%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年4月29日号 No.355

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月20日 AM5:46
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
今、ロザリオの祈りをしました。ミサが終って、しゃとう式が終った
のち、ジャン・マリー司祭が聖体にお祈りをした後なんですけれども、
ロザリオの祈りをしました。ロザリオの祈りのとき、途中からバラの
香りがすごい立ち込めまして、「しるしを下さい、しるしはありますか?」
って聞いて尋ねてみました。そうしましたら、識別のためのしるしがあ
りました。
 
聖母マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌを聖母が励ますために、バラを持って
祝福します。素直な感情を、弱さをそのまま捧げて下さい。かわいさ、
小さなままで、決して大人の捧げ方をしないように。あなたに話します。
歌を知らなくても、祈りの文句を知らなくても、遊ぶことを知ってお話
し続けて下さい。祈り方は、何も知らなくていいのです。多くの祈りの
文面を知る必要はありません。ロザリオが一番単純で素朴な祈りになり
ます。

 「信心業をしているから、偉くて徳が高い」と絶対に思わないでくだ
さい。そこには自己愛と満足、そして人からの尊敬が求められています。

 (本当の)信心を多く持つ人は、愛を土台に本当に苦しみを理解して
捧げます。子供たち、本当に新しい信者に悪いものを与えないで下さい。
唯一、イエズスを愛することと、「十字架大好き」と言えるようになる
ように、苦しむことの重要性を教えてあげて下さい。司祭の祝福をおね
がいします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるし頂きました。「これで終わりにして下さい」と言われました。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1990年1月6日 No.55
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 「大いなる光」が見られるでしょう。異常な現象です。それは多くの
子らを驚かしますが、恐がることはありません。あるものが外の世界か
らやって来て、地球に来るのです。これによって人類は正気にもどるで
しょう。しかしその時間は短いのです! かわいい子らよ、この「光」
は「警告」ではありません! これは、「警告」の前の「しるし」です!
この「しるし」は、人類が永遠について考えるように与えられるのです! 
永遠の御父は、ルシファーの裏をかいて出し抜くためにたくさんの計画
を持っておられます。なぜならルシファーは、すでに戦いに勝ったと信
じているからです。たとえ今、ほとんどの人間を捕まえてしまっている
にしても。しかし、瞬く間に永遠の御父はすべてのものを変えてしまわ
れます。かわいい子らよ、この「しるし」は、世にとってはより小さい
「しるし」でしょう。しかし、人間は神の被造物であることを、人間に
よってではなく、神によって造られたのだということを認識するために、
短時間のうちに人類の目を覚まさせることでしょう!

 かわいい子供たちよ、今夜私が言うことはこれで終わりです。あなた
たちは、今年一杯、又来(きた)るべき数年間は、絶えず祈らねばなり
ません。なぜならあなた達は今「時の終り」……黙示録の最後の数ペー
ジの時代に生きているからです! よく覚えておきなさい! 私はあな
た達の天の母であり、いつもあなた達の助けに来るということを。ただ
私を呼べば良いのです。そうすればそこに行きましょう。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は5月6日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]