「箱舟の聖母」2月25日号No.346
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年2月25日号 No.346

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年2月18日AM2:35
マリー・マドレーヌに与えられた
聖母マリア様と聖ベルナデッタからのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あいさつをします。聖母マリアが
お話しします。
 ミシェル・マリー・フランソワを祝福します。あなたに与えられる
ビジョンについて、ジャン・マリー司祭の指導に従ってください。一人
でいると、誰もまわりに理解者がいないために、悪魔が混乱させ、あな
たの心が乱れてしまいます。一人の判断にたよらないで、何か違ったこ
とが起きたら、司祭に話してください。いつも書きとめていた、あなた
のよい行動は知っています。でも今は、何かをする気力がなくなるほど
に、悪魔はいやがっています。
 何もできないイエズスを見てください。磔にされたイエズスを目の前
に置くときに、責めることは打ち消されて、イエズスと一致できるよう
になります。何かができたことで得るものはたくさんあって、逆に何も
できなくなることに対して人は「クズ」と見なす、これが一般に言われ
ていることです。でも、イエズスに近づくためには、自分が無力な存在
であるという道を通る必要があります。
 一人一人、それぞれのやり方で、無力さを味わわされるというところ
を通過します。誰もが病気になります。でも、その時に霊魂が祈り始め
ます。子供よ、恐れないでください。そして、ここに集められた一人
一人にふさわしい方法で、神は導いているのだということを知ってくだ
さい。
 神秘家や幻視者に選ばれた霊魂は、人が受けない悪魔の攻撃にさらさ
れます。自分が見て、あるいは聞く事柄が妄想ではないかと疑うことも
してしまう、それほどに正しいことを聞かせたり、見させたりすること
をさせまいと悪魔は必死で妨害します。
 神と人は親密な関係でした。けれど、罪がふさいで、遠ざかってしま
うようにしました。悪魔はそれをいいことに、ますます責めて、人を
唯一の創造者であり父である神から引き離し、まったく絶望させようと、
多くの霊魂に働きかけ、成功しています。
 今、同宿会が立てられ、リトル・ペブルの恩寵のラインは神の介入に
よって与えられています。ビジョンを見ることも、どうか怖がらないで
ください。これから起こされる幻視者、神秘家たちの一致の輪を強固な
ものにするように、私はお願いします。一人では決して立つことはでき
ません。そして、信じあう仲間同士、強い友情を育てていってください。
 マリー・マドレーヌの耳に関して、生け贄のために、今まで言ってき
たようにします。司祭がそばにいます。悪魔のアタックは顕著になって
います。彼女の使命に一番必要なのは、ベルナデッタの幼ない心を持つ、
これが重大なことです。
 ミシェル・マリー・フランソワも直接ルルドに行き、ベルナデッタを
見、ルルドの聖母を見ました。あなたも同じくベルナデッタを愛して、
保護を願って、遊んでください。愛しています。
 子供たちを祝福します。司祭の祝福をミシェル・マリー・フランソワ
にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「他にローキューションはありますか?」と尋ねましたが、何もあり
ませんでした。ジャン・マリー司祭から「ミシェル・マリー・フランソ
ワに何かありますか?」と聞くように言われましたので、尋ねたらしる
しがありまして、「ビジョンを見せます」と言われ、「識別のための
しるし」がありました。その声はマリア様の声でした。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 男性で、茶褐色の肌のエジプト人で、馬上にいるような場面ですが、
黄金の十字架がついたヘルメットをつけていました。古代風の軍服のよ
うな衣装をつけた人でした。「識別のためのしるし」がありました。

聖ベルナデッタ:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリー・マドレーヌは泉を見ません。
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを愛しています。ベルナデッタが
話しをします。あなたに起こる事柄は、あなたを責めるのではないとい
うことを覚えてください。あなたは泉を見ません。それは、あなたに
よいことだから。そして約束をしてくれた方の栄光が輝くために、よい
ことだからです。私もルルドの泉が湧いた話しを聞いたけれど、そこに
は二度と行きませんでした。多くの人が癒されるのを聞いて、感謝して
いました。あなたにはこの世ではなく、神のもとに召されてから、幸せ
があります。
 いま、泉の湧くところは、穴が掘られたままになっています。人は、
いつ泉が湧くか、好奇心をもって待っていますが、「いつまでたっても
湧かないじゃないか」と言って、あざわらっています。でも神のご計画
は真実で、必ず与えられます。恐れないでください。神は、素晴らしい
方法をお持ちです。神父様の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛する子供たち、聖母があなたがたにお話しします。
 残念ながら、女性の二人はかみあうことができません。愛する子供た
ちに、この事実を伝えに来ました。マリー・マドレーヌとマリー・レ
ベッカの傷は対称的に違うので、人の知恵では無理であることを伝え
ます。二人が話し合うことで解決できるのではありません。二人とも、
男性のケアが必要です。
 泉のゆえに魂の変化を与えると神は話しました。けれど、先ほどベル
ナデッタに言わせたように、マリー・マドレーヌにはベルナデッタの
道案内によって歩かせるために、泉を見ることをしないで、それとは
違った方法で神の奇跡にあずかり、神の喜ばれる道を歩かせます。
 死を間近にひかえた彼女には、静かな安息が必要です。子供達、約束
を疑わないでください。信じて、命を得ることが、幸せです。祝福を
送ります。司祭の祝福をお願いします。三人にお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「識別のためのしるし」があって、ミシェル・マリー・フランソワに
「ローキューション」と一言ありました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 しるしはあるけれど、何も聞こえません。



--------------------------------
2007年2月20日AM2:15〜AM5:30
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今日の第1ミサの聖体拝領をするまえに、いままでにない香りがあり
ました。カリスの洗浄のときに印があり、このことをジャン・マリー
司祭に伝えました。「長の望みです。どなたですか?」と尋ねると、そ
のとき印をともなってローキューションがあり、「聖母マリア」と答え
られ、「今、メッセージをマリー・レベッカは受け入れることができな
い」と言われ、「これからミシェル・マリー・フランソワを中心にしま
す」と言われました。「しるしはありますか?」とたずねましたら、
「識別のためのしるし」をいただきました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福します。聖母マリアがあなたがた
にお話しします。
 心して聞いてください。聖母はたいへん傷ついています。このように
悲しいメッセージを言わなければならないほど、今、このミッションの
状態がよくありません。
 過去20年、日本において幻視者・神秘家・恵みの霊魂を立て、リトル・
ペブルのゆえに与えられる神からの恩寵のラインにそって、メッセージ
を与えてきました。幻視者・神秘家は直接ものを見たり、あるいは聞い
たりして、神の働きかけを受けてきました。そして、それを受ける側も、
その神の限りない愛に、感動と喜びをもって受けたはずです。でも、そ
の当時は(識別は)なされていない、あるいは曖昧な形でなされていま
した。
 ここ1年と半年以上にわたって、愛する息子(ジャン・マリー神父)
は、ケベックでブレ神父から受けた基準にしたがって、識別をするよう
に幻視者・神秘家に指導してきました。リトル・ペブルに確認をとって
もらうことが、今たいへん難しくなっている状況の中で、愛する息子が
確認のために再度しるしを求めさせ、公けのメッセージを出すように
しました。
 日本人は特にリトル・ペブルによって確認されることをはっきり好む
民族です。今、愛する息子がしていることは、リトル・ペブルを無視す
ることだという思いをもつリトル・ペブルの支持者たちがいるのを、よ
く知っています。そしてメッセージを聞く日にちが頻繁になればなる
ほど、そのメッセージを聞くだけで、何が天の望みなのか、なおざりに
して、その恵みに慣れっこになって、「ああ、また同じことを言ってい
る」と言って、片付けてしまいます。
 昔は天の働きかけに対して、とっても謙遜でした。ベルナデッタも
15回、私に会うことしかできず、最後は私がすぐそばにいるけれども、
とっても遠く、まるで私がいないかのように彼女はうろたえ、私を呼び
求めました。今、現代、シャーベル修道会に特別に恵みを注いで、幻視
者・神秘家・恵みの霊魂を通して、リトル・ペブルのゆえに与えられる
神の恩寵のラインで、天とあなたがた一人一人が近くになるように、
メッセージ、またはビジョンを与えることによって働きかけて、罪の
償いをするよう、そして神の望みを第一にするように呼びかけてきたの
です。
 子供たち、霊魂の弱さを天は知っています。でも、メッセージよりも
重大なことがあります。それは、神が選んだ司祭に従うことなのです。
なぜ、司祭を憎み、不平を心に言うのですか。天は司祭を祝福し、職務
が滞りなく行なえるように全てをはからっています。幻視者も神秘家も、
あわれみのゆえに天の働きかけを受けますから、感謝をささげてくださ
い。へりくだりこそ、神がいつもその霊魂に恵みと愛をいっぱいに注ぐ
ことができる最高の状態です。
 一人一人の育った環境にあわせ、望みのままに天は幻視者を選び、
神秘家を立て、そして神の使命に生きるように勧めます。幻視者も神秘
家も、恵みによってささえられて、神の声を聞けます。同じ罪人です。
彼らは直接に見たり聞いたりするので、自分が罪を犯した場合、良心が
その恵みを知っているので、激しく責めます。
 子供たち、幻視者は普通の人ではなく、神の声を聞いているから、徳
を得るのは人よりすぐれていなきゃいけないと、どこかで考えていませ
んか。幻視者・神秘家は司祭の指導のもとに置かれなければ、たちまち
自分で自分を持ち上げ、あっという間に引きずり落とされてしまう、
弱い存在なのです。
 特に強調しますが、日本ではそうです。巫女さんや霊能者がいる日本
では、「お告げ」が重視されるために、このカトリックから見る幻視・
幻聴の受け方・とらえかたとはまったく違っています。
 今、多くの人がメッセージに好奇心を持ち、それを受ける人を特別な
目で興味本位でのぞいています。先ほども言ったように、巫女さんや
霊能者の特別な受け方のように、彼らを扱っているからです。今、リト
ル・ペブルを信じるミッションの人たちも、様々で、メッセージを受け
取っています。様々な方法でとらえ、解釈をするといったことをしてい
ます。
 天は、本当に友情を持ち、あなたがたに愛を送りたいと願いながら、
あなたがたに語ってきました。でも、まったく変わりませんでした。
 子供たち、神をあなどらないでください。幻視者・神秘家の子供たち
を擁護しますが、どうか神を愛し、本当の願いは何なのか、天が同じ罪
を持ち、神の働きかけを与えることによってでないと救われない霊魂た
ちを通して語ることに対して、どうかよく考えてください。
 自分は何かを感じる、そして何かを得たいという思いで祈らないでく
ださい。幻視者になりたいと思わないでください。たいへんな悪魔の
攻撃にあい、もしその人がなったら、たちまち倒れてしまいます。幻視
者や神秘家になることを定めた神は、その霊魂が倒れることのないよう
に絶えず天使をつかわして、そして司祭に従うように勧めます。
 今までマリー・マドレーヌにたくさん与えたメッセージは、彼女が
過去にも未来にもないほどあわれな存在で、神があえてそうしたからで
す。でも、彼女は最低最悪の自分を出すことで、恵みを得るということ
を理解しました。これからミシェル・マリー・フランソワの上に、豊か
に祝福を注ぎます。彼女は今日、司祭が話したことに全て同意しました。
ですから、彼女の役目は終わりになります。
 愛する子供たち、ミシェル・マリー・フランソワの全てを天が支え、
導きます。神は、謙遜な心を持ち続けたいという意志を持つ霊魂には、
いっときたりともはなれず、恵みを注ぎます。試練にあって、何も見え
なくなっても、心に感じなくなっても、神は守っています。司祭(ジャ
ン・マリー神父)が忠実に義務を果たし、霊魂のために命をはって守る
役目を与えられているので、決して一人にはしません。恐れないで、
ミシェル・マリー・フランソワも、神に従ってください。何もかもを
全部話して、心を神に明け渡してください。生まれた時から今まであな
たをはぐくんだ永遠の創り主である神が、どうしてあなたの面倒を見な
いでしょうか。司祭を愛し、全てを天使、守護の聖人に話していってく
ださい。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「他にローキューションはありますか?」と尋ねましたが、何もあり
ませんでした。ジャン・マリー司祭から「ミシェル・マリー・フランソ
ワに何かありますか?」と聞くように言われましたので、たずねたら
「識別のためのしるし」がありまして、「それは何ですか?」と尋ねる
と、ひとこと女性の声で「ビジョン」と言われ、「識別のためのしるし」
がありました。その声はマリア様の声でした。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 ビジョンが二つありました。一つは大嵐の中で、木製の小船が上下に
翻弄されている場面でした。もう一つは、白いポールに白い大蛇がまと
わりついて、薄い赤い舌を出して、目は黒で、長い胴体をらせん状に
からみついているというものでした。


聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛するマリー・マドレーヌに聖母がお話しします。あなたの幻視者と
しての使命は終わりになります。すべてミシェル・マリー・フランソワ
に、そそぎます。耳のことで、あなたの願いは聞かれました。安心して、
司祭についていってください。あなたにとって一番よいことだからです。
ベルナデッタが、そしてヨゼフが最後まで一緒にいます。イエズスの渇
きをうるおしてくれたあなたを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「ミシェル・マリー・フランソワにビジョンとローキューションを
与えます」とマリア様がおっしゃいました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
 しばらく待ちましたが、「識別のためのしるし」は3回ありましたが、
ビジョンもローキューションもありませんでした。

マリー・マドレーヌ:
 司祭から「どうしたらいいですか?」と聞きなさい、と言われました
ので、聞きました。しるしをともなって、女性の声で、「今、訓練して
います」と言われました。「『しもべは聞きます。お話しください』と
準備してください」と言われました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(再度チャレンジする……)

マリー・マドレーヌ:
 ミシェル・マリー・フランソワが、しるしはあるけれど、両耳がつまっ
て聞こえないそうで、司祭から「どうしたらいいですか?」と聞きなさ
い、と言われましたので、聞きました。しるしがあって、「聖水と香」
と言われ、しるしがありました。どなたか尋ねると、しるしがあって
「聖母マリア」と言われました。

ジャン・マリー神父:
(聖水と香をまき、悪魔祓いの一般的な祝福を与える)

マリー・マドレーヌ:
 司祭から「これでいいですか?」と聞くように言われましたので、
聞きました。しるしがあって「いいです」と言われました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(再度チャレンジする……)

マリー・マドレーヌ:
 ミシェル・マリー・フランソワが、しるしはあるけれど、耳なりがす
るそうで、司祭から「どうしたらいいですか?」と聞くように言われま
したので、聞きました。しるしがあって「しるしは存在をあらわしてい
ます。十字架の傷口に接吻してください」と言われました。マリア様の
声です。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 イエズスへの愛のために、このことを続けてください。声が聞こえな
くても、責めたり、心を乱したりしないで、緊張を解いてください。
司祭の指示に従ってください。

マリー・マドレーヌ:
 司祭から「次に何をすればいいですか?」と聞くように言われました
ので、聞きました。「司祭との信頼関係なので、重要です」と言われま
した。しるしがありました。
 今、しるしがありまして、「最後にもう一度聞いてください」と言わ
れました。「識別のためのしるし」がありました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(再度チャレンジする……)

マリー・マドレーヌ:
 司祭から「次に何をすればいいですか?」と聞くように言われました
ので、聞きました。しるしがあって、「その都度、与えられる司祭の
指示に従ってください」とマリア様に言われました。「識別のための
しるし」がありました。

ミシェル・マリー・フランソワ:
(再度チャレンジする……)
 
マリー・マドレーヌ:
 司祭から「他に何をすべきですか?」と聞くように言われましたので、
聞きました。「識別のためのしるし」があって、「これで終わりです」
と言われました。もう一度聞きますと、しるしがあって「今日はこれで
終わりです」と言われました。



--------------------------------
2007年2月22日AM1:28〜AM5:36
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様、
大天使聖ミカエル、大天使聖バラキエルからのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 「ミシェル・マリー・フランソワが印を見たときには、すでにそこに
いらっしゃって、存在をあらわしているので、すぐに『何か語られるこ
とはありますか?』と言うことを繰り返すことによって成長できる」と
いう、インスピレーションがありました。しるしを求めたら、識別のた
めのしるしをいただきました。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたの十字架を担ってください。
聖母が話しをします。
 今、ここは激戦地です。霊魂の奪い合いをしています。それぞれ送ら
れた子供たちの霊魂の救いのために、天使と悪魔が決戦をしています。
あなたも神秘的なことで、避雷針の役割として、今、猛烈な悪魔の攻撃
をあびていますが、強い大天使が保護しています。一人一人には、本当
に強い天使たちがおくられているのです。
 愛するマリー・レベッカも同じです。メッセージできびしいことを
言われ、愛する息子の指摘もきびしく、いま彼女にとっては、彼女の心
の底にある愛してやまない娘の上におきた事柄も本当にきびしい状況で、
どこを見てもまったく大嵐の中を行っているとしか思えないほど、悪魔
は彼女を苦しませ痛めようと必死でいます。司祭のところにおかれたこ
とによって、悪くなったと何度も言われ、愛する息子の中には本当に愛
の炎がふきあがっています。決してあなたを憎んで天がしているのでは
ないということを言っておきます。愛しています。
 一人一人が神のもとに立ち返るように呼びかけられています。その
呼びかけに対し、こたえるのは一人一人の自由な意志にまかされていま
す。光に照らされ、暗闇に隠していたものがあらわにされると、人は
その行ないによって激しく責め、悲鳴をあげます。光を愛することを
選ぶ人は、その行ないによって得たものが何もなかったことを知って、
光の方に走っていきます。暗闇を愛する人については、その逆であるこ
とを覚えてほしいのです。
 子供たち、愛しています。決して天がみずから裁いたと言わないでく
ださい。子供たちを祝福します。このあと、ミシェル・マリー・フラン
ソワにビジョンとローキューションを与えるための訓練をします。司祭
の祝福をマリー・レベッカとミシェル・マリー・フランソワにお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。

(約1時間にわたって、ミシェル・マリー・フランソワが、ビジョンと
 ローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 ミシェル・マリー・フランソワが「識別のためのしるし」はありまし
たが、ローキューションはありません、ということで、司祭から「どう
したらいいですか?」と聞きなさい、と言われましたので、聞きました。
しるしがあって「もう一回聞いて。ヨゼフお父さんに頼んで」ってとて
も親しげに答えがありました。「どなたですか?」たずねると、「守護
の天使」と言われ、しるしをいただきました。「名前を教えてください」
とたずねると「ミシェル・マリー・フランソワの守護の天使、ミカエル」
と言われ、しるしをいただきました。

(ジャン・マリー神父が聖水と香をまく……)

マリー・マドレーヌ:
 司祭が聖水と香をまいているとき、一言「こわくないよ」と少年のよ
うな軽いやさしい声で言われ、しるしを求めたら、識別のためのしるし
をいただきました。びっくりして「どなたですか?」とたずねると、
「大天使聖ミカエルが話します。天国の人は誰もこわくないよっ!」と
言われ、識別のためのしるしをいただきました。

(ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 しるしをいただき、聖母マリア様から「今、恐怖におののいている
子供たちを帰らせるために、このことをしています」と言われ、しるし
を求めたら、識別のためのしるしをいただきました。ジャン・マリー
司祭に伝えますと、「ちょっと意味がわからないので、説明してくださ
い」とお願いするように言われました。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛するミシェル・マリー・フランソワに、このような形でのぞんでい
るのは、聖母をはじめ天国の人たちの存在を遠く感じてしまうように
過去のミッションの人たちが教えたために、絵を見ても、像を見ても、
聖体を見ても、とってもとっても遠いように教えられ、知らないうちに
恐怖が心を支配しました。このように、昔、幻視・幻聴を受けた子供た
ちのこともあわせて、これからおこされる小さな小さな子供たちが、
親しく天使や保護の聖人とまじわれるように、愛されていることを示し
たくて、本当に親しく天の人々がのぞんでいます。恐怖を受けた子供た
ちが帰ってくるように、祈ってあげてください。ただ、ある時期に自分
で世間を選んでしまった子供たちは別です。あとになって帰ってきます。
祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 識別のためのしるしをいただきました。 司祭から「次に何をしたら
いいですか?」と聞きなさい、と言われましたので、聞きました。聖母
マリア様から「もう一度、最後に聞いて、それで終わりになります」と
言われ、識別のためのしるしをいただきました。

(ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 しるしがあって、「ミシェル・マリー・フランソワの守護の天使は
もう一人います。ミカエルとバラキエルです」と言われました。しるし
があって「あなたにパンを与えます」と言われています。「どなたです
か?」とたずねると「バラキエル」と言われ、しるしをいただきました。
ジャン・マリー司祭から「意味がわからないので、説明してください」
とお願いするように言われました。

大天使聖バラキエル:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛するミシェル・マリー・フランソワに、バラキエルが話します。
あなたは何もかも失いました。でも、神の摂理に身をまかせてください。
パンを与えると言ったのは、このためです。司祭に信頼して、全部身を
あずけてください。一人にしないためです。祝福をします。いつも慰め、
励まします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「ジャン・マリー神父がミシェル・マリー・フランソワに何かあった
かたずねるように」と言われ、識別のためのしるしをいただきました。

(ジャン・マリー神父がミシェル・マリー・フランソワにたずねる……)
(ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 聖母マリア様から「(十字架の)傷口に接吻してください」と言われ、
識別のためのしるしをいただきました。

(ビジョンとローキューションを待つ……)

マリー・マドレーヌ:
 ミシェル・マリー・フランソワが「識別のためのしるし」はありまし
たが、ローキューションはありません、ということで、司祭から「どう
したらいいですか?」と聞きなさい、と言われましたので、聞きました。
「今、緊張しすぎているから、これで終わりにします」とマリア様から
言われ、しるしがありました。「マリー・マドレーヌの自叙伝を祝福し
ます」マリア様から言われ、しるしがありました。

聖母マリア様:(マリー・マドレーヌを通して)
 愛する子供たち、あなたがたを祝福します。聖母マリアがお話ししま
す。コルベ・マリーの働き、そしてフランソワ・マリーの協力による、
「マリー・マドレーヌの自叙伝」はまもなく出されます。彼女のそのま
まをつづった自叙伝は、過去の神秘家たちが書いたのとは全くかけはな
れていて、型破りのように見えます。でも大天使聖ガブリエルに助けを
求めて書いたもので、いろいろなことが多くつまったものになりました。
彼女の恥をさらすものではあるけれど、本当に幼ない子供たちは、喜ん
で絵を楽しみます。祝福をおくります。コルベ・マリーとフランソワ・
マリー、ロンジン・マリーに祝福をおくります。司祭の祝福をお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:
(コルベ・マリーとフランソワ・マリー、 ロンジン・マリー、
 そして「マリー・マドレーヌの自叙伝」に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.ミシェル・マリー・フランソワの告白録
----------------------------------------------------------------
【 この世で最低最悪な自分 】

 僕が生まれたのは秋田の横手、僕が生まれる前に、3人の兄弟姉妹が
いたうち二人が流産、一人が死産に近い状態で生まれまもなく亡くなっ
た。
 僕は、待望の子として昭和43年9月26日に生まれた。父は、一所懸命
に働いた人だったが、アルコール依存だった。母は、小学校6年の時、
母親を突如失ってしまい、その後、苦労の連続だった。
 家の中は、いつも口論が絶えなかった。祖母と父と毎晩のように口論
していた。両親の折り合いも良くなかった。小さい時に、離婚の話が
なんどかあった。
 そんな家庭の中で、僕は内心孤独だった。オナニーをおぼえたきっか
けは、小学校2年生のとき、学校の授業中おしっこにいきたくていけな
くって、おちんちんをもんでいたらふっと気持ちよくなった。小さい時
から、年上の男性にあこがれを覚えていた。10歳のある深夜に、悪魔
との契約書を交わした。その晩は、一人居間で、左の人指し指に刃物で
傷をつけて、「魂を渡します」という契約書を血で書いた。それが終わっ
た瞬間、僕の左前に、突然黒いものが現れて怖くなって、その契約書を
直ぐに、マッチで火をつけ燃やした。その時は、悪魔的なものに魅かれ
ていて、オナニーも毎晩するようになった。小学2年の時のことを思い
出したのだった。
 なんでこんな家に生まれてきたのかと思っていたから、一人で悪いこ
ともよくした。自分の存在そのものが消えてなくなればいいのにと思っ
ていた。
 最近、「僕の心の中に悪魔がいるんですよね?マリア様」と質問した
ら、識別のための印があった。
 その話をジャン・マリー神父に話したら、今でもその時の悪魔との
契約が続いているだろうと言われた。
 5歳の時、保育園で昼食を食べている時、前にいた子が、ヘアピンと
輪ゴムで弓矢のようにして遊ぶことがはやっていて、その子がヘアピン
を飛ばしたときに机に跳ね返って、僕の右目に刺さった。水晶体はだめ
になり、斜視になって手術を5回した。
 一度は麻酔が効きすぎて、心臓が止まる寸前だった。10歳のとき、
おたふく風邪をこじらせて、左耳が聞こえなくなった。
 不安が強かった。同性に強く魅かれたのは、10歳頃からで中学の時
に好きな人がいて毎日その人のことを想ってオナニーをしていた。心の
中では、悪いことだとしってそういう自分に嫌悪していた。けど、好き
という感情はおさえられなくって、自己嫌悪と恋愛の感情がいつも同居
していた。なんで、自分はこんなになってしまったのだろうと。誰にも
話せなくってつらかった。高校でも同じ、浪人中でも同じ、大学に入っ
て一人生活を始めると、だんだんしんどくなってきた。学校にも行かな
くなり、疲弊しきっていた。ずーと不安だった。
 聖母の子ども会に入り、マリア様のことを知った。昔から憧れていた
のは、「大草原の小さな家」だった。
 リトル・ペブルさんのことを知ったのは、浪人のときで、大学1年の
ときスタインバック神父に会いにいった。大学では何もする気がなかっ
た。洗礼を受けたのも同じ頃だった。
 自分が、良く変わるのかなと思っていたけど、内面の苦しみが増えて、
いつも教会では緊張していた。そして、左の目が網膜はく離になって、
手術をすることになった。それをきっかけに教会にもいかなくなった。
性的欲望も強くなってしまった。
 大学の3年の時、とある女性に好意をもって、SEXを1回体験したが、
ものすごい罪悪感にかられてしまった。自分はカトリックなのにとうと
うしてしまったと。
 その後、テレビを見て同性愛の番組が放送していて、それがきっかけ
でゲイ雑誌を買いに行った。それから、ダイヤルQ2とかでいろんな
見ず知らずの人たちとHな話を毎晩した。そして、どんどん泥沼にはまっ
ていった。
 大学の卒業間際になって、また不安が強くなって、誰かを必要として、
電話で知り合ったある人と出会い、そして性的体験をした。
 その後も、何人かの人とあっては、SEXにまみれていた。いつも内心
は自己嫌悪と罪責感でいっぱいだった。でも、一人でいる不安には勝て
なくて就職まえに知り合った年下の男性と同居を始めた、家庭的なもの
を求めていた。
 しかし、8年一緒に生活をしていたけれど、お金のことや人間関係の
問題などで生活していける状態にはなくなって、1999年12月に別れるこ
とになった。そして、また新しい出会いがあって、SEXにおぼれた。
その関係は、つい最近までつづいた。
 新しい人と知り合ってから4年か5年後、インターネットで、リトル・
ペブルさんのホームページをみて、メッセージに触れる機会が再度でて
きた。
 ヘルニアになって、入院し退院後、歩くことも出来ないくらいの状態
になって、相手の家で生活することになった、不安と絶望感が一杯で、
何度も自殺を考えた。ロザリオを祈っていた。そして、長期間教会も
行かずにいたし、罪まみれの生活をしていたので、近所の教会にいって、
告解をした。マリア様やいつも心配してくれている家族への裏切りの
行為。申し訳なさと滅びへの不安と恐怖。
 相手との性的関係は、なくすることにした。その相手は、まもなく
結婚をする。
 自分は、借金だらけになったし、繊維筋痛症になって仕事も休むこと
になった。
 今は、にっちもさっちもいかない。
 親はなにも知らない、病気の自分を心配してくれている、僕の心も
体もめちゃくちゃになっている。このミッションのみんなに対しても
裏切っている。
 マリアかあさんは、それでも僕のことを見捨ててはいなかった。
 ジャン・マリー神父と知り合ってから、マリア様からマリー・マド
レーヌを通してメッセージがあり、そして幻視者としての使命が与え
られた。
 神様はいう、一人も滅んで欲しくないって。神の元に帰ってきて欲し
いと。
 こんなこと誰にも言えないけど、特に家族には。
 不安と恐怖、でもジャン・マリー神父から、しっかり話さなければ
救いは無いといわれた。
 あー自分の人生は、なんて愚かな人生だったのだろうかって、今まで
何をしてきたのだろうかって、大罪人で腐って異臭を放つ存在。裏切り
ばっかりだ。
 僕は、体が中途半端に不自由で、治って元に戻って欲しくて、新興
宗教にも顔をだした。とにかく放蕩三昧、そして破滅に向かう人生。

 それでも、マリアかあさんは僕のことを見捨てていなかった。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」が出版されました。一冊
 2400円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、現金書留か
郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないようにお願いします。
ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「マリー・マドレーヌの自叙伝 第1巻」は、インターネット上で、
こちらでも購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。

--------------------------------

◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は3月4日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]