「箱舟の聖母」3月18日号No.349
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年3月18日号 No.349

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月8日
ジャン・マリー神父、マリー・マドレーヌ、
ミッシェル・マリー・フランソワ、の「天国の猛特訓!」
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:(AM2:30)
 いつものように第一ミサの後、ジャン・マリー司祭から「今日もミッ
シェル・マリーフランソワとお話しますが、今のやり方でいいですか?」
と聞くようにいわれました。しるしを求めると、しるしがあってマリア
様から「司祭とミッシェル・マリーフランソワが話してください」とい
われました。
 「ミッシェル・マリーフランソワが思っていること、不安なことにつ
いてよく聞いてください」というインスピレーション、強いうながしが
ありました。司祭が確認するように指示しましたので、しるしを求める
と、しるしがあって、マリア様から「『幼な子路線』について引き続き
話し合ってください」といわれました。

(食事の後、ジャン・マリー神父とミッシェル・マリーフランソワが
 話し合う……)
(話し合いはAM7:00ころまで続いた……)


マリー・マドレーヌ:(PM12:09)
 しるしがあって「ミシェル・マリー・フランソワを呼んで!」って
言われました。「どなたですか?」たずねると、しるしがあって「天使」
と言われました。さらに「どなたですか?」たずねると、しるしがあっ
て「ミカエル」と言われました。そして、しるしがあって「天使の訪問」
と言われました。

(PM12:30からジャン・マリー神父の指導のもと、ミシェル・マリー・
 フランソワの訓練始まる)

ミシェル・マリー・フランソワ:
(ジャン・マリー神父の指導に従って)ミカエルちゃんに、「見たいの。
聞きたいの」って話しかけています。
 
マリー・マドレーヌ:
 ジャン・マリー司祭の求めで、「これでいいですか?」とたずねます
と、しるしがあって、マリア様から「聖水と香」と言われました。幻視
があって大天使聖ミカエルが見えます。しるしをもらいました。右手に
槍をもっている姿で、私の目の前にいます。しるしがあって、いま大き
な十字架が見えます。(マリー・マドレーヌは生まれつき全盲で、もの
を見たことがない)
 しるしがあって、大天使聖ミカエルから「ミシェル・マリー・フラン
ソワに」と言われました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(ジャン・マリー神父の指導に従って)「ずぅ〜としるしを見せ続けて
ね」と話しかけています。

(「識別のためのしるし」が断続的に与えられる……)

マリー・マドレーヌ:
 ジャン・マリー司祭の求めで、「これからどうすればいいですか?」
とたずねました。しるしがあって、いま、目の前に十字架が見えます。
……目の前が暗くなってわかりません。……ジャン・マリー司祭の求め
で、「長の望みですから、これからどうすればいいか教えてください」
とたずねますと、しるしがあって、「ミシェル・マリー・フランソワに」
と言われました。ミカエルの姿が見えます。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(ジャン・マリー神父の指導に従って)「ずぅ〜としるしを見せ続けて
ね」と話しかけています。

(「識別のためのしるし」が断続的に与えられる……)

ジャン・マリー神父:
 じ〜っと待つんじゃないんだよ。いまご出現があるんだから、心に愛
をみたしてこちらから語りかけるんだよ。受身じゃなくて。

(「識別のためのしるし」が断続的に与えられる……)

ジャン・マリー神父:
 愛と信頼をかきおこすように努めるんだよ。

マリー・マドレーヌ:
 心の中で「誰がいるの? やさしいみんなありがとね」って話してた
んですが、しるしがあって、目の前にイエズス様の十字架像、磔のイエ
ズス様の十字架が見えます。ジャン・マリー司祭の求めで、「長の望み
です。いま何がおこっているの?」とたずねますと、しるしがあって、
ミカエルから「いま訓練しています」と言われました。ジャン・マリー
司祭の求めで、「次にどうすればいいの?」とたずねますと、しるしが
あって、バトンタッチするように言われました。

ジャン・マリー神父:
 いま、マリー・マドレーヌがやったように「空」とか「無」の状態で
なくて、「慕う」「信頼」「遊ぶ」ということをするんだよ。そして愛
と信頼をかきおこすように努めるんだよ。「長の望みですから、しるし
を継続して与えください」って言ってね。識別のガードを高めるために
必要だから。

(「識別のためのしるし」が断続的に与えられる……)

ジャン・マリー神父:
 しるしが長く継続するようにお願いし続けてね。合図というのでなく
て、ず〜っと継続するように。それを声に出して言うように。心の中で
の仕事を口に出して言うように。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(ジャン・マリー神父の指導に従って)「しるしを長く見せてね。長の
望みなんで」と心の中で話しかけています。「ミカエルちゃん、見せて
ね。聞かせてね。ず〜っとしるしが継続するようにしてね」

(「識別のためのしるし」が断続的に与えられる……)

マリー・マドレーヌ:
 いま、何をやっているの?

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに説明)
 ビジョナリストのガードは難しくてね、ビジョナリストの識別のガー
ドを高めるためにね、最初と最後だけでなくて、天からのご出現の間中、
しるしをずっと見せていただけるようにお願いしているんだよ。この
お願いが聞き入れられたら、ビジョンの途中でそのしるしが消えたら、
その瞬間ビジョンが悪魔に乗っ取られたことがわかるようになるんだ。
だから、これから起される第3世代の幻視者・幻聴者のために、天に
このより高いガードの方法が聞き入れられるように、みんなでお願いす
るんだよ。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(ジャン・マリー神父の指導に従って)「しるしを長く見せてね。長の
望みなんで」と心の中で話しかけています。「ミカエルちゃん、見せて
ね。聞かせてね。ず〜っとしるしが継続するようにしてね。これから
おこされるちっちゃな子たちのためにも、そうしてね」って心の中で
話しかけています。

(「識別のためのしるし」が断続的に与えられる……)

ジャン・マリー神父:
 たとえばね、与えられたしるしが「きな粉もちの味」だったとするよ。
その味がしている間は天からのご出現が続いていて、その味が消えたら
偽物にすり替わったってわかるんだ。これはたとえばの話だよ。だから、
そういう継続するしるしが与えられるようにみんなでお願いするんだ。
幼い子が選ばれたとしたら、この方法がガードのために非常に有効な
ものになるからね。みんなでお願いするんだよ。

マリー・マドレーヌ:
 いま、しるしがあって、マリア様から「司祭(ジャン・マリー神父)
のための識別のためのしるし」と言われました。しるしがあって「ここ
にいるみんなで祈ってください」と言われました。

ジャン・マリー神父:
 「識別のための秘密のしるしを、この大悪党神父のためにちょ〜!」
って、みんなで祈ってね。

(しばらくみんなで祈る)

マリー・マドレーヌ:
 いま、しるしがあって、質問なんですけど「何か見えますか?」と
言われてます。

ジャン・マリー神父:
 ぜんぜん見えません。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「目に十字架をあててますか?」と言われてます。
私、見えなくてわからないんですけど……

ジャン・マリー神父:
 あててます。最初に一回だけ。「どうしたらいいの?」って聞いて。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「自分の指に聖水をつけて、両目に十字をきって
ください」と言われてます。

(ジャン・マリー神父、そのとおりにする)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「一回だけでなく……」と言われてます。

(ジャン・マリー神父、そのとおりにする)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ここ全体に香をお願いします」と言われてます。

(ジャン・マリー神父、そのとおりにする)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「印に関しては聖母が導きます」と言われてます。

(ジャン・マリー神父、香と聖水をまく)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「必ず与えます」と言われてます。

(みんなで祈る)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「引き続き祈り続けてください」と言われてます。

(みんなで祈る)

マリー・マドレーヌ:
 いま印があって、マリア様から「訓練を終えます」と言われました。

(約一時間半にわたる訓練がおわる)



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの緊急メッセージ
2005年8月4日(木曜日)

 朝の第1ミサのなかでイエズス様のローキューションがありました。
私はミサのなかで日本の大改心のために祈っていました。司祭が聖体を
拝領する前に祈る祈りに心を合わせていました。そうしたら悲しみが
こみ上げてきました。
 そのとき「日本人はテロがないと思っている。けれども、テロが来る
ので気をつけなさい。多くの人がこのひとつの印を見る」と真夜中に
聴いた同じ主の御声が言われるのを聴きました。突然だったので「主よ
これはどういうことなのですか?」とたずねました。私は心が動揺しま
した。「確かな印をください」と言って「いつごろなのですか?」とた
ずねました。そうしたら「9月ごろ東京で」という答えがありました。
印があったのですが、まず悪魔の攻撃だと思い、「サタン、退け!」と
命じました。ところがさらに強い印があったので、ものすごく心が悲し
みでいっぱいになりました。「どうかお救いください」と祈りました。


 初めてのイエズスからのローキューションは本当に興奮してしまった
な。メッセージを受けてまだ日が浅くて、識別のガードもまだそんなに
していない状態だった。とにかく優しいの一点張り。でも、そのあと、
緊急メッセージはびっくりした。「神様、助けて」って言いたいほど
苦しかったのを覚えてる。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は3月25日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]