「箱舟の聖母」6月10日号No.361
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年6月10日号 No.361

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
   礼紋(れもん)日記
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月27日 AM5:17
煉獄の霊魂の訪問
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
今第一ミサ、葬儀ミサをしているところです。その途中で、涙が出て
きまして、「煉獄の霊魂償ってあげるからおいでね」って、「一緒に償
うからね」って祈りをしていました。私自身も「イエズス様、まだ冷た
かったこと、赦し下さい」」って嘆願しながら祈ってたんですけれども、
そうしましたら、終わり頃になりまして、心があったかい平安な状態に
なってきたんです。そして風も吹いたので、「しるしありますか?」
って聞いたら、識別のためのしるしがありまして、「どなたですか?」
って聞いて名前を尋ねたんですけれども、名前は言わなくって、「煉獄
で冒涜の罪を犯したんだ」ってすごく悲しげに訴える男性の若い声が
聞こえました。「償ってくれ」って悲しげな感じで訴えてくる声が聞こ
えます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もう一つしるしがあります。女性の声で、名前は聞いているんですけ
ど、名前は明かしてくれません。「堕胎の罪です。償って下さい」って
声を聞きました。

ジャン・マリー神父:
 しるしを求めなさい。

マリー・マドレーヌ:
 しるし頂いています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 また一人しるしあります。「愛することをしなかった」と言っていま
す。その声は女性の声で、今しるしを頂いていますけれども、中年の
感じの女性です。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 また一人しるしがあります。名前は尋ねていますが、教えてくれませ
ん。今回は男性で「盗みをした」と言っています。しるし頂いています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 また一人、しるし頂いています。「教会の信者だったんだけれども、
聖体を大切にしなかった」と言われています。」しるし頂いてます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 また一人、しるしを頂きました。「私は男性です。メッセージを伝え
ることをしてました。けれど、背いたので煉獄にいます。償って下さい」
って言われまして、識別のためのしるし頂いています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 一人しるしがあって、「母親なんだけれども」って言われています。
「子供を愛さず、虐待して放置した罪で煉獄にいます。」って言われて
います。識別のためのしるし頂いています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今ひとりしるしがあって、男性で……

ジャン・マリー神父:
 暖かい声で迎えるんだよ。

マリー・マドレーヌ:
 「リトル・ペブルさんを冒涜した」て言っています。「お願いだから
冒涜しないでくれ」って言っています。男性の声です。今確認のための
しるしありました

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 また一人、しるし頂いています。中学生くらいの子です。「うそを
ついて頻繁に困らせた」そうです。「言葉には気をつけて下さい」って
言っています。しるし頂いています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「ちっちゃい女の子」って話してくれました。言わ
れた言葉なんですけれども、「神を呪っちゃった」って言っています。
「病気になったので死んじゃったんです」って。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 何歳なの?

マリー・マドレーヌ:
 7歳って言われました。しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 一人しるしがありました。「10歳の男の子で、お母さんの言う事を聞
かないで、いつも反抗してました」って。「教会に全然行かなかった」
って言ってます。「イエズスを悲しませました」って、同じ男の子が
言っています。「償って下さい」って言ってます。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 一人しるしがありまして、明かしてくれたのは「男性です」ってまず
言ってくれました。「役所で働いていたんだけれど、すごく傲慢に振舞
って人を奴隷のように扱いました」って今告白しています。「権威に
魅せられたからです」って言っています。「ここでは、全く天と地を
作った神こそが唯一の方なんだと知ったので、悔い改めました」って
言っています。「みんなに伝えたいことは、決して自分が一番偉くって
我が物顔に振る舞えるなんて、絶対思わないで下さい。そうでないと、
煉獄の深いところに行きます」と言われています。しるし頂きました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今ひとりの男性がいまして、しるしを頂いています。言われた言葉が
すぐ聞こえたんですけれども、「たくさん人を殺した」って言ってます。
「悔い改めるなら、神は赦してくれるとわかったので、これを伝えます」
そう言われています。今しるし頂いています。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 女性がいて、しるしを頂きました。お金を人からだまし取ったそうで
す。「快楽のために使いたかったから。償って下さい」って嘆願してい
ます。しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もうしるしないです。



--------------------------------
2007年3月27日 AM5:52
マリー・マドレーヌに与えられた大天使ガブリエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今重要なことが起きていまして、私途中で止めるのを忘れたんですけ
れども、煉獄の霊魂の訪問が始って、じき、その終るときまでなんです
けれども。ずーっと下に沈み落ちていく感覚を感じてました。煉獄の
霊魂の訪問が終ったときには、重たいもの、何かすーっと誰もいなく
なったような軽い感覚が戻ってきました。その沈み落ちていく感覚につ
いて、「本当だったんですか?」って、途中休憩したときに聞きました。
「しるしはありますか?」って聞いたら識別のためのしるしをもらいま
した。「ガブリエルちゃん、これ本当にそうなの?」って念を押して
尋ねたんです。そうしましたら、「そうだ」って教えてくれまして、識
別のためのしるしをもらいました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ガブリエルちゃん、何かローキューションある?

大天使ガブリエル:
 愛するマリー・マドレーヌにあなたの守護の天使ガブリエルが話をす
る。恐れないで、煉獄の霊魂の償いをしなさい。マリー・ダニエルとタ
イプは違うけれども、でもあなたの心からの愛が芽生えてきているのを、
本当に嬉しく思う。恐れないで、ガブリエルについてきて欲しい。
 あなたは、私審判のことで非常に恐れているのを私は知っている。今
も全く不完全でよくないところだらけなんだと訴えている。マグダラの
マリアが痛悔をしたように、あなたも痛悔の涙が日を追うごとに増える。
それは、死を目の前にした人の心理状態であるから、今まで何を自分は
してきたのか、良心がはっきりしてくるので、責めるのである。
 悪魔の誘導に従ってはならない。幼な子で小さな子供が、どんな時に
自分がこの地上を離れるか、全く知らないで無邪気に遊んでいるように、
あなたは傷が深いゆえに甘えることを、また、自分で抑えようとしてい
る。どこまで身をあずけたらいいのかわからないので、少し不安がくる
と、それでもう「私は人を煩わせている」と言って、自分の力でしよう
という意志をもち、長上が言うこと望むことから、また身をそらしてし
まう。
 あなたの生涯にわたってのしつけは、全て人の手を煩わすことなく、
障害者も健常者と同じように、何もかも全部自分でしなければいけない、
と強くたたき込まれたので、自分が何か出来ると、それが嬉しくてやれ
る事を増やしたいという欲求に身を任せようとしてしまう。本当に小さ
な事で何か人がしてくれたら、すぐに「ありがとう」とか「すみません」
などと言う言葉を言って、相手に失礼のないようにするよう教えられ、
あなたはそれで大人になる常識の世界を生きるんだという考えになって
いった。一般的に「この世の中で生きていくために、当たり前の礼儀作
法であって、特に女性はそうあるべきだ」という考えを、あなたの母親
の年代の人々は特にそのように教える。
 子供よ、これからたくさんの小さい子から老年にいたるまで、同宿に
なりたい人が集められる。それぞれの家庭で育ち、それぞれの価値観で
人をみて、不足があるとすぐに裁きあう、そのような問題は避けられな
い。でも、あなたは、今愛する息子(ジャン・マリー神父)のもとで、
かちかちにされたしつけの文化から、全く心を穏やかに平和に過ごせる
ように、育ててもらっている。
 小さな子供たちを、縛り付けてはいけない。悪い事をしたら、はっき
り叱るのが当然であるけれども、虐待をしないようお願いする。そして、
逆に溺愛(できあい)の傷も負わせないよう、これからの指導者たちに
お願いする。
 煉獄の霊魂は神を神として認めることを知ったのであるから、これか
らも、続く煉獄の訪問に対し、3人で一緒に償って欲しい。あなたがた
に、傲慢にさせないことを、煉獄の霊魂から学ぶことを、心からこの
恵みに対し神に感謝と光栄を帰すよう、あなたがたに伝える。司祭から
の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワとマリー・マドレーヌに
お願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるし頂きました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

大天使ガブリエル:
 愛する女性の子供たちに、ガブリエルが話をする。これから同宿院が
建てられるときに、決して仲良しグループになるような行動をしないよ
う、お願いする。よく、自分の話す言葉に注意して、言葉による罪を
犯さないよう忠告する。
 女性はエバの罪を持ち、女性同士になると、相手の事を気にしたり、
その場にいない人の悪口を互いに言い合って、自分こそ正しく聖人だと
言わんばかりに、非難し、噂話に花を咲かせて楽しむ傾向を持つので、
その罪を犯してはいけない。相手を冒涜したり、し続けるなら、先ほど
マリー・マドレーヌとミッシェル・マリー・フランソワ、そして愛する
息子(ジャン・マリー神父)が目撃したように、煉獄で苦しむことにな
る。
 人は不完全で軽い気持ちで、悪気は全然なく言うこともあるけれども、
でも、全能の神の御前に立ったとき、申し開きをしなければならなくな
る。なぜなら、相手が傷をつけられてしまったから。神は、それを覚え
ているのである。ただ、「赦して下さい、自分は罪を犯しました。あな
たはあわれみ深い神として、私は信じ、より頼みます」というなら、あ
われみに富んだ神はその子供の罪を赦す。
 よく覚えてほしい。煉獄は裁かれて、神の怒りの場所なのだという
間違ったイメージをいち早く捨てるように。そこでは、罪の赦しを願っ
て、償いたい意志を持った霊魂たちがそこにいくのである。裁きの場、
永遠の炎の燃えさかる場所は地獄なのである。煉獄を、地獄と同化させ
ないようお願いする。償いのために、清めの炎で霊魂は焼かれるように、
多くの幻視者は見ている。子供たち、言葉を大切にして欲しい。神を
讃美し、人の徳を高め合うために、愛し合うために、人間に与えたので
ある。決して悪いところに誘導されないよう祈りながら、そして、自分
に与えられた能力を、神の事業のために使って欲しい。司祭の祝福を、
マリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、ガブリエルが「ミサを続けて下さい」って言われて
います。しるしありました。


--------------------------------
2007年3月27日 AM7:45
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からの
メッセージと煉獄の霊魂の訪問
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど、AM7:38頃、カリスの洗浄をし始めた頃なんですけれども、
私の方でものすごい体が寒くなりまして、しるしあるかどうかを聞きま
した。識別のためのしるしがあるかどうか尋ねたら、ありまして、ジャ
ン・マリー司祭に告げました。聖堂のところに来るように言われまして、
来たんですけれども、まだ寒さは続いてまして、また下に落ちていく
沈み落ちていく感覚が始まっています。それも、識別のためのしるしを
求めたら、頂いています。

マリー・マドレーヌ:
 今一人しるしあります。「男性です」と今言われました。「キリスト
教国に生まれながら、イエズスを軽蔑の目で見ました。幼児洗礼を受け
て、イエズスとマリア様、ヨゼフ様が僕の唯一の助け手で、命の導き手
だと知っていたにも関わらず、カトリックを否定して、占いやら他の
宗教にのめり込んだんです。神を神として崇めなかった罪で、僕はここ
にいます。イエズスを軽蔑しないで下さい。聖体をパンのように軽くあ
しらわないで、手で聖体拝領をしないで下さい。涙をもって皆さんに
懇願します。そして、メッセージにも触れていたけれど、ただ興味本位
で覗いて、聞いたり見たりしてました。そんなこと絶対にしないで下さ
い。本当にお願いします。年齢は20歳です。償いをお願いします」
しるしありました。

 今、また一人しるしがあります。「私は、アメリカにいた女性です。
実に、リトル・ペブルさんを支持していたことがありました。でも、
重婚の問題で、リトル・ペブルさんを否んで、敵に回ってしまいました。
そして、恵みを受けたのに投げ捨てたんです。そんな事をしないで下さ
い。年齢は26歳です。償いをお願いします。煉獄の深いところに行かな
ければならなくなったので、どうか償いを助けて下さい」 今しるしあ
りました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、全ての恵みの仲介者、贖いの共贖者の聖母が話しま
す。煉獄の訪問は、訓練の一環となります。今日、仕事を済ませて仮眠
をとった後、司祭の聖体訪問とロザリオをお願いします。ミサを終えた
ら、そのまま病院に行き、手続きをとって下さい。聖母がミッシェル・
マリー・フランソワを慰め、強く励まします。落ち着いて心を緊張させ
ないで天使と聖母とずうーっとお話しして下さい。やさしい母、慰めの
母がいます。そして、強い大天使たちをつかわします。司祭の祝福を
ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しるしを求めて、「聖体の前にひざまずくのは、各ミサの直後ですか?」
って確認したいんです。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあります。

聖母マリア様:
 聖母が司祭の質問に答えます。二人で一緒にミサが終って、短い時間
でも構わないので、各ミサ毎に聖櫃の前に来て下さい。しるしを求め続
けます。祝福をおくります。父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。



--------------------------------
2007年3月27日 PM14:15
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど私は、イエズスの受難のところを聞いていました。最後の
晩餐が終って、イエズス様が私たちに話をしようとしていたところを聞
いていたんですけれども、その時に私の右の手に風を感じまして、しる
しを確認するためにテープを急いで止めまして、確認しました。「識別
のためのしるしはありますか?」と尋ねまして、識別のためのしるしを
頂いたところです。今しるしありました。

イエズス様:
 愛する私の子、あなたの導き手であるイエズスが話をする。あなたの
女性としての振る舞いやものの言い方、考え方はマリー・レベッカとは
異なる。もう彼女の事を脇に置いて愛していないのを、自分で責めない
ように。あなたは、互いに愛し合うと言った言葉に動揺して、彼女を
愛していないのではないかと恐れ、不安になった。命の奉献に関して
十分に愛を実行しているあなたの傷のゆえに、愛する事がとても難しく、
支えてもらって初めて愛されているのを知ってきた。今、私があなたに
話した彼女に対する事柄は、後になって公表するように。しかし、他の
二人の男性には今、司祭から伝えて欲しい。彼女はもう自分の事で、
手いっぱいで、人を愛し、赦し、祝福する目を持つことが出来なくなっ
ている。大変に残念なことが起きている。ミッシェル・マリー・フラン
ソワも傷つけてしまった。昨日の相談事の話を司祭が皆にした時に、軽
く「私もそのように受けたい、保護を受けたい」と言った。マリー・マ
ドレーヌは、大変に悲しみ、ミッシェル・マリー・フランソワの苦しむ
状況を見ているので、心が痛んだのをイエズスは知っている。
 今、一番激しく苦しみ、痛みを負っているのは、ミッシェル・マリー・
フランソワである。彼の中に、イエズスがいるのである。多くの助け手
をこれから同宿の仲間たちでしていき、彼が生きていけるよう、皆で
支える。彼女の状態は、ケリオットのユダのようで、自分しか愛してい
ない。家族の事で、大変になって苦しんでいるのは、自分が一番なんだ
という思いでいっぱいなのである。もうマリー・マドレーヌに対しては、
まるでいないかのように声をかけず、心を閉ざした。食事を作るのは、
主婦としての義務から作っているだけで、コルベ・マリーの叱責にも
大変にかたくなになりつつある。今日、ガブリエルがこれからの女性の
集まりの中で起きる問題に対し、指摘したのを彼女は聞いた。天は変わ
らず愛を注ぎ続けているけれども、今必死に捧げているのは、私が一番
で、他の人は違って、特にミッシェル・マリー・フランソワを軽蔑の目
で見下げている。この事実を伝えにきた。
 ミッシェル・マリー・フランソワが落とされないように、どうか祈っ
て欲しい。憎しみのあるところに、神は、そして天使や聖人は入れない
のである。子供よ、避雷針となり、痛み、苦しみ、讒言(ざんげん)を
言われるのを捧げて欲しい。イエズスと一致させるために、あなたは
傲慢と高慢にならないよう、祈りをし続け、これからも花嫁の愛をもっ
てイエズスの痛みを負って欲しい。あなたに恵みを注ぐ。司祭の祝福を、
ミッシェル・マリー・フランソワとコルベ・マリー、ロンジン・マリー、
そしてパードレピオ、クララにお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (ロンジン・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (パードレピオに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
          (クララに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。



----------------------------------------------------------------
2. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
  礼紋(れもん)日記
----------------------------------------------------------------
2007年5月12日(土)

 聖体行列の出発。聖体を先頭にマリー・マドレーヌの乗った車椅子を
ロンジン・マリーが押す、押し手を後ろから着いてきたレモンが一緒に
押すといって歩き始めた。しばらくすると、手にもっているトーチを
ぐるぐる外壁にむけて回しだし、「セラフィム君といっしょ」とレモン
に話しながら歩いていると、マリー・マドレーヌがローキューションを
受けたので、ジャン・マリーの指導によってストップし、しばらく待つ
と、セラフィム君がいっしょにいることを教えてくれた。

 また行列が始まり、またレモンがトーチをくるくる回した後、マリー・
マドレーヌがローキューションを受けたので、ジャン・マリーの指導に
よってストップし、しばらく待つと、ケルビムちゃんもいっしょにいる
ことを教えてくれた。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は6月17日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]