「箱舟の聖母」2月11日号No.344
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年2月11日号 No.344

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年1月24日AM1:15
マリー・マドレーヌに与えられた
幼きイエズスの聖テレジアからのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
幼きイエズスの聖テレジア:
 甘えるんです。

 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを祝福します。幼きイエズスの
テレジアがお話しします。小さな子のままでマリア様に甘えるんです。

 私の人生でおきた事柄は、あなたがジャン・マリー司祭から聞いた
とおり、私を愛してくれた母が亡くなってから、私は精神的なショック
により、魂の成長の段階においてすんなりと成長できずに、何をしても
小心的な考えにとらわれ、恐れ、不安がいつもつきまとうという状態に
なりました。クリスマスイブの時に、イエズスがあわれんで私の弱さを
変えてくれました。マリア様の微笑みに出会って、私は変えられ、強め
られました。

 今、一人一人の霊魂が絶望に追いやられる感じを受けて、疲れを訴え
ているのを神様が聞いて、私をここにおくって、みんなを励ますように
言われたので、ここに来ました。

 愛しています。多く精神的に深い傷を負った人たち、マリア様のとこ
ろに来てください。自分の罪に苦しむ人たち、マリア様のところに来て、
甘えてください。一人一人の弱さを理解できるのはマリア様だからです。
愛しています。小さな子のままでいてください。司祭の祝福をお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



--------------------------------
2007年2月1日AM0:48
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子、あなたに祝福を与える。イエズスがあなたに話しをする。
あなたが世から取り去られ、イエズスのところに行くとき、すなわち
あなたの死のときに、はっきりした形で愛する息子(ジャン・マリー
神父)に知らせる。

 神は幼な子のいけにえを望まれた。リトル・ペブルのために命をささ
げてほしいと、ちょうど一年前、私があなたに望んだ。大きな試練を
あなたはくぐった。あなたはたいへん傷を深く負っていて、本来の神秘
家として召しだされる人に要求されるタフな精神とは全く異なり、最低
限のこれだけはしてほしいことだけを、私は愛する息子に示して、あな
たに要求した。完全でないけれども、段階を踏んで、応えてくれた。
全くの癒しは、神のところに行ってから与えられる。弱く、幼ない霊魂
の最後を見て、今、神が子供たちを愛されているということを、人々は
知るようになる。あわれみの神はどういう方かを、あなたの最後のとき
にはっきり知らされる。多くの人はあなたの死によって、このような
幸せな死に方をしたいと望むほど、はっきりと心に刻み付けられる。

 天はひとつの行為を喜んでいる。それは愛の行ないであって、一番
美しいことである。その行為はあとになって知らされる。あなたがたが
行なっていることを、これからの人の模範にしてほしい。永遠の御父は
あなたを愛している。

 ここに集められた一人一人の霊魂を慈しむ永遠の御父のところに、
みな来なさい。祝福を与える。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年7月13日 No.53
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい子らよ、何年も昔に地上に解放された悪魔は今や、ほとんど
の私たちの子らの心を支配しています。肉の罪……高慢の罪……「七つ
の罪源」は、世界中のすべての私たちの子らの間にはびこっています。
そして、ほんの一握りの者が「成聖の恩恵」の中に留まって、公教会と
世界に起こりつつあることを理解するために、御子の光を受けているの
にすぎません。

 かわいい子らよ、祈りが悪魔を追い払います! 家で、国で、工場で、
たくさん祈りなさい! そうです! かわいい子らよ、仕事場で、どこ
にいようとも祈りなさい! 御子のために、甘美な愛の言葉をささやく
ことを決して忘れてはなりません。なぜならこのようにしてこそ、その
ような言葉に耳をふさぐ悪霊を追い出すことになるのですから。悪霊は
祈りを好まず、むしろあなどって嫌っているのです。なぜなら、祈りは
悪霊を傷つけるからです!



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月18日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]