフ・ガブリエ
ル奥田信次郎」と命名されました。彼はリンボウ(古聖所)から天国へ
と移され、今は天国から私達と皆さんのために取り次いでくれています。


◆預言的使命と「正しいセックス」について

 ここで、ひとつ誤解があるようなので、「正しいセックス」について
説明しておきます。

 一連の「預言的使命」と「償いのセックス」において、ジャン・マリー
神父はマリー・マドレーヌ、マリー・レベッカ、クララ・ヨゼファ・メ
ネンデスの3人の女性と「正しいセックス」を行なってきました。「正
しいSEX」とは、ヴァギナに入れないセックスで、各女性の百合に
ジャン・マリー神父がペニスをつけるものでした。それゆえ、ジャン・
マリー神父は彼の「独身の誓願」を保ち続け、各女性は彼女達の「処女
性」を保ち続け、これらの行為は神様の御前にきわめて「清い、聖なる
行為」だったのです。なぜなら、神ご自身がこのことをするように望ま
れ、彼らは純粋な愛に基づいてそれを行なったからです。

 マリー・レベッカが妊娠した子供は、ジャン・マリー神父の精子によ
るのではなく、オーストラリアの監獄にいるリトル・ペブルさんの中に
ある「聖なる輝く棒」から 聖霊によって運ばれた「命の種」による
ものなのです。子供の遺伝子を調べればわかるはずですが、この場合、
父親はいなく、母親の遺伝子のみで子供が生まれる「単為生殖」と呼ば
れるものです。

 すでに10年ほど前から、世界中でこの奇跡がおこっています。「父親
は誰か?」と問われると、あえて言うなら「リトル・ペブルさん」とな
るのでしょうが、「単為生殖」であるため、生まれてくる子供は「金髪
で青い目」ではなく、母親そっくりの子が生まれてきます。母親が白人
なら白人の子が、日本人なら日本人の子が生まれてきます。先の公式
声明で、マリー・レベッカが産むはずだった子供が、「□□家」のもの
ではなく、養父となるミシェル・マリー・フランソワ奥田力の「奥田家」
のものである、と言ったのは、この理由からでした。これらの子供たち
は「単為生殖」であるため、父親との血のつながりが全くないからです。

 そしてこの「正しいセックス」とは、一連の「預言的使命」と「償い
のセックス」においてのみ行なわれた、きわめて特殊なケースでした。
預言的使命が完全に失敗に終わってしまった今、「正しいセックス」は
全く行なわれていません。この先も「正しいセックス」が行なわれるこ
とはないでしょう。

 皆さんに知っておいてほしいのは、「正しいセックス」というものが
皆さんにおいて一般化されるということはないということです。神様の
思し召しに従うために、ある期間、一人の男性と3人の女性にのみ適用
された「きわめて特殊なケース」だった、ということです。

 皆さんが「正しいセックス」というものを誤解して、間違った道に
踏み込まないように、上記のことを解説しました。

 「リトル・ペブルとアンとベッティーナの預言的使命の代役」「償い
のセックス」についての詳細は、下記リンクを参照してください。

「つぐないのSEX」 イエズス、マリア、ヨゼフからの命令
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_070401_sex.html

重婚! 一夫多妻! リトル・ペブルとアンとベッティーナの
預言的使命の代役
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_070414_sex.html

奇跡の妊娠! 預言的使命の再開!
 リトル・ペブルとアンとベッティーナの預言的使命の代役
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/pr_070528_sex.html



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月28日 AM5:24
マリー・マドレーヌに与えられた、リンボウの霊魂と
聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 まだ、悪魔祓いの一般的祝福が終って、これから葬儀ミサをしようっ
ていうときに、私の体に霊が下に沈み始めたんです。それを、ジャン・
マリー司祭に話しして、しるしがあるか尋ねたら、識別のためのしるし
があったので、それをはなしました。しばらくしたら、私の目の前に
ビジョンが見えてきて、すごいちっちゃい赤ちゃんたち、列になって
何人いるのか全然わかんないんだけど、きれいに列に並んでいっぱいい
るビジョンが今見えています。
 今しるしがあって、声が聞こえたんだけれども、「堕胎されたの」っ
て言っています。

ジャン・マリー神父:
 しもべは聞きます。お話下さい。

リンボウ(古聖所)の霊魂:
 お母さんたちが僕たちを殺しちゃった。忙しいとか言って、いっぱい
子供はいらないなんて言ってね。僕たち、生まれること出来なくなっ
ちゃった。神様に会いたい。見たい。神様を見て遊びたいの。だから、
リンボウのたくさんのちっちゃい僕たちを忘れないで。マリアお母さん
にお願いして早く天国に連れて行って欲しいの。誰もリンボウなんで
知らないし、そんなのないってカトリックの神父さんたち言ってるよ。
全然違うんだ。忘れられた存在で、誰もちっちゃい、何ヶ月にもなって
いない僕たちの事を目にも留めてくれないの。
 ねえ、みんな祈って。僕たち、天国でいっぱい助けるよ。今もみんな
のこと、大好きだし、助けてる。僕たちの事を捨てちゃったお母さん達、
とっても悲しいけど赦してあげるから、幸せに過ごしてね。忘れられた
リンボウのために、今日ジャン・マリーお父さんにお願いするね。ミサ
のお祈りの中で、祈って欲しいの。
 僕たち、いっつもケルビムちゃんたちみたいになりたいなあ、そう
思っている。幸せはあるんだけど、大好きな天のお父さんを見られない
し、お父さんの膝に飛び乗って抱いてもらいたいな。毎日、毎瞬、いっ
ぱい僕たちみたいに捨てられたちっちゃいお友達、ここに来るんだよ。
これがなくなるように祈ってね。

マリー・マドレーヌ:
 ちょっと霞(かすみ)がかかっている感じで、ビジョンは見えません。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 その霞に関して、しるしを頂ける?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありますね。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあって、聖母マリア様です。「しもべは聞きます。お話くだ
さい」

聖母マリア様:
 愛する子に、説明を聖母がします。先ほど、あなたは列をなしている
形のある小さな赤ちゃんたちに出会いました。今の霞については、形に
ならずに薬で殺された小さな赤ちゃんたちです。このように、何千も
何万もちっちゃな命が奪われています。地上に人が創られて以来、最大
の殺人がこの世界で行われているのです。夫婦の結婚は良いこととして、
今もどこででも祝われ、皆が喜びます。でも、神がその夫婦に祝福を
もたらすために、与える次の世代の子供たちを、こんな残酷な仕方で、
「自分の時間が欲しいから」とか、「もっと自由に遊びたい」などとい
う勝手な理由により子供を降ろしています。
 母親の責任が大きくなっています。経済的に負担がかかるから子供を
一人にするとか、作らないとか言って、神が絶えず祝福をおくり、神が
その夫婦に合うように人数も決めておられるのに、大人の親たちは無視
して、神を信じません。
 どうか、堕胎の罪がこれ以上大きくならないよう祈って下さい。神は
小さな子供達を、本当に深く愛して、いつもすぐそばに引き寄せ、母親
から貰えなかった愛情をその子たちに注ぎ、祝福と慰めを与えています。
司祭の祝福を、今いるリンボウの子たちに与えて下さい。

ジャン・マリー神父:(リンボウの子たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 さっきのリンボウの赤ちゃん自身のお願いの実行の仕方を教えて下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるし今あって、「功徳の効果を彼らに譲る」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 用いる言葉はどういう言葉を用いますか? 大きな声で叫ぶ時にどう
叫ぶか?

マリー・マドレーヌ:
 「忘れられ、堕胎された霊魂たち」

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 被害者が あるミサにも関係なく、全部のミサでやって欲しいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「そうです」って。「依頼は聖母からの依頼です」

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 叫ぶ場所と、言葉をもう一度与えて下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしがありました。

聖母マリア様:
 聖母がお願いしたいのは、今司祭が唱えたラテン語の文の後に、祈る
死者たちに対するところで、「忘れられ、堕胎されたリンボウの霊魂た
ち」と唱えて下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、泣き声が聞こえています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。

マリー・マドレーヌ:
 ちっちゃい赤ちゃんたちの泣き声で、「お母さん、どうして愛してく
れなかたの?」って泣いてるの。だから、「これからちっちゃい子を
もつお母さんにお願いしたいのは、僕たちみたいに、こんな仕方で命を
とらないでね。絶対だよ! とっても、悲しいの」 しるしあります。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 日本語のことなんだけれども、「忘れられ、忘れられている」か、
「忘れられた」か、確認させて下さい。時勢がわからない、現在形なの
か、現在進行形なのか、過去のことか、正確なことを教えて下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしあって、「忘れられ、堕胎されたリンボウの霊魂たち」です。


--------------------------------
2007年3月28日 AM7:54
マリー・マドレーヌに与えられた、リンボウの霊魂と聖母マリア様、
イエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 まず吹き込み忘れたことを話します。AM5:24頃のことなんですけれど
も、私が下に沈み始める感覚を覚えて、それをジャン・マリー司祭に話
をしたんです。そして、その時にしるしがあって、リンボウにバイロケー
ションしました。そこでリンボウの赤ちゃんたちに出会って、リンボウ
の赤ちゃんの話を聞いたんです。今さっき、ミサがちょうど終わる頃、
カリスの洗浄のときなんですけれども、たぶん7:45くらいだと思うんで
すが、その時に、とってもかわいい男の声で「マリアお母さん、だい
しゅき」って言ったんです。「え?」って思って「しるしあるの?」っ
て聞いたら、しるしを見せてくれました。それをジャン・マリーに伝え
たら、「あとで誰だか聞いて」って、「しるしをちゃんと求めてね」っ
て言われて、しるしを求めてみたら、「あなたは誰なの?」って私は
話したんですけれども、そしたら「ジャン・マリーお父さんが、リンボ
ウの赤ちゃんたちに洗礼を授けてくれたときに、天草四郎って言ってく
れて、天国に上げてもらった男の子」っていう答えがかえってきました。
そして、識別のためのしるしを今先ほどくれました。

リンボウの赤ちゃん:
 ジャン・マリーお父さんにありがとう。僕、リンボウで、堕胎されて
そこにいったんだけど、マリアママの助けて……
(聖水をまいて、しるしを求める……)

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 正しいところから、再開させてください。

リンボウの赤ちゃん:
 マリアママが助けてくれて、天国に行けたの。その時にね、ちょうど
ジャン・マリーパパが、僕に「天草四郎」っていうお名前くれたんだ。
ほんとに嬉しかった。今ね、いっぱいお兄ちゃん、お姉ちゃん、おじちゃ
ん、おばちゃんと楽しく過ごしてるよ。そしてね、僕みたいに赤ちゃん
のような天使がいるの。びっくりしちゃった。ケルビムっていうんだっ
てね、その天使。僕、お友達になっちゃったよ。
 みんなも、絶対に天国に来てね。病気で死んじゃったり、事故で死ん
じゃったり、いろいろかも知れないけど、ちっちゃい赤ちゃん達、いっ
ぱいいるよ。優しいイエズスお父さん、ヨゼフお父さん、そして天と
地球を創ってくれた本当に大きくって、優しいお父さんが「みんなこっ
ちにおいで」って言ってるからね。絶対、悪くって怖い化け物の言うこ
と聞かないでね。すごく優しく話しかけたり、「これあげるからおいで」
って言って甘〜い言葉でみんなをだまして、実は全然違うところに連れ
ていっちゃうよ。絶対つい行かないでね。もう一度、ジャン・マリー
パパにありがとう。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

聖母マリア様:
 聖母が子供たちにお話します。リンボウの子供たちの救いの道が開か
れました。無垢な霊魂についても、彼らは愛する息子によって、洗礼が
授けられ天国に上げられています。彼らは、理性が全く発達しないまま
の霊魂たちですが、神の事業に重要な役割を果たしています。神は、あ
えて知恵をその霊魂に与えないことにより、本当にちっちゃな赤ちゃん
のようなままで、人に世話をしてもらわなければ生きられないようにし、
人に迷惑をかけると周りが判断しても、彼らにそのような感情を抱かせ
ないようにしました。
 それは、幼子で純粋で、一つ何か出来ることを、その霊魂に与えまし
た。能力として、たった一つしか出来ないことがあっても、神にとって
はその霊魂は最高の被造物なのです。
 しゃべることがおぼつかず、よだれを出すようなしぐさをする大きな
体をした大人の人を見たことがあるでしょう。その霊魂が「無垢な霊魂」
なのです。子供たち、誰一人として、価値の無い人間はいないのです。
知識を多く与えられた人は、その分、助けてあげるために、その知識を
人々に分けてあげて下さい。自分の利己心のために使うなら、神はそれ
を取り去ります。司祭の祝福を、ここにいるすべての子供たちにお願い
します。

ジャン・マリー神父:(ここにいるすべての子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「イエズス」って言われています。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌにイエズスが話する。あなたの生まれた時
は七ヶ月で、早くこの世にでてきた。母親が体に無理をしたためである。
あなたの家系は武士であったと以前の父親が言っている。九州の出であ
るので、天草四郎の取次ぎを願い、全てイエズスに身を任せ、「幼な子
路線」で歩むよう強く命じる。
 あなたの弱さのゆえに、すぐに人を気にするという悪習慣がついてい
て、無意識のうちに「大人にならなければ」、また、「人の手を煩わす
のは駄目だ」と考え、行動し、言葉にまで出すようになってしまった。
あなたは、誰か人が来たり、外へ一緒に愛する息子(ジャン・マリー
神父)と行ったりすると、すぐに人格を変えてしまう。それは、以前の
母親のしつけによるもので、あなたは、「知恵遅れだ」と言われ、「何
もできないのを恥ずかしい」として、視覚に障害のある人たちの中で
比べて、いつも「最低な奴だ」と言われたので、大人に対するあこがれ
を迫られ、「何とかして自立しなきゃ」と思ってきた。
 親は、自立を促すけれども、全く矛盾しており、物を与え、音楽を
させることで、「この子を愛している」という思いに強く強く支配され
ていた。物さえ与えれば愛している、そういうとんでもない思い違いの
ゆえに、どれほどに子供はむなしく育たなければならなくなったか。
 リンボウの子供たちも同じように、お腹の中に命が宿ったにもかかわ
らず、自己愛から子供を中絶し、自己愛のためにその命を奪ってしまっ
た。なぜ、結婚をしたのか。愛し合って幸せな家庭を作ると神の前に
誓う、その婚姻の秘蹟を受けたカトリック信者たちは、平気で子供を
ペットのように扱い、また、降ろし、命を奪って、「家が貧しいから」
「生活が厳しくって働くのが大変だから」という理由で、全てそのよう
にしている。
 全ての富を持つ神になぜ、助けを願わないのか? 信仰の薄い子供た
ち、悔い改めて、神に立ち返れ。イエズスは、あなた方のゆえに苦しみ、
怒り、天罰を下さずにいられない。でも、子供たちの行動が変わるなら、
そのことを和らげて、赦しを与えよう。すべて、神のもとに来る人を、
イエズスは拒まない。自分の犯した罪を本当に認めるなら、ゆるしを
与える。
 最後まで、かたくなに拒んで、「自分には罪は無い」と言い張るなら、
神はあなたの心に入ることは出来ない。子供たち、よく覚えておきなさ
い。全員が罪人なのである。誰も偉くない。ただ、神が命を与えている
から生きていられるのである。今、すぐに神がその人の命を取り去るな
ら、あなたは今まで築きあげたものが、全部無に帰してしまう。
 子供たち、愛しているから厳しいことをいうのである。天の愛は、い
つも変わらない。「私は愛されていない、私ばっかり責めないで」と
言わないで欲しい。イエズスは一人一人に、美しく、素晴らしい計画を
用意しているのである。司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソ
ワと、マリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「リトル・ぺブルに」って。イエズス様の声です。

イエズス様:
 愛するリトル・ぺブル、あなたの全てを創造し、人生の一瞬一瞬を
導いているイエズスが話をする。子供よ、あなたを助ける一人の司祭を
日本に起こした。そして、その司祭の後継者たちもいる。あなたは苦し
められ、痛めつけられ、全く孤独にされ、ナウラの状況を聞いていると
思う。どうか、全世界の救いのために、祈りをして欲しい。釈放のため
に、あなたの願いは聞かれているので、希望を強く持ち、ヨゼフにます
ます信頼をおき、すべての恵みの仲介者、贖いの共贖者のドグマを、
教皇ベネディクト16世が発表するのを待って欲しい。
 全てあなたのことを心底から愛し、あなたの真実だけを伝えるコルベ・
マリーをはじめ、ロンジン・マリーも、他の日本の人々も忠実に仕事を
こなしていくので、寛大な霊魂を持つあなたは、必ずその実りを見て
喜ぶはずである。よい事と、悪い事をはっきり見分けるあなたに、私は、
教皇職を与えたのである。あなたを祝福する。いつも、優しいイエズス
が側にいるので、信頼して欲しい。司祭の祝福をリトル・ぺブルに、そ
して、ベッティーナにお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ぺブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ベッティーナに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
  礼紋(れもん)日記
----------------------------------------------------------------
2007年5月26日(土)
マリア・アントニア北岡理枝の入院している病院の談話室で。
マリア・ヨゼフ天草四郎 北岡直樹さんからの話。

 前日の27日夜のこと。マリア・ヨゼフ天草四郎 北岡直樹さんと次男
マリア・ガブリエル礼紋君といっしょにテレビを見ているときに、礼紋
君が上のほうをあちこち見ながら、手を前方で羽をばたばたさせるよう
に開いたり、閉じたりしながら「ケム、ケム」「ケム、ケム」といいな
がらあちことを見ていた、と話してくれました。礼紋君に「いっしょに
遊んでたの?」と聞くと「はずかしーもん」と答えた。

 その話を聞いている途中、礼紋君がロンジン・マリーとフランソワ・
マリーの上あたりを見ていたので「ケム、ケムいるの?」と聞くとうな
ずいた。「ケム、ケム君と遊んでたの?」と聞くと「うん」とうなずき、
「セラフィムくんはいっしょじゃないか!」と聞くと「うん」とうなず
いた。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は6月24日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]