「箱舟の聖母」12月10日号No.335
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年12月10日号 No.335

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
 ローキューションが1ヶ月ほど、なかったときがあって、大変苦しん
だ。神様はあるときまでは本当に母乳を与えて、守ってくれるんだ。
でも、だんだん霊魂を成長させて、硬い食物を食べれるようになるまで
段階を踏ませるんだね。『暗夜』が始まったときってびっくりしたよ。
自分にこんなに早く神様がやわらかいものを取り上げたんだから。

【 一つの家族 】

 私、本当に思い出す出来事で、ちょっと心ぐるしいことがあるんだ。
それを先に書いちゃいたい。2004年9月15日いらい、ジャン・マリーたち
と過ごすようになって、とってもすばらしい出来事が起きたんだ。それ
はなにかと言うと、私にオーストラリアのおじいちゃん、おばあちゃん
ができたこと。マチソンさん夫妻が私とジャン・マリーにお手紙をくれ
るようになって、リトル・ペブルさんのことやナウラでの様子なんかを
教えてくれるようになったの。私のことを孫だって言ってくれたときに
なんとも言いようのない感激を覚えたんだ。悲しい出来事の後にメアリー
とクライブさんが私を慰めてくれて…。まだ見たことないおじいちゃん、
おばあちゃんに私、生きている間に会えるかな。そう思って、お手紙が
来るたびに喜んでた。
 なのに、私ったら、101日間家に連れ戻されたとき、初めてもらった
お手紙を捨てちゃったんだ。最初、家で「リトル・ペブルさんのこと
信じるんだ」って頑張ってたのに、だんだんその意志が弱くなって「信
じない」って言うまでに私の心はまったく変わってしまったんだ。ジャ
ン・マリーに荷物を送ってくれるよう弁護士さんを通じて頼んだほど
私の人格が二つ存在した。本当に悪い私なんだ。帰らないって決めちゃっ
たんだもの。
 でも、去年2005年5月26日に神様の大奇跡で「聖体の大祝日」にジャ
ン・マリーと会えて無事養子縁組できて、また一緒に生活できるように
なったら、もう早速私の帰宅を喜んでくれたのがマチソンさん夫妻だっ
たんだ。あぁ、私のことをひと時も忘れないで祈ってくれたのがメアリー
とクライブの二人。そして、愛する仲間たち。みんなにありがとうって
言いたいんだ。本当にねもはもないこと言っちゃった私を恥じてるよ。
 恐怖のあまり、全く人格が変わって使命を捨てる寸前にまで行った
私なんだから。イエズスはこんな惨めで悲惨な私を救い出してくれた。
聖体のイエズスが……!!! 本当にありがとうってしかいえないよ。
 メアリーとクライブはいつも聖シャーベルに祈ってくれてた。私たち
のことをひと時も忘れないで祈って支えてくれた。こんなに優しい人が
いたんだなって思う。私にはリトル・ペブルさんに対する愛を教えてく
れたし、マリア様とイエズス様の優しさ、恵みをいっぱい教えてくれた
よ。マグダラのマリアの記事とか新聞の切りぬきを送ってくれたりした
なぁ……。体の具合が良くないのにたくさん手紙を書いてくれたんだよ。
この場を借りてありがとうっていいたいの。


2005年6月12日 「マリア観音 春光寺さんにおいて」
 マリア観音が飾られているお部屋に入ったときにバラの香りが漂いま
した。しるしを求めたらいただきました。マリア様が観音として信仰の
対象であったということがわかりました。


2005年6月14日(火曜日)
 夜、第2ミサの時にものすごく胸の奥から熱いものが燃え上がってき
ました。それは聖体拝領になるころから出てきました。ずうっとミサ後
も続いて15日午前3時ごろまで続きました。そのあと悪い夢を見てしまっ
て泣いてしまったのですが、イエズス様に対する愛と同時に「イエズス
様がどこかに行ってしまった」という強烈な寂しさみたいなものを激し
く感じました。イエズス様が大好きで大好きでたまらない、たまらない
という愛の炎だと思います。


2005年6月15日(水曜日)  亡くなった霊魂への愛
 朝7時過ぎ、私が浅い眠りにさしかかったときにどなたかこられまし
た。奥田さんのお父様ということがわかりました。最初にしるしを求め
ました。何もありませんでした。そのあと『緑のスカプラリオ』という
言葉が思い出されて、奥田さんのお父様であることがわかりました。も
う一度しるしを求めたらありました。奥田さんのお父さんがこられて
こちらが触れたときに私自身、涙ぐみました。私が涙ぐんだのは奥田さ
んご自身が亡くなられるまで苦しまれたことを聴いていてそれを思い出
したからです。「つらかったんですね」という思いが私の心の中にあり
ました。実際、慰めを受けているのですが、心の中がすごく熱くて体に
も熱さがありました。でも、ひどい熱さではなくて、いま奥田さんご自
身が慰められている状況にあると知りました。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
2006年12月1日PM8:00頃
マリー・マドレーヌに与えられた聖ヨゼフ様からのメッセージ
(入院中の病室にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 一言だけローキューションがありました。「リトル・ペブルさんに
信頼しなさい」というローキューションです。しるしを求めたら「識別
のためのしるし」をいただきました。どなたですかと尋ねましたら、
「ヨゼフ」と一言いわれましたので、しるしを求めたら「識別のため
のしるし」をいただきました。


--------------------------------
2006年12月6日PM7:02-7:41
マリー・マドレーヌに与えられた聖ヨゼフ様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。ヨゼフがあなたがたに話し
をする。
 恐れないで、この苦しみをささげてほしい。今、多くの人々が苦しみ
始めている。愛するマリー・レベッカのことは、神が定めたように奇跡
が行なわれ、一つのしるしとなる。肉体的に大きな苦しみをともなうば
かりでなく、ささえがなければつぶされるほどの精神的苦痛を味わう。
神が計画したことはそのまま成就される。恐れないで、信頼してほしい。
「何度も聞いているから、わかっている」と言って、はねのけないでほ
しい。
 「幼な子路線」について、マリー・マドレーヌは苦しみながらも、は
ずさないようつとめてくれた。苦しみをこわがらないで、ささげること
ができるように助けを求めてくれたので、神はいけにえとしてマリー・
マドレーヌを導き、よろこんで受けてくださるので、司祭についていく
ように私はあなたに言う。神秘的なことと医学での処方の面でぶつかる
ことを学んできた。マリー・マドレーヌの苦しみは、祈りを彼女にさせ、
解決をするように、一人の看護婦に働いて、彼女に助言させた。
 同宿たちの働きが大変よかったので、悪魔は怒りを発してマリー・マ
ドレーヌを攻撃して、いろいろなものを聞かせ、緊張を加えて命を狙っ
て死なせようとした。それでも痛みに耐えながら笑顔でまわりの人に愛
をわけて証しをしてくれた。聴力の度合いもすべて神の手の中にあるか
ら、ゆっくりと休むように言う。避雷針の務めはもう終わりになるので、
全部を「あこがれる」ことに身をまかせていくようにあなたに言う。
 小さな働きが3人の同宿たちの手によって始められた。ヨゼフがあな
たがたを導き、あなたがたを祝福する。神によりすがって、弱さの中で
進めていってほしい。祝福を司祭にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 夕食後、聴力の話題になって、左の耳に風のようなものを感じまして、
ジャン・マリー司祭に話しました。しるしを求めるように言われました
ので、しるしを求めました。そうしたら「識別のためのしるし」をいた
だきました。「しもべは聞きます。お話しください」と祈りながら待っ
ていると、ヨゼフ様がお話しくださいました。
 今回の入院(12月1日〜5日)で非常に苦しんだのは、神秘的なことと
医学での処方の面でぶつかることでした。ジャン・マリー司祭から「こ
れは神秘的なことだから、そのまま受け入れなさい」と指導されていた
んですが、入院中、不安におそわれました。月曜日、右肩の激痛があっ
たのでシップなどしてもらってから、不安になってしまいました。私は
「本当に神秘的なことを受け入れたいし、フィアットを言いたいから、
助けてください。イエズスを悲しめたくないから」と真剣に祈りました。
それから私の弱さをついて悪魔の猛烈なアタックを受けました。それで
も、気持ちを前向きにもっていける恵みを受けまして、私なりの小さな
証しができ、毎日、イエズス様の話しとか、神秘的な痛みの話しとか、
看護婦さんたちに話すことができました。そのうち、看護婦さんの一人
から「祈ってください」と言われて、びっくりしました。 今回の入院
で、祈ること、よりすがることを学びました。ヨゼフ様に心から感謝し
ています。
 最後に「このローキューションは本当でしょうか? しるしはありま
すか?」と尋ねました。そうすると「識別のためのしるし」をいただき
ました。そして、マリア様が一言、「ミシェル・マリー・フランソワを
励まします」とおっしゃられ、しるしをいただきました。
 「他にローキューションはありますか?」と尋ねましたが、しるしは
ありませんでした。「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と
尋ねましたが、しるしはありませんでした。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年6月13日 No.44
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 かわいい子らよ、あなた達の生活も、聖なるものでなければなりませ
ん。この世に生きている一人一人の子が聖人になるべきだからです! 
聖人は、天国にいる者だけではなく、地上にもいるのです。洗礼を通し
て、御子の御名を身に受けた者は皆、神なる救い主の「御言葉」に対し
て、聖性と忠実に満ちた生活を営まねばなりません。これを行うことに
よって − つまり私たちの聖人達があなた達に与えてきている模範に
よって、あなた達は皆、それも今現在地上において、聖人に似るべきな
のです! なぜなら全世界が御子を愛し、御子に仕えることを学ぶのは、
御子イエズス・キリストがあなた達にお与えになった光を通してだから
です。しかし私達は、世が…特に(カトリックの)子らが聖人の模範に
従わず、聖人達の言葉に耳を傾けていない現実を見ています。この地上
に兄弟姉妹への良き模範となっている子らは、ほんの少数しかいません。
かわいい子らよ、それ故現在、公教会は重大な危機にさらされているの
です。ですから今や悪魔が自ら公教会の最高の部署にさえ居座っている
わけです。このことはラ・サレットで言いました……今、世界中の多く
の出現地で言って来ているのです! 悪魔は、今や地上における御子の
公教会で、上手に自らの地位を確立させました。それは子供たちが、悪
魔が教会に入るのを許してしまったからです。すき間からでなく、地上
における御子の家に入らせるために、わざわざその扉まで開け、高位聖
職者や我が汚れなき御心の修道者たちなど、大勢の子らの中に入るのを
許してしまったのです!



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月17日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]