「箱舟の聖母」1月28日号No.342
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年1月28日号 No.342

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
2005年7月29日(金曜日)
マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 夜中です。久々に神秘的体験がありました。『エクソシスト(トゥルー
ストーリー)』という映画(DVD)を司祭と見ている途中です。まだ全部
終わっていません。映画のなかで二人の司祭が悪魔祓いの儀式に関する
本を読んでいるという場面を聞いていたら神秘的な匂いがありました。
「印をください」と言ったのですが、ありませんでした。ジャン・マリー
神父が聖水をまいてくれて、祈りを唱えてくれました。久々にきた神秘
的な体験で、奥底から感情が動いて泣いてしまいました。そのとき「サ
タンよ、出て行け!」と命じました。そのあとまだ続いていました。
司祭がベネディクトの十字架をもってきて十字の印を額にしるしてくれ
ました。

 いま、印を伴って目の前がすごい聖なる空気を感じています。風の
ような冷たい空気のようなものがあります。司祭が印をもう一度求め、
あったら『しもべはききます、お話ください』と言うよう指示されまし
た。「あまりにも悪魔祓いが少ない」と言われています。司祭が「その
声は?」と質問しました。その声は女性です。「悪魔祓いに対して危険
だと言っている人があまりにも多くて、多くの人たちが苦しんでいます。
信者じゃない人たちがあまりにも多く悪魔にとりつかれていて、その
叫びが大きい……」 ここで言葉が途切れ、声が聞こえなくなりました。
司祭が聖水を撒きました。司祭から「『しもべは聞きます。お話くださ
い』と言いなおして」と指示しました。指示されたように祈りましたが、
聴こえません。

 いま、メッセージをいただいていて、声が聴こえました。悪魔祓いの
ことで「あまりにも悪魔祓いが少ない」と聴こえてから、しばらくして
始まったなと思いながら、聴こえてくる言葉を聴きながら話していまし
た。言葉が途中で聴こえなくなってしまいました。私のちょっとした心
の動揺で悪魔が言葉を聴こえないようにしてしまいました。

 司祭から「聖ヨゼフにお願いしなさい。大天使聖ミカエルに祈って、
ゆっくり十時をきってから『しもべは聞きます。続けてください』と
守護の天使にお願いしなさい。続きがある」と言われました。十字を
切ったあと、私の耳に笑い声が聞こえました。司祭が大天使聖ミカエル
の祈りをして聖水を撒いてくれました。「至聖(しせい)なるイエズス
の聖心(みこころ)、われらをあわれみたまえ。聖母の汚れなき御心
(みこころ)、われらのために祈りたまえ。聖ヨゼフのいと清き御心、
われらのために祈りたまえ」とラテン語で祈りながら、ベネディクトの
十字架で額、両耳、口に十字の印をしてくれました。

聖母マリア様:
 愛するジャン・マリー神父、あなたを愛し、祝福しています。あなた
はこれから多くの悪魔を追い払うことになります。多くの子供たちが
悪魔にとりつかれており、彼らが泣き叫ぶ声があります。彼らがどんな
ことをしているか天は知っています。
彼らが悪魔にとりつかれているのを誰も助けようとしません。あなたが
悪魔を追い払い、あなたが受けたひとつひとつのことを通して、あなた
の賜物を使うときがもう来ています。愛する息子、あなたを強め、祝福
し、大いに用います。

 すべて受けた訓練の事を実行しているあなたにとって、これから働く
ときになりました。未信者にたくさんのことを行います。あまりにも
現代が悪魔を信じないため、私はこのことをあなたに伝え、あなたにす
るようにと仕事を授けました。あなたを大いに使います。あなたを祝福
します。父と子と聖霊との御名によりて。アーメン


マリー・マドレーヌ:
 いま、マリア様のメッセージです。マリア様がすごく悲しんでいらっ
しゃるのが判りました。悪魔祓いがあまりにもされていない。そのこと
のゆえにマリア様が悲しんでいらっしゃいます。子供たちがとらわれて
いるということを知らせるためです。私は涙が出ています。
 マリア様が嘆いていらっしゃいます。あまりにも司祭たちが悪魔祓い
をしないということで嘆いていらっしゃることが伝わってきています。
ジャン・マリー神父に「これをするようにと命じます」といわれてい
ます。
 あと、私自身、マリア様から教えられている事がこのことです。悪魔
祓いは真剣なことだから、これから先を聞くようにと言われています。
ビジョンはまったくありません。私に聴こえてきた言葉は、はっきりし
た言葉でした。悲しい思いが伝わってくる。これだけが心の中にありま
す。
 マリア様が切に懇願しています。子供たちを救えるのは司祭だけです
と……。急いで言葉を話してる。そのように聴こえたところがあります。


【 リトル・ペブルさんに語られたマリア様のメッセージ 】

2005年7月30日(土曜日)PM17:56
マリー・マドレーヌ:
「裁判の大勝利」 この一言が語られました。先ほどマリア様のバラの
香りがありました。印を求めました。そうしたら印がありました。

(リトル・ペブルさんからの質問に対して、マリア様がマリー・マド
 レーヌに語られた……)

聖母マリア様:
 愛する息子、愛するリトル・ペブル、あなたを愛し、祝福いたします。
あなたの質問に対して、9月16日に判決が出されます。あなたはこの
判決によって上告します。彼らの判決に対して、あなたは上告して裁判
の大勝利のために足を踏み出すように。切に彼らの救霊のために祈って
ください。上告したあと、あなたは釈放されます。
 愛する息子、勇気を出して私に信頼し、信頼し続け、あなたの面倒を
見る母である私をもっともっと、私をもっともっと信頼して歩みなさい。
いつも愛し、祝福し、恵みを与えています。あなたの苦しみ、苦悩を
私はよく知っています。
 あなたを祝福する母がすぐそばにおり、イエズスがゲッセマニの園で
祈りをするのと同じように、あなたが苦しんでいることを知っています。
大きな十字架です。でも、あなたは私を愛し、イエズスを愛しているが
ために、いつも「はい」と言ってきました。あなたを祝福し、許してい
る母がいます。
 多くの敵があなたを攻撃しました。けれども、最後に彼らはその罪を
償わなければなりません。彼らの救霊のために祈るあなたの祈りを天は
喜び、あなたの願いを聞き入れています。祝福を持ってあなたを抱きし
め、恵みに恵みをあなたに加えています。
 あなたはかつて、いろいろなことを通して裁判の大勝利があるという
ことを聞いてきました。そのたびにあなたの前に妨害した多くの敵が
ありました。あなたはもうその敵を見ることはありません。彼らが神の
教会、聖母に対して戦いを挑んだことをあなたは知っています。
 愛するリトル・ペブル、あなたを立てた母を、あなたを立てた天に
いつも信頼し、あなたを恵む多くの人々がいることを喜んで受け入れて
くれるようにあなたに求めます。
 愛する子、愛をあなたに、祝福をあなたに送ります。いつもいつも
すぐそばにいる愛の母、慰めの母、許しの母、イエズスの涙をいつも
目撃した母がいます。祝福します。父と子と聖霊との御名によりて祝福
します。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 リトル・ペブルさんのメッセージがあったときも悪魔のアタックがあ
りました。言葉に何度も詰まりました。メッセージを書き起こしている
ときに、「プレクストーク(デジタルCDを再生、録音するための機械)」
を操作中、なかなか目的の言葉を聴けず、時間がかかりました。特に敵
の妨害に関することを話された箇所では、先へ進ませないようにしてい
ました。悪戦苦闘しながらようやくメッセージを書き終えることができ
ました。


2005年7月30日深夜ミサにおいて
(7月31日 日曜日の第1ミサ)
 暑さがすごくありました。頭痛もありました。途中、悪魔からのア
タックを3度受けました。最初はどのときだったか忘れてしまいました。
はっきりと覚えていることは体の痛みのなかで、また眠さのなかで「お
前は地獄行きだ!」と言われたことです。低い男性の声でした。大天使
聖ミカエルに祈りました。
 聖変化が終わって、ホスチアを司祭が高く掲げる場面で、笑い声が
聞こえました。その笑い声の特徴は人が笑うようにです。けたたましい
感じではありません。男性の笑い声です。そのときに「イエズス、マリ
ア、ヨゼフ。大好き!」と祈りました。聖体が砕かれるときに「うぅ」
といううなり声が聞こえました。あとプシュッという音も聞こえました。
聖体拝領のとき、御聖体の甘さを感じました。印を求めましたらいただ
きました。


 7月23日の広島旅行以来、悪魔からのアタックが増え始めました。だ
んだん数が増えていますが、「まだ序の口」と司祭に言われています。
メッセージのなかでは本当に悪魔が妨害しようとして単語ひとつ、「て、
に、を、は」のひとつさえも落とそうと全力を尽くしています。100%は
ありえません。私の自我に入り込んで妨害したりします。あと悪魔は
気分のわるさ、眠さをもって仕事をさせないように妨げようとします。
今回も大変苦しみました。幻視者、神秘家はタフでないと使命が担えな
いと司祭に言われます。
 99%は悪魔からのアタックで、わずか1%が天からのものです。ほと
んどが悪魔からの攻撃ということになります。毎日悪魔からの攻撃にさ
らされています。
 でも、イエズス様に信頼する。ここに鍵があります。イエズス様は
とってもやさしいですし、強いです。悪魔はあらゆる手段を使って恐れ
させようとして、使命を失わせようとします。イエズス様やマリア様、
ヨゼフ様、そして天使たちや聖人に助けを求めてください。特にヨゼフ
様と大天使聖ミカエル、守護の天使の助けを求めてください。本当に
守ってくださいます。


2005年8月3日(水曜日)
 この日から体の痛みが強まる。痛みのために泣き出すことが多くなり
ました。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年7月13日 No.51
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい子らよ、いまなすべき事は熱心に祈ることてす。あなた達の
兄弟姉妹が、生ける神の御子イエズス・キリストにおいて信仰を愛し、
育むことを学ぶように彼らのために祈りなさい! 私は船の舷門……罪
人の拠り所……天の門であり御子への門です。私は、あなた達の箱舟の
聖母として来ているのです……箱舟……すなわち避難所、すべての子ら
が安全な港に来ることができる所です。かわいい子らよ、あなた達は天
の私たちが与えた準秘蹟を身につけなければなりません。なぜならあな
た達は、今や霊界……地下の霊界との……つまり悪霊と堕ちた霊魂達と
の熾烈な戦いをしているからです! 彼らは今や、あなた達の霊魂と肉
体を手に入れ、いっしょに連れて行こうと、地上を徘徊しているのです!
かわいい子らよ、惑わされてはなりません! 混乱されてしまってはな
りません! まことの道から迷って御子の真理から堕落してはなりませ
ん! むしろ我が汚れなき御心と共に、互いに手を取り合って歩みなさ
い。そうすれば、私はあなた達を安全な旅へ我が御心の「箱舟」である
安全な港へと連れて行きます。



----------------------------------------------------------------
3.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は2月4日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]