「箱舟の聖母」2月18日号No.345
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年2月18日号 No.345

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年2月5日AM0:50
マリー・マドレーヌに与えられた永遠の御父からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
永遠の御父:
 (マリー・マドレーヌに)子供のままでいなさい。

 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。あなたの創り主、父である
私が話しをする。愛している。あわれみの神として、あなたがたに声を
かけていることをよく覚えなさい。
 神と人は、天と地が創られた最初のころ、まったく境がなく、父と
子供のように親密な状態であった。けれども、神の敵となった蛇、ルシ
フェルがまずエバを誘惑した。一番魅力なものに目を向けるよう、彼は
彼女の弱みにつけこみ、傲慢の罪を彼女に植えつけた。私の言葉よりも、
甘くて自分に有利な悪魔の言葉を選んだからである。私と一緒にいるな
ら、どんなに幸せであったか知ることができたであろうに。
 彼女は知識を望んだ。神のようになれるとそそのかされ、アダムに
木の実を食べるようすすめた。この時、人は裸であるのに気づき、恥ず
かしく思い、いちじくの葉を腰にまき、肌を隠した。私の命令をやぶっ
た。彼らを楽園の園から追い出すときに、動物の皮の着物を彼らの衣服
として与えた。あなたがたはこの話しを何度も読んで、聞いている。
 今、現代は悪魔のやりたいように、私が創ったかわいい子供らが悪魔
にそそのかされ、たくさんの罪におぼれている。私は全世界の人の神で
あり、父なのである。彼らは私を知らず、私に背を向けて、「神はいな
い」と言い、誰が私のことを知るもんかと言って、私の愛を拒み、否定
している。いつまでそうしているのか。私の子であるイエズスを地上に
おくってまで、愛を示し、私のもとに来るよう招いたのに、十字架に
つけて、死に渡してしまった。本来なら、その罪のゆえに罰するところ
であった。しかし、永遠の幸福を人に与え、私のもとで幸せに暮らせる
ようにしたかったので、イエズスをよみがえらせ、誰でもイエズスを
神の子と信じる者に、永遠の命の約束を与え、今日まできた。神に創ら
れたものは神のもとに帰る、それが一番よいことである。私のもとに
みな来なさい。
 日本は罪にまみれ、以前私がリトル・ペブルに語ったように、この
まま快楽や罪に染まり続けるなら、この国自体に正義をあらわし、血に
沈むことをしなければならない。私は人の目には見えないが、存在して
おり、全世界を支配しているのである。愛する子供たち、どうか帰って
きてほしい。
 今、ある所で、幼な子が見えなくなることがおきている。何も知恵の
ないうちに、罪の汚れもないうちに、親から離し、私みずから彼らに
よいことが何かを教えている。
 マリー・マドレーヌは私を愛し、さがしてくれた。私の愛のもとで
休むように言う。人は死の直前になって、今まで自分が歩んできた道に
関して、まるで昨日行なった出来事のように思い起こされ、良心が目覚
め、よくなかったことを示され、責めはじめる。特に、私審判があるこ
とを聞いている子供たちはなおさらで、私を呼び求めていたかどうかを、
このときに示されるので、愛することをしなかった子供たちは、このと
きにも私に背を向け、「あなたが私の神なら、どうしてよい人生を与え
てくださらなかったのか」と言って、私を悲しませ、私よりもほかの
ものを求め、創り主である私を否定する。
 私は一人一人に、よいと思うことを与えている。体の不自由な人には、
それなりによいものを与え、かえって不足と思われる部分を残すことに
よって、私に出会わせ、一緒に生きていくことをさせるのである。私と
いるならば、この世で苦しいと思っても、その苦しみはいつも私の前に
あるので、決して見捨てず、命を終えたときに大きな報いをそこで得ら
れるように、私がその人を導くのである。
 子供たちに祝福をおくる。愛する息子(ジャン・マリー神父)によっ
て、同宿会の働きが実り、立て直される祝福をする。幼な子でありなさ
い。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【 リトル・ペブルさんへ、永遠の御父からのメッセージ 】

永遠の御父:
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。あなたの創り主である
私が話しをする。絶えず祈り求めるあなたに対し、永遠の父である私は
絶えず恵みと祝福をあなたにそそいでいる。あなたはヨゼフと同じよう
に神を第一に置き、すべての源である神をひとときも忘れずに毎日を
過ごしてくれている。多くの子供らがあなたの信仰を見習ってほしいと
切に望んでいる。子供よ、勇気を出しなさい。現代に一つの印が与えら
れている。それがリトル・ペブル、あなたである。あなたは教会を立て
直すことと、全世界を正しい方向に導くようにと、私が定めた。だから
子供たちはあなたのもとに集められ、指導を受けるのである。神の道を
教え、正しいことは何かを教えるように、あなたに伝え、命じる。祝福
をする。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルさんに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年2月13日AM1:00
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 12日の聖体降福式の時、不思議な夢を見ました。日付が変わって、し
るしを求めましたら、「識別のためのしるし」がありました。その夢は、
4本の棒があって、私がそれにしがみついて、必死にもがいているとい
うものでした。真ん中の2本にしがみついていたのですが、うしろから
引きずりおろされるような感じでした。

イエズス様:
 愛する子、あなたにあいさつをする。イエズスが話しをする。あなた
に見せた夢は、あなたの過去の傷によって受ける悪魔の攻撃であるのと、
今、多くの子供たちが地獄に引きずりこまれることを示すものである。
多くの子供たちは、様々な方法で死を迎えたあとに、神の裁きの前に
立たされ、神のことを侮辱して、私にはいいものは与えられなかったと
言って、神がどんなにはからってくれたか、それを聞いても、あわれみ
を拒んでしまって、神が望んでいないのに、自ら神のいない暗闇を選ん
でしまう。このようなことを選ばないように、警告するために、あなた
に知らせた。
 今、軽く人を裁き、「地獄に行きます」ということを口にする人は
多く、相手を傷つけあっている。カトリックの人々は、なぜ愛すること
をしないのか。恵まれた環境におかれた人たち、あなたの発する言葉は
人にどういう影響を与えるか、考えたことがあるか? 今、子供たちの
90%が神を否定し、自分の行ないを正当化しているので、神はそのかた
くなな心に愛をそそぎたくても、そそげないのである。
 子供らよ、私は弟子達に対して、一人の子供を真ん中に立たせ、幼な
子のようにならなければ、神の国に決して入ることはできないと言った。
彼らは誰が一番偉い者かと言って、互いに議論したからである。いま、
世界のあちこちでいろいろな問題が起こり、人間は、それぞれの方法
に従って「神の救いの計画」を立て、神が、介入し事業を進めている。
リトル・ペブルについて天は擁護する。知識は人をたかぶらせ、いつの
まにか傲慢にさせる。「幼な子路線」に対し、一時のあいだ批判をあび
ると言ったのは、知識の多さによって見えなくなった人たちが批判の
目を向けるためである。人は不完全で、罪人なのを、私は知っている。
あなたがたは立ち返って、福音が何であるか、もう一度イエズスに尋ね、
求めなさい。そうしたら、はっきりとそれを伝え、正しい道に導く。
 マリー・マドレーヌは、魂のもとにおかれたのが恐れと不安であるた
めに、最後の死に関しても素直にとらえることができずにいる。でも
私はこれを責めるつもりはない。なぜなら、幼なく、人より小さく生ま
れた彼女を悪魔が殺そうとしたから、そして親の強いしつけによって、
恐れ、不安が植えつけられたからである。
 愛する子供たち、ミシェル・マリー・フランソワの苦しみを心におさ
めて、彼の救いについて求め、彼が神によって与えられた仕事ができる
ように祈ってほしい。祝福をおくる。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
聖ヨゼフからの警告 1990年1月6日 No.54
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 わたしも又、世界中にはびこる地獄の力、悪の力から、聖にして母な
る公教会を守るために、またそれ以上に神の御母をお護りするために、
永遠の御父より命じられて来ている。かわいい子らよ、それ故公教会を
その荒廃と破滅から護るため、わたしを助けてくれるようにとあなた達
に頼んでいるのだ。それは大勢の者が今歩んでいる道が、破滅と地獄の
火へと続く広い道だからである! かわいい子らよ、あなた達の祈りで、
潮流を変えることができるのだ!

 人類が生きている今の時代は、わたしを愛している善なる人々にとっ
てのみならず、「道」を見失ってしまった人々にとっても大きな霊的試
練であり、苦悶の時代である。なぜならルシファーは、できるなら全人
類を地獄へ連れて行こうと望んでいるからである! もう二、三年とい
う短い間に、ルシファーが自らの堕落した者たちを集めるために、彼に
残された時間の間に……彼は、「選ばれた者」「神の選ばれし者」、つ
まり勝利と十字架の「しるし」を刻まれた者たちと、心に汚れなき御心
の「しるし」を印された者たちを踏み砕こうと望むであろう。この者達
は、ルシファーが混乱させ、罠に掛け、できるなら「真理」から遠くへ
と投げ捨てようと望んでいる者たちである。かわいい子らよ、それ故、
天の元后があなた達にお与えになった聖なるロザリオを取り上げなさい。
あなたたちがこの世を、悪魔を、肉を克服するのは、この「愛の珠」に
よってである。そして又、今や世界に当然ふりかかるべき天罰を和らげ
るのも、この祈りによってなのである。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「箱舟の聖母社」インターネットサービス
 http://hakobune.cart.fc2.com/

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

   ■箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月25日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

  箱舟の聖母社インターネットサービス
    http://hakobune.cart.fc2.com/

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.html
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]