「箱舟の聖母」6月3日号No.360
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年6月3日号 No.360

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
   礼紋(れもん)日記
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月25日 AM9:05
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワに聖母が話します。あなたは、
クララと一緒に神秘的な事柄についての仕事を開始する必要があるので、
今新たに識別のためのしるしを再発行します。慌てないで、ゆっくりと
心を落ち着けて、司祭に指示を仰ぎ、しるしを待って下さい。そして、
はっきりとした特別のしるしを3度、時間をおいて見せます。悪魔の
手口にのらないように、よく注意して見て、3度記憶に与えられるもの
を、はっきりと心に刻み込み、そのしるしが3度とも全く変化も形も
同じであるのなら、それは天が携えてきたものです。そして、大天使
聖ミカエルの像に映るので、よく見極めて下さい。あなたの守護の天使
がしるしをもって来ますから、それがこれからのあなたのしるしになり
ます。祝福をおくります。どうか、司祭の指示に従い、あちこち映る
しるしに目をやらないで、落ち着いて待っていて下さい。司祭の祝福を
お願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワに聖母が伝えます。いま、マ
リー・マドレーヌが避雷針となり、一緒に苦しんでいます。もう少し
待って下さい。それでも何も現れない場合、毎回ミサの後に、聖櫃のと
ころに来て、しるしを求めて下さい。そして必ず与えられるので、決し
て失望しないようにして下さい、悪魔は大変にあなたに対し、憎しみと
怒りをぶつけて妨害しています。一緒に司祭とマリー・マドレーヌが
苦しむので、恐れないで、天を信頼して下さい。「僕、イエズスを信頼
するもんね」といって待ち続けるのです。小さい子のように振舞うこと
を悪魔は嫌います。あなたは、小さくってとっても可愛いので、誰があ
なたを放っておけますか? あなたの天の母の声を信頼して、待ち続け
て下さい。食事の時にも、何かの働きかけがあるかもしれません。よく
落ち着いて、怖がらないで、その働きかけを感じたら、即司祭に話し、
聖櫃の前に行き、祈って下さい。聖水と香が、非常に必要となります。
あなたは、洗礼を受け、堅信を受け、悪魔との契約を破棄する意志を
表して今まできましたが、あなたの仕事が偉大なので、悪魔はますます
猛り狂い、(悪魔との)契約を振りかざそうとします。でも、あなたに
与えられた大天使聖ミカエルに嘆願して下さい。そのために、あなたの
天使、強い、そして一番謙遜な天使を天が与えたのですから、ミカエル
と友情を深めて下さい。あなたは、ミカエルを見ますし、声も聞くこと
が出来ます。だから、忍耐と喜びと平和を失わないで、愛して下さい。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が話をします。今日、大天使ガブリエルより
御子の宿る事を告げられ、人類の救いに関わるために、重大な神の御計
画を聖母は知り、フィアットを言った日です。子供たちにそれぞれ天が
直接、或いは長上を通して神の望みを言う時に、人はそのことの重大さ
を知ることを知らないために、また不可能に見える事柄を多く言うので
戸惑い、自分の意志の弱さに、そこで初めて目覚めて、フィアットとは
反対のノーを言ってしまいます。神の計画はすぐに見える形で与えられ
るものではなく、ある長い期間を経て実現することが多いので、人は
すぐに心が揺れ、「神は約束を忘れた」とか、「祈りが聞かれていない
のではないのか」と言って、最初にフィアットを言うことが出来た人も、
途中でぐらついて、意志を変えてしまい、使命を失ってしまう。このこ
とが、リトル・ペブルのミッションで数多く繰り返され、天は大変に
悲しみ、リトル・ぺブルの償いが大変に重くなりました。聖母は、本当
に純粋に信じ、子供のように慕ってついてくる人を探し求めてきました。
 あなたがた、リトル・ペブル同宿会は、見た目からへんてこに見える
ような集まりで、過去にも未来にも存在しない、とても変わった集団と
して、今秋田で噂になっています。白装束の服と言って、以前騒がれた
ある団体と取り違え、ある人は恐れをなし、なぜあんな格好をするのか、
そう疑問に思う人々が多くいます。都会では、大変に冷たく、名古屋の
ロンジン・マリーはそれにもめげず、堂々と車に小さな子が引きつけら
れるような絵をたくさん貼り、リトル・ペブルとイエズス、聖母マリア
を証しています。その効果がある時から、人々はその絵を立ち止まって
見る、という行動になってきました。秋田の人は、大変に純朴で、彼ら
を見た時に、敬意を表するように、頭を下げるなど、とても都会とは
違う意思を表し、言葉に出して、子供たちも反応しています。
 愛する子供たち、フィアットを言うことが、どれ程に大事か、今日
一日黙想して下さい。残念ながら、横浜での集会は、大変に小さなもの
となり、リーダーとして立てようとしたミッシェルは、恐れと不安
と自分の抱える傷により、天に信頼することが出来ず、逆に愛する息子
を苦しめ、痛めるという行動をとってしまっています。第二世代の選ば
れた子供たちは、そのように恐れと不安がいつも付きまとい、このよう
にしたら世間から見放されるし、カルトと言われている多くの人からの
目を気にして、イエズスの手を握ることが出来ずに、自分の時間を持ち
たいために、愛をイエズスからそらしました。子供たち、どうかクララ
のためにロザリオを祈り、マリー・レベッカの意向と合わせて祈って、
この訓練を終えて下さい。司祭の祝福をコルベ・マリーと、離れてし
まったミッシェルとオーガスタンにお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(ミッシェルとオーガスタンに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年3月26日 AM3:56
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌに、あなたの愛すべきイエズスが話をする。
あなたの避雷針としての機能を、今もう一度立て直す。そして、あなた
の弱さを補うために、あなたの司祭、愛する息子(ジャン・マリー神父)
が私に訴え、許しを請うている。あなたの「どうしても人の目を気にす
る」ということは、昔から「見えないから恥をさらさないように」とか、
「あなたの行動はいつも知恵遅れの人と何ら変わりがない」という言葉
を30年以上にわたり浴びせられた結果で、「人によく見られたい、そし
て自分を認めて欲しい」、そういう欲求が募ったために、いつも権威あ
る人、自分より少しでもよいものを持ったり、知恵を多く持つ人に対し
「尊敬しなければ受け入れられない」と構えてしまい、「何か失礼なこ
とを言ったら、相手は私を見下げる」という思いにかられ、恐れを生じ
て過ごしたので、今に至るまでこれが直らず、愛する息子の情緒に直接
訴えることや、霊的な面から助言をする事を、脇に置いてしまい、世の
人の知恵に目を注いでしまおうと、いつも心に揺らぎを感じて、最近も
愛する息子の望みと違うことを医師に話をした。あなたは、不安があっ
たから話したけれども、それは、神の望みではなく、かえって自分を
肯定してしまった。でも、あなたの弱さの故に、私はそれをすぐにはそ
れをとがめずに、心に渇きを与え、むなしさを与える事によって、私の
愛と世のものの価値観と、どちらがいいのか気づかせるために、しばら
く沈黙していた。
 あなたは、もうまわりの会話を聞かないように、そして、心をそれに
よって乱さないようにお願いする。イエズスの受難の箇所を、司祭の
朗読を通し、そしてミサにより一致するように、あなたに強くお願いす
る。悪魔はある時に、緊張を高めて発作を起こさせ、あなたの命を奪お
うとした。
 でも、私のやり方が全然違う。昨日、悪魔はイエズスと天使、聖人に
心を向けたあなたに対し、今度は「おまえは死なない」などとまた脅し
ている。けれども、あなたの心に光をひとつ与えている。アンナリアの
取次ぎを願い、そしてカナンの母の取次ぎを願うよう、皆に切にお願い
する。
 クララがあなたの事で証人となり、神の働き手として、彼女は立ち上
がる。イエズスが言うことは、今まで全部真実を語ってきたし、これか
らも変わらない、聖母もヨゼフも、たくさんの聖人も、天使もあなたに
会った。全ての人は皆、聖母によってここに送られ、リトル・ペブルを
証しする事を決意した。あなたの最初の意志が神の前に覚えられている
ので、子供に対し、強い天使の保護を与えた。リトル・ペブルの苦しみ
を、愛する息子と一致して苦しんで欲しい。
 祈りは形ではなく、教会の中で用いられる祈りの形式は愛する息子が
するので、あなたはロザリオと主の祈り、天使祝詞、栄唱、それだけで
十分である。第一世代、第二世代が非常にたくさんの古文の祈りを唱え、
子供たちに強制したために、子供たちは意味がわからず離れていってし
まった。この事を言うと、「カトリックではなくて、プロテスタントと
一緒ではないか」と非難をする人がいるのを、私は知っている。でも、
今から多くの祈り、聖務日課を唱えるなど、どうして新しい人々ができ
よう。イエズスはそのような祈りは望んでいない。
 逆に「イエズスくん、どこにいるの?」とか、本当にちっちゃな子が
話すように、お話しして欲しい。それが、恥ずかしくて照れてしまうな
ら、「これをして下さい」でも構わないので、子供たち、どうか聖体を
なおざりにしないで欲しい。聖体は交わりを求めている。ちっちゃい子
が「これ神様なの? ただのパンだよ」などと言っても、決してしかっ
てはいけない。子供たちのほうが、本当に聖体だと司祭から教えられ、
祈る姿を見たらすぐにまねをして、わからないながらも、自分の言葉で
話をする。
 愛するマリー・マドレーヌ、本当にイエズスが与える平和は、この世
が与えるのとは全く異なるのである。司祭の言う事に、耳をよく開いて
聞いて欲しい。自分の部屋にこもり、そして、寝ても起きても、ずうっ
とイエズスに身を任せるように、切にお願いする。愛している。一番
みじめで弱く、すぐに消えてなくなるような小さな存在、マリー・マド
レーヌをどうしていつまでも放っておけようか。イエズスの生贄の花嫁
として、どうか過ごして欲しい。
 ミッシェル・マリー・フランソワの身代わりとして、あなたは、聴力
を捧げる事を決意している。これから行うことは、全てイエズスがする
ので、恐れないで司祭に信頼してイエズスを愛し、もっと慕って欲しい。
「イエズスが全てだから、何も不足はない」と、ヨゼフがマリアに言っ
たように、傍目から見て、苦しみしかないように見えても、全てが大き
な喜びの海の中に沈められていくので、イエズスに信頼をするように、
あなたに言う。愛する息子、あなたを祝福する。そして、ミッシェル・
マリー・フランソワもいっさいの思い煩いを取り除き、不安を聖母に
話し、コルベ・マリーと愛する息子を信頼して、全部身を任せなさい。
全て祝福をする。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛する息子たち、ミッシェル・マリー・フランソワとジャン・マリー
司祭に、この後のことをお願いする。ミサの後に、神秘的教会の働きに
ついて、そして寺沢の同宿院についての話を練って欲しい。そして二人
とも識別のためのしるしを求めるのを忘れないように。最後に、マリー・
レベッカの救霊と、クララのこれからの働きについて、そして、妨害が
起きないよう、ロザリオを唱えて訓練を終えて欲しい。祝福をおくる。
父と子と聖霊との御名によりて、アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 ミサの後の話しについて、説明を頂けますか? ヒントを頂けますか?
そして、神秘的教会の建て直しと寺沢の同宿院、という事なんだけれど
も、私たちあんまりわかっていません。

イエズス様;
 愛する子供たちに、イエズスが話をする。まず、神秘的教会の働きに
ついてであるが、クララがまもなく司祭の指導により、幻視を見ること
になる。彼女をまず、寺沢の殉教公園の北向き観音に会わせ、昔の殉教
者がこの秋田の地にいたことを教えてあげて欲しい。そして、パッショ
ンの映画を見せ、イエズスの受難を深く教えるように。そして、司祭と
ミッシェル・マリー・フランソワが彼女を支え、彼女に起こるいろいろ
な事、夢の中で起こることにいたるまで関連づけたりしないよう教え、
一番重要な識別のためのしるしを求めるよう、彼女に話すように、お願
いする。
 そして、寺沢の同宿院の事であるが、今経済的に非常に無理があって、
すぐには建たないけれども、協力者を募り、小さな家を建てるか、小屋
のようなものを作るかして、始めていって欲しい。キャンプ生活のよう
になると思うが、それでも徐々にその姿をさらす事により、アッシジの
フランシスコが喜んで外で暮らしたように、感動を覚えた若者が集まっ
たように、神に信頼をおくなら、チラシがすでに配られているので、
以前愛する息子が病院で声をかけられたように、見知らぬ人が働きかけ
をすることが起こされるので、祈りながら進めていって欲しい。水が
豊かに湧いたときには、今までの苦しい状況とは一変して、すべてが
全く変えられるので、たくさん同宿が増える。そして、巡礼者も訪れる
ので、その対処も時間をかけて、皆で話し合っていくように。全てを
司る御父があなたがたを見守り、あなたがたの行くべき道を全て照らし
ていく。聖母といつも一緒にいる浄配、聖霊の声によく耳を傾け、進ん
でいって欲しい。慌てたり、失望したりしないようにお願いする。司祭
の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがお願いする。いつも3人の教皇のために
祈っているが、「全ての恵みの仲介者とあがないの共贖者」のマリアの
ドグマの発表を、リトル・ペブルが強く望んでいる。ベネディクト16世
は大変苦しみ、発表をまだ先延ばししているので、いち早く発表される
よう祈って欲しい。そして、リトル・ペブルの無実が一日も早く公にさ
れ、リトル・ペブルは真の預言者で、神から遣わされ、世界を愛してい
る人であることが、全世界に知られるよう、皆が一致団結して祈りを
捧げて欲しい。あまりにも自己愛に落ちてしまったために、リトル・
ペブルに対する不満と預言の成就がないことへの全くの不信頼により、
リトル・ぺブルをあざけり、ののしっている多くの兄弟姉妹たちがいる
からである。(聖シャーベル修道会の)シスター達にそれが起きてし
まっているので、どうかここで償いをして欲しい。司祭の祝福をリトル・
ペブルに、そしてベネディクト16世教皇にお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルとベネディクト16世に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

ジャン・マリー神父:
 ジャン・マリーが、リトル・ペブルさん直のパブリック・レターで、
けちょんけちょんに下げられて、追放されることが一刻も早く起きま
すように、そしてこの預言的使命があざけられ、一夫多妻の使命が
天のメッセージで、公になるように祈り続けていいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ナウラは決めている」って言われているんですけ
れども。

ジャン・マリー神父:
 説明下さい。

イエズス様:
 愛する息子にイエズスが話をする。以前に、マザー・テレーズと少数
の人があなたを支持していて、逆にあなたに対し司祭でないと言わんば
かりに讒言(ざんげん)を、ビックネームと言われるマザーとシスター
をはじめ、それを取り巻くグループがあなたの処分についてブロサード
司教に願って意見を固めたことを、話した。少数の人々は彼らの悪い
やり方に屈服をせざるを得なくなり、あなたの事で祈りを静かにするこ
とになった事を話した事がある。
 そしてこの間、名前を出して、マザー・シャーリーとシスター・ルー
スに関するメッセージをマリー・マドレーヌに与えたが、これを公にし
た時点であなたはひとつのしるしを見る。子供よ、リトル・ペブルは
あなたに天皇にお願いして、釈放を頼んできたことがあった。その事を
心に留めておいて欲しい。
 取り巻きの人がよってたかって、リトル・ペブルに詰め寄り、ジャン・
マリー司祭の行動の悪さを洗いざらいに話す。けれども、その行動は
全く彼らが間違ったものなのである。彼らの間違った情報により、リト
ル・ペブルは判断をする。子供よ、あなたはいつもリトル・ペブルを
支持し、言葉においても行ないにおいても、いつも真実で裏表は全くな
いのである。あなたは、自分の弱い体を駆使して、神の恩寵に支えられ
ここまできた。あなたは、ブロサード司教とリトル・ペブルを最後まで
愛し従って欲しい。
 ブロサード司教も間違った讒言により、日本から送られた間違った
情報に基づいて判断をする。子供よ、愛している。泉が湧き、実りが
出たなら、あなたはすでに言語の賜物もバイロケーションにおいても、
多く約束された賜物を得ているので、愛の故に使うことを神は知ってい
るから、恐れないで進みなさい。今まで祈っていることは、引き続き
祈り続けてよい。祝福をおくる。父と子と聖霊との御名によりて、
アーメン。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌをとおして)
 悪魔祓いに必要性について訴え、助言を求めます。

(大天使聖ミカエルの祈りをする)

イエズス様:
 愛する息子に、イエズスが話をする。悪魔祓いに関して、一般的な
祝福を祈り、そして悪魔祓いが出来るように準備をしていって欲しい。
大変に命に関わる仕事なので、よく調べて慎重に行うようお願いする。
識別のためのしるしが与えられ、天から強く変容される体を持つので、
その時にはっきりと多くの悪魔にとりつかれた子供たちを悪魔の手から
救い出して、子供たちを解放する。
 今、昨日マリー・マドレーヌにしたように、厳命して悪魔を追い払う
こと、これが始まりになる。子供よ、安心して悪魔祓いの仕事をこれか
らして欲しい。そして、天使とパードレ・ピオの保護を受けるので、あ
なたは悪魔の追い払い方を学ぶことになる。祝福をおくる。父と子と
聖霊との御名によりて、アーメン。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が話します。司祭のインスピレーションによる
働きが頻繁になっています。ミサ中でも、日常の事柄をしているときに
も、助言やインスピレーションが多くなっています。
 クララは、泉により新たに変えられます。ここは、精神的に幼い時に
傷を負った子供たちが同宿として集められます。けれども、泉により
何もカトリックの知識を持たない人が、神の注付という形でイエズスを
知り、リトル・ペブルを情熱的に愛するようになります。
 それは第一世代、第二世代の人が(人間的な愛で)愛した様にではな
く、全く神の介入によるものです。今まで、メッセージの配布やスカプ
ラリオ、メダイの配布により、子供たちが集められました。昨日、石川
の能登半島のところで、地震が起きました。神の一つのしるしとなりま
す。日本が神を神として認めず、自分を奉る文化に育ち、多くの混乱が
この国を埋め尽くしました。性的虐待においても、またピルやコンドー
ムを使い、妊娠中絶を平気でする国となり、堕胎天国とまで言われるよ
うに、世界でも悪いことを始める最初の国として見られるようになりま
した。技術的な面においてミクロの世界に至るまで、細かい細工を施す
ことが出来る繊細な能力を持ち合わせた、手先の器用な民族であるけれ
ども、それを悪用するのは本当によくありません。
 そして、先ほど司祭が第二のソーン・ブッシュのことに言及し、話し
ました。彼女はリトル・ペブルの苦しみを一緒に担う人として選ばれて
います。でも、隠れることを強く推し進める母親のシスター・ルースや
マザー・シャーリーなどの圧力に、今大変に苦しみもだえています。
ジェームス・ダフィー司教にいたっては、グラント・ダフィーを先に
天国におくったにも関わらず、このことに対し、表だって、公に堂々と
リトル・ペブルを支持するという表明をだしていません。
 秘密の内にメーリングリストを作り、そこでは事が行われていますが、
しかし全てが秘密であるために、どの情報も世界に発信されません。
メッセージが、以前インターネットに何日か載せられた後、すぐに取り
下げられるという、今までにない悪い状態にナウラが陥っていることを、
どうか覚えて下さい。ジュリアーノ司教に対して、奇跡はありますが、
彼にも取り巻きがあることも知っておいてください。
 子供たち、日本では、そうではあってはなりません。どうか愛する
浄配のリトル・ペブルを一日も早く助けて下さい。イエズスと一緒に、
天はリトル・ペブルの受難を今一緒にしています。
 マリー・ダニエルが離れてしまってもうだいぶたちました。彼女の
救霊のために祈り、彼女がもう一度リトル・ペブルを愛するように、皆
で祈って下さい。ブレ神父に関しても同様です。
 子供たち、天使の崇敬をここの同宿会に預けました。どうか、天使を
中心として、豊かな交わりをして下さい。マリー・マドレーヌへの悪魔
による攻撃が肺のところに至るまで、先程痛みを受けました。神秘家の
仕事が出来るように、どうか周りの理解と、言葉に気をつけてください。
そして、コルベ・マリーと皆で、寺沢の事について話して下さい。祝福
をおくります。全ての子供が、傲慢に陥らないように、司祭に特別に
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(それぞれの子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。






----------------------------------------------------------------
2. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
  礼紋(れもん)日記
----------------------------------------------------------------
2007年4月15日(日)

 岡崎での「ひつじのつどい」の後、ロンジン・マリーとフランソワ・
マリーと北岡ファミリーと名古屋の共同体で再び合流した。長男マリア・
ミカエル来夢君は遊び部屋に来る前に聖堂に先に寄ったらしく、ロンジ
ン・マリーに「あいさつしてきたよ」と、話してくれた。そして、休息
とおやつを食べるときにおやつを前にした長男マリア・ミカエル来夢君
が十字のしるしをして食べていた。

 数時間過ごした後、フランソワ・マリーにうながされて、聖堂に歩い
ていった次男マリア・ガブリエル礼紋君が、祭壇の前に行き手をあわせ
「アーメン、アーメン。」と歌っていた。また、折りたたみイスを祭壇
の前に組み立てすわり、また手を合わせ「アーメン、アーメン。」と
歌っていた。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は6月10日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]