「箱舟の聖母」3月25日号No.350
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年3月25日号 No.350

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 3.名古屋共同体「ひつじのたより」
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月23日 PM8:40
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがあなたがたに話をする。男性にはあまり
このことには罪を犯すことを絶えず避ける意志をもち、なるべく人の
情報を集めたり、かげで物事を言ったりするのをしていないので、特に
男性にはその責めはないけれども、女性のエバの罪がどうしても存在し、
気をゆるめるとすぐに「あの人のここがいい」とか「この部分は私の
ほうが進んでいる」と言う優越感にひたりやすくなるのを私はよく知っ
ている。少なからずもマリー・マドレーヌも同じこの事で苦しみ、絶え
ずコルベ・マリーや愛する息子(ジャン・マリー神父)の指摘を受け
続けてきている。しかし、人を不信に落とすような言葉の裏表を関西の
人は文化で持ち合わせているのか、正直に言うことをひかえ、親切にす
ることを前面に出すように幼いときから訓練を受けてきた。関東の人々、
そして名古屋の人々、それから関西圏の人々の言葉の用い方は大変に
異なり、(関西圏の人々は)言葉をまるで軽くあやつるものとして、あ
やつり人形のように自由にあつかい、平気でその場しのぎの言葉をあつ
かう。しかし、聞く本人にとってどれほどに深く傷つき、うろたえ、混
乱するかを考えたことがあるか?
 あなたがたは「153本の聖ヨゼフの百合」に書かれているように、
相手に対して愛を持ち、その場にいない人のことを決して言ってはいけ
ない。愛がどんどん冷えてしまう。悪魔は本当に「人の弱さを見る霊魂」
を見つけると、その霊魂と必死に手を組んで、相手をさげてやろうとい
う意志をその霊魂にふきこむのである。ふきこまれた本人(人の弱さを
見る霊魂)は憎しみはないと信じているし、まったく意識はもっていな
い。でも悪魔が憎しみを植えつけるとき、その影響が一番感じ取ってし
まう弱い霊魂にぶつけられ、本人は憎しみを拒否するのに、意識をむけ
ないようにしようとしても、強力な悪魔の手にのせられた霊魂の言動に
心いためられ、言葉を失い、最近彼女(マリー・マドレーヌ)はなるべ
く会話を聞かないようにして、耳を閉じることを決意している状態に
なった。(ふきこまれた人が)「マリー・マドレーヌは何もかもできな
い、女性として一般的にやれるべきもの、すなわち料理、掃除、洗濯、
たくさんの家の仕事、全く何もかも出来ないので、特別あつかいを皆が
している」と思って、心の中にそれをひそませて悪魔に誘導され、そう
思うならそのように行動してしまう。
 子供たち、特に女性は相手のうわさ話をしないように。決してそれは
よいものをもたらさず、かえって分裂を引き起こし、相手を落としかね
ないことになるので、これ以上、相手のことを気にするより、まず自分
の修徳をみがくようにしてほしい。イエズスが十字架上からこれをお願
いする。
 マリー・マドレーヌのことは、これを通してイエズスの十字架に一致
するように招く。イエズスがありとあらゆる讒言(ざんげん)をうけ、
愛する息子が同じように受けているのだから、マリー・マドレーヌの
方法でイエズスは十字架へ導く。決して彼女は特別扱いを望んでいるの
ではない。マリー・マドレーヌのこの心の傷を、叫びを、イエズスが今
とらえ、一緒に十字架のもとに連れて行く。
 子供たち、これから起される新しい子供たちに対し、必ず「153本
の聖ヨゼフの百合」、そして「153本のマリアさまのバラ」を読むよ
うに、切にすすめてほしい。祝福をおくる。司祭の祝福をこの共同体の
メンバー一人一人にお願いする。

ジャン・マリー神父:(この共同体のメンバー一人一人に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
 ……

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスが話をする。朝、大天使ガブリエルが話し
たように、北岡れもんに神の介入がはじまっている。名古屋の共同体に
ある祭壇で彼は祈りをする。ロンジン・マリーとフランソワ・マリー、
そしてマリア・アントニア・りえさんに、当惑しないよう伝えてほしい。
彼はようやく言葉を話しはじめ、興味をもつときになっている。それが
毎回起こることではないが、何か不審な行動を見たらすぐにメモに書き
取るなどして記録にしてほしい。それから彼を助ける意味で北岡らいむ
も大天使ミカエルの名をおぼえ、祈りはじめる。子供たちを祝福する。
司祭の祝福を北岡家にお願いする。

ジャン・マリー神父:(北岡家に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワにイエズスが話をする。いま
現実の問題にぶつかり、苦しみを受け始めている。けれども、愛する
息子(ジャン・マリー神父)を信頼して、そしてコルベ・マリーを信頼
して、この戦いを戦い抜き、使命に生きるよう、あなたに強く命じる。
あなたの仕事は全世界を相手に、愛する息子と一緒に動いていく。コル
ベ・マリーは出版事業をすすめていく。ミッシェル・マリー・フランソ
ワは愛する息子と一緒に神秘的教会の建て直しをし、世界に宣教に出か
ける。
 子供よ、勇気を出しなさい。強く雄々しくありなさい。イエズスが
あなたを導き、あなたのなすべきことを、真実をもって与える。今まで、
あなたはイエズスにより真実な道に導かれてきた。ここに来たのは、そ
の真実さをはっきりと知るためである。恐れるな。勇敢でありなさい。
神がともにいる。「このように幸せな人は今まで見たことがない」と言
われるほどに、愛する息子と一緒にする事業は神によりたてられ、すす
められていく。必ず大きな実りを見る。
 子供たち、特別な意向をここでお願いする。ナウラでビッグネームと
されているマザー・シャーリーとシスター・ルースに関して祈りに加え
るよう心からお願いする。子供たちの役割はリトル・ペブルにより与え
られる神の恩寵のラインにそってくるものであることを、本当に多くの
子供たちは忘れてしまっているのである。世界でも各個撃破が行なわれ、
幻視者は幻視者に対しいがみあい、神秘家も同様に、また生け贄の霊魂
も非常に痛めつけられている。ナウラには愛が冷えてしまった。共同体
というのは名ばかりになるような状態で、経済的にも大変な危機を迎え
ている。リトル・ペブルを助けようとするのは愛するブロサード司教だ
けである。
 多くの子供たちは祈りをしているけれども、隠れることを選んだため
に、一歩も前に進まない。子供たち、同宿会はリトル・ペブルを本当に
花嫁の愛で愛し、彼をまったく神からつかわされたまことの預言者、最
後の教皇であると強く断言するよう、心からお願いする。司祭の祝福を
お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌにイエズスが話しをする。イエズスの受難
の週がすぎていく中で、あなたはイエズスの十字架に目を向けるように、
一致を求めてくれている。あなたの全てをこれからはぎとるので、恐れ
ないで平和を保ち、全て神のみいつくしみの中に身をゆだねるようあな
たにお願いする。子供よ、耳については、いましているように、なるべ
く閉じて内的に幸福を味わうよう心にお願いする。いつ聞こえなくなっ
ても大丈夫なように、心を整えるので、子供よ、決して自分を恥じたり、
自分が耳が聞こえないほうが相手に迷惑をかけないですむとか、耳に
かかわらずあなた自身が人をふりまわしているように感じるのはよくな
いので、全部イエズスにまかせてほしい。愛する理解者がいてくれる
一番よい幸せな人生を今まで生きてきた中で味わっているから、子供よ、
勇気をもって、そしてマリー・ダニエルがしたようにニコニコして過ご
してほしい。
 心に痛みがきたときには、先ほどあなたが私に訴えてくれたように、
隠さないでそのまま話しをし、司祭にすべてうちあけるように。今まで
そうしてきたように、これからもそのように過ごしてほしい。あなたの
花嫁の時はもう間近なので、子供よ、ありのまま不完全のままで、決し
て完全に大人になろうとしてはいけない。ちっちゃく、はしゃぐ子供が
好きなのである。愛されている子に、祝福をおくる。これからの試練に
耐えるために祝福をおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、イエズス様の声で「ジャン・マリー司祭が聖櫃の前
にいてください」と言われました。

(ジャン・マリー神父、聖櫃の前で「識別のためのしるし」を求める…)

マリー・マドレーヌ:
 ジャン・マリー神父の望みで、「できたらマザー・マリー・テレーズ
について教えてください」とお願いしました。「識別のためのしるし」
があります。

イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスが引き続き話しをする。マチソン夫妻と
マリー・テレーズに関して、マザー・シャーリーとシスター・ルースの
意見に屈服をしなければならなくなり、共同体のすみに追いやられてい
る。まったくの情報がないために、このことを伝える。マチソン夫妻と
マザー・マリー・テレーズは同じ意見を持ち、リトル・ペブルを強く
支持する人々なので、彼らが迫害の中で守られるよう祈ってほしい。
ただ、愛する息子に対する不信感を植え付けられ、そして連絡をとるこ
とを今ひかえているので、その誤解が神の照らしにより解かれるよう
祈ってほしい。司祭の祝福をマチソン夫妻とマザー・マリー・テレーズ
にお願いする。

ジャン・マリー神父:(マチソン夫妻とマザー・マリー・テレーズに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【 リトル・ペブルさんへのメッセージ 】

イエズス様:
 愛するリトル・ペブルにイエズスが話しをする。今、世界ではあなた
のことを公けにしようとするグループはなくなってきている。経済的な
事柄や、外からくる圧力、また共同体内の問題が原因である。しかし、
堂々と勇敢にあなたを表明し、あなたの十字架の道を一緒に歩こうとす
る子供たちが、この日本からおこされようとしている。以前、神秘的な
教会の分裂をいちはやくもたらした日本、そしてローマのバチカンの
教皇から分離したのも日本が早くおこなった。絶えずカトリックの教会
は悪い方向を選んできた。けれども、悔い改めをしようと一人の司祭
(ジャン・マリー神父)が立ち上がり、強い意志をもって仲間を引きつ
れ、アッシジのフランシスコがフランシスコ会を創立したように、情熱
に燃える「リトル・ペブル同宿会」を形成した。子供よ、あなたはその
実りを必ず見ることになるので、愛する息子(ジャン・マリー神父)に
対するまわりからの讒言を遠ざけ、あなた自らがそれを見、知って、そ
の讒言を封じることになる。祝福をおくる。司祭の祝福をリトル・ペブ
ルにお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 イエズスが話しをする。最後にアヴェ・マリアの歌を歌い、終わりに
してほしい。祝福をおくる。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
世界一最低最悪な自分 お金と同性愛

 僕は完全なホモセクシャルだ。もともと女性には恋愛感情は湧かない
し、女性の体に興味はなかった。大学3年のときに、同じ大学の年下の、
女性とアルバイトで親しくなり、なんとなく親密感をいだくようになっ
た。ある日の夜、彼女の部屋に遊びに行き一緒に食事をした。その後、
彼女のほうからSEXを強く望んできた。彼女は、既に性的体験を経験して
いて付き合っている男性がいた。彼女は、僕に対して、なんだかおかま
みたいといって笑いかけてきた。男性なら本能的に「SEXをしたらその
行為の責任をとらなければならない」と感じるけれど、もちろん僕もそ
う思っていた。女性も一生の責任をお互いに負いあうという安定した
関係の中でSEXをしなければならないと本能的に思っている。女性が結婚
前に男性に強引に誘われて「お互いに相手の一生に責任を負わない、遊
びだけのSEX」を断れずに体験してしまった場合、自分の無責任さと相手
の無責任さにショックを受けてトラウマになってしまう。その事が男女
を入れ替えた形で僕におこってしまった。つまり、僕は彼女の快楽の
道具になった。責任を負わないセックスをしたことが、非常なトラウマ
になったので、もう二度と女性とSEXができなくなってしまった。実際
にこれが最初で最後の一回だけの女性とのSEXだ。僕は女性への性的魅力
は全く感じないし、体も今、繊維筋痛症という病気にかかっているが
この病気は、女性に圧倒的に多い病気で、体の一部分も女性だと思う。
僕の脳と心は全く女性だ。それで二度と女性との性的交渉はもうありえ
ない。僕は、男性との夫婦生活を昨年の11月まで15年くらい続けて
いたんだ。



----------------------------------------------------------------
3.名古屋共同体「ひつじのたより」
----------------------------------------------------------------
 3月12日から13日まで、ロンジン・マリー、北岡ファミリーは秋田の
清水小屋共同体に行ってきますた。フランソワ・マリーは父の介護の
ためにお留守番。11日の夜、北岡家の子供たちの洗礼式。長女の玖留美
ちゃんはマリア・ラファエル、長男の来夢くんはマリア・ミカエル、
次男の礼紋くんはマリア・ガブリエル、みんな洗礼前から天使くんたち
とお友達になってますが、さらに親しくなり、神さまの子どもになりま
した。12日は北岡家の大黒柱、直樹さんの洗礼式。マリア・ヨゼフ天草
四郎の名前をもらって、さらに司祭になる意欲満々。13日は北岡夫婦の
念願の結婚式が! ローマ・カトリックの伝統的な結婚式を挙げ、さら
に7大天使の名が子どもたちにつくようにと、励ましを受けたよ。(あ
と4人、がんばれー)結婚式の後は、泉の湧く場所に案内してもらって、
それで名古屋に帰りました。行き帰りとハプニング続出だったけど
マリアかあさんと天使くんたちが一緒だったので、楽しかったなー。
秋田のメンバーと大笑いの日を過ごしました。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。以下の本で準備して下さい。
 理解できる必要はありません。目で追うだけでいいです。それができ
 ない人も、ケースバイケースで対応して洗礼を授けます。特に同宿に
 なりたい人には、弱さゆえに大罪から足を洗えなくても、洗礼を授け
 ます。

 「153本のマリアさまのバラ」「マリー・マドレーヌの自叙伝」
 「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は4月1日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]