「箱舟の聖母」12月31日号No.338
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年12月31日号 No.338

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.「清水小屋」日記
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
2005年7月5日(火曜日)
 午後、リトル・ペブルさんのことを司祭と話していたときにふっと
バラの香りを感じました。そのとき印は求めなかったです。そのままに
していました。

2005年7月5日の夜から6日にかけて(深夜ミサ)
 ミサの途中、寒さを一瞬感じました。そのとき体がかなりだるく、
意識がもうろうとしていて印を求められませんでした。祈ることもでき
ずにすごしました。一言だけ「リンボウと煉獄の霊魂をどうか助けてく
ださい」と祈りました。印がありました。第2ミサ(深夜ミサ)のとき、
聖体が甘かったです。

2005年7月6日(水曜日)
 夜中3時近くに私は6月11日に受けたときのメッセージのテープ起こし
をしていました。キーボードを打っている私の手に空気のようなものが
吹いてくるのを感じました。書いている最中で印を求めませんでした。
最初に書き始めたとき喜びが湧き上がってきました。今までためていた
神秘的体験を書くことが御心なのだと思いました。ようやく第1歩を
踏み出すことができました。
 午後12時20分過ぎに眼が覚めました。その直前に夢を見ました。リト
ル・ペブルさんらしき方と話をしていました。内容は覚えていません。
印を求めませんでした。
 午後1時過ぎにお昼を食べながら、7月8日にある判決に関して司祭と
話をしていたときバラの香りを感じました。印を求めていません。

2005年7月7日(木曜日)
 午後1時過ぎに神秘的な香りがありました。この世では味わえない香り
です。天使の香りでしょうか、しるしを求めましたが、ありませんでし
た。同じく夕方6時前、体の異常な暑さを感じました。夜、第2ミサの
聖体拝領では聖体が甘かったです。ミサが終わってからしばらく体の
暑さを感じました。

2005年7月8日(金曜日)
 第2ミサが夕方5時40分過ぎに始まって、その後、麗しいにおいを感じ
ました。しばらくして右眼と左眼に暑さを感じました。
 聖体拝領後しばらくして『ゆだねよ』との一言がありました。しるし
を求めたらありました。イエズス様から初めてローキューションがあり
ました。ミサのあとも神秘的な香りは続いていました。

2005年7月9日(土曜日)
 第1ミサで体の暑さを感じました。第2ミサでご聖体のことを黙想して
いたとき「ご聖体を手で受けてはいけません」と大変厳しい口調でロー
キューションがありました。どなたが語られたのかわからず、心の中で
聞いておりました。しばらくしたらバラの香りがあり、しるしを求めた
らありました。聖体拝領後、ミサの最後まで体、特に腹部が大変暑かっ
たです。

2005年7月10日(日曜日)(北海道旭川の集会にて)
 第2ミサの途中でバラの香りがありました。印を求めたら弱いバラの
香りを感じました。私は「イエズス・キリストの御聖体を深く愛します」
と祈りました。聖体降福式が終わったころ、バラの香りを感じました。
しるしを求めたらありました。二言、ローキューションを受けました。
「御聖体を愛してください」と「御聖体をもっと大切にしてください」
という言葉です。女性の声でマリア様です。声は柔らかく懇願されてい
ました。

2005年7月13日(水曜日)
 午前2時25分ごろ、夢を見ました。ロンジン・マリーと話していまし
た。リトル・ペブルさんのことで話をしていました。しばらくしたら矢
があちこちから飛んできました。そのとき、ロンジン・マリーはいなく
て私の方へ飛んできました。しるしは求めていません。
 午前10時半過ぎ、裁判の上告を受けて、かなりのショック状態で司祭
と話をしていたとき、新しいにおいがありました。今まで感じたことが
ない匂いです。しるしを伴ったにおいです。
 午後11時半過ぎ『153本の聖ヨゼフの百合』を読んでいたときに香り
がありました。先ず、マリア様のバラの香りがあり、そのあと午前中に
嗅いだにおいがありました。しるしを求めました。ありました。そのあ
と「しもべは聞きます、お話ください」と祈ったところ「喜びに喜びな
さい」という女性の声がありました。そのあと喜びが心から湧き上がり
ました。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年12月25日AM3:25
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、イエズスが話しをする。気落ちし
ないでほしい。ありのままのあなたを私は望んでいる。
 互いに愛し合うことを心がけていても、知らぬ間に、よいと思ってし
たことが相手を傷つけている。それをあなたがゆるしてほしいと訴え続
けて、私をむかえる準備をして待ってくれた。
 天は愛する息子(ジャン・マリー神父)に計画を教え、小さな小さな
神秘家のケアをさせ、いつも助言してきた。実現しないことを見ても、
約束は必ずなると信じて疑わないのが小さな子供である。マリー・マド
レーヌは、世界の中で今たてられている神秘家の中で一番幼く、また誰
も注目を引かない、ただの子供のように、目が見えない人が何かたわご
とを言っているかのように、今、神は彼女を目立たせないようにしてい
る。修道者や司祭、司教の目にもはっきりと彼女は全くでたらめなこと
を言い、神秘的痛みはこんな彼女にはありっこないと話し、外において
心にとめないようにしている。
 子供よ、愛する息子もそのようにあしらわれているのだ。彼は全く
成功を手にいれたことのない者であって、なぜそうであるかと言うと、
彼に神の業があらわされるため、そして神に全く栄光を帰して礼拝する
ようにさせるために、神が彼を苦しめ、痛めてきたのである。マリー・
マドレーヌも、私をさがして愛していくことで、かわることのできない
傷を持った魂であるけれども、愛する息子についていくことによって、
ふさわしいやり方で道を歩き、あなたにとって一番よいとイエズスが
望む方法でこの世を去り、私のもとへ連れていかれる。
 へりくだりこそ最高の宝であって、それを一番あらわすのが、何も
できない「幼な子」なのである。このクリスマスの時にあたって、愛す
る子供たちに「何もできないイエズス」を黙想してほしい。
 どうか子供たち、自分を責めないで、イエズスの聖心(みこころ)に
来て、楽しんで仕事をしてほしい。今は一人一人に手をのべて祝福する。
司祭の祝福を一人ずつにお願いする。

ジャン・マリー神父:
(その場にいた同宿たち、その場にいなかった同宿たち、そして同宿に
 なりたいと表明している一人一人に対して……)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年5月18日 No.47
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 あなたたちが今生きている時代は、とても貴重な時代です。なぜなら
自分のためばかりでなく、煉獄やリンボにいる人々のためにも、たくさ
んの聖寵や多くの免償を得る機会があるからです! あなた達の苦しみ
や試練を通して、今や全世界を飲み込み、「キリストの神秘体」をも飲
み込んでいるルチフェルの爪から、大勢の霊魂を救うことができるので
す。ルチフェルは今、地上における御子の家だけでなく世界の指導者達
の中で、はては私達の奉献された子らの中にさえ入り込んで、分裂や混
乱のあらゆる苦悶や不安の種となっているからです。それは何故かと言
いますと……かわいい子らよ、あなた達が充分祈っていないからです!
祈りが悪魔に打ち勝つのです。悪魔は祈りを聴きたくない − 祈りを
嫌っています! それ故、あなた達は祈りをもっと度々、特にロザリオ
を唱えなければなりません。ですから世のかわいい子らよ、私は、我が
聖なるロザリオを祈るようにという同じ頼みを、あちらこちらへ行った
り来たりし、度々現れているのです。この祈りを唱えるなら、天の門は
開け、たくさんの聖寵が御子の「神秘体」の一人一人の上にくだるから
です。これらの御恵みは、あなた達を強めるだけでなく、今生きている
時代がわかるようにあなた達を照らすのです。



----------------------------------------------------------------
4.「清水小屋」日記
----------------------------------------------------------------
◆◆ 冬休みの宿題(笑)◆◆
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/

 さて、皆さんは「リトル・ペブルさんからの手紙 − 2006年10月30日」
覚えているかな? 「箱舟の聖母」11月26日号No.333にあるから、もう
一度みてね。
 にゃんにゃかにゃ〜ん! ここで皆さんに「冬休みの宿題」で〜す!
おとっつぁんも、おっかさんも、よいこのみなさんもよく考えてみてね!
もちろん、悪い子のみなさんもだよ!

 ◆「憎しみ」という価値観に対して、
    あなたはどんな価値観をもって対抗しますか? ◆

 これが皆さんの「冬休みの宿題」で〜す!(はあ〜と!) 自由研究
だから、いろんな答えがあるだろうね……おとっつぁんも、おっかさん
も、よいこのみなさんも、学校や会社の宿題そっちのけで考えてみてね!
特に世間では「悪い子」っていわれるみなさんのとびっきり面白い返事
をまっとるよ! お返事は charbeljapan@nifty.ne.jp までどうぞ!
(ウキウキ!)

ヒント:模範解答は、イエズス様の福音「汝の敵を愛せよ!」なんだ
    けどね。ふふっ……

追記: この記事が届くのは、Eメール版は大晦日、郵送版とバック
   ナンバーで見ている皆さんは新年になってからだね。今年2006年
   は本当にいろいろあって忙しい1年でした。3月の葉山御用邸、
   6月の韓国行き、9月の寺沢殉教祭、「リトル・ペブル同宿会」
   創立、12月の同宿服着衣……。
    来年、といっても明日からだけど、2007年はもっともっと忙し
   くなるぞ! にゃんにゃかにゃ〜ん! ここでコルベ・マリーの
   大予言!(注:預言じゃないからね…) 2007年は大発展の年に
   なるでしょう!
    せば、まんず! 皆さん、よいお年を! 私たちは皆さんの
   ために祈り続けてますよ! (Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は1月7日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]