「箱舟の聖母」1月7日号No.339
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2007年1月7日号 No.339

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.「清水小屋」日記
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
2005年7月16日「カルメル山の聖母の祝日」
(東京銀座の集会にて)
 第2ミサ中、説教後に愛することと自己犠牲のことを考えていたら、
一言、「これからもっと心が痛みますよ」とのローキューションがあり
ました。女性の声です。そのとき私はしるしを求めませんでした。

【リトル・ペブルさんが
  最後の教皇であるという神からの啓示】

 私はリトル・ペブルさんが最後の教皇であるということを天から示さ
れました。2004年9月12日に、外にいたときに冠を見ました。背が高く
キラキラと輝いている大きな冠です。教皇様の冠です。
 私はマニフィカトを聴きながらバスを待っていました。音楽を聴いて
いたとき、私の霊魂は荘厳で権威に満ちた雰囲気に打たれました。圧倒
されました。いつもとは違う状態になりました。神秘的な体験です。そ
のとき、「リトル・ペブルさんは最後の教皇である」という言葉が私の
心の中に埋め込まれました。耳で聴いたのではありません。
 また、私はその数日前から「最後の教皇」という本を読み始めていま
した。リトル・ペブルさんの愛の深さ、信仰の強さに大変衝撃を受けま
した。そのことを思い巡らすときが多くなりました。リトル・ペブルさ
んの頭の上に冠が載せられ、輝いているのがとても印象的です。私の頭
から離れなくなりました。


--------------------------------
2005年7月15日PM23:59
マリア様からの公的メッセージ
--------------------------------
マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたに伝えます。リトル・ペブ
ルを支持し、強く宣言するようにあなたに命じます。私たち、天が望む
最後の教皇として、愛するリトル・ペブルを選びました。彼を支持し、
彼に仕えなさい。恐れないで戦い続けなさい。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 リトル・ペブルさんが最後の教皇であるというメッセージを受ける前、
腹部が熱くなりました。心をしずめて「しもべは聴きます。お話くださ
い」と祈りました。聖なる空気をそばで感じたので、しるしを求めまし
た。そうしたらしるしがありました。最初に「リトル・ペブルのことを
強く支持し、宣言するように命じます」と言われました。女性の声です。
マリア様と同じ声です。バラの香りは今回ありませんでした。天が望ん
でいる最後の教皇であるということの確認です。私自身に語られました。
司祭が聖水をまいてくれました。一瞬緊張感が走ってその場にピリッ
とした空間がありました。本当に一言一言の語り掛けに緊張しました。
一言も聞き逃さないようにしました。心の緊張感を感じたのは初めてで
す。リトル・ペブルさんのことでローキューションをいただいたのは
今回が初めてです。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2007年1月5日AM2:00
マリー・マドレーヌに与えられた
イエズス様、マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、聖母があなたにお話しします。アンの道を行くあなたに
とって、彼女とは全く性質がちがうあなたは、精神的に今、痛んでいま
す。今までの人の傷をあなたに知らせています。「奴隷のようにされて
いる」、そう訴えています。その人は、従うことを選んで、愛されてい
るのを、身をもって知らされます。
 あなたは小さな子のままでいて、神に甘えて過ごすのです。ベルナデッ
タの保護を願いなさい。幼きイエズスの聖テレジアと愛するグラント・
ダフィーをいつも慰め手と取り次ぎ手としてあなたにつかわしています。
特別視されるのをあなたは嫌いました。引き続きイエズスを愛してくだ
さい。慰めを与えます。見捨てられたのではないから、弱さをささげて
いってください。司祭の祝福をこの「清水小屋」共同体にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

イエズス様:
 愛する子、イエズスがあなたに話しをする。はずかしめの道にはいっ
て、あなたはそれをささげるように。イエズスやリトル・ペブルが一番
身近な人から、受けたくない苦しみを受けなければならなかった。愛す
る息子も同じである。いちばん愛をそそぐ、その人から苦しみを受けて
いる。ゆるしてあげてほしい。あなたは自覚しているから、いやがった。
でも、「自分が死んだ方がいい」とは言わないでほしい。何も力がない、
また何も祈れない、何も言えない、何もできない、このように砕かれて
はじめて人は神を霊魂のうちにさがし、叫びを発する。恐れないでつい
ていってほしい。愛している。慰めを与える。司祭の祝福をこの共同体
のメンバーにお願いする。

ジャン・マリー神父:(マリー・レベッカ、ミシェル・マリー・フラン
ソワ、コルベ・マリー、マリー・マドレーヌ、一人一人に……)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 はじめ、右手に風を感じましたので、しるしを求めたら「識別のため
のしるし」がありました。もう一度しるしを求めると、一言、最初、
男性の声で「はずかしめの道」という言葉がはっきりと聞こえてきまし
た。しるしを求めると「識別のためのしるし」がありました。私には
イエズス様の声に聞こえます。。次に女性の声にかわりましたので、し
るしを求めました。「識別のためのしるし」がありました。聖母マリア
様が話してくださいましたが、マリア様もイエズス様も悲しみが伝わっ
てきています。
 マリア様のメッセージが終わったあと、「このローキューションは
本当でしょうか? しるしはありますか?」と尋ねました。「識別のた
めの印」をいただきました。「他にローキューションはありますか?」
と尋ねましたら、「識別のためのしるし」をいただいて、イエズス様の
メッセージがありました。はじめに「はずかしめの道」と一言あったあ
とで、同じ言葉を言ってくださいましたので、イエズス様が私を「いけ
にえ」として準備してくださっているのかなと思いました。何も祈れな
い、何も言えない、何もできない、という状態がずっと続いているので、
自分では誇ることは何もできないから、それで先ほどもいろいろと話し
があったとき、「自分は何もできないから、そういうことは言わないで」
と言ってしまいました、私は「神秘家様と言われるのはとてもつらいの
で、言わないでほしい」と、それをイエズス様に悲しいので泣きながら
ささげる状態だったのですけれど、この小さな数時間をイエズス様も
マリア様もささげるようにしてくださっているのかなと思いました。
 最後に確認をしました。「このメッセージは本当でしょうか? しる
しはありますか?」と尋ねましたら、「識別のためのしるし」がありま
した。「他にローキューションはありますか?」と尋ねましたら、何も
ありません。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねまし
たが、何もありませんでした。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年7月1日 No.48
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい息子よ、そして愛する子らよ、私の御心は悲しんでいます。
なぜなら子供達が私のどの警告にもずっと注意を払わないままだからで
す。地上にある私の息子の教会でさえも。牧者達……司教や……司祭や
修道者達でさえも、私の助言に……母の愛の言葉に注意を払おうとしな
いからです!

 公教会は − もう何世紀にも渡って来るベき危険を警告され続けて
来ました。かわいい子らよ、この危機は肉体的なものではなく、霊的な
ものであり − 霊魂を破滅させ、それらを地獄へ落とすという危険な
のです! かわいい子らよ、これら全てのことを操っているのは…ルシ
ファー……天国から追放された堕天使です! ルシファーが天国を追い
出された理由は、不従順……「真理」ヘの不従順のためです。かわいい
子らよ、そして不従順とは何でしょうか? それは傲慢……つまり主要
な罪から生じるのではないでしょうか? 今日、地上にある御子の家の
息子や娘達の多くが、心の中にこの罪を持っています。もし子らが……
告解へ行き、そしてこの罪の赦しを請わなければ……多くの者は、死後
の世界でその生命を御子の御前で、真理と正義の道に従わない者のため
に用意された永遠の火の中に失うでしょう!



----------------------------------------------------------------
4.「清水小屋」日記
----------------------------------------------------------------
新年、おめでとうございます! 今年が皆さんにとって「大発展の年」
になるようにお祈りします。

◆これから本格的な冬(1月5日)◆
 http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/

 今朝はずいぶん冷え込んだ。予報では明け方−9℃までさがるとか
言ってたけど、そこまでではないにしても、めっちゃ寒い。今日は晴れ
ているが、明日あたりからずっと雪マーク…… いよいよ「雪下ろし」
の心配をしなきゃいけない季節にはいったみたいだ。でも去年にくらべ
るとずいぶんましだよ。去年の今ごろ、もう何十センチも積もってて、
1回は雪下ろししてたんだもん。
 秋田に来てびっくりしたのは、ホームセンターの品揃えが都市部とは
ぜんぜん違うことなんだ。家電・日用雑貨etc は同じとしても、農業
資材・土木関係資材がだんぜん充実しているんだ。面白いところでは、
こっちではみなさん「山菜取り」が大好きらしくて、山菜取りグッズ、
熊よけの「鈴」「鉄砲(音だけのね…)」が置いてあるんだ。
 秋になると、雪囲いのための資材とか、暖房用の練炭・コンロ・薪ス
トーブ・焚き木とかが、ふんだんに陳列されるようになるんだ。去年、
この「薪ストーブ」見て、「う〜ん、やってみたい!」と思ってたんだ
けど、念願かなって、ジャン・マリーとミシェル・マリー・フランソワ
(黙認?…)の許可もらって、自分の部屋に設置したんだ。
 ようやっと焚き木(オガライト)に火をつけ、火力をコントロール
できるようになってきたんだけど、楽しいぞ! 少し(どころかけっ
こう)けむたいけど、いいねぇ。家の中でキャンプ気分を味わえる! 
暖房代もずいぶん節約できるしね。 ちなみに地元の人たちは、家では
ちゃんと石油ファンヒータを使ってて、鶏小屋とか牛小屋のためにこの
「薪ストーブ」を使っているらしい……(^_^;)   (Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は1月14日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]