「箱舟の聖母」2月4日号No.343
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年2月4日号 No.343

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年1月26日PM8:46
マリー・マドレーヌに与えられた
イエズス様、マリア様、ヨゼフ様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。イエズスが話しをする。
一人一人が、私の望みを行なうリトル・ペブルを愛しているか、私は
試した。マリー・マドレーヌとマリー・レベッカは全く対称的に違った
傷がある。けれども、ひとつ共通点がある。それは何かというと、過去
に受けた教会の傷で、マリー・マドレーヌは聖霊派の悪影響を受け、
マリー・レベッカはリトル・ペブルを信じているミッションの悪影響を
受けた。内容はそれぞれ異なっているけれども、悪い影響を受けた二人
は、それぞれ昔をふりかえるという行動をした。私はこのことを通して、
悪いものを除くため、心を清めて、本当にリトル・ペブルに対する
「花嫁の愛」を持たせたくて、試練にあわせた。マリー・マドレーヌも、
マリー・レベッカも「執着」がなかなか取れないという欠点をもってい
る。二人とも愛する息子(ジャン・マリー神父)を痛めて苦しませ、悩
ませている。意志力も弱く、物事に対する執着が捨てられず、また何度
もあやまちを犯してしまう。
 「離脱すること」を学んでいくようにあなたがたに言う。私は罪のゆ
るしを願う人を追い返すようなことは決してしない。神が与えた良心の
声によって人は自分の罪を知り、その罪と戦う意志を奮い起こすかどう
か試される。神を知らない人は、自分が罪を持っているかどうか知る力
がないので、一人一人にあったやり方で神が改心の心を与え、その人は
初めてその時に自分が罪人だという自覚が生じる。長年、私の教えに
ふれ、罪を犯すということはどういうことなのかを、司祭(ジャン・マ
リー神父)から話しを聞いて自ら体験するあなたがたにとっては、絶え
ず初心にかえり、洗礼を受けることができた時に心に備わっていた純心
無垢な霊魂を思い出してほしい。
 告解の秘蹟は完全で、心から痛悔し告白した罪はゆるされる。二度と
その罪を神は思い出さないのである。子供たち、告解の場を「裁かれる
場」として見ないでほしい。実にあなたがた自身が、自分で自分を神に
訴え、「私はこんなに悪い者で、汚れてしまったから、ゆるしてくださ
い。罪に対して戦うことができるように力を下さい」とお願いすること
なのである。「あわれみの神」をどうか心の中に、頭の中に刻み込んで
ほしい。放蕩息子のたとえ話し(ルカによる福音書第15章11節〜)を
もう一度、読み返し、私が何を伝えたかったのかを知ってほしい。あな
たがたを愛している。
 悪魔は、リトル・ペブルから引き離そうと必死であるので、甘く見て
はいけない。特に、言葉の軽さで人を動かせるという悪魔の手口に乗ら
ないように言う。聖体を愛してほしい。祝福をおくる。司祭の祝福を、
マリー・レベッカに特にお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
(皆に……)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 聖母のところに来てください。

 愛する子供たち、聖母があなたがたにお話しします。人は誰でも道に
迷います。こんなことをしたらよくないと知っていても、なかなかその
ことから離れられず、弱さに負けて失敗をしてしまう、これを聖母は
知っています。マリー・マドレーヌはこの激しい苦しみにあい、自分は
また罪を犯したから使命が終わってしまうんじゃないかと激しく責めま
した。
 イエズスも言ったように、彼女は昔にあった出来事で、聖霊派の教会
で受けた傷がもとで、聖霊が取り去られたという恐れが心の奥底にひと
つの矢となって刺さっています。罪責感を刺激されるのはこのためです。
今日、激しい苦しみに襲われた彼女は、一人でいる時に聖母の名を呼ん
で、助けを求めてくれました。私たちはあなたの意志の弱さ、すぐに
不安になる魂をもっているのを知っています。聖母のところに来て、
甘えてください。
 ここにいる子供たちにも、この言葉を繰り返します。自分の弱さを
悪魔に突かれて、引きずりこまれたら、聖母のところに来て、甘えてく
ださい。聖母はあわれみでいっぱいなのです。誰も裁きません。
「ゆるす」、これが聖母の心をいっぱいにしていることをどうか覚えて
ください。
 リトル・ペブルのことを、どうか助けてください。あなたがたに挨拶
し、祝福を送ります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖ヨゼフ:
 愛する子供たち、挨拶をする。あなたがたの保護者であるヨゼフが
話しをする。絶望は罪である。自分はだめな人間だと認識したら、子供
のように「お父さん、助けて! お母さん、お願い! こんな私を救っ
て!」と言って甘えるのである。
 自分の罪を認めようとせず、神があわれみの手をのべているにもかか
わらず、そのあわれみを拒否するなら、滅びに瀕してしまう。十二使徒
に選ばれたイスカリオテのユダは、あわれみとゆるしの心でいっぱいな
私の浄配であるマリアの声を聞くことなく、最後は自分で自分の命を
絶ってしまった。
 今、リトル・ペブルを信じ、敬虔な祈りをもって生活しているミッ
ションの中でも、残念ながら祈りは形式に頼り、多く時間を費やして
信心業をしても、この神のあわれみに対して間違った認識のもとで行動
するので、フィアットが言えず、愛する息子(ジャン・マリー神父)の
指摘に対して反論して、よりどころとしている祈りや犠牲の行為を正当
化して、忠告を受け入れることなく、神のあわれみを自分で拒否してし
まう。人間的に見て、目の前にある問題の大きさに圧倒されて、一言、
「はい」と言えば恵みがくだるのに、その問題に対して信仰をもてない
ので、悲観的になり、恐れと不安によって拒否してしまう。
 罪を指摘された時も、同じである。こんなに一生懸命償いをささげ、
がんばって、人の救いのために神に仕えているのに、何で神は私を痛め
苦しめるのかという怒りに似た不満をぶつけ、最後まで言われた言葉を
聞かずに、拒否してしまう。
 神と私たちは親子の関係である。父として正義をあらわすことをしな
ければならないけれども、一言、「ゆるしてください」と言って、より
すがる意志をもつなら、そしてその言葉を言うなら、神はどんなにやさ
しいか、身をもって知ることができるのに。
 残念ながら、過去20年の歴史をもったリトル・ペブルを信じるミッ
ションの人たちは、司祭(ジャン・マリー神父)の声に耳をかたむける
ことができずに終わってしまった。
 なぜ、今、愛する息子(ジャン・マリー神父)が立てられたかと言う
と、天が愛する息子に、日本人の根深い悪魔的悲観主義の心を見抜く
ためにその洞察力を与えたからである。今まで言われなかったことを
彼は直接話法の形で言うので、まるで心に激しく火が投げ込まれたかの
ように感じ、耳が痛くなるのである。
 今、混乱している子供たちも、神に立ち返る機会はまだ残されている。
とぎれてしまったかもしれない、リトル・ペブルを信じる兄弟たち、
姉妹たちのつながりは、あとになって神の介入により戻されることを、
私はあなたがたに伝える。
 一人として滅びてほしくないと御父はいつも望んでいるのである。
愛している。やさしい養父、あなたがたを育てるヨゼフの声に耳を傾け、
いつでも甘えてほしい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
  全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

聖ヨゼフ:
 愛するリトル・ペブルにヨゼフが話しをする。今、あなたに対して
花嫁の愛をもつ人々を、私はこの日本で準備している。あなたの苦しみ
はイエズスの受難と同じであり、今、激しくなっているのを天は知って
いる。あなたの人間的に絶えられる苦しみの限界を超えているのを私は
知っている。
 愛する岩よ、恐れてはならない。あなたのために自らの命を捨てる
ほどまでに愛する勇者を、このところにおいて起こしていく。勇気を
出しなさい。いつもあなたを支えるイエズス、マリア、ヨゼフがいるの
を、どうか心にとめるようにしてほしい。愛している。祝福をおくる。
司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルさんへ)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2007年1月28日AM1:25
マリー・マドレーヌに与えられたマリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 この同宿会の上に恩寵と祝福を与えます。

 愛する子供たち、あなたがたに挨拶をします。聖母があなたがたに
伝えます。リトル・ペブル同宿会を祝福し、恩寵を注ぎます。神の恩寵
によって広がります。ただ迫害を受けます。でもリトル・ペブルの土台
の上にすえられた同宿会なので、誰も倒すことができません。
 愛する子供たち、戦いは始まりました。聖シャーベル修道会の中には
善良な人がいます。でも、今回、圧倒的な人の意見に飲み込まれる形で、
愛する息子(ジャン・マリー神父)のことを静かに祈ることをせざるを
えなくなりました。聖母はすべての子供たちに愛を注ぎ、祝福します。
 恐れないで前に進んでください。神がともにいて、あなたがたの働き
を祝福します。神が責任をもって、してくださいます。恐れないで進ん
でください。聖母を慕ってください。
 秋田と名古屋の同宿会を柱に、全国に広がります。名古屋の同宿会に、
今、家族をひとつ起こしました。祝福します。彼らには天使を大勢おくっ
ています。ロンジン・マリーも、フランソワ・マリーも同じようにたく
さんの天使に支えられ、進んでいくことになります。祝福をおくります。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖母マリア様:
 ミシェル・マリー・フランソワに聖母が話します。あなたは今、どん
底に落とされ、悪魔による憎しみをもろに受けています。あらゆる不安
と他の人のはずかしめによって、あなたは肉体にも精神にも大きな打撃
を受けました。あなたのことは神がゆるしています。忠実に愛する息子
(ジャン・マリー神父)に従ったので、悪魔の激しい怒りと憎しみを
身に受けたのです。決して自分を責めないでください。聖母は必ずあな
たを、その逆境から戻します。
 もう一度、言います。あなたは一人ではありません。名古屋のメンバー
もあなたを愛し、ここにいる子らも皆、同じ愛をもってあなたに祝福を
願って祈っています。勇気をもってください。「お母さん」と言って、
聖母にしがみついていいのです。あなたはそれだけ多く傷つき、怪我を
したのですから、ボロボロのあなたを放っておくことはできません。
あなたはいつも謙遜に自分の罪を認めます。自分は愚か者だと思ってい
るので、いつも聖母に信頼する心をもっています。神のあわれみのとこ
ろに来て、休んでください。祝福をおくります。司祭の祝福をお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。


【リトル・ペブルさんへのメッセージ】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブルに、汚れなき御心の聖母が話しをします。

 あなたはひとつの印を見ます。まわりの意見によって決定されたこと
をもとに、日本の状況を見て判断します。でも、天はあなたに隠れた宝
を用意しています。あなたが思うこととは異なります。
 なぜなら、傷だらけの人々が、あなたのために立ち上がり、愛を広げ
るからです。イエズスが集めたように、欠点だらけの人たちです。修道
者を支え、司祭の世話をするのです。
 今まで天が望んだ人々ではありません。ならず者の集団と言っても
おかしくないほどに見えるかもしれません。でも、ダビド王がならず者
を従えて進んだように、この日本では、どうしようもないほどに罪に
汚れ腐っているような人々が、罪から足を洗って、「リトル・ペブルの
ために働くんだったら命も惜しまない」という純真な心をささげます。
 イエズスの福音が再度知らされます。祝福を送ります。あとになって、
あなたは同宿会のことを知ります。神があなたを祝福されます。司祭に
祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:(リトル・ペブルさんと、この同宿会を迫害する
者たちに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年7月13日 No.52
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 たびたび祈りなさい! かわいい子らよ……このために私はあなた達
の愛の天の母として、すべての者の救いのためにたくさん祈るようにと
子らを勇気づけるために世に来ているのです。なぜならかわいい子らよ、
あなた達がこのような暗黒の日々が襲うのを見る時……たいていの者は
神の母の言葉に耳を傾けるべきであったと望むでしょう。しかし、その
時ではもう遅いのです。そして大勢の者が苦い涙を流して泣くでしょう。
なぜならあなた達の子供や、兄弟姉妹や、父や母があなたより先に死に、
その中の多くの者が「成聖の恩恵」を持たないで死ぬからです。ですか
ら地上のかわいい子らよ、私はあなた達に懇願します。一つに一致しな
さい。全ての者が同じ目的、つまり敵と戦うために。その敵は、世界中
で公教会の奥深くまで、また大勢の私たちの子らの生活の中まで侵害し
ているのですから! そしてかわいい子らよ、この敵とは誰でしょうか?
ルシファー以外の何者でもありません! かわいい子らよルシファーは
生きており、健全です! 彼はたくさんの悪霊の軍団と共に、あなた達
をむさぼり滅ぼそうとして、世界を徘徊しているのです! 彼はあなた
達の破滅を狙っているのです! 彼は地上における御子の教会だけでな
く、世界の破滅をも狙っているのです!



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月11日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]