「箱舟の聖母」1月14日号No.340
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年1月14日号 No.340

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 3.「清水小屋」日記
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
2005年7月15日AM7:09 聖母マリア様からの公的メッセージ
聖母マリア様:
 聖体を愛しなさい。イエズスの体を冒涜しないでください。愛する
子らよ、聖体を愛し、崇敬しなさい。手で冒涜するようなことをしては
いけません。イエズスの体を打つことになります。冒涜しないでくださ
い。イエズスの十字架を軽く見てはいけません。イエズスが嘆き苦しん
でいることをもう一度思い起こしなさい。
 あなた方に伝えます。聖体をこれ以上いためないでください。聖体に
対して軽く見るものはイエズスの聖心(みこころ)を悲しませることが
わからないのですか。私たちはこのことのゆえに悲しんでいます。聖体
を愛し、崇敬することをもう一度し始めなさい。イエズスを悲しませな
いでください。イエズスとすべてひとつになる人たちを私は求めていま
す。聖体と一致してください。
 愛する子らよ、あなた方に懇願します。聖体を愛しなさい。聖体を
拝し、深く崇敬しなさい。、

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 マリア様の言葉をいただく前に第1サのとき、新しいにおいを感じま
した。甘いにおいです。聖変化になるときにおって、しるしを求めたら
いただきました。聖体拝領のときに体がかなり熱くなりました。少し沈
み落ちていく感覚を覚えました。どういうことなのかと思いましたが、
そのまま沈み落ちていく感覚を覚えながら煉獄の霊魂のために祈ってい
ました。
 聖体降福式の時、天地万物の祝福のところで、またミサのときに感じ
たにおいがありました。そして、ミサが終わって聖体降福式も終わり、
また新たににおいをいただいて、しるしを求めたらありました。そうし
たら「聖体を愛しなさい」という言葉と「イエズスの体を冒涜しないで
ください」という言葉が聞こえてきました。
 足の痛みがかなり強くなっています。もものほうと足首の方が重くな
りました。ミサ中、足首が重くてだるい感覚がありました。それから
ももの方の痛みが強くなってきました。今もその痛みは続いています。
今、暑さがあります。


2005年7月15日AM10:11 聖母マリア様からの公的メッセージ
聖母マリア様:
 イエズスと一緒に私は人類をあがないました。聖体を愛してください。
イエズスの十字架を黙想し続けてください。私もそこにいて苦しみを
一緒に担いました。悲しみの涙でいっぱいでした。イエズスを愛し、イ
エズスの導きを求め、これから歩み続けてください。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 マリア様が話してくださることが起こる前にまず麗しい香りがあり
ました。しるしを求めましたが、そのときには何もありませんでした。
「もう一度聞いて『しもべは聴きます。お話ください』と言うように」
と司祭から指導をいただいて祈りました。そうしたらマリア様がまず
最初に「イエズスがあがなったように私も一緒に人類をあがないました」
ということを話されました。


2005年7月17日(日曜日)
 第1ミサの前、今まで体験した内容を見直していました。印を求めた
ときに、なかったあと、あいまいにしていました。このことを司祭に話
しました。そうしたら「印がなかったときに『サタンよ、退け』と言う
ように」と司祭に言われました。
 『悪魔祓いの一般的な祝福の祈り』をしていたとき、においを感じま
した。印を求めたらありませんでした。すぐさま「サタンよ、退け」と
命じました。、急に睡魔に襲われ体がだるくなりました。司祭が「出て
行け、サタン」と祈ったとき記憶が一瞬飛びました。そのあと変な物音
と耳元で笑い声が聞こえました。
 眠さと私は戦いながらミサにあずかっていました。ミサの途中また
睡魔に襲われました。私の寝ている部屋の天井からバチ!っという音が
聞こえました。聖櫃のところからも同じような音が聞こえました。何度
か部屋の天井から音がなりました。後で司祭に聞いてみたところ「天井
からも聖櫃の所からもそのような音は聞こえなかった」と言われました。
誰も音を聞いていません。私だけが聞いています。
 私は眠ったり眼を覚ましたりを繰り返していました。そのとき「ワァ」
と言う叫び声が聴こえました。私はその声に驚いて眼が覚めました。そ
のあと涙がたくさん出ました。私は苦しさと怖さがあって泣きながら
しばらくすごしていました。「イエズス、マリア、ヨゼフ。大好き!」
と心の中で叫びました。 そうしているうちに私の思いの中に「罪が許
されたんだ」という実感がわいてきました。物音や叫び声がなくなって
いました。「神様が許す範囲でしか悪魔は動けないんだね」と心の中で
話をしていました。今回悪魔からのアタックがこんなに激しかったので
ものすごい疲れを感じました。ミサの3分の1以上は戦っていました。

 ビジョンや神秘的なことが起きたとき、印を求めて、印があった場合
は「しもべは聴きます、お話ください」と祈ります。しかし印を求めて
なかった場合、すかさず「サタンよ、出て行け!」とか「しりぞけ、サ
タン!」と厳しく激しく命じます。
 印を求めてください。そのあとあいまいにしないでください。きちっ
と印を求めて確かめてください。司祭による指導を必ず受けてください。


2005年7月18日(月曜日)
 PM20:00ごろ、映画「パッション」を見ていました。そのときに気が
ついたことがあります。右手の親指のはら全体がとても強く痛み始めた
ことです。あしの裏やももなどにも痛みが強くなりました。


2005年7月19日(火曜日)
 第1ミサ、第2ミサのとき聖体が甘かったです。


2005年7月20日(水曜日)
 第2ミサのとき、麗しい匂いが一度あり、印を求めました。けれど、
なかったので、「サタンよ、退け!」と命じました。しばらくしてもう
一度麗しい匂いを感じたので印を求めました。今度は印が与えられたの
で、『しもべは聴きます。お話ください』と祈りました。祈って待ちま
したが、声は聴こえませんでした。識別をする訓練を受け始めたように
感じています。

2005年7月20日PM23:34 マリア様からの公的メッセージ
マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 マリア様から語られる前に起きたことを話します。ジャン・マリー
神父と十字の印のことについて話をしていました。
 昨年(2004年)8月1日のことです。私は家で十字の印をする意味の重
要性について、神様によって知識を注付されるという形でインスピレー
ションをいただいているということの話を司祭としていました。言葉で
はなくヴィジョンでもない形です。当時私は『箱舟の聖母』のメッセー
ジを読んでいてリトル・ペブルさんやほかの幻視者のメッセージに必ず
出てくる「父と、子と、聖霊との御名(みな)によりて」と言われる
マリア様や天の方々の言葉に心がとまりました。これは何なのかと考え
て思いをめぐらしていました。メッセージ全部に共通しているこの言葉
について思い巡らしていたところ、『これは十字を切っていらっしゃる
のかな』という思いがきました。当時、私はこのことが何なのかわかり
ませんでした。リトル・ペブルさんも天の方々もみんなゆっくりと十字
を切っているんじゃないかというインスピレーションが私の心の中に
与えられました。
 このことをパソコンに記録しようとしていました。司祭が『十字を
切りながら幻視者ははなしている』ことを教えてくれました。そうした
ら『やっぱりわたしが思っていたことなんだ』と今日になって初めて
確認ができたのです。
 マリア様に合わせて幻視者が十字を切る様子を司祭が説明してくれて
いたそのとき、麗しい匂いが眼の前でしました。印を一度求めました。
印をもらいました。もう一度このことに対して慎重になりたかったので
『印を下さい』とお願いしました。そうしたら印をくださいました。
 まず、会話の途中で、天からの働きかけがあったので、ジャン・マリー
神父に合図しました。 ジャン・マリー神父は「そちらに集中しなさい」
と命じ、「印を求めなさい。印がなかったら『サタン、退け』と厳命し
なさい。印があったら『しもべは聞きます。お話ください』と言うよう
に」と命じました。ジャン・マリー神父は聖水とベネディクトの十字架、
それから録音機を取りに行きました。
 その間私は心をしずめて耳を澄ましていました。喜びが湧き上がって
きました。ジャン・マリー神父は録音機をセットして、聖水を私の頭と
両肩にかけました。私の前に立ってベネディクトの十字架を持って悪魔
祓いのために何度も十字を切ってくれました。
「愛する子よ」という言葉が始まるとジャン・マリー神父は脇によけて
ひざまずき、公的なメッセージを悪魔からガードするためにメッセージ
の間たびたび悪魔祓いのためにベネディクトの十字架で十字を切ってい
ました。それは「て、に、お、は」など、ひとつの文字、ひとつの単語、
ひとつの文章だけでも地獄のものを入れようと全力を尽くす悪魔の働き
を抑えるためです。実際このメッセージでも、「聖体も」が正しいので
すが、「聖体を」と私の耳に聴こえたのです。このように私は厳しい
霊戦にさらされているのです。

聖母マリア様
 愛する子よ、あなたを愛し、祝福します。十字の印をゆっくりと愛を
こめて切ってください。すべて軽くしないでください。天がしているよ
うに十字の印を大切にしてください。司祭がするように崇敬を持ってし
てください。
 多くの信者が十字の印を軽く取り扱っています。十字架は大変重要な
ものです。すべての事柄を十字の印を持ってするときに悪いところから
守られます。すべての人が「父と子と聖霊との御名によりて」と十字を
切りながら言うとき、この意味を深く理解するようにと私は願います。
 十字の印は祝福をもたらします。地上を祝福し、一人ひとりを祝福し、
御聖体も、またたくさんの物を祝福します。軽く十時の印をしないでく
ださい。多くの信者にこれを伝えます。
 あなたがたを祝福し、愛し、導く私の声に耳を傾けてください。
イエズスを愛し続けてください。父と、子と、聖霊との御名によりて。
アーメン。



----------------------------------------------------------------
2.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年7月1日 No.49
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい子らよ、今日の教会の中には、彼らの口を通して神の「御言
葉」を公言している多くのファリサイ派の人間がいます。ですが、彼ら
の心はからっぽです。御子への愛を持っていないのですから! かわい
い子らよ、時の中の時が来ているのですと私は告げませんでしたか。今
や暗黒の時が勢力をふるっています。そしてこの暗闇は、それほどまで
に広がるほどさらに暗さを増すので、ほんの光の瞬きが人間の心の中で
輝き、御子の「御言葉」は文字通り成就されるでしょう! 御子の来臨
の時、信仰はあるのでしょうか? いいえ!…ほんの少数の人々が信仰
をしっかり保って、真理にしっかりしがみついているでしょう。そして、
その少数の者達よ、御子のものである生き残るべき者達よ、あなた達の
天の元后、母としてあなた達に告げます…恐れてはいけません! たと
えほんの少数だけであっても! あなた達はルシファーに勝利するだけ
でなく、過ちにも……異端にも反キリストにも、そしてこの世にも勝利
するでしょう。何故ならあなた達は、心に御子を抱いているからです!
しっかりととどまり、あくまでもやり抜きなさい! 御子の「来臨」を
信じられない霊魂達…多くの世代の人々に対して、あなた達の天の母で
ある私が時は来たということを明かしてきたことを信じられない霊魂た
ち……そのようなすべての霊魂のために祈りなさい!



----------------------------------------------------------------
3.「清水小屋」日記
----------------------------------------------------------------
◆命名「ハッピー」ちゃん(1月8日)◆

http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan
/2007/01/post_f892.html

 小ねずみちゃんのお名前が決定しました! 名前は「ハッピー」ちゃ
ん。ジャン・マリーにしては、めずらしく当日の聖人の名前ではないの
で、「あれ? 何で?」って聞いたんだ。そしたら、この子は他のねず
みちゃんより「とろい」(間抜けの意味)から、能天気なやつという
意味で「ハッピー」になったんだって!
 今日、ハッピーは「ねずみ車」(って言うのかな?)に初挑戦! 
最初、とまどってたけど、今はすごく気に入っているらしくて、ぐる
ぐるやってるよ!
 ハッピーちゃんは清水小屋の人気者。今日もねずみ車(?)をまわす
まわす……  (Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は1月21日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]