「箱舟の聖母」3月11日号No.348
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年3月11日号 No.348

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年3月4日AM2:55〜AM5:21
マリー・マドレーヌに与えられた
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------

マリー・マドレーヌ:
 第一ミサのあと、「今日は訓練はありますか?」とたずねますと、し
るしがありました。「しもべは聞きます。お話しください」と祈って
待ちました。しるしがあって、マリア様から「司祭とお話ししてくださ
い」といわれました。ジャン・マリー神父が「ミッシェル・マリーフラ
ンソワがですか?」と聞くようにいわれましたので、聞いてみました。
しるしがあって、マリア様から「ミッシェル・マリーフランソワと司祭
が話してください」といわれました。

(ジャン・マリー神父とミッシェル・マリーフランソワ、話し合う……)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、マリア様から「神の国とその義を求めなさい(マタ
イによる福音書 第6章25〜34節)」といわれました。

 だから言っておく。自分の命のことで何を食べようか、何を飲もうか
と、また自分の体のことで何を着ようかと思い悩むな。命は食べ物より
も大切であり、体は衣服よりも大切ではないか。空の鳥をよく見なさい。
種も蒔かず、刈り入れもせず、倉に納めもしない。だが、あなたがたの
天の父は鳥を養ってくださる。あなたがたは鳥よりも価値あるものでは
ないか。あなたがたのうちの誰が思い悩んだからといって、寿命をわず
かでも延ばすことができようか。
 なぜ衣服のことで思い悩むのか。野の花がどのように育つのか、注意
して見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。しかし、言っておく。栄華
を極めたソロモンでさえ、この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。
今日は生えていて、明日は炉に投げ込まれる野の草でさえ、神はこのよ
うに装ってくださる。まして、あなたがたにはなおさらのことではない
か、信仰の薄い者たちよ。
 だから、「何を食べようか」「何を飲もうか」「何を着ようか」と
言って、思い悩むな。それはみな、異邦人が切に求めているものだ。あ
なたがたの天の父は、これらのものがみなあなたがたに必要なことを
ご存知である。
 何よりもまず、神の国と、神の義を求めなさい。そうすれば、これら
のものはみな加えて与えられる。だから、明日のことまで思い悩むな。
明日のことは明日みずからが思い悩む。その日の苦労は、その日だけで
十分である。
(マタイによる福音書 第6章25〜34節)

聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリーフランソワに、無原罪の聖母が話します。
あなたにこの聖書の言葉を送ります。そこは何度も聞いて理解している
部分だと思います。本当に愛する息子(ジャン・マリー神父)に信頼し
て、つきしたがっていってください。豊かにゆるしと恵みの恩寵をそそ
ぎます。多くの天使があなたをささえます。神のふところで重荷をおろ
し、そして愛する息子と一緒に力強く働いてください。祝福をおくりま
す。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2007年3月6日AM1:39〜AM4:11
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第一ミサのあと、「今日は訓練はありますか?」とたずねますと、し
るしがありました。「しもべは聞きます。お話しください」と祈って
待ちました。しるしがあって、マリア様から「神秘的なことにしぼって、
司祭とミッシェル・マリーフランソワの二人でお話ししてください」と
いわれました。

(ジャン・マリー神父とミッシェル・マリーフランソワ、話し合う……)

マリー・マドレーヌ:(AM3:05)
 ジャン・マリー神父からの依頼で「これで、御旨をはたしましたか?」
とたずねましたが、何もしるしがありません。「これで終わりでしょう
か?」とたずねましたが、何もしるしがありません。「終っちゃだめで
すか?」とたずねますと、しるしがありました。「こんなことってほん
とですか? ちょっと遊んでませんか?(笑)」と思って、もう一回
確認したら、しるしがありました。

(続行! ジャン・マリー神父とミッシェル・マリーフランソワ、
 話し合う……)

マリー・マドレーヌ:(AM3:40)
 二人が話している間、「幼な子路線」とひとことあり、しるしがあり
ました。

聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリーフランソワに、聖母が話します。あなたが
「幼な子路線」を理解するために、これからたくさん天使と遊んでくだ
さい。名古屋の共同体は、天使を愛し、一緒にいるようにお願いしまし
た。あなたも同じく、たくさんの天使をビジョンで見て、天使の訪問を
受けます。それはあなたが幼ない時に悪魔の契約をしたことでたいへん
な孤独の中におかれ、「遊ぶ」ことができずに、孤独を味わわなければ
ならない悲惨な道を通って、子供らしさを十分に経験できずに過ごした
からです。いつも恐れ、不安があって、人に対する不信感をつのらせて
生きてきました。
 幼な子らしさと言われても、多くの男性はピンとこないのが本当で、
愛する息子(ジャン・マリー神父)のように小さい子供の姿が残ったま
ま大人になる人はめずらしいタイプであるから、一番身近な模範は愛す
る息子の行動パターンをよく見ればわかると思います。
 ケルビムを以前ここにおくったのは、まさに幼な子の象徴と言っても
いい存在だから、一番わかりやすい方法であなたに知らせ、いつも一緒
にいることを教えたくて、赤ちゃんのようになることを伝えにきました。
今まで幻視あるいは幻聴にたって、大人の目線でものを見、年齢のある
程度いった人を中心に話し、示してきました。でも、子供たち、幼な子
の路線をはずさないように、これからお願いします。
 司祭ももう少しで天の介入を五感に知るようになります。まったく
無知無能な子供たちが選ばれ、多くの啓示を与えるための道具として
働くときがきます。愛する息子とミッシェル・マリーフランソワは、今
まで以上にもっと親密な関係になって、実務のことも神秘的な仕事も
していってほしいのです。出版はコルベ・マリーとロンジン・マリー、
そしてフランソワ・マリーの三人が柱になり、連絡を密に取り合って
進み、発展させます。北岡さん一家は、彼らについていきます。直樹さ
んのケアもあります。司祭の道を歩むために、祈りとケアが必要です。
祝福をします。司祭の祝福を、この共同体(秋田)と名古屋のメンバー
にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、マリア様から「『幼な子路線』について、引き続き
話し合ってください」といわれました。

(続行! ジャン・マリー神父とミッシェル・マリーフランソワ、話し
 合う……話し合いはAM7:00ころまで続いた……)



--------------------------------
2007年3月8日 AM2:30
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」共同体にて
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 いつものように第一ミサの後、ジャン・マリー司祭から「今日もミッ
シェル・マリーフランソワとお話しますが、今のやり方でいいですか?」
と聞くようにいわれました。しるしを求めると、しるしがあってマリア
様から「司祭とミッシェル・マリーフランソワが話してください」とい
われました。
 「ミッシェル・マリーフランソワが思っていること、不安なことにつ
いてよく聞いてください」というインスピレーション、強いうながしが
ありました。司祭が確認するように指示しましたので、しるしを求める
と、しるしがあって、マリア様から「『幼な子路線』について引き続き
話し合ってください」といわれました。

(食事の後、ジャン・マリー神父とミッシェル・マリーフランソワが
 話し合う……話し合いはAM7:00ころまで続いた……)



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
イエズス様からの初めてのローキューション
2005年8月4日(木曜日) AM1:47
--------------------------------
イエズス様:
 愛するわが子よ、あなたを愛し、祝福する。私の苦しみ、私の痛み
をあなたは負いなさい。私はあなたを愛し、愛の炎であなたを包んだ。
恐れないで歩み続けよ。あなたがどこに行くにも私はいつもおり、あな
たを祝福し、あなたの涙を共に見、あなたの行くべき道を指し示してい
こう。
 私は愛のイエズス、ゆるしをもたらすもの、優しいイエズス、多くの
人たちが慕うべきイエズス。けれども、多くの人が私を苦しめ、私を痛
め、傷つけてきた。今でもこの忘恩はとまらない。あなたはその忘恩に
対して、これは私が受けているものであるということを覚えなさい。
 私が行くべき道をあなたに指し示す。愛する子供たちがどれほどに
私を傷つけ、苦しませているかをあなたは知る。あなたがその罪の償い
を身にまとわなければならない。勇気を出し、勇気を出し続け、わたし
に信頼しなさい。私はあなたを包み、あなたのひとつひとつの弱さの
なかで愛している。恐れないで喜びに喜びなさい。多くの子供たちの為
にあなたは祈りなさい。
 リトル・ペブルのために祈りなさい。彼は多くの苦しみを負っている。
私は彼に私の道を歩かせている。恐れないで彼を信頼しなさい。
 あなたが不安になること、悲しいこと、いろんなことを抱えているの
を私は知っている。勇気を出しなさい。慰めをもたらし、恵みをもたら
し、愛する指導者(ジャン・マリー神父)をあなたに与えた。彼の言う
ことを聴き、従いなさい。聖体を大切にし、私を慰めて、もっともっと
慰めてほしい。
 愛する子。ゆるし、償い、あなたの祈りをし続けなさい。日本の大改心
のためにあなたは行くべき道を歩まねばならない。ただ多くの人がそれ
を見て選び取る。改心する者は私のもとに走ってくる。けれども、改心
しない者は多くの忘恩を残し、私の心をまた傷つけて多くの暴言をはき、
立ち去っていく。わたしはとても悲しい。彼らが何をしているか、何を
どのように見ているのかを見るたびに、私の心は痛む。あなたにその
痛みをいま与えた。
 カトリック信者に対し、わたしは多くのことを残してきた。与えてき
た。けれども、彼らは耳を貸さない。「聖体を愛し、大事にしてほしい」
そう多くの人に語っているけれども、多くの人は耳を貸すどころか、ま
た冒涜を加えている。
 子よ、あなたに言う。私を信頼し、私についてきなさい。あなたを
愛し、祝福し、恵みに恵みを与える。受難を黙想し続け、私が行く道が
どういうものであるかをもっともっとあなたに知らせるために、あなた
をそこに導くので黙想し続けよ。愛し続けている。あなたはかわいい
ちっちゃい子。恐れないで歩み続けなさい。愛し、祝福し、多くの子ら
の救いのために私は日夜あなたを捜し求め、あなたを待ちわびている。
ああ、わが子、愛する子よ、勇気を出しなさい。
 多くの人をあなたに、また司祭(ジャン・マリー神父)と一緒に歩ま
せるために、あなたにいろいろな苦しみを与えた。多くの人があなたの
うちに私がいることを見て、あなたが弱いから私があなたを捕らえたこ
とを知る。だからあなたは子供のままで、あなたに与えたもののままで
私に近づき、私を求めなさい。私はあなたを愛し、祝福し、ここにいる
愛する息子(ジャン・マリー神父)と共に私はあなたを導く。行くべき
道を指し示す。恐れないで歩みなさい。
 痛みのためにあなたの道はこれから困難になるが、あなたを支える。
あなたは何も知らない。けれども、私が多くのことを、誰も経験した
ことのないことをこれからあなたに与える。勇気を出しなさい。ああ、
愛する子、勇気を出しなさい。恐れず歩み続けなさい。私がどんなに
あなたを愛しているか、どんなにあなたを祝福しているか、あなたは
知るべきである。勇気を出しなさい。あなたはこのことによって心を
騒がせてはならない。恐れないで歩みなさい。愛する子、恵みに恵みを
与える。多くの人が私を見て、私の苦しみを見て帰ってくるから希望を
持ちなさい。勇気を出しなさい。
 愛する子よ、私はあなたが苦しむのを見、心にどんなに小さなこと
でも悩むあなたを見るたびに、あなたを抱きしめ、導く。あなたは多く
の傷を負ってきた。あなたは絶えず私に願い求めた。罪があると言って
あなたは自分を責めたが、私はあなたをゆるし、愛し、恵みを注ぎ続け
る。あなたのそのままの涙が私をひきつけ、もう泣かないでと言いたい
くらい。あなたは多くの悲しみや悩みを持っていた。
 あなたに言う。喜びに喜びなさい。あなたがどこに行くにもやさしい
イエズスがおり、私は多くの人を一致させるために、あなたという弱い
者を置いた。あなたは決して弱さを恥じてはならない。日本の大改心の
ために必要な存在であるから。この共同体はすべて弱い人を私は選び、
立てた。司祭を始め、一人ひとりの大切な子どもたちがいる。恐れない
で歩みなさい。共同体のメンバーにもこのことを伝えなさい。
 愛するリトル・ペブルが苦しみ悩んでいる。彼のために祈りなさい。
勇気を出し、彼のことで一致しなさい。私は多くの悲しみを持っている
が、あなたはそれを順次知るようになる。あなたに挨拶し、祝福を送る。
父と、子と聖霊との御名によりて。アーメン。


【 イエズス様からリトル・ペブルさんについてのメッセージ 】

 彼に伝えるべきことは、彼が勇気を出し続けることを励ますよう、あ
なたに言う。彼が苦しみ悩んでいる。彼のために祈りなさい。勇気を出
しなさい。
 多くの苦しみがあるが、私が支えると彼は立ち上がり、多くの反対者
を倒すことになる。彼を愛し、愛するリトル・ペブルによって世界が
打ち立てられることをよく覚えておきなさい。
 愛する子らよ、リトル・ペブルは「最後の教皇」として立てられてい
る。大勢の者が「リトル・ペブルは教皇にはならない」と言っているが、
彼を立てたのは、彼がどんなに私に信頼し、私の十字架を担ったかを
知らせるためであり、私の十字架がどれほど重いかを彼に知らせるため
だった。
 多くの人がそれを見て、どの道を選ぶか。ある者はリトル・ペブルを
支持し、ある者は反対していった。反対どころか、彼に茨の冠をかぶせ
たくらい侮辱に侮辱を加えていった。私が「我が神、我が神、何ぞわれ
を見捨てたもうや」と叫んだと同じように、彼もいま叫んでいる。しか
し、彼は多くの子供たちの愛の強さと一致としっかりした土台のうえに
立てられているので、彼は決して揺るがない。
 「愛」、ここに鍵がある。彼は愛することを学んだ。苦しめば苦しむ
ほど多くの人々を愛し、多くの人々の改心のために、救霊のために祈り
をしてきた。一人も滅びることが無いために彼は祈り続けてきた。
 多くの敵が彼を苦しめ、彼を滅ぼそうとしたが、彼らはそこに神で
ある私がいることを知らなかった。彼は愛され、祝福され、強められ、
恵みに恵みが加わっている。わが子、リトル・ペブルに伝えなさい。
「愛している」と。「私が愛し、力づけるので、多くの子供たちがリト
ル・ペブルを支持する」と。


【 イエズス様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

 愛する子(リトル・ペブル)、世界のために祈りなさい。世界は多く
の試練のなかにあって、多くの混乱が起きている。人が人を殺し、互い
に憎しみあい、恨み、戦争をしようとしている。世界の最後の計画のこ
とで神がしようとしていることのために祈りなさい。
 彼はおおきな天罰を下そうとしている。彼がどんなに愛しているか。
私の父はどんなに世界を愛し、子供たちが滅びないようにと愛を注ぎ続
けているか。恵みを降らして、よい子にも悪い子にも恵みを与えている。
 しかし、罪が神を悲しませるので、そこに正義を下さなければならな
い。私の十字架のもとに多くの人が戻らなければ救いはない。十字架を
認めるか否かで変わってしまう。私が磔のままで苦しんでいるその十字
架を心に留めて、多くの人々のために改心を呼びかける、この十字架の
意味をあなたは知るべきである。恐れないで歩みなさい。愛するリトル・
ペブルに祝福を送る。父と、子と聖霊との御名によりて。アーメン。


【 マリー・マドレーヌへ 】

 愛する子よ、私はあなたを愛している。あなたの願いを聞き、あなた
が受ける傷によって、人々が否定できないように、私はその傷を見える
形で与える。恐れないで生きなさい。すぐそばに理解者(ジャン・マリー
神父)がおり、あなたを一人にはしておかない。あなたを一人にはしな
いので、安心して私にすべて体をあずけなさい。愛するちっちゃい子、
あなたを愛している。愛をあなたに送る。愛している。あなたを祝福す
る。永遠の神である父と聖霊とともに私はあなたを祝福する。
 苦しみを受け入れ続けなさい。その苦しみのゆえにあなたは霊魂の
救いのために祈ることを知る。だから私はあなたに苦しみを与えてきた
し、私の苦しみを理解させるためにあなたを苦しめ、傷めてきた。愛の
ゆえである。
 あなたが弱いから私はあなたを選び、用いる。あなたは行くべき道を
行きなさい。まもなくあなたは手を使うことが出来なくなる。多くの
痛みのため、足も動かなくなる。だが、あなたは喜びを知る。私がそば
にいて、恵みに恵みを加えるから。
 あなたは「もっとください」と言い続けなさい。「穴あけてちょ」と
言い続けなさい。私はこの言葉を司祭の口にいれたのは、司祭の心にそ
の思いを与え、このようにちっちゃい子がぬかずくようにしてほしいか
ら、その言葉をあたえた。あなたはちっちゃい子だから、私は多くの事
をあなたに与える。敵が攻撃しても恐れないでしなさい。私にたずね、
私に「大好き!」と言ってしがみつくように。あなたは子供でよい。あ
なたはちっちゃい子だから、ちっちゃい子がふるまうようにしなさい。
 痛みを与えるのは償いのためであり、この痛みを多くの霊魂の救いの
ためにささげるため、あなたはそれを用いて痛みがあるごとに私に近づ
くようになる。私がどれほど苦しんだかを身をもって知るようになる。
 多くの血をありったけに流して人類を贖(あがな)ったが、いま救い
を受け入れるかどうかは一人ひとりの意志にある。「救ってほしい」と
言わなければ、贖(あがな)いはその人のうちに実現しない。だから
「救ってください」と言うのは現実であり、いま「救われた」と喜んで
いる人もやはりその瞬間罪を犯し、無意識に罪を犯し、私を傷つけてい
る。人は自分の力では罪を消すことは出来ないので、私に頼り、私に
救いを求め、贖いを要求するように、一人ひとりが魂の救いを願わなけ
れば救われない。あなたはこれを知るべきである。恐れないで歩み続け
なさい。
 見える聖痕をあなたは願い続けてきた。与える。私は多くの人の証の
ために、証のためにこれを与える。あなたはまだ心が動揺しているのを
知っているが、私はそれを知っている。あなたはそれをそのままゆだね
ることを私はあなたに言う。動揺してはいけない。あなたを愛し、祝福
する私がいるから、恐れないで歩みなさい。ゆるしを与え、あなたの罪
を贖う。栄光を神に帰し、崇(あが)め続けなさい。ゆるしを与える。

マリー・マドレーヌ:
 いますごくたくさんイエズス様が話してくださいました。ロザリオの
祈りをしていたときに、私の心の中に正直な思いとして、悲しみしか
無かったです。私はまったく知識がありません。聖なることなのだから
と言われるその人の気持ちはそうなんだろうなと思っていました。でも、
「『穴あけてちょぉ!』と言うのはおかしいから止めなさい」って言わ
れたとき、正直に言って「えぇ?!」と戸惑ってしまったのです。だけ
ど、そのときにジャン・マリー神父が償いの祈りを捧げて聖体を顕示し
て、「償いのためにそうしています」と言われました。「あ、そうだ。
償いだ!」と思ったら「私の罪のためにおゆるしください」と祈りまし
た。そうしたら「日本の大改心」というのが頭にありました。祈ってい
きました。司祭が「愛をこめて祈るんですよ。特にマリアとイエズスの
名が出てきたところで愛をこめて言いなさい」といわれたのです。けれ
ど、私は語調をどうしたらいいのか判らなくて、不安になりながらも
祈っていました。しばらくして涙が自然にこぼれてきました。そのまま
にして祈り続けました。一連ささげ終わって5分間の沈黙をしました。
 そうしたら右手の手首の甲から腕にかけて、暖かいものを感じたので
す。誰かが包んでくれているような、触れてくれているような感じです。
暖かい炎のように感じました。私は右手でロザリオを握っていました。
その手に誰かが慰めてくれるように包んでくれていました。「包まれて
るんだけど」と司祭に話しました。「印を求めて祈りなさい」と司祭が
言いました。私は祈って待っていました。そうしたら体全体をやさしい
愛の炎が包んでくれました。イエズス様です。いまも私は体が震えてい
るのです。とっても驚きました。初めて長いイエズス様の言葉を聴きな
がら話しました。途中言葉がつまった所は悪魔のアタックです。
 けれど、イエズス様は本当に強い方です。個人的なことを親密に話し
てくださったので本当に感動しました。愛が全部です。本当にやさしい
語り掛けです。「償いをしてほしい」という思いが伝わってきました。
途中、百合の香りが強かったです。祭壇に飾られてる百合の花だと思っ
て印は求めませんでした。私は導かれるままに時間をすごしました。
 リトル・ペブルさんへの伝言があったら教えてもらうようにと司祭が
言われたので聞いたら、「彼はものすごく苦しんでいる」と何度も言わ
れました。「愛しているし、励ましていると伝えなさい」と言われまし
た。イエズス様の彼に対する愛が深いことがわかって、イエズス様の
語られるまま、導きのままにおはなししました。
 見える聖痕のことについてお願いしたとき、「与えるから。」と言わ
れて「私はあなたの願いを聞いてるよ」とイエズス様の優しさを感じま
した。「安心しなさい」と言われて本当に嬉しかったし、ものすごい心
の細やかなイエズス様を親密に感じてしばらく興奮していました。いつ
までも一緒に居たい、そう思った時間で、あとで録音した物を書き起こ
すのが楽しみでたまらなくなったほどです。イエズス様の細やかさに
心打たれました。みんなにも幸せを味わってほしい、一人ひとりの事を
全部知ってくださる方がいらっしゃるんだと思ったら、聖櫃の前で泣き
伏してしまいました。
 イエズス様は犠牲を求められていること、勇気を出すこと、イエズス
様に信頼すること、これを強く求められたのだと思います。人々の救霊
のために祈ります。

(注:このメッセージは、2005年9月16日にリトル・ペブルさんに対し
   てきわめて不正な判決がでる約40日前に与えられている)



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は3月18日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]