「箱舟の聖母」12月3日号No.334
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年12月3日号 No.334

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【秋田の第2出現の始まり】

 6月11日に初めてマリア様の声を聴いたんだ。秋田県の横手に行った
ときなんだけれど、このひの朝、刈谷の家にまだいたとき、、細く透き
通った女性の声で『恐れないで』と『祈りなさい』という声を聴いたの。
秋田に出発する朝で、聖母の汚れなき御心を見たのもこのときだった。
非常に新しい心が与えられた経験をしたの。初めてのマリア様からの
メッセージをここに書きます。

--------------------------------
2005年6月11日土曜日(秋田県横手市にて)
聖母マリア様のメッセージ
--------------------------------
聖母マリア様:
 喜びに喜びなさい。私はこの地に多くの人を呼びます。私のもとに
帰ってきます。私は愛の母です。私を信じて私のもとに皆帰ってきなさ
い。平安でありなさい。私は慰めを与えに来ています。私の言葉を聴い
て耳を傾けてください。私のすべてを皆さんに与えています。私の子ら
よ、あなた方を愛しています。私に信頼して祈りなさい。愛する子らよ、
イエズスの十字架を背負ってください。私はあなた方の母です。私を
求めてください。

マリー・マドレーヌ:
 さっきマリア様のバラの香りがありました。

ジャン・マリー神父:
 聖痕をお願いしなさい。

マリー・マドレーヌ:
 『約束を果たします』とマリア様が言ってくださいました。神に感謝。
いま、すごい右腕が熱いです。(…メッセージを受けたときの状況説明)
マリア様の初めてのメッセージを受けて、まず天から光がさしてきまし
た。そこで録音が始まりました。マリア様の声はすごく穏やかでゆっく
りと愛情にみちて語られました。ビジョンはまったくありません。光が
最初にあって、そのあとずっと声だけが聞こえました。一言一言はなす
体験はまったく初めてです。
 その中でマリア様の『愛の母』という言葉と『慰めの母』という言葉
が私の胸を打って、ものすごいやさしいお方であるということがわかり
ました。「皆さんを戻します。ここに戻ってきます」と言われたときに
まだ私は完全にこのメッセージを理解できなかったのですが、こちらの
横手の地が祝福されていることがわかりました。途中喜びと涙があふれ
て言葉につまりました。聖痕をお願いしましたらその間こちらが言葉が
つまって、マリア様が待ってくださったと思います。「約束を果たしま
す」といわれたときにはもうただただ感謝しかありませんでした。
 そして、しばらくしてひとつ耳元でものすごい音が聴こえました。波
を打つような音です。印は求めていません。マリア様が「イエズスの
十字架を背負ってください」と言われたときは苦しく懇願してるように
聴こえました。「私を信頼してください」と言われたときには「私を
求めてください」と懇願していらっしゃるマリア様がわかりました。
--------------------------------

 そして、次の日には「あなたはまもなく歩けなくなります」と言う
メッセージを貰っているんだ。

--------------------------------
2006年6月12日(日曜日)
(横手市『働く婦人の家』にて)
--------------------------------
 第1ミサでインスピレーションを受けました。先ず、この横手の地が
祝福されていることです。祈りをしているときにものすごい感謝と喜び、
平安が与えられてこの地に潤いがあるというイメージがきました。その
あと、私、個人のことで足の裏に痛みが来てそこで「あなたはまもなく
歩けなくなります」と一言語られました。また私が黙想をしていたとき
に奥田さんのお母様をすごく愛されているマリア様を知りました。

--------------------------------
2006年6月12日第2ミサ
聖母マリア様からのメッセージ
--------------------------------
聖母マリア様:
「愛するわが子よ、あなたを愛し、祝福しています。愛する息子、ジャ
ン・マリー神父、あなたを祝福します。私のよろこび、私の望みをあな
たは果たしてくれています。いつも私とともに歩み、私から離れずいつ
も慕うあなたを私はひと時も忘れてはいません。
 たくさんの苦難があなたを覆いました。これからも覆います。けれど、
勇敢でありなさい。あなたがどこに行くにもあなたを祝福する母がいま
す。父と子と聖霊との御名によって祝福します。この地を祝福します。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 私自身がミサにあずかっているとき今日はじめて歌いました。そのと
きいろいろなことがありましたが、歌っているときは何も見えません。
天から光がありました。すごく私の右上にどなたかいらっしゃるんです。
「どなたですか?」と聞きました。しるしをお願いしました。一度話も
何もなくて過ぎて行ったのですが、ミサの終わりごろになるとものすご
い強い密着する感じでマリア様がおられるということがわかり、印を
いただきました。私自身「しもべは聞きます。おはなしください」と
祈り続けました。「マリア様、イエズス様、ヨゼフ様愛します。天国の
皆さん、諸聖人の皆さん、そしてここにいる人々の皆さん、リンボウと
煉獄の霊魂の皆さん、皆さんを愛しています」と言ったときにちょうど
聖体拝領をいただきました。
 ジャン・マリー神父に対する愛を感じてマリア様が何かおっしゃりた
いんだなと感じましたので、ただ助けてくださいと祈りました。ものす
ごい祝福されてるのです。司祭としてのジャン・マリー神父を愛されて
いるのです。ジャン・マリー神父がミサをささげているときに愛が迫っ
てくるものですから「どうぞお話ください」と言って語られるままに
お話しました。神に感謝します。「司祭を愛しなさい」とマリア様が私
に示したかったんだと思います。「こんなに大切にされてる息子はいな
いんですよ」という感じで。私、興奮してます!! 体がだるくて疲れ
ててどうなるかわからなかったけど、また元気が戻ってきて、そのあと
「無知無能なわたしです」とずうっと言い続けました。
--------------------------------

 このように、だんだんローキューションが増えていって、7月には
公的メッセージも受けるようになってきた。



----------------------------------------------------------------
2.リトル・ペブルに与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
--------------------------------
獄中で、聖母からリトル・ペブルに与えられたメッセージ
2006年11月11日 No.633
--------------------------------
リトル・ペブル:
 私は、私の独房の上の空に白い十字架を見ていました。私の天使は、
今日、後でイエズスが私にお話しになるでしょうと話しました。
 今、午後8時18分です。私は聖アモール・デイの御絵から白い十字架
がやってくるのを見ます。また、聖サクラメッスグスがあらわれました。
彼は私のしるしを見せ、十字架のしるしを見せます。彼はいつも右手に
ロザリオをもっています。また、彼は全能の父なる神、私たちの主イエ
ズス・キリストが彼を遣わしたとおっしゃいます。
 イエズスは、彼の御父の御手が振り降ろされたとおっしゃいます。そ
してそれは今、過去の年月におけるもの以上に、世界を罰するでしょう。
なぜなら彼の子供たちが、神を喜ばせるように人生を生きるという神の
呼びかけに対して、彼らの目を閉じ、耳をふさいだからです。彼は次の
ことを付け加えます。西洋の世界、それらは彼の神なる息子イエズスへ
の信仰を公言していると主張していますが、彼らは反逆者のように、
世間の人のように生きている、と。
 過ぎ去った日々に、多くの人々が彼らの継承を裏切りました。永遠の
御父は、人類が善徳、慈善、愛、平和、そして彼の神なる息子イエズス
が人類に与えたまことの信仰を回復するに十分な時間を与えました。
 この過ぎ去った年月に神の霊は世界から取り去られました。そして
懲罰が、増加する暴力、増加する憎しみを通して見ることができ、そし
て隣人への愛と慈善の欠如がはなはだしいものになりました。罪に対す
る罰は同じままです。戦争、疾病、飢きん、干ばつ、飢えおよび極端な
天候変化。神は人類を痛悔、信仰の刷新、隣人への慈善の行動へと呼び
ます。永遠の御父は人類に改心と、善行にささげられた人生を求めます。
 永遠の御父はおっしゃいます。人類は気候の変動と温暖化は、大気の
汚染にのみよるものだと信じていると。しかし、科学者はさらに見るべ
きです。なぜなら、彼らは極がシフトしたため、それは地球の磁場に
影響し、地球がわずかに傾いたことを理解するでしょうから。もし彼ら
が太陽系を見れば、惑星の配列の変化に気づくでしょう。そしてまた、
惑星の表面の変化と異常な動揺に気づくでしょう。それは同様に地球に
影響します。
 この全てのことの理由は精神的な世界と関係しています。人類がます
ます反抗的になったため、彼らの「うそつきの父(ルシフェル)」が
創造主である神に対して反逆した時、彼がなしたためです。イエズスは
おっしゃいました。永遠の御父は人類に対して大変お怒りになっている
と。なぜなら、彼らは罪をなし続け、彼らが霊魂をもっていることを
忘れ、霊魂が永遠の存在であることを忘れているからであると。
 イエズスはおっしゃいます。オーストラリア人が彼の「小さな白い岩
(リトル・ペブル)」を迫害し続けているので、神は彼らに対して怒っ
ていると。しかし、すぐに全ては変わるであろう、なぜなら、すべては
暴露されるだろうからと。そして、神を怒らせた人々は、彼の預言者の
仕事に対して偉大な奇跡としるしが与えられるので、彼らが何を行った
かを知るだろうと。
 イエズスはおっしゃいます。強力な火災と風が来るまで、現在の干ば
つは続くだろう、そして次に洪水が続くだろうと。オーストラリアは
シドニー、メルボルンおよびブリズベーンで、テロリストによって組織
された大惨事で攻撃されるだろう、そして神が20年来話してきたように、
あなたたちの北の隣国によって侵略されるだろうと。
 イエズスはおっしゃいます。多くの不正の罪のゆえに、オーストラリ
アが変わるように多く祈るように、特に聖なるロザリオを祈るようにと。
イエズスはリトル・ペブルと、地上に神が起こされた全ての幻視者たち
に与えられた昔のメッセージを読み返すようにとおっしゃいます。イエ
ズスは、平和は人類に未だに訪れていない! 戦争は(オーストラリア
の)北部と中東で起こり、多くの政権が倒されるだろうとおっしゃいま
す。イエズスは、インドネシアと中国の意図に注意し、オーストラリア
が多くの重要な同盟を作る必要があるとおっしゃいます。それは北部の
権力たちはオーストラリア大陸を狙っているからです。いわゆる「条約」
にだまされてはいけません。
 イエズスはインド洋で起こる大きな出来事について話されます。それ
は多くの死を引き起こすでしょう。イエズスは、オーストラリア、アメ
リカ合衆国、イギリスの政府が倒れる、それは神の子供達が神の御言葉
を聞かなかったからである、とおっしゃいます。
 イエズスは、ヨーロッパの大変動が特にイタリア、ポーランド、アル
バニアおよびスウェーデンにあるだろう、また、これは第3次世界大戦
が来るというサインになるだろう、とおっしゃいます。これらのこと
全ては、キリスト教世界が神が世界に警告するために送られた預言者た
ちの多くを拘束し、迫害し、投獄し、殺したからで、クリスチャンたち
がクリスチャンとしての生活様式を投げ捨て、キリストの価値観を人間
の弱さに置き換えたために起こるのです。
 イエズスは、■■司教に、神が彼を助けに来ることを知りなさいと
おっしゃいます。イエズスは彼の道具「イエロー・リリー」を祝福し、
彼女を抱擁する、そしてまた「ローズ・オブ・ホーリー・イノセンツ」
を祝福するとおっしゃいます。「神の御言葉の大勝利は近い!」とおっ
しゃいます。イエズスは教皇ベネディクト16世を祝福し、彼が来る年を、
聖母の最後のドグマを宣言し、聖母に戴冠するための聖年とするように
激励されます。彼は、手遅れになる前に、全ての者たちは今、痛悔し、
戻って来なければならないとおっしゃいます。
 イエズスは私を祝福し、すべてはまもなく変化すると励まされます。
イエズスは皆さんに、1983年11月11日のメッセージ(下記No.1)を読む
ように望まれます。

[ブロサード司教の認可とサイン]


--------------------------------
リトル・ペブルに与えられたメッセージ
11番目の月の11番目の日の11番目の時刻
No.1  1983年11月11日 金曜日
--------------------------------
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/lpm001.htm

聖母
 この大いなる広大なオーストラリア大陸の我が愛する子らよ。今日は
特にローマ・カトリック教会のすべての聖職者と、司祭たちに語ります。
私、あなたの天なる愛の母は、光の王国にまします永遠なる御父から、
大変重要なこのメッセージをあなたに送るために、遺わされてまいりま
した。
 息子たちよ、どうしてあなたがたは、愛と犠牲の道、いのちに通じる
我が尊い息子イエズスの狭い道から離れてしまったのですか。あなたが
たは地獄への道を歩み、さらに、多くの人たちを道づれにしていること
がわからないのですか。時のしるしを見分けられないほどに盲目なので
すか。息子たちよ、時間のあるうちに引き返しなさい。もうすぐ、神の
審判が執行されるのです。無関心とひとりよがりから離れなさい。我が
息子の家の牧者としてのあなたがたの任務は、霊魂の救済です。しかし、
現在、あなたがたは我が子らを破滅と有罪判決への道へつれていこうと
しています。あなたがたの母の心と、その尊い息子の聖心は苦悩で引き
裂かれています。息子よ、子らよ、あなたがたは祈り、償いをし、極刑
が必要とされる、あなたがたの罪の償いをしなければなりません。
 子らよ、あなたがたの国は、今までになかった、また将来も再びない
ような大艱難に向かって進んでいます。天の母である私と、光の聖霊に
奉献されている、あなたがたの大いなる大陸は、ひざまづかなければな
りません。この国の子らが、あらゆる極悪非道と醜態を神の目前で演じ
ておきながら、子らよ、オーストラリアが、懲罰を免れられるとでも
考えているのですか。子らよ、あなたがたの国はもうすぐ、天災と敵国
軍隊の侵略によって荒廃するでしょう。こんなことになってもいいので
すか?
 罪深い生活をやめて、ひざまづいて、神のあわれみを請い、願いなさ
い。あなたがたの天の母は、この警告のために、何度地上に来なければ
ならないのでしょうか。地獄から救うために……。しかし誰が私のこと
ばをきくかというと、ただ小さき人、心のけんそんな人だけです。我が
息子、司祭たち、特に司教たちは、謙遜になり私の呼びかけに耳を傾け
て下さい。我が息子の家で、醜態と冒とくが行われるのをとめて下さい。
この恥ずべき道をさらに進むというのなら、あなたがたは、地獄の火に
焼かれて、自分自身を滅ぼすことになるでしょう。
 手で聖体拝領するのをやめなさい。人々に、我が尊い息子の前にひざ
まづいて祈らせなさい。聖なるいけにえは、ただの食事ではありません。
それは、いけにえなのです!
 我が息子の家の指導者および司教たちよ、恐れることはありません!
私は、オーストラリアの教会に、充分なる警告を与えています。まだ
時間が残っている今、神に立ち返りなさい。我が尊い息子イエズスは、
もうすぐ、地上における(完全な)天の支配を宣言するために、大いな
る勝利のうちに再臨されるからです。愛する子らよ、世の救い主である
尊い主の聖心をこれ以上、悲しませないで下さい。あなたがたの神であ
り、我が神であられる御方は、あなたがたを大変愛しておられる故に、
ご自分の聖なる母をあなたがたのもとにおつかわしになり、再び正義の
道を見出させようとしておられるのです。
 教皇ヨハネ・パウロ2世の言われることを聞きなさい。彼は、この暗
いサタンの時代にあって、特別な星なのです。彼に聞く者は、我が息子
イエズスに聞く者です。彼を軽蔑する者は、我が尊い息子を軽蔑する者
です。
 今回、私は、メルボルン市の我が息子たちに、二、三、言いたいこと
があります。天の母は、あなたに、我が息子の家で容認してきた醜態か
ら離れ、我が尊い息子の家を、もとどおりの栄光に戻してくれるよう、
お願いします。これは最後の警告です。あなたがたは地獄の淵に立って
いるのです。
 オーストラリアの子らよ、お願いです。心を愛と祈りで満たして、神
に立ち返り、しょく罪への母なる呼びかけに応え、私が世界中、つまり
ファチマ、ルルド、ラ・サレット、ガラバンダル、サン・ダミアノ、メ
キシコのポルタポーズ、サン・ステファノ、ベイサイド、モンテキアリ、
そしてさらに多くの地に出現して話した言葉に耳を傾けて下さい。天の
母である私は、私のもとへ助けと救いを求めてやってくるすべての子ら
を私のマントでおおいましょう。子らよ、あなたがたの天なる御父であ
る神は、あなたがたを大変愛しておられます。神は子らの破滅ではなく、
救いをごらんになりたいのです。
 イエズスとマリアの聖心の支配は、もうすぐ、この悲しみの地上に、
尊い王、イエズスの再臨とともに、もどります。
 教皇のために祈りなさい。彼はもうすぐ殉教するからです。そして母
なる公教会は、最後の十字架の苦しみを味わって、尊い救い主の再臨の
うちに、復活して、新しく生まれ変わるでしょう。息子たちよ、司教と
司祭たちよ、この地上に尊い露を落としてもらえるように聖霊に祈りな
さい。
 我が愛する息子たちよ、我が願いをよく聞いて下さい。神の子たちに
聖なるロザリオを唱えるよう願い、すべての小教区と教会で聖なるロザ
リオが祈られるようにしなさい。
 私、天の母はあなたがたを大変愛しています。愛する司教らよ、この
メッセージをすべての司祭たちに向けて、読んでくれるようお願いしま
す。修道女たちにも読んで下さってけっこうです。息子よ、子らよ、私
は父と子と聖霊の御名によって祝福します。アーメン。

汚れなきマリア、神と人類の母。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年3月19日 No.43
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 悪魔は、私達の幻視者が「私達の御言葉」を伝えるために国から国へ
と旅するのを妨げようとして、世界のたくさんのミッションを破壊しよ
うと必死になって働いています。しかし、このために聖寵が与えられ、
天使達が私達の幻視者や代弁者たちを護るために遣わされるよう、世界
中で祈りの輸が広がらねばならないのです。祈りは、今の時代、もっと
いうなら、かつてなかったほど最も必要なものです。なぜなら、今すベ
ての悪魔(悪霊)が、世界と「地上における」御子の家を徘徊している
からです! 「神の家」とすべての国の中の重要な地位のほとんどが悪
魔の手に渡ってしまっています。聖書に書かれているように、反キリス
トの支配が成就するために、今や地上において、ほとんどの権威や力が
ルシファーとその手先達の手に渡ってきているのです。しかし、光の子
らは決して恐れる必要はありません。天の私達が、あなた達を肉体的に
も、霊的にも、精神的にも養うからです。いすれにせよ、悪魔は善い霊
魂と御子の忠実なしもべたちによって克服されるでしよう。しかし、そ
の道は困難です。特に私の預言者たちにとっては! あなた達は彼らが
肉体的、霊的に護られるだけでなく、彼らが傷を受けないで旅をするこ
とができるように、彼らのためにたくさん祈らねばなりません。悪魔は
私達の代弁者の口を封じるために、彼らを地上から取り除こうと望んで
いるからです。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月10日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]