「箱舟の聖母」4月1日号No.351
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年4月1日号 No.351

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月29日 AM5:41
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子供にイエズスが話しをする。リトル・ペブルとベッティーナ
の結婚にさいし、多くの者がつまずき、「こんな人が最後の教皇になる
のか? カトリックの聖なる規則を破り、まったく自分の肉欲でやった」
という批判をして、彼から離れ去っていった。ベッティーナは純粋に
リトル・ペブルを愛し、妻として承諾し、自分の傷と戦いながら、いま
もこの性的問題に関する批判をあびながら共同体の中で後ろ指をさされ
るように非常に冷たい目線をあびている。ブロサード司教とマチソン
夫妻、そしてリトル・ペブルの真実を今でもつらぬき皆に訴えている
少数の理解者だけがベッティーナを支え、彼女を励ましている。

 はっきり言うが、マリー・レベッカはベッティーナ役として子供を
多くもうけ、リトル・ペブルによって輝く聖なる棒から出て妊娠し産む
はずであった。けれども、彼女は自分が昔、御父から天使を守護の天使
として与えられたことを大きな自慢にして、自分はリトル・ペブルに
愛され、善くて徳があるから選ばれたという思いをいだき、たくさん
共同体をつくる熱意で家庭の人々を犠牲にし、仕事をした。マリー・マ
ドレーヌが愛する息子(ジャン・マリー神父)のところに緊急避難して
刈谷にきたときも、善意な心でたくさんの洋服を、そして生活に必要な
ものを与えた。それは「私は人を救うんだ」という思いから出た行動で
あった。誰もが困った人に不足なものを与える善良な心を神はそなえて
いる。けれども、それが自分の喜びでするのであるなら、自慢のために
するなら、残念ながらそれは神の心を痛めてしまっている。実際マリー・
マドレーヌは、たくさんの洋服をもらい、こんなに親切にしてくれる人
がいるなんて、感謝しかないし、非常にびっくりしていた。

 残念ながら、彼女(マリー・レベッカ)はアンのように、愛する息子
の愛の行為を裏切ってしまった。自分が人を救うためにここの秋田に
来たのに、実にそれは逆で、自分が救われなければならない罪人だとい
うことを知らずに、今でもそれを認めることができていない。

 はずかしい生活を今まで全くしなかった彼女。はずかしめられるとい
う経験をまったく受けずに、善い子としてすべて彼女にかかわった人は、
彼女の行ない、行動により感じ取って、そのようにほめてきた。善意の
かたまりで、親切な心をもち、人に気をつかって、こうすれば人はよく
生活できるだろうと思って、一生懸命に働き、自分の睡眠時間も少なく
するほど、人を愛そうと行動した。でも「愛する」というのは、人の心、
痛みを理解する事であり、自分の事柄を押し付けるのは「愛」ではない。

 マリー・マドレーヌ、あなたはベッティーナを愛するように。そして
同じ傷をもっている彼女のために祈り、支えるように。イエズスがあな
たに言う。愛する息子と一緒に、ベッティーナとリトル・ペブルを花嫁
の愛でますます燃え上がらせ、彼らと一致するよう命じる。

 これを見てそれぞれの人は判断する。何があっても信頼する人だけが、
愛する息子と一緒に、愛の同宿会をつくりあげていく。心に純粋なもの
をもつ人だけが、そのようについていく。恐れないで歩み続けなさい。
あなたに泉で旅行にいくときに耐えられるように、体を強くする。しか
し生け贄なので、聖痕と目と耳が聞こえないことに関しては変わらず、
与えられる。目の見えないままの神秘家としての使命をまっとうさせる。

 耳が聞こえなくなるのは、ミシェル・マリー・フランソワが泉により
完全に悪魔との契約から解放され、新しい体になり、バイロケーション
をもち、秋田で過ごすのと一緒に、愛する息子のいくところにどこに
でもついていくためである。パードレ・ピオのような、同時に数箇所に
バイロケーションする賜物を、特にミシェル・マリー・フランソワと
愛する息子、そして一緒にともに行動するマリー・マドレーヌ、コルベ・
マリー、ロンジン・マリー、フランソワ・マリーに与える。マリア・ヨ
ゼフ・天草四郎については、彼は天草で使命をまっとうする。司祭の
祝福をすべての男性の柱にお願いする。

ジャン・マリー神父:(すべての男性の柱に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛する子供達、イエズスが話をする。リトル・ペブルとベッティーナ
を支えるために、預言的使命の失敗の償いのためにマリー・マドレーヌ
と愛する息子(ジャン・マリー神父)はセックスを行なう。

 ヴァギナに入れないセックスである。なぜなら、リトル・ペブルによ
りマリー・マドレーヌは子供は産まないと言われており、ベッティーナ
の愛を運命をともにするために、愛する息子と裸になって一緒に添い寝
し、彼女の百合に彼がペニスをつける。そしてリトル・ペブルが受けた
苦しみを、その運命を彼(ジャン・マリー神父)がともにするために、
このことをおこなう。しかし彼は誓願を守る。司祭として、父親と娘の
関係であるが、リトル・ペブルとベッティーナの花嫁の愛を二人(ジャ
ン・マリー神父とマリー・マドレーヌ)に実践させるために、苦しみを
負わせた。

 これからおこされる新しい国に入る時の、ひとつの象徴で、アダムと
エバが裸ではずかしいと思わなかったように、彼ら二人はそのはしりと
して行なう。リトル・ペブルとベッティーナは本当にアダムとエバの
象徴になる。この二人(ジャン・マリー神父とマリー・マドレーヌ)に
ついては、生け贄である。

 子供たち、聞く耳のある者は聞きなさい。これからたくさんの性的に
汚れてしまった人たちが、福音を聞いて同宿になる。まず、ミシェル・
マリー・フランソワもその一人で、あざけるものはあざけるがよい。

 イエズスは娼婦と言われた人たちのところに行き、彼女たちの罪を
洗い、一緒に食事をした。いま性的に堕落した人たちを、すべて別世界
におき、「私たちは性的に罪を犯していない」と自慢している人々が
信者の中に多い。リトル・ペブルの教団はセックス・カルト教団と平気
で上の司教から言っているが、聖書をよく読みなさい。イエズスが何を
したか、どのように彼らと付き合ったのか、どのように彼らを愛したか
わかるはずである。

 リトル・ペブルはいま牢屋に入れられている。イエズスの十字架を
まさに身に負った人で、寛大な霊魂であるために、かぎりない愛をもっ
て全世界のための生け贄になった。愛する息子(ジャン・マリー神父)
も同じカリスマを持ち、これからどんなに罪にまみれている人でも受け
入れると宣言している。彼(ジャン・マリー神父)の真実性が明らかに
される。

 そしてリトル・ペブルが濡れ衣を着ているように、愛する息子も本当
に何も仕返しをせず、もくもくと従い、彼らの愛のために救霊を願いな
がら、濡れ衣を着ているのである。すべての子供たちに祝福をおくる。
司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(すべての子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2007年3月29日 AM5:55
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛するマリー・レベッカ、あなたを深く愛するイエズスが、あなたに
話しをする。あなたはいろんなことに一生懸命に尽くしてきた。人に
愛するリトル・ペブルのことを伝えることや、ヨゼフの百合の本をあな
たの愛するミッションの仲間に配り、愛を伝えた。今まであなたをたく
さん戒めたのは、あなたが憎いからではなくて、あなたの情熱的な愛を
もう一度愛する息子と一緒にしてほしかったのである。

 でも、あなたはたくさんの言葉で一人一人を誤解し、考えるという
部分で悪魔に全くあけわたしてしまっていて、無防備な状態のまま悪魔
に誘導され、本来のやさしいマリー・レベッカを悪魔がいやがって、今
混乱と憎しみ、怒り、前のことに対する執着心に引き戻してしまおうと
している。

 もう一度、言う。あなたの人格が全部悪いと言っているのではない。
あなたはよいものを持っている。けれども溺愛の傷で、全部かわってし
まったのである。愛する子よ、泉にひたり、癒され、回復を受けなさい。
そして、すべての心の傷、悪魔の誘導は、泉の奇跡により癒される。

 愛するマリー・レベッカ、ワルトルタのイエズスの受難のところで、
愛する私の母が嘆願したところを読みなさい。愛する母に「私はこうな
んです」と頼みなさい。祝福をおくる。司祭の祝福をマリー・レベッカ
にお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年3月29日 AM8:19
マリー・マドレーヌに与えられた大天使聖ミカエルからのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 大天使聖ミカエルが剣をもっているビジョンが見えます。

大天使聖ミカエル:
 愛するコルベ・マリーに大天使ミカエルが話しをする。あなたのこれ
からの働きについて助ける守護の天使を3位おくる。全て戦いの大天使
ミカエルとセアルティエル、ウリエルである。そしてあなたは洗者聖ヨ
ハネの霊を持ち、エリアのように天から火を降らすような強い説教家と
してたてられる。それゆえに今のあなたの全てをミカエルが力づける。
恐れてはならない。おののいてはならない。

 出版事業に関しても、名古屋のメンバーと組んで、新しくおこされる
人と一緒に行なう。あなたは一人ではない。ミシェル・マリー・フラン
ソワと愛する息子(ジャン・マリー神父)に授けたように、あなたにも
同時に何ヶ所にもバイロケーションできる賜物を与える。特に力づける
のはミカエルである。祝福を送る。司祭の祝福をコルベ・マリーにお願
いする。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

マリア様:
 愛するリトル・ペブルに聖母が話します。天が愛する息子(ジャン・
マリー神父)にインスピレーションを与え、預言的使命があなたは果た
せなかったことを、愛する息子が愛の行為で二人の女性にすべて命を
与えて、その預言的使命の実現をと願い行動しました。マリー・マド
レーヌはアン役として、マリー・レベッカはベッティーナと同じ運命に
あずからせるために子供をあなたの聖なる輝く棒により妊娠する奇跡を、
天がこの寺沢の地においておこそうとしました。

 マリー・レベッカはもう子供が産めない状態でいました。奇跡にあず
かる身をもつはずでしたが、彼女の心の弱さのゆえに、彼女がそれを
できなくしてしまいました。そのため、マリー・マドレーヌと愛する
息子は償いをします。あなたのすべてにおいて、これから天がそれを
知らせます。公けにされるために、いつしかあなたの耳に届くはずです。

 子供よ、ベッティーナとあなたを慰めるために、はずかしめの道を
同じく行こうとする全盲の女性(マリー・マドレーヌ)と誓願を守る
愛する息子(ジャン・マリー神父)の正しいセックスが行なわれます。

 イエズスが命じました。償いをさせるためです。すべてあなたに愛を
送っている行動になります。あなたの浄配がすべて直接あなた自身に
知らせます。祝福を送ります。司祭の祝福をリトル・ペブルにお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリア様:
 聖母が愛する息子に話します。ロンジン・マリーの相談事があります。
すぐに連絡してあげてください。祝福します。

マリア様:
 最後にひとこと聖母が話します。あなた(ジャン・マリー神父)を
力づけます。



----------------------------------------------------------------
2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
ホモセクシャルの夫婦生活

 カトリックの洗礼を受けてから1年くらいして同性愛の世界にのめり
こんでいって、新宿2丁目の飲み屋に初めて連れて行ってもらい、もっ
と具体的に知るようになって、時期をずらして複数の男性と性的交渉を
もった。一人でいることの不安から、一人の人と同棲することになった。

 大学を卒業してから、Sと知り合い大田区内に部屋を借りて、一緒に
生活を始めることになった。その生活は、8年間続いた、が1999年12月
別れた。初めのころは、性的交渉があったが、彼は、かんしゃくもちで、
ちょっとしたことで口論がはじまり、けんかして、彼が家を出ることも
あった。彼は、小さかった時に、両親が離婚して、高校中退したことに
コンプレックスをもっていた。

 彼と知り合ってから、タバコとパチンコを知って、無計画な生活が
始まってしまった。就職して1年目に、腰痛になってヘルニアになった。
リハビリを理由に毎日パチンコに通うようになり、その虜になり、二人
でパチンコにいくようになり、結局負けることが多く借金することに
なった。最後は300万円の借金になり、とても生活していくことがで
きなくなり、別れることになった。

 彼は仕事をしなく、僕だけの収入で生活をまかなえなくなり、その
お金は結局親に、中途半端な理由をいって送金してもらい、返済するこ
とになった。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は4月8日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]