「箱舟の聖母」5月20日号No.358
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年5月20日号 No.358

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
   礼紋(れもん)日記
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月24日 AM6:36
マリー・マドレーヌに与えられた
聖母マリア様、大天使聖ガブリエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 大天使ガブリエルの祝日です。第一ミサが終りまして、ちょうど赦祷
式をしていました。赦祷式をしていて、私は遊びながら(心の中では
もちろん祈っていたんですけれども)、遊んでいたんですね。そしたら、
私の右手の甲に久々に風が吹きまして、あれっと思って「どなたですか?
しるしはありますか?」と尋ねました。今日はミサ中ものすごいアタッ
クで、心臓とか胸、呼吸が苦しくなるアタックを3度程受けていました
ので、慎重になって、「イエズスの御名によりて、守って。どうか傲慢
から守って」ってお話をしていたところだったんです。そして「しるし
ありますか?」ってきいたら、識別のためのしるしがあって「ガブリエ
ル」って声が聞こえたんです。「神秘家と幻視者に関して、よく混同し
やすくって、幻視者はよく表に立つけれども、神秘家に関しては知られ
ている部分とそうでない部分があって、これから起こされる人にはっき
り認識できるようによく話し合って」っていうようなローキューション
がありました。「しるしありますか? 識別のためのしるしはあります
か?」ってきいたら、しるしを頂いたところです。これを「ミッシェル・
マリー・フランソワと二人で話し合うように」っていう促しをうけまし
たので、それを司祭に話しました。そして「その説明、もしくはその
ヒントを頂けたらお願いしたいんですけど、長の望みなので」って言う
事を司祭から言われて、今尋ねるところです。

ジャン・マリー神父:
 今日はあなた(大天使聖ガブリエル)の祝日なので、大盤振る舞いの
プレゼントで正しく説明してね。
 
マリー・マドレーヌ:
 今しるしがありました。

大天使聖ガブリエル:
 愛するかわいい子供達、ミシェル・マリー・フランソワと愛する息子
(ジャン・マリー神父)にガブリエルが話します。初めて幻視者に会う
人は、神を見たりたくさんの天使を幻で見たり声を聞いたりなどする
この人は、何か特別に選ばれて幻視を受けているのだという。幻視者は
目に見える形で多くの人に知られる。そしてはじめての集会にまだキリ
ストのことを知らない人がきたときに、その現場に出会ったら、とても
衝撃が多く、引き付けられる。この経験を多くの子供たちはしたはずで
ある。幻視者は一般によく知られ、賜物を豊かに注がれるすばらしい
霊魂とみなされがちであるけれども、彼らはそのしるしを見ないかぎり
神を認識することができず、いったん集会で幻視を受けたあと、その場
を立ち去って、現実に戻ったときに自分がやはり普通の人間で、何で
こんなに弱いのか、どうしてみんなみたいに強い意志を持たず、信仰で
歩けないのかをいやというほど知らされる。悪魔が彼らの喜びを奪い、
そして神がそれをゆるされるので、そのようにおこる。
 神秘家は実際かくれた生活を行なう。マリー・ダニエル(ソーン・
ブッシュ)がそうである。……(悪魔のアタックで聞こえなくなる。
いったんストップして識別のためのしるしを求める。しるしが与えられ
て再開する)……幻視者は、目に見える形で多くの人に証をする。しか
し、神秘家はイエズスの受難を実際に体験し、身に受ける人が多くいる
ために、多くの人は、幻視者と神秘家の違いをはっきり司祭に教えて
もらわなければ、わかることができない。
 実際、マリー・ダニエルも多くのメッセージを受け、多くの幻、幻視
を体験したけれども、彼女の生活の大半はイエズスに一致し、リトル・
ペブルを助ける役目を負った。このリトル・ペブルを信じる日本のミッ
ションは多くの神秘的恵みが注がれ、たくさんの女性が神秘的な事柄に
召し出されて、使命を全うするよう呼ばれた。でも、残念ながら、彼女
たちは司祭の指導を受けたにもかかわらず、確かに認識が甘く、悪魔に
そそのかされ、間違った方向へいき、使命を失ってしまった。
 愛する二人の子供たち、ミッシェル・マリー・フランソワは幻視者と
してたてられ、愛する息子(ジャン・マリー神父)は神秘家としてたて
られ、これからの仕事を行う。子供たちにも、神秘家の卵、幻視者の卵
がこれから起こされようとしている。信者はなかなか神秘家と幻視者の
区別をしにくいために、はっきり司祭の言う事を聞いて進んでいって
欲しい。
 マリー・マドレーヌも、実にごく最近まで神秘家のことや幻視者の事
が、どこでどう区別したらいいのかわからずにいたけれども、肉体の見
えない聖痕を負ったことにより、彼女はイエズスの受難を意識するよう
に変えられていった。生贄(いけにえ)になることを神秘家は要求され
るので、本当にイエズスと一致できるよう、これからの神秘家・幻視者
に祈りを捧げ、彼らを最後まで使命を全うできるよう、皆が支えて欲し
い。皆の祈りにより支えられるのである。決して一人では立つことが
出来ない霊魂たちである。特に、現代のこの終わりの時に与えられた
霊魂たちはそうなので、一致を要求する。決していがみ合ったりしない
よう、心からお願いする。司祭の祝福を子供たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

大天使ガブリエル:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワに、ガブリエルが話をする。
あなたは、コルベ・マリーともっと親密に話をし、二人のチームで支え
合って、これからの仕事を互いに話し合いながら、進めていくように。
そして、愛する息子(ジャン・マリー神父)には、自分の不安と思いわ
ずらいを一切話し、進むようにお願いする。自分は大人だから、自分の
事は自分でしたい、と男性のプライドがあると思うが、指導者が立てら
れているのは、それを捨てて、自分の我を折って、従順することを学ぶ
ためである。あなたは、ここに連れてこられた時に、全て愛する司祭
(ジャン・マリー神父)に話をした。今もその心の傷に対してリハビリ
が必要なので、全く同じなのである。コルベ・マリーと話すのは、彼と
はやる仕事は違っていても、同じ同宿仲間として、友情を深める唯一の
手段で、悪魔に倒されないために、強い絆で結ばれることが必要なので
ある。
 3人の男性の柱は、かみあうことができないということは絶対にない。
残念ながら女性に関しては、二人(マリー・マドレーヌとマリー・レベッ
カ)とも全く違う傷をもち、チームとして助け合い、励まし合うことが
出来るように見えて、実に違うので、二人は分離をせざるを得なくなっ
た。神は対称的に違う傷のある二人の霊魂を選び、重要な使命を与えた。
神の約束のときはもう間近に迫り、泉も間もなく湧く。子供たち、どう
かチームの連携を強めて欲しい。
 名古屋も、北岡家とロンジン・マリーとフランソワ・マリーが新たに
拡大宣教を行おうとしている。そして、コルベ・マリーの働きにより、
新しい人々が、この同宿会をインターネットで覗き始めているのを、ど
うか覚えて欲しい。コルベ・マリーは遊びながらたくさんのネットの
グループを訪れているように見えるが、実に彼の守護の天使が、彼に
知恵を与え、彼を誘導している。彼のために、たくさんの祝福と力が
必要であるので、引き続きコルベ・マリーのために祈りをするよう、あ
なたがたに命じる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

聖母マリア様:
 愛するかわいいクララに、あなたの母、聖母が話します。あなたは
一人ではいてはいけません。子供よ、聖母はあなたの涙を見、何も知ら
ないあなたをよってたかって攻撃するあわれな霊魂のために苦しみ、耐
えているのを知っています。ミシェル・マリー・フランソワとメールの
やりとりをするよう、いまあなたに伝えます。そして愛する息子(ジャ
ン・マリー神父)といち早く連絡をとり、ここに来るようあなたに望み
ます。聖母はあなたを豊かに用いる計画であるので、決して絶望しない
でください。彼らのかたくなさのゆえに、あなたは犠牲の霊魂になりま
した。あなたの持ち前の明るさでふるまっているようであるけれども、
あなたは霊魂がうめき、叫んでいるのを心に感じているはずです。しか
し、クララはまったく新しい同宿のメンバーなので、新たな人と住み、
一緒に同宿の活動をするように、聖母は切に願います。子供よ、あなた
の泣き声を聖母は忘れません。悪魔はあなたを根絶やしにし、リトル・
ペブルを忘れさせ、あなたの……(悪魔のアタックで聞こえなくなる。
いったんストップして識別のためのしるしを求める。しるしが与えられ
て再開する)……リトル・ペブルを忘れさせ、あなたの身近な人から
攻撃を受け、敵にまわった人からの悪影響を受けてしまうので、それを
いちはやくイエズスの御名により止めます。聖母はあなたを支えます。
どうか無原罪の聖母によりすがってください。あなたが一人でいるのは
よくありません。祝福をおくります。司祭の祝福をクララにお願いしま
す。

ジャン・マリー神父:(クララに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛するクララのことで、聖母が話します。ミシェル・マリー・フラン
ソワとマリー・レベッカ、そしてクララの3人が一緒になります。それ
は彼女に同宿服を作る仕事を助け、ミシェル・マリー・フランソワとは
神秘家と幻視者の一致の輪を与えるためです。ミシェルに関して、
彼は独身になります。しばらく彼は一人ですごし、東京のことで償いを
果たします。
 子供たち、そこでコルベ・マリーのサポートも彼らにとって必要なの
で、コルベ・マリーの行き来が増えてきます。神によりすがってくださ
い。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 聖母が引き続き話します。寺沢の同宿院の準備がこれにあてられます。
どうか、このことを覚えてください。寺沢の地を祝福します。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(寺沢の地を)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 ミシェル・マリー・フランソワに、あなたの母、無原罪の聖母が話し
をします。あなたの実の母のことで、あなたは苦しみ、もだえ
ているのを知っています。彼女に愛する息子のことを悪く言った人の
言葉を鵜呑みにしたために、悪魔がいいように彼女に悪い思いを吹き込
んでいます。いま、あなたは一時期家族から身をひいて離れることにな
ります。でも、彼女は協力者になります。神は彼女を選び、祝福を
しています。悪魔はそれを知っているがために、悪い感情を彼女に先回
りして植えつけました祈り続けてください。同宿院の働き手になります。
子供よ、この約束は必ずあとになって果たされるので、いましばらく
試練に耐えてください。司祭の祝福を□□さんにお願いします。

ジャン・マリー神父:(□□さんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 愛する子供たちに聖母が話します。精神的に病をおっている東京の
パードレ・ピオ、それからシャーベルのために祈りをしてください。神は二人を
一緒に住まわせる計画でいます。東京の同宿たちもおこされなければな
りません。□□さんに関してはすべて神の手の中にあり、ブラジル
に一時帰国して、そのあと連絡をとれるように、□□さんから話し
が必ずあるので、待っていてください。東京の失敗を必ず埋める新しい
人をこれから神はおこします。東京に関して希望をもってください。
司祭の祝福をパードレ・ピオに、またシャーベルにお願いします。

ジャン・マリー神父:(パードレ・ピオ、シャーベルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2007年3月24日 AM9:40
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が話します。以前、話したように、マリー・マ
ドレーヌとマリー・レベッカ、そしてクララのケアを3人の男性がする
ようお願いしました。今回、マリー・マドレーヌがこの地上に残された
期間、最後にクララに会います。そして、クララと出会ってマリー・マ
ドレーヌは神の奇跡によりイエズスに導かれます。クララを呼び、彼女
との交わりをみなでして過ごすよう、とりはからってください。クララ
もマリー・マドレーヌを愛しています。そしてミシェル・マリー・フラ
ンソワに会いたがっているので、どうか彼女をこの土地で休ませてあげ
てください。そして彼女を寺沢の殉教公園に連れて行ってあげてくださ
い。聖母からのお願いです。最後に司祭が聖体に訪問して、ロザリオを
マリー・レベッカのために、そして特別にクララのためにささげて、
今日の訓練を終わりにしてください。司祭の祝福をここにいるメンバー
全員にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ここにいるメンバー全員に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1990年3月3日 No.58
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 間もなく自由世界は、無神論の共産主義という同じ主義によって奴隷
化されるでしょう。そしてかわいい子らよ、ルチフェルが人類の究極的
奴隷化をもたらすのです。無神論は、ルチフェルから来る教義です。彼
の叫びは「自分は決して(神に)仕えない」だからです。かわいい子よ、
そして愛する子らよ、これは共産主義者と同じ叫びてす。悪の原因に対
して勤勉に働くような暗闇の子らなど忘れなさい。私達の「光」の子ら
は、ゆっくり働きます。さらにもっとよく知るべき多くの子らは、真理
を無視し、殆ど注意を向けません! かわいい子らよ、共産主義は変わ
ることができません。それは、本質的に悪だからです! 共産主義は、
地獄のまさに奥底から来ている主義なのです。ですからかわいい子らよ、
よく覚えておきなさい! 特に貧しい国々の子供達よ! 危害を加える
ような者に目を向けてはなりません。むしろ、すべてを与え給う御子に
向けなさい。



----------------------------------------------------------------
3. ちっちゃい子、玖留美(くるみ)、来夢(らいむ)、
  礼紋(れもん)日記
----------------------------------------------------------------
2007年4月7日(土)北岡ファミリー宅での「ひつじのつどい」
マリア・アントニア北岡理枝さんより

 当日ロンジン・マリーとフランソワ・マリーが北岡家に着く5分ほど
前、マリア・ヨゼフ天草四郎 北岡直樹さんと添い寝していた次男マリ
ア・ガブリエル礼紋君が寝たままの状態で玄関のほうを指差して「天使
くん来た」といった。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------

【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は5月27日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]