「箱舟の聖母」3月4日号No.347
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年3月4日号 No.347

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年2月24日AM2:12〜AM5:12
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様、
ケルビムちゃんからのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第1ミサのあと、司祭から「今日は訓練はありますか?」と聞きなさ
い、と言われましたので、聞きました。しるしだけがありました。ミサ
後でしたので「食事をとってからでいいですか?」とたずねると、しる
しがありました。食後、心を落ち着かせて待っていました。しるしが
あって女性の声で「司祭に、すべきことをあずけています」と答えがあ
りました。この女性の声は、マリア様の声です。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 第1ミサの一番最後に、印がありました。その後、ジャン・マリー
司祭が、マリー・マドレーヌに「今日は訓練はありますか?」と聞きな
さい、と言っている時に、しるしがありました。話している今も、あち
こちにしるしがあります。

(ミシェル・マリー・フランソワが、ビジョンとローキューションを
  待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 ミシェル・マリー・フランソワが、ビジョンとローキューションを
待つ間、激しい戦いのあと、しるしがあって女性の声で「マリー・レ
ベッカは、マリー・マドレーヌを通して語る聖母や天の者のメッセージ
に耳をふさぎました。これ以降、個人的に与える修徳に関する事柄は
マリー・マドレーヌを通して語りません」と言われました。

聖母マリア様:
 愛する子、聖母が話しをします。あなたの心を乱さないようにしてく
ださい。メッセージを与える人を移行しつつあります。そのために今、
準備をさせています。
 マリー・レベッカに与えられたメッセージ、今まできびしく言った
事柄に関して、司祭を憎んでいるのと同様に、マリー・マドレーヌに
対して、もう閉じています。彼女は、「不利なことしか受けないんだ」
と言って、「裁いている」と思っています。マリー・レベッカの心は、
司祭とマリー・マドレーヌに反感と軽蔑をいだいています。二人はいけ
にえになりました。彼女の救いのために、あと二人の男性のケアが重要
になってきています。
 感情の起伏の激しい彼女にとっては、自分が全部中心で安定した生活
を送らないと、すぐに揺れてしまいます。そして言葉の無意識な発言を
自由に使って、今まで過ごしてきたために、悪魔のやりたい放題になり
ました。
 彼女には全く意識がないのです。無意識に何か神秘的な事柄を同化さ
せるように考え、「無意識な世界」が何か神秘的なことを受けるのに
いいのではないかという、誤った見方をしています。「脱魂」と「無意
識な状態」をとり違えています。幻視・幻聴は、意識下の中で行なわれ、
神の特別な仕方で進んでいるのです。
 「脱魂」に関して、今もそうですが、多くの信者は特別な状態に入っ
たという思い違いをしています。マリー・マドレーヌには、脱魂状態を
あえて与えていません。普通の環境の中で聞こえるようにさせるためと、
聖霊派の時に受けた悪影響を取り除くために、異常な行動に走らないよ
う、司祭に密着させ、二人三脚のようにして、今までメッセージを与え
てきました。でも、これ以降、公けに個人的に与える修徳のための指摘
などは、マリー・マドレーヌを通しては語りません。
 それから、子供たちにお願いがあります。これから寺沢の巡礼に関し
て計画をたてる時に、マリア観音が置かれているところ、そしてキリシ
タンのお墓として残されている場所を訪れることができるように、その
準備をしてください。長崎のように、院内銀山の一帯が巡礼地になりま
す。聖母はそこを祝福しています。司祭の祝福をマリー・マドレーヌと
ミシェル・マリー・フランソワに、そして子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(皆と、院内銀山、マリア観音が置かれているところ、そしてキリシタ
 ンのお墓に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 マリー・マドレーヌがマリア様からのメッセージを受けている時に、
しるしがいくつもありました。その都度「お話ししてください。声を聞
かせてください」とお祈りしていましたが、ローキューションはありま
せんでした。

(ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 ミシェル・マリー・フランソワが、ビジョンとローキューションを
待つ間、私の目の前にちっちゃい赤ちゃんたちがいっぱいいることが
わかりました。しるしを求めたら、識別のためのしるしをいただきまし
た。しるしがあって、「ケルビム」と一言ありました。しるしがあって
「ミシェル・マリー・フランソワと遊ぶためにいきます」だって!
(マリー・マドレーヌ、思わず吹き出す!) しるしがあって「赤ちゃ
んだったら、こわがらないでしょ!」って!(爆笑)

ケルビムちゃん:
 ケルビムとか、セラフィムはいつも「聖なるかな! 聖なるかな! 
聖なるかな! 万軍の主!」って 神様を賛美してるけど、とっても
親しい存在なんだよ。特にケルビムを見てこわがる人、いないよ。
ミシェル・マリー・フランソワも、絵で、また像で見てると思うけど、
ビジョンでこれから見ることになるから、楽しみにね! 神様の被造物
で一番かわいい天使、それがケ・ル・ビ・ム! 祝福します。神父様の
祝福、お願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。 

マリー・マドレーヌ:
 同じ声で、「ミシェル・マリー・フランソワに代わって!」って、し
るしあります。

(ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 今また、一言ローキューションがありました。女性の声で指示があり
まして「ミシェル・マリー・フランソワの両耳に十字架をつけて」とあ
りました。「どなたですか?」とたずねますと、マリア様でした。識別
のためのしるしをいただいています。

(両耳に十字架をつけて、ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 今もう一回、指示がありまして、「司祭がつけてください」と言われ
ました。識別のためのしるしをいただいています。

(ジャン・マリー神父がミシェル・マリー・フランソワの両耳に十字架
 をつけて、ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 ミシェル・マリー・フランソワが「識別のためのしるし」はあるけれ
ど、ローキューションはないということですが、私の前にしるしがあり
ました。マリア様がたずねたがっているので、「何ですか?」と聞いた
んです。そしたら、「ビジョンを受けるときに何か不安はありますか?
何か不安があった時に、すぐ司祭に話して」とおっしゃっているんです
けど。今、しるしがありました。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 マリア様に対してお返事。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 ときどきあります。先ほどビジョンがあったんですけど、確認がとれ
ません。それで不安になるときがあります。

マリー・マドレーヌ:
「もう一回、確認して」って、しるしいただいています。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 今、確認しましたけど、しるしはありませんでした。

マリー・マドレーヌ:
「確認を忘れたら、こわがらないで、もう一回、確認して」って、しる
しあります。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 はい。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしがありました。「それを、司祭との間でしてください」っ
て。確認します。しるしがあります。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 しるしが、あちこちにあらわれたとき、混乱しますね? 

(マリー・マドレーヌ、しるしを確認する↑)

ミシェル・マリー・フランソワ:
 はい。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 しるしについて、司祭の指導を受けて、平安を保ってください。

(マリー・マドレーヌ、しるしを確認する↑)

ミシェル・マリー・フランソワ:(ジャン・マリー司祭に)
 しるしに関して、いろんな場所にあらわれるんですが、すべて天から
のものかどうか……?。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通してマリア様に)
「印に関して、すべて天からのものかどうか」聞きたい、だそうです。

マリー・マドレーヌ:
 今、しるしがありました。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛するミシェル・マリー・フランソワに、聖母が話します。識別の
しるしを、よく覚えておいてください。あなたに与えられ、確認をとっ
ている一つのしるし、それが「識別のためのしるし」です。司祭にだけ
打ち明けてください。
 たくさんしるしを見たときに、確認をします。天井にあっても、祭壇
の近くあっても、この間、あなたが大蛇を見たように、悪魔はそれに
似せて見せることもあります。しるしをたくさん見て、心がそれによっ
て乱されるなら、即、それを見ないようにしてください。司祭(ジャン・
マリー神父)がたくさんの幻視者を見ているので、どうかその指導に
忠実に従ってください。
 マリー・マドレーヌもいろいろとアタックをかけられ、心が乱された
経験をしています。よく司祭が「平和を保って」と言っている言葉に
注意して聞いてください。そして、ミシェル・マリー・フランソワに
ぴったりの方法で、あなたにしかわからないことをもって導き、与えま
す。神は忍耐強く待ってくれます。
 しるしを確認した時や、声が聞こえて確認をした時に、不可解な態度
をあらわすなら、それは天からのものではありません。必ず「識別のた
めのしるし」を、天はたずさえてきますから、よく覚えておいてくださ
い。ただ、そのしるしに関して、司祭に一回だけ打ち明けたら、もう話
さないでください。司祭はそれを知る必要があります。子供に対して、
やさしく手をとって、天は導き、守ります。必ず確認した後に、「識別
のためのしるし」があったかどうかを、司祭に告げてください。多く
しるしを見たら、そのしるしに対して、司祭に話し、指示を仰いで確認
します。混乱を避けるためです。祝福をおくります。司祭の祝福をミシェ
ル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(マリー・マドレーヌを通して、マリア様に)
 今、長としてのジャン・マリー神父の望みを行なってくださいますか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「はい」と言われました。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
「識別のためのしるし」って確実にわかる? 「マリア様のローザミス
ティカのご像のところに、お願いします」ってお願いして。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「司祭に見せます」と言われました。

(ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 しばらく待ってたんですけど、ジャン・マリー司祭から「まだ待つべ
きでしょうか?」とたずねてほしいということで、たずねました。マリ
ア様にたずねましたら、今、「識別のためのしるし」がありました。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛するかわいい息子(ジャン・マリー神父)に、聖母が話します。あ
なたはこれから幻視と幻聴を両方得ます。ミシェル・マリー・フランソ
ワと愛する息子(ジャン・マリー神父)が「柱」となって、神秘的教会
をつくりあげます。
 マリー・レベッカを救うために、愛する息子の望みはすでに聞かれて
おり、大きな恵みを受けます。あなたに言われた事柄は実現します。
 パードレ・ピオの保護と十字架の聖ヨハネの保護のもとで、男性二人
は動きます。愛しています。祝福をします。父と子と聖霊との御名によ
りて。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミシェル・マリー・フランソワにたずねてくださ
い」と言われました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 先ほどのひとつだけの確認のための「しるし」で、正しいですか?

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 「先ほどのひとつだけの確認のための『しるし』で、正しいですか?」
と聞いて。

マリー・マドレーヌ:
 「識別のためのしるし」がありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 「他に何かありますか」と聞いて。

マリー・マドレーヌ:
(「識別のためのしるし」は)ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と聞いて。

マリー・マドレーヌ:
(「識別のためのしるし」は)ないです。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 「次に何をしますか?」と聞いて。

マリー・マドレーヌ:
 「終わりです」と言われ、今、しるしがありました。



--------------------------------
2007年2月28日AM1:25〜AM5:35
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 第1ミサのあと、司祭から「今日は訓練はありますか?」と聞きなさ
い、と言われましたので、聞いています。しるしがあってマリア様の声
で「メッセージがあります」と答えがありました。「聖堂に行って」と
うながされています。しるしを求めたら、識別のためのしるしをいただ
きました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母が話します。ミシェル・マリー・フランソワの
生い立ちすべてを天は知っており、幼ないころから激しい心の傷を受け
なければならない環境に育ち、人に対する信頼、そして親の荒れた姿し
か見られず、親との信頼関係もままならない状況に育ち、成長しました。
まったく孤独の道を歩いたので、あたたかい環境が必要です。
 現代は家族の団欒ができない時代になって、子供の置かれた立場、環境
は本当に昔とは全く違ってしまいました。親のしつけかたによって、子供
の人格形成が決まり、両親の関係も子供に影響を及ぼす状態で、何も知
らないようでいて、子供は夫婦間のあいだをつぶさに見、感じ取って、
「この場合はどのように対処したらいいのか、お母さんにはどうしよう、
お父さんにはこのように対応しようと」考えることが育ち、身について
いきます。父親に対して傷のある人は、愛する息子(ジャン・マリー神
父)の発言に対し、自分の父親の言葉をオーバーラップさせ、反応を愛
する息子に向けます。虐待によって受けた傷を持つ子供もまた、溺愛さ
れて育った子供たちの反応も、それぞれ傷として、その行動・考えを
子供たちが司祭に向けてする反応、それが浮き彫りになるのは、先ほど
も言ったように、司祭があるすすめを霊魂の成長のためにするときに、
はっきりします。
 マリー・マドレーヌの場合、それが母親に対する「恐れ・恐怖・不安」
が引き金となって、どの女性に対しても緊張します。クララに対しても、
大人の女性の姿を見たマリー・マドレーヌは、司祭がはっきり知ってい
ますが、行動をしました。「恐怖」、それから「気をつかう」という
行動です。
 ミシェル・マリー・フランソワも、自分の心の状態を今、司祭が指摘
し、洗ってもらっているので、だんだん皮がはがれるように、愚かさ、
醜さ、惨めさを毎瞬毎瞬、司祭の指摘を受けるたびに気づかされていま
す。心が痛くて、悲鳴をあげるのを恐れないでください。そして痛悔す
るひとつの段階を超えて、もうひとつの段階にいま司祭によって導かれ
ていますから、恐れないでください。そして、小さな子が話す赤ちゃん
言葉で、聖母に甘えてください。
 マリー・マドレーヌとミシェル・マリー・フランソワは、甘えること
ができないで育ちました。聖母は甘えることを教え、そして自分の愚か
さ、惨めさ、自分が悪いんだということを認めることができるように、
勇気を与えます。
 聖母はイエズスを産みました。子供を育て、一緒に痛み、悲しみ、苦
しみ、生活を地上でおくったのです。聖母を遠く思う人たちの中で、
聖母はいつも悔い改めなさい、償いなさい、罪から足を洗いなさい、と
ばかり言って、実際よごれきっている私には遠すぎて、まるで女神のよ
うに感じ、わかってくれない、生活の苦しさ、誘惑の恐ろしさなんかわ
からないんだ、というふうに考え、叫んでいるのを聞いていますし、今
でもカトリック信者の多くは、高い高いところにいて、私たちのことを
知ってもらえない、そう思う人々は多いです。でも、マリア・ワルトル
タに話したように、聖母は地上で生活しました。地上で、みんなと同じ
ように生活し、本当に生きることの苦しみをなめつくした、このことを
忘れています。
 マリー・マドレーヌは母親の傷がもとで、聖母に祈ることも怖くて、
甘えることができず、苦しんでいました。罪を指摘した時はなおさらで、
怒られた意識が強く、マントで包み、抱きたいと思う聖母から身を隠し
て、自分の殻に閉じこもることをしてきました。でも、ようやく「甘え
るのが下手なんだけど」と言ってくれています。虐待を受け、苦しんだ
子供たちは、それぞれに悪徳を身におびて育ち、人に対する不信頼を
植えつけられ過ごしたので、ベッティーナもマリー・マドレーヌも苦し
んでいます。
 逆にほめられて育った子供たちに関して、ほめられないとうれしくな
いし、知らないうちに、「いいことをしたら相手は評価してくれる」と
いう考えで育っていったので、行動も言葉もそのようになります。子供
たち、人は不完全であるから、親も子も神に立ち返り、神を迎えること
をしなければなりません。自分の生活に神を持つなら、たとえ苦しくて
も、すべてがうまくいくので、その日の終わりに、「一日過ごせて幸せ
だった」ということができます。
 いま、90%の霊魂が神を呪い、神を冒涜し、みずからまっさかさまに
暗闇に落ちています。20年ほど前はリトル・ペブルに80%の魂が地獄を
選ぶと言ってきました。でも、文明が発達し、物が自由に買える豊かな
生活をますます自分の手に入れた霊魂たちは、いま「神がなくても生き
ていける、命さえもコントロールできる」というたいへん思い上がった
心を悪魔によってたきつけられ、本当に自分の寿命も自分で支配しよう
とするほどに、神をいつわり者にしました。でも、これが大きな罪で、
神をあなどり、痛めているというのを、どうか肝に銘じてください。
 子供達が帰ってくるのを聖母は待ち、祈りを呼びかけています。司祭
の祝福をミシェル・マリー・フランソワに、そして名古屋の小さな三人
の子供たちにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(名古屋の小さな三人の子供たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「他に何をすべきですか?」とたずねますと、しるしがあって、マリ
ア様から「司祭に識別のしるし」と言われました。私たちはジャン・マ
リー司祭のためにに「絶対に見破られることのない、確実な『識別のた
めのしるし』をください」とこれから祈ります。ジャン・マリー司祭が、
「顕示されたご聖体を見て待ちますけど、それでいいですか?」と聞き
なさい、と言われに、聞くと、しるしがあって「見てください」と言わ
れました。

(ジャン・マリー神父、待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 「ひとつのしるしが与えられます」と、女性の声で一言ローキュー
ションがありました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 同じように待ち続けていいですか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「待ってください」と言われました。

(ジャン・マリー神父、待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 つい先ほど一言、「はっきりしたものです」と、女性の声でローキュー
ションがありました。印をいただいています。その後もう一言、「ジャ
ン・マリー司祭にです」とあって、しるしをいただいています。

(ジャン・マリー神父、待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 先ほどから体がまた痛みはじめているのですが、一言、「償わせてま
す」と、ローキューションがありました。しるしを求めると、しるしを
いただいています。

(ジャン・マリー神父、待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 先ほど「愛する息子に」と聖母マリア様から一言ローキューションが
ありました。しるしを求めると、しるしをいただいています。

聖母マリア様:
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、聖母が話しをします。あなた
はパードレ・ピオの取次ぎを強く求め、神秘家としての歩みに身をゆだ
ね、絶えず攻撃する悪魔に立ち向かっていってください。以前、出版の
保護者コルベ神父をここにおくりました。全ての事業を支える役割を
コルベ神父の保護と、アッシジのフランシスコと、クララに与え、秋田
と名古屋の同宿会をはじめ、これから起こされる同宿会の保護者、取り
次ぎ者としました。そして神秘的教会のためにパードレ・ピオと十字架
のヨハネを取り次ぎ者として与えました。あなた個人には、特にパード
レ・ピオの取次ぎを求め、進んでいくようにお願いします。
 あなたが幻視を受けることも、幻聴を受けることも、今までいっさい
ありませんでした。司祭として発言し行動した事柄で、絶えずあなたは
批判をあび、どこへ行っても批判が続いて、今にいたっています。神秘
家としてたてられるあなたには、イエズスの受けた「反対のしるし」を
受け、悪魔の攻撃にさらされ、戦わねばならなくなります。でも、すべ
て強い天使の保護のもとでなされます。神秘的教会の建て直しは、いま
リトル・ペブルもはっきり望んでいます。すべて導いていきます。愛さ
れている子、あなたを豊かに祝福します。父と子と聖霊との御名により
て。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「ミシェル・マリー・フランソワにかわってください」
と言われました。

(ミシェル・マリー・フランソワ、待つ……)

マリー・マドレーヌ:
しるしがあって「司祭と3人で話してください」と言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 何について話すんでしょうか?

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「これからのことについて」と言われました。
 
(これからのことについて、3人で話す……)

マリー・マドレーヌ:
 これからのことについて、3人で話してたら、しるしがあって「ミサ
とノベナ」と言われました。しるしを求めたら、識別のためのしるしを
いただきました。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛する息子(ジャン・マリー神父)に、聖母がお願いします。北岡
ファミリーのためにミサを3回たて、子供たちのためにノベナをお願い
します。直樹さんとマリア・アントニアりえさんを祝福します。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(直樹さんとマリア・アントニアりえさんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

 お望みのノベナは何ですか?(マリー・マドレーヌを通して)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「司祭にまかせます」と言われました。
 
(これからのことについて、3人で話す……)

マリー・マドレーヌ:
 「このあと、どうしたらいいですか」とたずねました。しるしがあっ
て、マリア様が「ジャン・マリー司祭に質問があるんですけど。はっき
りしたしるし、わかりましたか?」と言われました。

ジャン・マリー神父:
 わかりません。ぜんぜん見ませんでした。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「求め続けてください」と言われました。

(これからのことについて、3人で話す……)

マリー・マドレーヌ:
 さっき、印があって「償いの時間は終わりました」と言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通してたずねる)
 ミシェル・マリー・フランソワの「識別のためのしるし」も見ていま
せん。私自身のための「識別のためのしるし」も見ていません。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「ミサ中に与えます」と言われました。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通してたずねる)
 他に何かありますか?

マリー・マドレーヌ:
 印があって「コルベ・マリーを祝福して、終わりにしてください」
と言われました。

ジャン・マリー神父:(コルベ・マリーに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年2月28日PM8:25
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 いつもジャン・マリー司祭がミサの中で「……天草島原に素敵な家を
ください」と祈っているのですが、夕方のミサで「天草島原」と唱えて
いたところ、ふっと「ジャン・マリー司祭と北岡さんが天草に行くのか
な」というインスピレーションがありました。夕食中、この話しをする
と、ジャン・マリー司祭から、聖櫃の前に行って「識別のためのしるし」
をもとめるようにと言われました。
 聖櫃の前に行って、しるしを求めたら、識別のためのしるしをいただ
きました。ジャン・マリー司祭から「長の望みですから、詳しく説明し
てください」とお願いするするように言われ、お願いしました。しるし
を求めたら、識別のためのしるしをいただきました。

聖母マリア様:
 愛するマリア・アントニア・りえさんと、マリア・ヨゼフ・天草四郎・
直樹さん夫婦を、聖母が祝福します。直樹さんの将来に関することで、
重要な働きをすることを伝えます。司祭として天草に行き、使命をまっ
とうします。天草島原で共同体を設立してください。愛する息子(ジャ
ン・マリー神父)がケアし、働きます。子供たちも祝福します。司祭の
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(北岡家の一人一人に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって「ミシェル・マリー・フランソワにビジョンを見せま
す」と言われています。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 印があって、乳牛(ホルスタイン)が2頭、うしろ姿でいて、ずっと
岬があって、海岸線で牧草があるというビジョンがありました。



----------------------------------------------------------------
2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
【 僕は人を信頼することができない 】

 僕は人を信頼することができない。信頼したいけど、小さかったとき
の、両親との関係が、そうさせているのだろう。父は、ある日の休みの
日に、酔っ払い、どこかにつれていくといってくれたけど、翌日は忘れ
てしまっていて、僕の期待をうらぎった。何もいえない、甘えられない
自分がいた。そんなことがよくあった。どうせ、またおんなじなんだっ
ていう、親への侮蔑もあったかもしれない。悲しいね。
 ジャン・マリーは、正常な状態なら、親を信頼して、親が約束を忘れ
たり、すっぽかしたりしても、いつもこころの中で期待して、次いつ
連れて行ってくれるのかなって、わくわくしているそれが、本来の子ど
もの姿だよといってくれた。それと、親に対する信頼は、神様への信頼
につながるって。自分を「あわれんでくれている神様」に、信頼できな
いなんて悲しいし苦しいし惨めだよ。
 罪を犯すことは、最後は自分の自由意志が判断して選択する。ぼくは、
自分のことになると混乱する。判らなくなってしまう。なんで……
 イエズス様やマリア様やヨゼフ様、天使、遠い遠い存在、親近感が
湧かない。幼いことばで、お話することで、それを繰り返していけば、
だんだんと親しみをおぼえてくるってジャン・マリーは、言ってくれた。
これが、内的生活でとても重要なことなんだって。
 「マリア様の子宮にはいっている胎児の自分や、マリア様のおっぱい
を吸っている自分を想像してごらん」と。そのイメージを持つことを
何度もなんども繰り返す。それは、マリアかあさんとの親近感を生み出
すことにつながるんだって。
 マリアかあさんや、守護の天使に、自分が意識して働きかけていくこ
と。これは、サッカー選手が何度も何度も繰り返すシュート練習に似て
いるんだとジャン・マリーはいってくれた。本物の、カトリックの土台
が無い僕にとっては、この話は、なんとも新鮮だった。
 マリア様のメッセージにもあったように、今の僕の内心は恐怖や緊張
のかたまりになっているんだ。マリアかあさんは、悲しんでいるんだろ
うな。
 こんな自分に、そしていままでの自分に目をかけてくれてきてくれた
神様。マリアかあさんをとおして、ジャン・マリーやほかのみんなと
遭わせてくれた、神様の摂理にありがとうだ。ぼくの心は、痛みを伴い
ながらもほんの少しづつ変わってきている気がするよ。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は3月11日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]