「箱舟の聖母」5月13日号No.357
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年5月13日号 No.357

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月22日 AM7:36
マリー・マドレーヌに与えられた
大天使ガブリエル、大天使ジュディエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 ちょうど赦祷式の途中で、お墓に棺を下ろしている最中だと思うんで
すけれども、7:30過ぎた頃なんですけれども、私の耳に、最初インスピ
レーションなのかなあっていう感じで、「従順こそ最高の宝物なんだよ」
っていう言葉が聞こえてきました。すごく親しげだったんですね。私は、
ちょっと「あれ? それ自分の思い? インスピレーション? それと
も誰かのローキューション?」って聞いてみました。そして、しばらく
してしるしを求めて待っていたんですけれども、「ガブリエルが親密に
話すね」って感じで話をしてくれ、識別のためのしるしも頂きました。

大天使ガブリエル:
 愛する可愛いマリー・マドレーヌ、あなたの守護の天使ガブリエルが
お話します。多くの人の行動で、長上に対する尊敬と敬い、そして従順
は、今なおざりにされつつあります。修道会は、それを意識して、長上
の命令に従順し、そして誓願をたて、会則にのっとって生活をします。
でも、レムナント(残存)の教会は会則はあるけれども、長上の存在を
重く認めるところは少ないです。愛するブロサード司教様を中心とする
グループでは意識されています。そして、各地のシャーベル修道会の
グループは、それなりに実行するように務めますが、残念ながら幻視者
の声に耳を傾けるがために、間違って進んでしまいます。
 マザー・マリー・テレーズは、大変に嘆き苦しんでいます。愛する
息子(ジャン・マリー神父)の事で、連絡をとり、誤解をとろうと質問
をこちらにしました。でも、彼女は大変に心を痛めて、本当に嘆いて
苦しみ、レムナントのこれからの道のために、非常に重荷を負っていま
す。そして、間違った助言のもとに身をおかずにいられなくなりました。
 子供たち、これから新しく起される人たちに、「従順」こそ全ての道
を間違いなく正しく歩むことができる、よいことであるということを
どうか伝えてあげて下さい。「長上に従う、指導司祭に従うなんて、ま
るでその人が独裁的な政治をするような政治家と変わりない」というふ
うに思い違いをしないで下さい。神から賜った権能に従って、彼(ジャ
ン・マリー神父)は愛するしもべを扱い、一人ひとりにあった方法で
助言し、或いは叱るのです。子供たち、決して「私だけが叱られて、あ
の人には甘くしている」なんて思わないで下さい。彼は、日夜労苦し、
パウロが手紙に書いているように、愛する子供たちが最後の使命を全う
するときまで、本当に深く自分の子供として、愛し祈り忍耐しているの
です。
 誤解を生じて、苦しむ時も大変に多いので、それを悪魔がねらって、
長上とその羊を分断させようと必死にその機会を狙っています。しかし、
素直に自分の悪さ弱さを認めるのが、神に一番喜ばれ、功徳となって天
に宝が積まれます。苦しんでいるあなたがた一人ひとりも、まず、長上
が非常な苦しみを負っているということを覚えて下さい。愛する一人
ひとりを、天使たちはいつも愛撫して守り、「ここが道だからこちらに
おいで」と導いてあげます。
 いつも信頼と喜び、感謝と讃美を忘れないで下さい。重荷をこれから
負うことになる司祭の柱としてたてられるコルベ・マリーとミッシェル・
マリー・フランソワ、そして名古屋のロンジン・マリーとフランソワ・
マリー、またマリア・ヨゼフ・天草四郎・北岡直樹さんを、特別に祝福
します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリー、ミッシェル・マリー・フラン
ソワ、ロンジン・マリー、フランソワ・マリー、マリア・ヨゼフ・天草
四郎・北岡直樹さんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
「ガブリエルちゃん、つんぼにしてくれる?何か言ってくれる?」って

大天使ガブリエル:
 マリー・マドレーヌにガブリエルが話します。耳の事は、本当に怖が
らなくて大丈夫。みんな、あなたを支え守ります。会話の事も、点字の
事も何も恐れないで、大丈夫だから、3人の男性に信頼して下さい。あ
なたの耳はもう聞こえなくなります。悪口、讒言(ざんげん)の言葉も
聞かずに済みます。あなたが、それによって反応することがないように
全てを行います。あなたに、罪を犯させないために、みんなイエズスの
花嫁として、何もかも剥ぎ取ります。
 愛しています。いつも天使がいます。寝てしまうことも心配しないで
任せて下さい。祝福します。24日のガブリエルの祝日、本当に楽しみ
にして下さい。祝福します。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)が、いつも頼む願い事は、全部
天にきかれていることを伝えます。子供たちが神の望みに「はい」と言
うなら、全部成功します。「はい」と言うのが鍵です。今までの20年
の間、従順することを知らずに、また、教えられずに過ごして、ジャン・
マリーに会ったとたんに、「修道者的従順を課す」と言って多くの子供
たちが「ノー」を言って、神の計画を変えてしまいました。でも、昔
一人の人が「ノー」を言ったのに、一人の人の従順によって新しく道が
開けられたように、今もこの事が起こります。愛しています。祝福をし
ます。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 もう一回しるしがあって、ガブリエルちゃんが一言言われます。

大天使ガブリエル:
愛するミッシェル・マリー・フランソワに話します。ガブリエルが
話します。マリー・マドレーヌの耳が聞こえなくなった時点で、あなた
の上に神の奇跡を経験します。耳が開かれ、ローキューションが始まる
ので、それを期待して待っていてください。決して、自分の事を責めた
りしないで、神の恵みを素直に受け取ってください、祝福します。司祭
の祝福をミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(AM8:16)
 「他に何かありますか?」って尋ねて待ってました。そしたら「ジャ
ン・マリーの訓練に入ります」っていう一言が聞こえました。しるしは
あったんですけれども、今「どなたですか?」って尋ねます。しるしが
あって「あなたの守護の天使」って言われています。ジャン・マリーの
守護の天使……

ジャンマリー神父:
 お名前は?

マリー・マドレーヌ:
 お名前は? 「ジュディエル」

ジャン・マリー神父:
 どうすればいいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしを同時に頂いて、聖体の所に行って下さい。

マリー・マドレーヌ:(AM8:30)
 しるしがあって「見ることと、聞くことの訓練です」って言われてい
ます。

大天使ジュディエル:
 愛するジャン・マリー司祭に、ジュディエルが話します。まず、聖体
の所に行き、聖体と向き合って下さい。そして、耳を開いてくれるよう
祈り、何か聞こえるか待って下さい。そして、見ることの訓練は、いつ
ものように行ないます。言葉が聞こえなくても、見えなくても、訓練の
段階を踏んでいくので、それをこれから毎日行います。そのようにして
下さい。今から始めて下さい。祝福をします。父と子と聖霊との御名に
よりて。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 待ち続けて祈っていましたら、ジュディエルの声で「ジャン・マリー
の目に香を」と言われています。しるしはあります。

ジャン・マリー神父:
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 「悪魔の妨害があるので、目に香をして下さい」と言われました。し
るしありました。同じジュディエルの声なんですけれども、「耳に聖水
をお願いします」って言われています。

ジャン・マリー神父:
 説明をお願いします。

マリー・マドレーヌ:
 「悪魔の妨害を避けるためです」って言われています。

マリー・マドレーヌ:(AM8:50)
 しるしがありました。大天使ジュディエルから「ローキューションが
あります」って言われています。「このことを通して、ミッシェル・マ
リー・フランソワを助けることになります」って言われています。しる
しありました。
 
大天使ジュディエル:
 愛する二人の子供たち、ミッシェル・マリー・フランソワとジャン・
マリー司祭にジュディエルがお話します。神秘的教会の建て直しは、全
く二人の組で行われます。二人とも、ビジョンとローキューションを
受けますが、愛する子供らが互いに助け合い、励ましあい、そして力強
く進むために、全ての事柄を二人それぞれに与えます。ジャン・マリー
司祭の全ての行動をミッシェル・マリー・フランソワが助け、ミッシェ
ル・マリー・フランソワの全ての行動をジャン・マリー司祭が補います。
ビジョンについても、ローキューションについても、また二人はバイロ
ケーションも受けます。そして、霊的な洞察力を得ます。すでに、愛す
る息子は人の霊魂を読む賜物を与えられています。ですから、すべての
助言を今しています。ミッシェル・マリー・フランソワも、使命に従順
に生きるなら、それが与えられ、愛する息子をサポートすることになり
ます。どうか、互いに深い絆を持ち、愛し合い、励ましあって下さい。
祝福をします。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。 

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしあって「もう一度前に行って見つめて下さい」 しるしありま
した。

マリー・マドレーヌ:(AM9:04)
 今また待ち続けていましたら、しるしがありまして、「ジュディエル」
と言われています。しるしあります。

大天使ジュディエル:
 愛するジャン・マリー司祭に、ジュディエルが話します。あなたは、
夢の中で、すでに悪魔のアタックを受け始めています。声が聞こえたり、
非常に胸が苦しくなるような感覚を覚えていると思います。夢の中で声
が聞こえるようになると、じきに、今度は起きているときにも、それが
起こるようになります。あなたの強い天使と、保護の聖人パードレ・ピ
オの保護を求めて進んで下さい。悪魔は、神の声を聞かせたくなくて、
まず脅し、恐れさせ、くじけさせようとします。司祭の祝福をお願いし
ます。でも、あなたは司祭の権能に従い、強く悪魔を追い出し、イエズ
スの御名により、立ち向かっていって下さい。祝福をします。父と子と
聖霊との御名によりて、アーメン。

ジャン・マリー神父:
 しるしありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 他にありますか?

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、「ジュディエルが話します。これで訓練を終えま
す。ロザリオを祈り、終わりにして下さい」 しるし頂いています。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1990年3月3日 No.57
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい子よ、そして世界中の愛する子らよ、あなた達に伝えた通り、
世は大危険にさらされています! 多くの人々が、今はヨーロッパにお
けるたくさんの国の政府の変化によって、また現在人々が体験している
「平和」によって、世の中は無事であるとか、全ての憎しみは消え去っ
たとか、世は戦争にならないであろうということを信じています! か
わいい子らよ、それは間違いです! 今は、私が何年も昔にラ・サレッ
トで話した偽りの平和なのです! 聖にして母なる公教会の敵は、未だ
に同じです。彼らは、自分達の意図を変えてなどいません。しかし世間
に対しては変わったように見せかけています。ですから、世はサタンが
人類に与えたものを信じているのです。サタンは「光」の天使として来
たからです! かわいい子らよ、この偽りの平和は短いもので、その後
に、国々の上には大試練が襲うのてす! 

 それ故、かわいい子らよ、あなた達は御子へ回心せねばなりません。
霊魂の救いの為に、絶えず祈りなさい! 特に聖にして母なる公教会の
敵の為に祈りなさい。かわいい子よ、そして愛する子らよ、共産主義者
は暗闇の奥深くにいる霊魂達です! 彼らは無神論者、つまり神に反す
る者なのです! ですから、かわいい子らよ、たとえ暗闇にいたとして
も、彼らはやはり私の子供達です。それでも真理から程遠いですが、そ
の彼らの霊魂の為に祈らねばなりません!



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は5月20日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]