「箱舟の聖母」12月24日号No.337
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年12月24日号 No.337

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 101日家にいたときに与えられたインスピレーション 】

 家にいたとき、シャーベル修道会へ帰る、帰れない、帰らないという
心の揺れを経験しました。そして、修道会には帰らないと気持ちを固め
てしまったとき「偽りと義」という言葉が心に響きました。そのときは
印は求めもしなかったです。義というのは自分の思っていることと言っ
ていることを偽ってはいけない、心を偽ってはいけないということです。
神様が与えて下さった使命に対する義で、偽りは修道会から離れ、教え
を捨てることです。それを示されました。

【 裁判が始まる 】

2005年6月27日(月曜日)
 今日、裁判がありました。岡崎の裁判所に行ったのですが、10時15分
ごろ書記官に会った後、目の前でバラの香りが立ち込めました。書記官
の声が耳に入ったとき私の心に平安がきました。印を求めたら再度バラ
の香りがありました。12時40分過ぎ、待合室に一人でいたときに百合の
香りがしましたが、印はありませんでした。
 夜、第2ミサのときにたくさんの印をいただきました。天からの励ま
し、祝福、恵みをたくさんいただいています。聖変化の時に右腿に痛み
がきています。痛みをもっといただいて、イエズス様に「もっとチョー」
と言っています。

2005年6月28日(火曜日)
 朝のミサで御聖体のことについての説教が終わったとき、そのとき
かなり眠気が強かったです。突然耳元で「狂ってる!」という叫び声が
あって、その声に飛び起きて「イエズス!」と私は声を上げました。
悪魔からのアタックです。
 煉獄の償いの勤め。夜、寒い煉獄に下りていきました。今までになく
寒くて、頭痛の中でまた体のだるさの中であったことです。今までまっ
たく感じたことがない寒さでしたので、「寒い、寒い」と話していまし
た。そのまま何もなく寝てしまいました。

2005年6月29日(水曜日)
 バラの香りがありました。月曜日に裁判で言われたことを思い出して
しまい、涙してそのあと、夜中の2時近くに印を求めたら、もう一度
バラの香りでマリア様が励ましてくださっているのが判りました。

2005年6月30日(木曜日)
 初めてのヨゼフ様からのローキューション。深夜ミサにおいて、もの
すごい体の暑さとだるさの中でした。サンクトゥスのときに歌おうと
思いましたが、号泣してしまい、歌えなくなりました。バラの香りがあ
り、印をいただき、マリア様であることがわかりました。聖体拝領後、
一言「恐れるな」という男性の声がしました。印を求めました。百合の
香りがありました。ヨゼフ様からの初めてのローキューションです。
大変若々しく少し高めの声でした。聖体拝領のとき聖体が甘かったのを
感じました。

2005年6月30日(木曜日)
 朝、第2ミサのとき死者ミサで、聖変化のときからカリス、葡萄酒の
においが私の目の前で非常に強く立ち込めました。印を求めたら、さら
に強く立ち込めました。「イエズスの御血の祝日」のイブなのですが、
その現象がありました。
 夕方、名古屋地方裁判所岡崎支部に行ったとき、裁判所の中に入った
らバラの香りがありました。印をいただきました。
 夜から腿の痛みが強くなりました。腿の内側から中に向かって火が
入るようになりました。じきに歩けなくなるのではないかと感じるほど
の痛みです。体全体の痛みも強くなってきています。

2005年7月1日(金曜日)
「イエズスの御血の祝日」第1ミサで睡眠の中でした。耳元でものすご
い低い声のような叫び声で「グワー!」と聴こえました。悪魔からの
アタックを受けました。
 午後6時ごろジャン・マリー神父と話しているときに特別な香りがしま
した。印を伴った香りです。バラの香りでもなく百合の香りでもありま
せん。特別な香りで、言葉では言い表せなくて幸福感に満たされる香り
を感じました。この世では味わえない香りです。

2005年7月2日(土曜日)
 夜中に陳述書の反論の仕事をしていました。疲れて寝たときに「まだ
書き足りてない」ということを話していました。「どうなったか忘れ
ちゃった」と話していたら、ジャン・マリー神父が「書いてないか思い
出させてくれと明日天使さんに頼め」と言われたとき、しばらくして
「書いてない」というローキューションをいただきました。印はいただ
いていません。
 午後、ミサが始まったときから聖なる空気がありました。印を伴った
空気です。

2005年7月3日(日曜日)「聖トマの祝日」
 午前3時半過ぎ、最後の仕事が終わってものすごく涙しました。その
とき、とっても言葉では言い表せない麗しい匂いがしました。印を伴っ
ています。昨日嗅いだ匂いと同じです。天からの祝福に満ちた匂いとい
うことが判りました。
 そのあとミサが始まりました。立て続けに麗しい香りと百合とバラの
香りがありました。印を求めたらありました。

2005年7月3日(日曜日) 大阪の集会にて。
 午後4時25分ごろ、第2ミサの中、体が非常に疲れていて、浅い眠りに
落ちました。聖体拝領前に頭の右側のほうに誰かがいるのを感じました。
私の目の前に翼のようなものを見ました。覆ってくれている感じを受け
ました。姿や形は見えません。大きな翼です。喜びに満ちました。しる
しを求めたらありました。
 午後9:00ごろ、大阪から帰る道中、眠りから覚めた私は光が上から
さしているのを見ました。しるしを求めたあと、立て続けに百合の香り
がしました。しばらく百合の花の香りが続いていました。そのあと今度
はバラの香りがありました。しるしを求めました。バラと百合、両方と
もありました。

2005年7月4日(月曜日)
 PM12:30過ぎ、裁判所に入りました。そのとき体の中に熱さを感じま
した。しるしを求めませんでした。
 裁判所に行き、審問を受けました。審問中に聖痕の痛みのことの話題
が出た後、痛みを感じました。しるしは求めませんでした。
 裁判が終わり、裁判所を出るころに百合の香りがありました。しるし
を求めるのを忘れました。帰りにレストランで食事をしながら裁判の話
をしていました。バラの香りを強く感じました。印を求めたらバラの
香りを感じました。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年12月23日AM1:00
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、聖母があなたにお話しします。あ
なたのこれから行くべき道について、どのような方法でことをなしてい
くのかを、すべて私の愛してやまない息子にはっきりと告げます。あな
たの仕事は終わりになってきています。小さな子供らしく歩み、行動も
言葉も考えにいたるまで何もかも小さな子がふるまうようにしてくださ
い。あなたには絶えず危険があって、苦しめられています。年齢のこと
を気にするという心の不安に陥れられ、外に一歩出たときに、このよう
な弱さを味わう経験を絶えずさせられ、心がゆれて必死になって戦って
きました。傷がそのようにさせてしまい、敵はその弱さを知っているの
で、戦いをしかけてあなたを不安に陥れようと必死になっています。
 愛しています。すべて神にまかせて、何もできないことを喜んでくだ
さい。最後にいたる瞬間までを、小さな子がお母さんに抱かれるように
してすごしてください。あなたにはそのために、幼いことを喜んだ、そ
して自分の弱さを宝物のように大事にした取次ぎ手(幼きイエズスの
聖テレジア)をおくりました。
 あなたは絶えず緊張を強いられて過ごしたので、心の奥深くまでその
影響をこうむりました。「信頼する」、このことが人生において育たな
かったために、この終わりのときになって、ようやく芽生えはじめまし
た。今までの神秘家とはまったくあなたは異なっています。それを恥と
しないでください。全部を導いたのはイエズスですから、ふさわしい
方法であなたは眠りにつきます。
 ここには仲間がいて、決して放任するようなことはしません。あなた
は聖母の汚れなき御心に導かれて、謙遜を最後まで学びます。
 これからの時は、あわれみ深い父としての神を、どうかここに集めら
れた子供たち、多くの子らに伝えていってください。聖母からのお願い
です。一人一人を祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 22日の夜11時から、23日の第1ミサを始めました。毎日の第1ミサは
葬儀ミサで、この数日間に亡くなった全世界の死者のためにささげてい
るのですが、このミサの始まりと終わりに同じアタックを受けました。
どちらも麗しいよい香りがしたのですが、しるしを求めると「識別のた
めのしるし」がありませんでした。私はただちに「イエズスの御名に
よって厳命する! サタン、出て行け!」と命じ、サタンを退けました。
ミサの間、体の調子が悪く、セキがとまりませんでした。「この喉の
痛みはイエズスが十字架上で苦しんだ渇きとは比べものにならないほど
小さいけど、そうだよね」と思いながらささげました。イエズスの十字
架と一致したいなあと思ったので、そのことを心に思いながらささげま
した。ミサが終わって、赦祷式の終わりころ、「あなたのこれからの
すべてを司祭に告げます」と女性の声が聞こえました。「しるしはあり
ますか?」と尋ねましたら「識別のためのしるし」をいただき、「どな
たですか?」と尋ねましたら「聖母マリア」と言われ「識別のための
しるし」をいただきました。赦祷式が終わってから、このことをジャン・
マリー司祭に話しましたら、「ローキューションがあるかもしれない」
ということで、みんなに集まってもらい、聖櫃の鍵を開けてもらい、待
ちました。このとき、私の右手に冷たい風を感じましたのでしるしを
求めたら、「識別のためのしるし」をいただきました。私は「先ほどの
ローキューションの続きはありますか?」と尋ね、待ちました。そうし
たら「識別のためのしるし」がありました。「しもべは聞きます。お話
しください。へりくだりたいです。罪があったらゆるしてください」と
祈ってましたら、聖母マリア様がお話しして下さいました。途中、何度
か聞こえなくなりそうになったのですが、ゆっくり待ったら聞こえるよ
うになり、最後まで守られたことを感謝します。最後に確認をしました。
「このメッセージは本当でしょうか? しるしはありますか?」と尋ね
ましたら、「識別のためのしるし」がありました。「他にローキュー
ションはありますか?」と尋ねましたら、何もありません。「リトル・
ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねましたが、何もありませんで
した。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年5月13日 No.46
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい子供たちよ、あなた達か生きているこの時代は困難の時代で
す − ノアの時代よりも、はるかに悪い!……モーゼの時代よりも、
はるかに悪い!…宗教改革の時代よりも、はるかに悪いのです! そう
です、かわいい子供たちよ。あなた達は、御子によって、旧約の預言者
達によって、使徒達によって、また、この2000年の間に出た聖人達
によって預言されてきた時代にいるのです。私のかわいい子供たちよ…
…あなた達は終末を生きているのです…時の終り…反キリストの時代に!
反キリストは二重にいます。単独に一人の人間として、また一方では、
霊的にもいるのです。私のかわいい子供たちよ、世界中の無神論が主な
反キリストです。なせなら、彼らは三位一体の神と、救い主、御子イエ
ズス・キリストの存在を否定するからです。反キリスト自身もまた生き
ており、今、私たちの子供たちの間に − 選ばれた者たちの間にさえ
大破壊をもたらしています。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月31日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]