「箱舟の聖母」1月21日号No.341
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年1月21日号 No.341

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.「清水小屋」日記
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
2005年7月22日「マグダラのマリアの祝日」
 第1ミサが始まる前、悪魔祓いの祈りが終わり、大天使聖ミカエルの
祈りの最後。このとき睡魔と闘っていました。「至聖(しせい)なる
イエズスの聖心(みこころ)、われらをあわれみたまえ」を3度となえ
終わったとき、笑い声が聞こえました。悪魔のアタックです。今日は体
の痛みがきつく、特に左手の痛みに苦しんでいます。体全体も熱いです。

2005年7月23日 広島にて
 第1ミサが始まる前から甘い香りがしました。印を求めましたがあり
ませんでした。そのときに「サタンよ、退け」と命じました。しばらく
して似たような甘い香りがありました。印を求めましたが、ありません
でした。ミサでは痛みが激しく苦しんでいました。印がなかった状態で
終わりました。おなかの気持ち悪さもありました。天からのものはまっ
たくありませんでした。
 今日感じたことです。昨年(2004年)9月から5ヶ月間、痛みだけでし
た。101日間、あいだをおいて刈谷に戻ってからビジョンとローキュー
ションが始まりました。ビジョンとローキューションよりも痛みだけの
ほうが安全であるとつくづく思いました。99%はアタックで1%は天か
らのものであるということを改めて認識させられました。

2005年7月25日 「使徒聖ヤコボの祝日」
 第2ミサが終わって聖体降福式の途中で印がありました。もう一度
くださいと祈りました。印をもらいました。「しもべは聞きます。お話
しください」と今回祈らなかったです。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2007年1月16日AM0:14
マリー・マドレーヌに与えられた
イエズス様、マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
幼きイエズスの聖テレジア:
 愛する子、あなたに挨拶をします。幼きイエズスのテレジアが話しを
します。単純になっていいのです。私は何もかもイエズスによってはぎ
とられました。神秘家は何もできない、体も動かせなくなります。イエ
ズスの受難をともにして、その体験をみんなに伝える役目を、神秘家
はおいます。日常の事柄から身をひいて、イエズスと一体になります。
あなたは自分は役立たずと考えて、人に迷惑をかけっぱなしで、神秘家
としても一番小さくて、何も働いていない、そう考えていました。罪責
感を刺激されやすいあなたの心の状態、魂の弱さを私は一番理解できま
す。あなたも私の言葉を聞いたときに、とっても強くって、どうして
そんなことを言えるのか、と疑問に思い、私にはそのような考えはそな
わっていないし、聖人ではないから、とても話すのに勇気がいると感じ
ていました。でも、神様の特別なはからいによって、とても恐れやす
かった私を、全くそれを忘れるかのように、希望の徳を埋め込んでくれ
ました。
 多くの人は私を愛して、あこがれをもって、洗礼を受けるとき、また
は堅信をするときの名前にして、愛を深めようと決意します。…(悪魔
のアタックにより聞こえなくなり、一文落ちてしまう)……あなたと
似たような魂の穴を、マリア様の微笑みが完全にふさいでくれました。
そして、小さなイエズスを愛し、大好きでたまらなくなるというところ
にまで、よい神様は私を導いてくれました。あなたは全く別の時間に
起きて、別の時間に寝て、すごす生活を送っています。心配しないで
ください。
 愛するみなさんに伝えます。子供のように単純になって、神様と天使
とたくさんの聖人と話しをしてください。それぞれの立場でわけあたえ
られた仕事があって、一人一人使命をになっています。同じくならなけ
ればならないと、相手に要求しないようにしてください。それぞれの
分野の中で過ごしてください。
 愛しています。祝福を送ります。神父さまの祝福を、特にミシェル・
マリー・フランソワとマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:(ミシェル・マリー・フランソワとマリー・レ
ベッカ、そして皆に……)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 午後11:40ころ、カリスの聖変化の時、「単純になって」というロー
キューションがあり、印を求め「どなたですか?」と尋ねると、「識別
のためのしるし」があって、「幼きイエズスの聖テレジア」といわれて
「識別のためのしるし」がありました。さらに「私はイエズスによって
はぎとられました」と一言聞こえ、3度目の「識別のためのしるし」が
ありました。
 ミサ後、印を求め、「識別のためのしるし」があり、幼きイエズスの
聖テレジアからのローキューションがありました。ローキューションの
途中、「……あなたと似たような魂の穴を……」のあたりで悪魔の妨害
を受け、声が聞こえなくなりました。再度しるしを求め、「識別のため
のしるし」があり、ローキューションが再開されました。ローキュー
ションが終わって、「このメッセージは本当でしょうか? しるしは
ありますか?」と尋ねましたら、「識別のためのしるし」がありました。
 この後、ジャン・マリー神父が、「悪魔のアタックで文法が乱れた
部分について、もう一度教えてください」とお願いするように指示され
ましたので、しるしを求めましたが、「識別のためのしるし」はありま
せんでした。再度、ジャン・マリー神父から「長の望みですので、もう
一度教えてください」とお願いするように指示され、お願いしました。
司祭が聖水をまき、ベネディクトの十字架で十字をきってくれました。
「識別のためのしるし」があり、「……あなたの成長するときに……」
と聞こえましたが、また聞こえなくなりました。私の思いなのか、傲慢
なのか、と不安になって「助けてください! ゆるしてください!」と
しか祈れなくなりました。このアタックのあと、ローキューションはあ
りません。
 「他にローキューションはありますか?」と尋ねましたら、何もあり
ません。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねましたが、
何もありませんでした。唇に風を感じたんですけど、「識別のための
しるし」はなく、ただちに「イエズスの御名によって命じる! サタン、
退け!」と厳命しました。
 はじめ一言ローキューションがあったとき、聖ベルナデッタかなと
思いましたが、幼きイエズスの聖テレジアでした。幼きイエズスの聖テ
レジアの声は、私の声とよくにて、中音域ではっきりしたきれいな声で
した。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年7月1日 No.50
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい子らよ、この世をごらんなさい! この世では寄り集まって
世界中の国々が…平和ということを公言しています! かわいい子らよ、
この平和は私達から来るものではありません。それはこの世の多くの子
らを邪道に引き入れ、間違った方へ導くという、自分の手口を使う……
偽りの救世主……反キリストによって与えられた偽りの平和なのです。
かわいい子らよ、平和とは神聖な秘跡に与かることによって……祈りを
通して……イエズスとマリアの「聖心」への奉献と、あなたたち自身の
完全な奉献とを通してのみもたらされるものなのです。かわいい子らよ、
聖なるロザリオを取り(祈り)なさい。そうすればあなたたちは平和を
得るでしょう。ですが、私達の与える平和とはこの世の平和ではありま
せん。かわいい子らよ……それは天国の平和であり……霊的な平和です。
かわいい子らよ、それは聖霊から来る終わることのない喜びの平和です。
この平和がいつかこの世界に与えられるでしょう。ですがそれは(残念
ながら)浄化された後にです! この世はとても罪深く、今はこの平和
を受けるに値しないからです。しかしながら、あらゆるあなた達の祈り
と、さらにもっと多くの祈りによって、聖霊の(もたらす)平和はまも
なくやって来て、イエズスとマリアの聖心の「統治」がこの世界に来る
ことでしょう。しかしこれは、かわいい子らよ、この地上へ御子の来る
という「来臨」を伴うのです。



----------------------------------------------------------------
4.「清水小屋」日記
----------------------------------------------------------------
◆今年は暖冬?(1月14日)◆

http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/
2007/01/post_e5c8.html

だそうだ。少なくとも、今のところ湯沢はね。去年の今頃、道の両わき
は除雪された雪が2メートルくらい積もってたからね。今年はそれが
40センチくらい……神に感謝!マリア様ありがとう! このまま暖冬
が続きますように!    (Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は1月28日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]