「箱舟の聖母」4月8日号No.352
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年4月8日号 No.352

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.全世界の報道機関への公式声明
 2.ちっちゃい子、来夢(らいむ)、礼紋(れもん)日記。
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.全世界の報道機関への公式声明
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
◆マザー・シャーリー、シスター・ルース、
 聖シャーベル修道会への天からの警告
 − 2007年4月2日 −

 愛と謙遜の欠如!!レムナントチャーチは「隠れること」を
 選んだため、天のお望みとは正反対の方向へ暴走している!
--------------------------------

聖母マリア様:(2006年4月1日PM12:41)
……本当に男性の柱で立てられる共同体があちこちに起されていく必要
があります。男性の力強さと女性の愛と合わさった共同体がこの世に
証しされなければなりません。リトル・ペブルはこのことを望んでいま
した。けれども、(ナウラの母院では)人間の弱さのゆえに権力争いに
落ちて序列がされています。男女は互いに助け合うべきなのに、男性は
男性のなかで、女性は女性の中で争い、愛が欠けた共同体になってしま
いました。聖母は愛を求めています。けれども、模範を示さなければな
らない共同体(ナウラの母院)が混乱してしまいました。あなたがた、
日本においてはそうで在ってはなりません。

イエズス様:(2007年3月23日 PM8:40 抜粋)
 子供たち、特別な意向をここでお願いする。ナウラでビッグネームと
されているマザー・シャーリーとシスター・ルースに関して祈りに加え
るよう心からお願いする。子供たちの役割はリトル・ペブルにより与え
られる神の恩寵のラインにそってくるものであることを本当に多くの
子供たちは忘れてしまっているのである。世界でも各個撃破が行なわれ、
幻視者は幻視者に対しいがみあい、神秘家も同様に、またいけにえの
霊魂も非常に痛めつけられている。ナウラには愛が冷えてしまった。
共同体というのは名ばかりになるような状態で、経済的にも大変な危機
を迎えている。リトル・ペブルを助けようとするのは愛するブロサード
司教だけである。
 多くの子供たちは祈りをしているけれども、隠れることを選んだため
に、一歩も前に進まない。子供たち、同宿会はリトル・ペブルを本当に
花嫁の愛で愛し、彼をまったく神からつかわされたまことの預言者、最
後の教皇であると強く断言するよう、心からお願いする。司祭の祝福を
お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 リトル・ペブルさんへのメッセージ 】

イエズス様:
 愛するリトル・ペブルにイエズスが話しをする。今、世界ではあなた
のことを公けにしようとするグループはなくなってきている。経済的な
事柄や、外からくる圧力、また共同体内の問題が原因である。しかし、
堂々と勇敢にあなたを表明し、あなたの十字架の道を一緒に歩こうとす
る子供たちが、この日本からおこされようとしている。
 以前、神秘的な教会の分裂をいちはやくもたらした日本、そしてロー
マのバチカンの教皇から分離したのも日本が早くおこなった。絶えず
カトリックの教会は悪い方向を選んできた。けれども、悔い改めをしよ
うと一人の司祭(ジャン・マリー神父)が立ち上がり、強い意志をもっ
て仲間を引き連れ、アッシジのフランシスコがフランシスコ会を創立し
たように、情熱に燃える「リトル・ペブル同宿会」を形成した。
 子供よ、あなたはその実りを必ず見ることになるので、愛する息子
(ジャン・マリー神父)に対するまわりからの讒言(ざんげん)を遠ざ
け、あなた自らがそれを見、知って、その讒言を封じることになる。
祝福をおくる。司祭の祝福をリトル・ペブルにお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


イエズス様:(2007年3月26日 AM3:56 抜粋)
 愛する子供たち、イエズスがお願いする。いつも3人の教皇のために
祈っているが、「すべての恵みの仲介者、贖いの共贖者のマリア」の
ドグマの発表をリトル・ペブルは強く望んでいる。ベネディクト16世は
たいへん苦しみ、発表をまだ先延ばししているので、いち早く発表され
るよう祈ってほしい。そしてリトル・ペブルの無実が一日も早く公けに
され、リトル・ペブルはまことの預言者で、神からつかわされ、世界を
愛している人であることが全世界に知られるよう、みなが一致団結して
祈りをささげてほしい。あまりにも自己愛に落ちてしまったために、リ
トル・ペブルに対する不満と、預言の成就がないことへの全くの不信頼
により、リトル・ペブルをあざけり、ののしっている多くの兄弟姉妹た
ちがいるからである。シスターたちにそれがおきてしまっているので、
どうかここで償いをしてほしい。司祭の祝福をリトル・ペブルに、そし
てベネディクト16世教皇にお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(ベネディクト16世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)にイエズスが話しをする。以前、
マザー・マリー・テレーズと少数の人があなたを支持していて、逆にあ
なたに対し「司祭でない」といわんばかりに讒言(ざんげん)をビッグ
ネームと言われるマザーとシスターをはじめ、それを取り巻くグループ
が、あなたの処分についてブロサード司教に願って、意見を固めたこと
を話した。少数の人々は彼らの悪いやり方に屈服をせざるをえなくなり、
あなたのことで祈りを静かにすることになったことを話したことがある。
そして、このあいだ名前を出して、マザー・シャーリーとシスター・
ルースに関するメッセージをマリー・マドレーヌに与えたが、これを
公けにした時点で、あなたはひとつのしるしを見る。
 子供よ、リトル・ペブルはあなたを天皇にお願いして釈放を頼んでき
たことがあった、そのことを心にとめておいてほしい。取り巻きの人が
よってたかってリトル・ペブルに詰め寄り、ジャン・マリー司祭の行動
の悪さをあらいざらいに話す。けれども、その行動はまったく彼らが
間違ったものなのである。彼らの間違った情報により、リトル・ペブル
は判断をする。
 子供よ、あなたはいつもリトル・ペブルを支持し、言葉においても、
行いにおいても、いつも真実で裏表は全くないのである。あなたは自分
の弱さの体を駆使して、神の恩寵に支えられ、ここまで来た。あなたは
ブロサード司教とリトル・ペブルを最後まで愛し、従ってほしい。ブロ
サード司教も間違った讒言(ざんげん)により、日本から送られた間違っ
た情報に基づいて判断をする。子供よ、愛している。泉がわき、実りが
出たなら、あなたはすでに言語の賜物もバイロケーションにおいても
多く約束された賜物を得ているので、愛のゆえに使うことを神は知って
いるから、恐れないで進みなさい。
 今まで祈っていることは、引き続き祈り続けてよい。祝福をおくる。
父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(2007年3月30日 AM5:50 抜粋)
 下に沈み落ちていくような感じがはじまり、熱いです。しるしを求め
たら、識別のためのしるしをいただきました。熱い煉獄です。煉獄の
熱いところは四角いかまどのようで火が燃え上がっています、深い感じ
で、今まで経験したことがない熱さです。……
……場所は同じで、しるしがあって、一人の修道士でチングルムが見え
ました。
「愛する兄弟たち、私はかつて修道会の中にいた。修練長をしていた者
です。修道会ではたくさんの規則・会則があって、ひとつでも不従順に
なると、その償いをさせ、それでもまた聞かないと、荷物をまとめて
帰すのです。私は誓願を立てて、修練長の役をもらって、徳の実践につ
とめていたんだ。だけど、怠りの罪を犯し、私の長上に対し会則を見過
ごすように修練者に話したので、長上は私を修道会から追放した。修練
者のわがままをひとつ認めてしまったから、会則を破らせて修練者も
失格になってしまった。神との誓願を破ったし、煉獄のことを否定する
ように勧めたんだ。ところが、神は私を深い13段階のところに行くよう
言われた。修道者たちに対する責任は重いので、どうか傲慢にならない
でほしい。
 今、特にナウラで恵みを受けているマザーやシスターの二人、あなた
がたはあぶない。神をあなどってはいけない。修道者は、信徒とは違う
のだ。神に一生仕え、隣人愛につとめる誓願を立てたはずではないか。
それを自分の地位や名誉を欲するために仕事をしてはいけない。最初に
神に仕え、キリストの花嫁として愛することを誓いますと言ったのを、
どうかもう一度思い出してほしい。
 神よ、私をゆるしてください。子供たちに注意をしたくて、お願いに
来た。むしろ、信徒の方が純粋に何もわからないままだけど、神を愛し
ている。これからシスターに、またブラザーになろうとする人は、キリ
ストのしもべとして人に仕えるので、決して自分がその人々を名誉欲の
ために支配しないでほしい。償ってください」といわれました。

取材etcの連絡先

〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie of the Risen Son of God
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
  URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/


--------------------------------
◆「つぐないのSEX」イエズス、マリア、ヨゼフからの命令
 − 2007年4月2日 −

 神は罪を犯している人々にあわれみぶかく、
 罪人を白い目で見る宗教熱心な人を忌み嫌われる!
 福音は罪人のためにある! 医者を必要とするのは病人である!

ビデオ動画:http://hakobune.cart.fc2.com/ca12/24/p-r-s/
--------------------------------

2007年3月30日 AM11:35
「つぐないのSEX」中、マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ

マグダラのマリア:
 あなたの保護の聖人マリア・マグダレナが話します。性的に悩む人々
を呼びます。これによって、二人(ジャン・マリー神父とマリー・マド
レーヌ)が同意してやっていることを皆に伝えます。同性愛に苦しむ人、
たくさんの人が好きになってしまって何度も苦しんだ人たち、男の人の
女の人もホモと言われる人も、みんな恐れないでイエズスに助けを願っ
てください。リトル・ペブルさんを助けましょう。福音はこれらの人に
開放されています。プロテスタントの教会の中でも、聖なることが強調
され、自分の性的なくずれにもだえている人も、隠していっているか、
あるいはまったく教会に行けなくなっています。
 福音は全部の人のためにあります。性的な苦しみをおった人たち、マ
リア・マグダレナが保護者です。ここに、イエズスのもとに、リトル・
ペブルのもとに来なさい。大丈夫です。ゆるす神だし、抜けられない、
そして大罪のためにぜんぜん聖体拝領を受けられない人たちも、イエズ
スは招きます。手で冒涜する(手による聖体拝領をする)人々よりも、
イエズスはあなたがたをゆるしたくって、ゆるしたくって、誰か門を
開いてくれないか、待っていました。

 大丈夫です! 恐れないで来てください。司祭の祝福を、いま私が
話した性的に苦しむ子供たちのために、祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(性的に苦しむ人たち皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブル、今あなたの母、聖母が話します。あなたは
直接、ひとつのしるしを天から見せられます。それは、前にも話したよ
うに、つぐないに関するしるしです。一粒の麦が地に落ちて死ななけれ
ば、実を結ぶことができないように、あなたのあとを追う勇敢な愛する
息子(ジャン・マリー神父)を立てています。これだけあなたに伝えま
す。司祭の祝福をリトル・ペトロ・アブラハム2世教皇にお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペトロ・アブラハム2世教皇に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


イエズス様:(2007年3月29日 AM5:41 抜粋)
 愛する子供(マリー・マドレーヌ)にイエズスが話しをする。リトル・
ペブルとベッティーナの結婚にさいし、多くの者がつまずき、「こんな
人が最後の教皇になるのか? カトリックの聖なる規則を破り、まった
く自分の肉欲でやった」という批判をして、彼から離れ去っていった。
ベッティーナは純粋にリトル・ペブルを愛し、妻として承諾し、自分の
傷と戦いながら、いまもこの性的問題に関する批判をあびながら共同体
の中で後ろ指をさされるように非常に冷たい目線をあびている。ブロサー
ド司教とマチソン夫妻、そしてリトル・ペブルの真実を今でもつらぬき
皆に訴えている少数の理解者だけがベッティーナを支え、彼女を励まし
ている。……
……マリー・マドレーヌ、あなたはベッティーナを愛するように。そし
て同じ傷をもっている彼女のために祈り、支えるように。イエズスが
あなたに言う。愛する息子(ジャン・マリー神父)と一緒に、ベッティー
ナとリトル・ペブルを花嫁の愛でますます燃え上がらせ、彼らと一致す
るよう命じる。
 これを見てそれぞれの人は判断する。何があっても信頼する人だけが、
愛する息子と一緒に、愛の同宿会をつくりあげていく。心に純粋なもの
をもつ人だけが、そのようについていく。恐れないで歩み続けなさい。
……愛する子供たち、イエズスが話しをする。リトル・ペブルとベッ
ティーナを支えるために、預言的使命の失敗の償いのためにマリー・マ
ドレーヌと愛する息子(ジャン・マリー神父)はセックスを行なう。
ヴァギナに入れないセックスである。なぜなら、リトル・ペブルにより
マリー・マドレーヌは子供は産まないと言われており、ベッティーナの
愛を運命をともにするために、愛する息子と裸になって一緒に添い寝し、
彼女の百合に彼がペニスをつける。そしてリトル・ペブルが受けた苦し
みを、その運命を彼がともにするために、このことをおこなう。しかし、
彼は誓願を守る。司祭として、父親と娘の関係であるが、リトル・ペブ
ルとベッティーナの花嫁の愛を二人に実践させるために、苦しみを負わ
せた。
 これからおこされる新しい国に入る時の、ひとつの象徴で、アダムと
エバが裸ではずかしいと思わなかったように、彼ら二人はそのはしりと
して行なう。リトル・ペブルとベッティーナは本当にアダムとエバの
象徴になる。この二人(ジャン・マリー神父とマリー・マドレーヌ)に
ついては、生け贄である。
 子供たち、聞く耳のある者は聞きなさい。これからたくさんの性的に
汚れてしまった人たちが、福音を聞いて同宿になる。まず、ミシェル・
マリー・フランソワもその一人で、あざけるものはあざけるがよい。
 イエズスは娼婦と言われた人たちのところに行き、彼女たちの罪を洗
い、一緒に食事をした。いま性的に堕落した人たちを、すべて別世界に
おき、私たちは性的に罪を犯していないと自慢している人々が信者の中
に多い。リトル・ペブルの教団はセックス・カルト教団と平気で上の
司教から言っているが、聖書をよく読みなさい。イエズスが何をしたか、
どのように彼らと付き合ったのか、どのように彼らを愛したかわかる
はずである。
 リトル・ペブルはいま牢屋に入れられている。イエズスの十字架を
まさに身に負った人で、寛大な霊魂であるために、かぎりない愛をもっ
て全世界のための生け贄になった。愛する息子(ジャン・マリー神父)
も同じカリスマを持ち、これからどんなに罪にまみれている人でも受け
入れると宣言している。彼(ジャン・マリー神父)の真実性が明らかに
される。そしてリトル・ペブルが濡れ衣を着ているように、愛する息子
も本当に何も仕返しをせず、もくもくと従い、彼らの愛のために救霊を
願いながら、濡れ衣を着ているのである。すべての子供たちに祝福を
おくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(すべての子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

マリア様:
 愛するリトル・ペブルに聖母が話します。天が愛する息子(ジャン・
マリー神父)にインスピレーションを与え、預言的使命があなたは果た
せなかったことを、愛する息子が愛の行為で二人の女性にすべて命を
与えて、その預言的使命の実現をと願い行動しました。マリー・マド
レーヌはアン役として、マリー・レベッカはベッティーナと同じ運命に
あずからせるために子供をあなたの聖なる輝く棒により妊娠する奇跡を、
天がこの寺沢の地においておこそうとしました。マリー・レベッカは
もう子供が産めない状態でいました。奇跡にあずかる身をもつはずでし
たが、彼女の心の弱さのゆえに彼女がそれをできなくしてしまいました。
 そのため、マリー・マドレーヌと愛する息子は償いをします。あなた
のすべてにおいて、これから天がそれを知らせます。公けにされるため
に、いつしかあなたの耳に届くはずです。
 子供よ、ベッティーナとあなたを慰めるために、はずかしめの道を
同じく行こうとする全盲の女性(マリー・マドレーヌ)と誓願を守る
愛する息子(ジャン・マリー神父)の正しいセックスが行なわれます。
イエズスが命じました。償いをさせるためです。全てあなたに愛を送っ
ている行動になります。あなたの浄配が全て直接あなた自身に知らせま
す。祝福を送ります。司祭の祝福をリトル・ペブルにお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

取材etcの連絡先

〒012‐0106
  秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
  リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
  ジャン・マリー杉浦洋 神父
  Father Jean-Marie of the Risen Son of God
  TEL/FAX: 0183−42−2762
  Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp
  URL : http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/



-------------------------------------------
2.ちっちゃい子、来夢(らいむ)、礼紋(れもん)日記
-------------------------------------------
2007年3月24日(日)北岡家にて 15時ごろ
れもん:
*洗礼を受けてから始めて会う。今までのようにマリア・アントニアの
 そばにいて警戒していたが、そんな様子も無く、すぐ、ロンジン・マ
 リー、フランソワ・マリーに話しかける。十字のしるしのまねをする。

2007年3月30日(土)共同体にて 15時ごろ
(マリア・アントニアより)
らいむ:
*4月6日から小学生。遊びの帰り住宅のエレベーターの中で、「誰か
 がいたよ。壁側にいたら、あたたかったよ」と母親のマリア・アント
 ニアに話す。
れもん:
*家にいるとき「アベ・マリア」と遊びながら連呼。
*家のテレビの上にあるマリア像を自分でとって「マリアちゃま」と
 いいながら父親のマリア・ヨゼフ・天草四郎と遊ぶ。今までは自分か
 ら手を出したことが無い。
*住宅のおともだちの下の子から、よくちょっかいされて嫌がっていた
 のが、耐えていた。

2007年3月30日(土) 共同体にて
(フランソワ・マリーより)       
れもん:
*遊びの合間、十字の切るまね。
*自分を「ぼく、ガブリエルくん」と呼ぶ。
*祭壇の前で十字架を見つめていた 2回
*鈴を持って、十字をするような動き。
*香部屋に一人で入り、中をうかがう。
*聖堂の談話室で子どもたちが遊んでいる中、れもんが部屋の電気の
 スイッチを押して出口に向う途中の跪き台にさっと跪き、手を合わせ
「アーメン」とはっきり一言言った。それを聞いてロンジン・マリーが
 確認の為に見に行ったら又、跪き台に立ち、今度は「アベ・マリア」
 と歌った。
*鈴を持たせたら、祭壇に向かい「アーメン、アーメン」と言いながら、
 歌いながらうれしそうに鈴を鳴らしていた。
*らいむとくるみが遊びのとき、れもんにぶつかっても十字架像をジーっ
 と見つめていた。
*十字のしるしを自分で切り出した。(ひし形のように切っていた)
*跪き台の周りで回りながら歌いながら、やたら「アーメン」「マリア
 ちゃま」という。
*フランソワ・マリーにやたら抱きつく。(今までに無かったこと)



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は4月15日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]