「箱舟の聖母」5月6日号No.356
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年5月6日号 No.356

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月21日 AM5:40
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今、ここに、みな聖堂に集まって、しばらく待ってお祈りしていまし
たけれども、しるしがあって、マリア様の声で「幼な子路線のことにつ
いて話して下さい」って言われました。確認のしるし頂いています。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか? もう少し説明して下さい。幼な子路線のどん
なこと?

マリー・マドレーヌ:
 「天との親密な対話について」って言われています。しるしあります。

ジャン・マリー神父:
 マリア様ですか?

マリー・マドレーヌ:
 同じ声です。

……

マリー・マドレーヌ:(AM6:40)
 今しばらく、幼な子路線のことでいろいろお話していました。しばら
く少し沈黙したんですけれども、その時に識別のためのしるしがあって、
「ベネディクトの取次ぎを願ってロザリオ祈って下さい」って、聖母マ
リア様の声が聞こえました。識別のためのしるし、確認を頂いています。

マリー・マドレーヌ:
 ロザリオを一連祈り終わりました。祈っている最中に、意向のような
インスピレーションがあったので、今しるしを求めてみました。それで、
確認が取れたんですけれども、「ミサの後に祈るロザリオの祈りのとき
に、リトル・ペブルさんのために祈りを加えて欲しい」って言われてい
ます。

ジャン・マリー神父:
 ローキューションがあると思うので、そのままお待ち下さい。詳しく
教えて下さい。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。

聖母マリア様:
 愛する子どもたちに、聖母がお話します。リトル・ペブル同宿会の
立ち上げが行われて、今、聖体降福式を、全てリトル・ペブル、ベッ
ティーナ、マルー、ベネディクト16世、そしてマザー・マリー・テ
レーズのために捧げられています。子供たち一人一人の花嫁の愛を深め
るために、もう一度初心にかえり、リトル・ペブルからくる神の恩寵を
心に留めるよう、あなた方に伝えます。ロザリオの祈りの意向をもう
一つ増やして、リトル・ペブルの釈放のために、一連のロザリオの祈り
の中に加え、覚えて祈って下さい。第二ミサの後にお願いします。祝福
を贈ります。司祭の祝福を、リトル・ペブルに、そしてマリー・レベッ
カにお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
 (マリー・レベッカに) 
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「ミッシェル・マリー・フランソワに」って、今しるしあったんです
けれども。代わって下さい。

ジャン・マリー神父:
 何ですか? ビジョンですか、ローキューションですか? 両方です
か?

マリー・マドレーヌ:
 ローキューション

ミシェル・マリー・フランソワ:
 ローキューションを待つ……

マリー・マドレーヌ:(AM7:15)
 ミッシェル・マリー・フランソワにローキューションということで
代わるように言われて、しるしを求めて待っていたんですけれども、し
るしがあるだけで何もない、という事でこちらに戻ってきました。「ど
うしたらいいの?」ってお話したんです。そうしましたら、聖母マリア
様の声で、識別のためのしるしがあって「悪魔が妨害しています」って
一言言われています。

ジャン・マリー神父:
 どうしたらいいか教えて下さい。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、マリア様から質問なんですけど「ビジョンでも同じ
ですか?」って聞かれています。「しるしがあるだけで、何も見えませ
んか?」って。

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 そうです。

マリー・マドレーヌ:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 わあ、もうない?

ミッシェル・マリー・フランソワ:
 最近はない

マリー・マドレーヌ:
 あれえ、何だろう?
 
ジャン・マリー神父:
 マリー・マドレーヌはこのことに関してはね、感情とか感想を起こさ
ない、淡々とするようにね。これ、とても大事なこと、平和を保って、
今のこと淡々と取り次いで、そして淡々と神に言葉だけ取り次ぐ。やっ
てみて。

マリー・マドレーヌ:
 今しるしがあって、ミッシェル・マリー・フランソワにローキュー
ションがあるって。

聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワに、聖母が話します。今まで
映画をみるように、ビジョンを見ていました。けれども、司祭の指示に
従って、しるしの用い方と、それに伴うビジョンの見方を新しく訓練す
ることになります。司祭にインスピレーションを与え、どのように進ん
でいくのかを知るようにして下さい。今まで受けた幻視者の経験を参考
にするのもひとつです。映像を見ることについて、今混乱が起きていま
す。そして何も見えない状態が続いています。今求められるのは、司祭
の望みに忠実に従う事で、それで神秘的体験は深められていきます。何
も見えない、感じない、それはひとつの暗夜になりました。しばらく
それが続いて、そして成長していきます。暗夜を通らなければ、イエズ
スの十字架の痛み、苦しみを知ることはできません。決して一人決めし
ないで、司祭に全部相談して下さい。大人の考えを捨てて、子供のよう
に、司祭を本当のお父さんのように慕って下さい。それが、あなたに
必要であるからです。今、しばらく、ビジョンも何もかもなくなると
思います。司祭に忠実に従う訓練を受けて下さい。司祭の祝福をお願い
します。

ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「コルベ・マリーの働きを祝福します」って。

ジャン・マリー神父:
 ローキューション???

聖母マリア様:
 愛するコルベ・マリーに、あなたの母、聖母マリアがお話します。あ
なたの全身全霊の働きを、神は大変に喜んでいます。あなたの成すべき
仕事に、実りが与えられることを前に約束しました。この約束は、今も
後に至るまで変わることはありません。愛されている子、恐れないで、
未信者に、いっぱいイエズスのやさしさと、真実なリトル・ペブルのこ
とを伝えていって下さい。愛の母はいつもどこにいてもあなたを離れず、
全て強い戦う天使をあなたの周りに陣をひくようにして、守り仕えてい
ます。祝福を贈ります。体の事も、全部そのまま捧げて下さい。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「リトル・ペブルに」って言われています。今しる
しありました。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

聖母マリア様: 
 愛するリトル・ペブルに聖母が話します。あなたのために、強く戦う
人々を起こしています。あなたの受難は最高潮に達しています。イエズ
スが見捨てられたのと同じように、あなたは見捨てられた感覚を覚えて
いると思います。しかし、ここ秋田の清水小屋にいるメンバーは苦しみ
の度合いはあなたに比べると、ほど遠いものではあるけれども、今あな
たの苦しみに一致して戦いを挑んでいます。あなたの釈放のために子供
たちは祈りを捧げます。
 全くここの共同体にはあなたに関する情報が遮断されています。けれ
ども聖母はいつまでもそうさせません。リトル・ペブルを愛する人々を、
これからもどんどん起こしていきます。祝福を贈ります。子供たちは、
リトル・ペブルとベッティーナ、マルー、そして今の教皇ベネディクト
16世とマザー・マリー・テレーズのために愛を込めて捧げています。
一時も忘れないように、祈りの中に加えて、あなたがたのために祈って
います。子供よ、勇気を出しなさい。聖母はミカエルを遣わし、戦い、
悪魔を追い散らします。司祭の祝福をお願います。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしありました。

ジャン・マリー神父:
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「これで訓練は終わりです」って。

ジャン・マリー神父:
 先程ロザリオを終えたので、終っていいですか?

マリー・マドレーヌ:
 「はい。そうして下さい」って。マリア様です。しるしありました。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1990年1月13日 No.56
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 ルシファーとその軍隊は、聖母の聖なる教会の中にも、また世界中の
あらゆる場所にもいます。悪魔は、多くの子供たちの心をコントロール
しています。たくさんの子供たちが私の神の子から離れていっています。
このことは、私の子供たちが私の言うことを聞かず、祈らず、償いをし
ないため引き起こされてしまいます。私は、総ての光の子供達に、もっ
とたくさん祈りなさいと言い続けています。暗闇にいる私たちの子供や、
悪魔によって誤って導かれている私たちの子供を救い出すためです。

 霊魂の大きな戦いは今です。それは善と悪との戦いです。私の愛しい
子供たちよ、この戦いは肉の戦いよりずっと大きなものです。それは全
世界に速やかに来るでしょう。私は、もはや人間に下るであろう審判を
延ばせません。永遠の御父は、聖書に書かれた言葉は現実のものとなる
とお命じになりました。私の子供たちが団結し、キリストのもとにひと
つとなるのは今です。私は、総ての宗派の総ての子供たちに、祈るよう
に、そして、宇宙に全世界に広がっているルシファーとその軍隊と戦う
ように呼びかけています。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は5月13日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]