「箱舟の聖母」12月17日号No.336
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年12月17日号 No.336

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【煉獄の霊魂のための償いが始まる】

2005年6月18日
 夜中2時半過ぎ、煉獄の霊魂のための償いがありました。水曜日以来
だったものですから、今回は心が騒いだ状態でした。聖ヨゼフに願い、
しるしを求めて、いただいて、煉獄の霊魂の償いであることを知らされ
ました。
 下に降りていったときに寒さを感じましたので、今回は寒い煉獄に
行きました。姿は見えません。男性なのか女性なのかもわからなかった
です。「何をお望みですか?」とこちらが聞いたのですが、「助けてほし
い」というような訴えるものが私の中にありました。そのまま一緒に
苦しみを負っていました。そうしたら心が軽くなりました。冷たい煉獄
というのは、やるべきことをやらなかった罪の償いであることがわかり
ました。
 私も煉獄の霊魂の霊魂に対する務めがしばらくなかったので、そこに
不安を感じていました。一緒に償いができたときに自分の罪が許された
ような感覚を覚えました。煉獄の霊魂も解放されたと思います。心が
軽くなって魂の救いというのと、罪のゆるしの完全さを実感しました。
私自身、罪のゆるしということに関してまた改めて感じさせられました。
煉獄の霊魂に対する愛情がもっと強められたらと思っています。
 午後、第1ミサの中で、説教の時に「マリア様と一緒にいる」という
言葉によってマリア様の喜びに包まれるような感覚を覚えました。マリ
ア様の胎内に入る平安な心が与えられました。私のベッドのところには
ファティマの聖母像を置いたのですが、マリア様にすがらなければいら
れない状況にあり、マリア様の優しさ、マリア様がマントで覆ってくだ
さっていると体に感じる感覚がありました。マリア様は暖かい方だとい
うことがわかりましたし、マリア様のところにいるならば本当に何が
あっても安全なんだということがわかりました。
 平安な心が与えられてミサが進められていき、聖体降福式にはむせび
泣く状態です。イエズス様、マリア様とヨゼフ様の御心に対する崇敬が
改めて深められました。

聖母マリア様:(2005年6月18日、第2ミサ後)
 私の愛する子、私の愛しい子(マリー・マドレーヌ)あなたといつも
共にいて、あなたを慰め、あなたを許します。
 多くの人々が帰ってきます。あなたが苦しみ嘆く声を私は聞いてきま
した。あなたを愛し、祝福し、いつも私の手の中にあります。喜びに
喜びなさい。私はあなたを祝福し、どこに行くにもいつも一緒にいます。
恐れないで歩み続けなさい。どこに行くにも私はあなたを守り導きます。
 愛する息子、ジャン・マリー神父、あなたを強めます。あなたを祝福
します。あなたを私が導き、イエズスの十字架と共に導きます。あなた
が許す人を私も許し、あなたが祝福する人をすべて祝福しています。私
が行くべき道をあなたに指し示し、あなたを大きな大きな出来事のため
に使います。栄光を、神の栄光を仰ぎ見、喜びに喜びなさい。永遠の
御父と共に支配される私の息子イエズスとともに、聖霊と共にあなたを
祝福します。
 栄光を神に、感謝、讃美をささげ続けるあなたに、私と喜びを共にし
てくれるすべての人々に多くの報いをあなたに与えます。神が共にいて
許しと愛と真理をあなたに授けました。あなたがその真理を多くの人に
語るとき私の喜びは増します。
 栄光はすべて神に帰して私たちが感謝するように、みなが一致して
感謝することを願っています。神に感謝をささげる私たちと共に、地上
にいるすべての子らが感謝と讃美をささげるよう祈りなさい。父と子と
聖霊との御名によりて。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 引き続き、マリア様が御出現された時のことをお話します。まずミサ
の一番最初に「聖ヨゼフのノベナ」を祈ったとき、ヨゼフ様の百合の
香りがありました。しるしを求めました。しばらく神様の導きのもとに
ありましたが、ミサが始まる前にしるしをいただきました。私自身、ミ
サにあずかっている最中、かなり体のだるさを感じて、ものすごい苦し
みの中でささげていました。そのあと聖体拝領のとき御聖体の味が甘く
感じられました。第1ミサのときにも御聖体の味が甘かったのですが、
今回のミサにおいて御聖体の甘さと共に平安をいただきました。そのあ
とバラの香りが一度あり、印を求めましたが何もありませんでした。
最後のときにバラの香りと百合の香りが立て続けにありました。印をく
ださいと求めました。再度バラの香りがして、もう一度印を求めたら
このときに印をいただきました。百合とバラの香りが立て続けにした時
には印はありませんでした。再度バラの香りをいただいたとき「これは
マリア様だ」とわかりました。
 ミサが完全に終わって聖体降福式も終わって、そのときにバラの香り
があって、喜びに満たされ、導かれるままに話しました。マリア様はも
のすごく優しく語ってくださいました。神様の栄光を切に求めていらっ
しゃいます。私自身も神様の栄光を仰ぎ見つつ歩むことができるよう
切に祈っています。

【 一つの試練 】

2005年6月23日(木曜日)
 第2ミサの中で私がひとこと祈ったことがあります。来週から裁判と
いうことで、自分自身何をこれからどういうふうに言えばいいのか判ら
ないということ。裁判官に問い詰められてしまったら答えられないとい
うことで、心が不安だし助けてくださいとマリア様にお願いしました。
何を言うべきかをはっきり教えてください。神様が与えてくださるのは
判るけれど、一番自分が何を言いたいのか、それをはっきり判るように
してくださいと祈りました。
 聖体拝領のとき印をもらってそのあと「本当のことは何かということ
をあなたは求め続けたでしょ?」というローキューションをもらいまし
た。いろんな事柄にぶつかったとき、真実というのは何なのか、偽りの
ように自分が感じて苦しみを受けたときも「本当に真実は何なの?」と
いう問いがたくさんありました。今日もこのことが示されて、真実は何
と問い続けてきたのだとわかりました。私が今まで求めてきたことでし
た。最後にもう一度印を求めたら印をもらいました。聖体拝領のときと
祝福を司祭からいただいたときバラの香りがしました。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2006年12月13日PM9:01
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子どもたち、あなたがたを祝福します。聖母が、あなたがたに
話をします。過去に受けた恵みをどうか想いおこして、ただ、神に感謝
と賛美を捧げてください。リトル・ペブルのために、二十年の間に、す
ばらしい召し出しにあずかった大人から子どもにいたるまで、彼女たち
は、神のあわれみと一方的な愛と恵みにより受けました。でも、誰も、
愛する息子(ジャン・マリー神父)の元には、来ませんでした。徹底的
に愛する息子(ジャン・マリー神父)を非難して、また、リトル・ペブ
ルに起こった事柄に対して、つまずき、神の愛と恵みを投げ捨てて、彼
(リトル・ペブル)から離れました。今、カトリックの正しい教えを、
実践し、伝えることを進んでしているリトル・ペブルと愛する司教(ブ
ロサード司教)と、愛する息子(ジャン・マリー神父)以外は、誰もそ
の教えを愛し守っていません。
 名高い人たちと呼ばれた多くの指導者、幻視者、幻聴者、神秘家、恵み
の霊魂たちは、リトル・ペブルに従えず、離れた人たちがいるというこ
の悲しみをどうか知ってください。離れた彼らが心を改めて、もう一度
戻って来るなら、聖母は、喜んで彼らを抱きしめ、神に許しを取り次ぎ
ます。でも、敵になるということが、どんなに恐ろしいか見てください。
どうかたてられたれた指導者に耳を傾け、救霊のために日夜うめきなが
らも働く指導者のために祈ってください。
 かわいい子どもたち、あなたがたを愛撫しています。祝福を贈ります。
選ばれた全ての子どもたちのことを一時も忘れず、取り次いでいます。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今日、償いの日で、夜聖体行列をする予定でしたが、雨のため室内で
聖体降福式を8時ころから聖体降福式がはじまりました。一緒に私は、
聖体降福式にベット上から参加していました。
 ヨゼフ様の連祷と、マリア様にロザリオを一連祈りました。ロザリオ
の祈りの最中、めでたしの祈りが始まった時期に、私の目の前が、もの
すごく暗くなったのです。誰かがいるような感じがした。私の目の前、
上を覆うような、立っているか側にいるのか判らないのですけど、すご
く暗くてそういうのがありました。
 ロザリオの祈りが終わりまして、しるしを求めなきゃと思い、ジャン・
マリー司祭にこのことを話しました。しるしがあるかどうかたずねた
ところしるしがありましたので、どうかこのことで、助けてくださいと
祈りましたので、マリア様、イエズス様、ヨゼフ様、聖シャーベルと
大天使聖ミカエルにこのことを助けてくださいと祈りました。私たちを
悪いものの策略から護ってくださいと祈りました。こちらの聖堂のとこ
ろにきまして、もう一度識別のためのしるしを求めましたら、しるしが
ありましたので、ジャン・マリー司祭にお話をしました。「しもべは
聴きますお話ください」といいましたら、聖母マリア様からこのような
メッセージをいただきました。ほんとに悲しい現実があるんだなってい
うのをおもわされていまして、日本のほんとに大改心とともにいったん
すごいほんとに恵みに預かった人たちが、またその機会、神様によって
帰ってくるようにって切なる願いを思っています。最後にこのメッセー
ジについて確認しましたそうしたら識別のためのしるしがありました。
 他にローキューションがありますかと訊ねましたがなにもありません。
リトル・ペブルさんになにか伝言がありますかと訊ねましたが、何もあ
りませんでした。左耳が、かなり聞こえ方が変わってきています。


ミシェル・マリー・フランソワ:(ヴィジョンの説明)
「識別のためのしるし」のあるヴィジョンが2つありました。

 @ ベールをつけた女性が逃げる場面、秋の風景、萱(かや)、スス
  キ、細い道、ちょうど雲仙普賢岳のような火砕流が女性たちの後ろ
  の方から流れてきている。
 A 富士山、三合目か二合目に雪がかかっている場面

(ミシェル・マリー・フランソワの説明のあと……)

マリー・マドレーヌ:
 たった今、ローキューションがありました。ミシェル・マリー・フラ
ンソワがヴィジョンの説明を終わる頃です。「彼らが離れたのは、自分
の意志です」というとっても悲しい声でした。「識別ためののしるし」
はありますかと尋ねたら、すぐ「識別のためのしるし」がありました。
どなたですかと尋ねたら「聖母マリアが」と答えられて「識別のための
しるし」をいただいています。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年6月13日 No.45
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 今、一生懸命に祈りなさい! 特にローマにおられる教皇様のために
祈りなさい。教皇様への襲撃は近く、このことで…世界中はひどい恐怖
に身震いするからです! かわいい子らよ、ローマには、御子の御教え
に従わないでフリーメーソンの悪魔崇拝の道に従う大勢の敵がいます。
そしてメーソン達は聖にして母なる公教会の内部で、我が物顔に居座っ
てしまっているのです! 私の司祭たちとは、私に対する愛や、聖体に
まします御子に対する愛、また教皇様に対する愛でわかります!……
これらは……どの司祭が私に属しているかを表す「しるし」なのです!

 かわいい子らよ、私たちはあなた達にわかるように「しるし」を与え
ています。暗闇にいる子供たちのために祈りなさい。眠り込んでしまっ
た高位聖職者たち……ユダがしたように、聖にして母なる公教会が破滅
するように動いている彼らのために祈りなさい! 御子が……地上を歩
いておられた時に比べて今の時代は違っていると思うのですか? 二千
年前、ユダが御子を裏切ったのであれば、来たるべき世代にも、大勢の
子らが同じことをするということを信しないのですか? そうです! 
かわいい子らよ。地上における御子の家の中には、大勢のユダがいます。
しかもその多くは、教皇様にとても近い人たちなのです。彼らを裁いて
はなりません! 彼らのために祈りなさい!

(注)この世的な地位、名誉、権力、財産を求める聖職者・修道者は、
  ユダと同じです。彼らは悪魔崇拝をひそかに行ない、ルシフェルで
  ある反キリストのロード・マイトレイヤの意のままに働いています。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月24日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]