「箱舟の聖母」4月22日号No.354
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年4月22日号 No.354

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.リトル・ペブル同宿会ニュース
 2.全世界の報道機関に対する公式声明
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.リトル・ペブル同宿会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆ジャン・マリー神父は、聖シャーベル修道会から公式に追放され、
 聖職のはく奪を宣言されました。 聖シャーベル修道会、ブロサード
 司教様からの書簡(英語)。

 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/070420jm_tsuihou.pdf

 なお、秋田・名古屋の共同体のメンバー全員は、ジャン・マリー神父
 を支持し、彼についていくことを宣言します。そしてジャン・マリー
 神父は、ますますリトル・ペブルをまことの預言者、最後の教皇、
 全人類を「平和の統治」へと導く唯一の牧者として支持し、それを
 宣言します。



----------------------------------------------------------------
2.全世界の報道機関への公式声明
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年4月11日 AM13:42
マリー・マドレーヌに与えられた
大天使聖ガブリエルと聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
大天使聖ガブリエル:
 愛する子供たち、あなたたちの同宿会の保護の天使ガブリエルが話し
をする。この出来事のために、ひとつの試しがおこっている。けれども
あなたがたに保護者を与える。もうすでに名前があがっているベルナ
デッタと幼きイエズスのテレジアを、幼な子路線のために戦うことので
きる保護者として与える。
 子供たちはこのままだと恐怖におびえ、健康のある人たちのための
修道会になってしまう。日本人に信仰以前の情緒的傷があることを、
マリア司教もブロサード司教も理解できていない。考え方の方向が違う。
それでこのやり方に対し、特にリトル・ペブルを証しする方法に対し、
批判してきたのである。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)が、また裁きの座の前におかれて
いる。福音はいったいどこにあるのか?! 健康な人には医者はいらな
い。病人に医者が必要である。そう言ったイエズスの言葉はどこにいっ
てしまったのか?! 子供たち、愛する息子にもっともっと信頼をおい
て、大丈夫である。男性の柱に伝える。今こそ勇気を出し、立ち上がる
べき時である。名古屋に早急に伝えるようお願いする。彼らは必ず愛す
る息子を慕ってついてくるから、恐れないで戦い続けなさい。神の前に
立つ大天使、謙遜な天使ガブリエルがあなたがたを導き、保護する。
マリー・マドレーヌの守護の天使、そして北岡レモンの霊名でもある
ガブリエルは、神に命じられてこのメッセージを伝えに来た。幼きイエ
ズスのテレジアと、ベルナデッタに頼りなさい。
 幼な子路線が危険にさらされている。大人になるよう彼らは伝えてき
ているから。「誰でもひざまずいたり、長い祈りを人が小さい子に教え
たら、そのとおりに出来るではないか」、これが彼らの論法である。
 違う! 子供たち、よく聞いてほしい。外国の子供たちは何百年に
わたって、その文化を引き継ぎ、受け継いできたから今がある。でも
日本は1500年代ころにキリスト教が布教され、そのあとしばらく鎖国の
時をへて、ようやく宗教が自由に認められるようになって、まだ日が浅
い。外国と日本とを同じに見てはいけない。修道者を目指すなら、既存
の教会の修道会でやる方法など、それをすることになる。
 でも、ここは同宿会であって、修道会ではない。けれども、長上に
対する従順を守るのは、愛する息子が修道者的な訓練を受けて生活した
ために、それが第一に重んぜられている。互いに愛し合うようにあなた
がたに言う。裁いてはいけない。子供たちに祝福を送る。司祭の祝福を
子供たちにお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

 ジャン・マリーが続けてきた「従順」に関して、いま従順できなくな
りました。そのことに関して説明をお願いしたいんですけど……。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、聖母があなたにお話しします。
今日このときに手紙が届いたのは、全くの神の摂理によります。スタニ
スラオ司教の保護を願い、公式声明を出して、それで彼らの反応を見る
ことになります。あなたは従順したけれども、どこかでそれが止められ
て、(ブロサード司教が)ここの住所と電話番号を何度も聞くといった
不純な行動が見られます。ブロサード司教をあわれみます。しかし、あ
なたにとって「153本の聖ヨゼフの百合」に書かれた事柄がおきてい
ることを覚えてください。権威主義に傾きました。これでシャーベル会
の現状を見ることができると思います。愛する息子に大勢の天使の軍団
をつかわし、すべての事柄、これからの生活のことも守ります。いま
ここに集められた子供たち全員も同じく守ります。司祭の祝福をブロ
サード司教にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ブロサード司教に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、聖母マリア様が「すぐ名古屋に知らせてください」
と言われました。



--------------------------------
2007年4月19日 PM12:26
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する世界の子供たち、聖母が呼びかけます。イエズスはあわれみに
とみ、罪をゆるしたくて、ゆるしたくてたまらないのです。あなたがた
の一人一人おかれた環境は、それぞれに違います。ひとつのしるしが
神によって与えられます。それは愛する息子(ジャン・マリー神父)と
マリー・レベッカ、そしてマリー・マドレーヌの、この出来事です。
 世界の情勢は悪くなる一方で、みな何らかのストレスをかかえ過ごし
ています。そして天と地をつくり、一人一人の霊魂を創造されたまこと
の神がいることがわからないでいる国の人たちもいます。愛する子らよ、
神のもとに立ち返り、聖母のところに来てください。あなたがたを愛し
てやまない聖母がいます。
 これから先のことについて。アメリカは新しい大統領がヒラリー夫人
で、悪くなります。北京でのオリンピックを境に中国が動き、北朝鮮と
韓国のそれぞれの情勢が変わり、北朝鮮の韓国への憎しみが増加します。
日本はいま、アメリカに頼り、世界の国で技術の面で、物を作らせるの
に中国の人々をつかっています。日本は中国を見下しています。しかし
それは大間違いで、中国によって将来おこる戦争をあなたがたは知りま
せん。日本は平和ボケしています。欧米諸国もそうですが、物にあふれ
た国の人たちは、楽しいこと、何かの娯楽を求め探し、そして一日の
時間をそれに費やしています。
 自分が楽しく過ごせる、これが一般の人々の考えであり、それがキリ
スト教の信者にまで影響し、悪魔の道具にされる信者が増えています。
「敬虔な信者」とよく未信者の人々が使う言葉は、まだ内面がよく見え
ていません。表面的にそれが出ているので、その信者の生活とくらべる
と、とっても私たちの生活は足もとにもおよばない、そういう意味で、
むしろほめているようで、実に私たちと遠い世界の人と見なし、「私た
ちには希望がない、だから何らかの宗教に求めてみよう」、そういう心
の考えを持ち続けて、あちこちの宗教をさまよい歩いています。楽しみ
を与えられているようでいて、真の幸せは得られないで、心の中はズタ
ズタになって、傷だらけでいるのが日本の国の人々のありさまです。
 欧米の人々は、ある程度、キリスト教の文化が入っていますが、逆に
教会から離れる人々が何と多いことか、これは大変になげかわしいこと
です。聖母は悲しみのあまり涙して、「はやく聖母のもとに帰ってきな
さい、聖母は裁きません」と言いたいのです。子供たち、神のあわれみ
によりすがることを始めてほしいのです。
 いま、ひとつのしるし、愛する息子が試しになりました。リトル・ペ
ブルは最後の教皇として、天がもう立てており、それを宣言するシャー
ベル修道会がありました。でも、あまりにもの迫害のゆえに弱まってし
まって、リトル・ペブルの名を隠す方向に行ってしまっています。それ
を打ち破ろうとするのが、愛する息子で、天は突拍子もない方法を愛す
る息子に示し、リトル・ペブルの教団はネットで言われているように、
性的に罪にまみれた教団であると、わざわざ人々が評価するようにさせ
ておいて、それを神が逆用されます。実にリトル・ペブルの名は轟き、
彼のために立ち上がる人々がおこされ、彼の今の状況を救う人々が立て
られます。愛する息子に信頼する人々の数も、天が責任をもって与えて
いきます。すべて天の介入のもとで行なわれ、悪魔の妨害を避けるため
にここに7位の大天使たちを、それぞれに与えました。子供たち、聖母
の愛は決して変わらないのです。ゆるしたくてたまらないのです。愛し
たくてたまらないのです。イエズスの十字架は重くてたまらない、聖体
の冒涜はとまらないのです。
 むしろ、いま行なった、聖体の前での「償いのセックス」に関して、
これは冒涜ではありません。人の自我と聖体とが向き合う瞬間です。人
の生まれもったものと聖体が向き合う瞬間です。一人一人は知らないし、
無意識でわからない部分も多いけれど、聖体は一人一人の全部を知って
います。何もかもです。祝福を送ります。司祭の祝福を全世界の子供た
ちに、そしてここ(秋田)と名古屋の同宿会にお願いします。

ジャン・マリー神父:(全世界の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(秋田の同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(名古屋の同宿会に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

(マリー・マドレーヌに)マリア様にね、全人類のエバの罪の償いにつ
いて、アダムの罪の償いについて説明してくださいますか? って聞い
てくれる?

聖母マリア様:
 アダムとエバの罪の償いに関しての司祭の質問に、聖母が話します。
イエズスが十字架につけられ、死に葬られて、そのときにアダムの罪の
償いはされました。そして、聖母は女性の罪の償いのために、イエズス
がよみがえるまで、本当におおいなる葛藤をせざるを得なくて、御子を
失った悲しみと、人に対しての悲しみを神に取り次ぎ、ゆるしをくださ
るよう念願しました。それで、女性の罪の償いはなされています、これ
が聖書にあります。
 しかしマリア・ワルトルタにより、新しい啓示を与えました。それが
聖母の受難です。この現代にあって、エバの罪の償いは、女性のあまり
にも子供を堕胎するために、この償いを科しました。男女ともども知的
傲慢の罪のために、愛する息子にアダムの罪の償いを科しました。これ
が聖母の説明になります。祝福します。父と子と聖霊との御名によりて。
アーメン。
 もう一言つけくわえます。性的堕落の罪の償いを男女に科したのです。
このことを、つけくわえておきます。愛しています。司祭の祝福を性的
に堕落してしまい、苦しむ子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(性的に堕落してしまい、苦しむ子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
取材etcの連絡先

〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
 ( Father Jean-Marie of the Risen Son of God )
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
  URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は4月29日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]