「箱舟の聖母」11月26日号No.333
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年11月26日号 No.333

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.リトル・ペブルさんからの手紙
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
【2006年11月18日】
 メッセージライブラリー他の幻視者(日本)マリー・マドレーヌに
与えられた公的メッセージ2006年9月21日をUPしました。メールマガ
ジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.324を公開しました。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
 私は魂においては成長できないってこの間、司祭に言われた。愛着
形成という人が生きるために一番必要な過程をすっとばされて、無理に
『生長』を要求され、大人になることをしていったもんだから、本当に
情緒そのものに傷を負ってしまった。イエズスは一番惨めな私を捉えて
くださった。
 こんな話を司祭がしてくれた。あるスペインでの出来事。神父さんの
ところに貧しい女の子がいて、小さな子だった。その子に『愛するとい
うのはね、一番大事にしてるものを神様にあげることなんだ。どっちが
愛するのが多いか競争しよう』って言ったんだって。その女の子は自分
の一番好きなお人形しか持っていなくって、泣きながらイエズスの祭壇
に捧げたんだって。
 そうしたらじきにその女の子は病気になって、神様のところに行っ
ちゃったんだ。そのあと、神父さんはある共産主義者に殺されたという。
そういうお話を聴いて、私には一番大事なものを捧げるとすると、何が
できるんかな。そう今日の夜中、ミサで考えてた。
 そう、私は韓国に旅行を先週したとき、一瞬命の危険を感じるような
出来事に遭遇した。でも無事に帰ることができた。そのあとに自分の耳
を聴こえなくするまでにイエズスが剥ぎ取るんだったら、私はそれほど
傲慢なんだから、そのようにしないといけないんだろうなって思うよう
になった。
 だったら、全部、名誉も地位も命までイエズスに捧げよう。そう考え
ていた。聖体拝領のとき、いろいろと過去の傷について、イエズス、マ
リア、ヨゼフにお話ししてた。とっても感覚的に来るものに苦しみを
感じていたから、祈っていたら聖体を拝領して、じきに涙が自然にこぼ
れてしまった。またイエズスの愛にひきつけられたんだ。



----------------------------------------------------------------
3.リトル・ペブルさんからの手紙 − 2006年10月30日 −
----------------------------------------------------------------
http://www.shoal.net.au/~mwoa/documents/letter_lp_headsofstate_30october2006.html

親愛なるジョージ・ブッシュ大統領、ジョン・ハワード首相、トニー・
ブレア首相、国連の指導者たちへ

 私はあなたたちが安定した世界、平和と調和の世界を求めていること
を知っています。あなたたちは国々への侵入、あるいは様々な国々での
目標を爆撃することによってテロリストとの戦いに勝っていると本当に
信じています。あなたたちはビン・ラディンやサダム・フセイン、ある
いは他の者たちを捕らえることによって……そうしてあなたたちは戦争
に勝っていると信じています。
 残念ながら、親愛なる世界的権力の名誉あるメンバーのみなさん、あ
なたたちはアル・カイダや、テロリストたちに「理想(idea)」を与え
ているあらゆるグループと戦うことはできません。なぜなら、あなたた
ちは「理想」と戦うために武器を用いているからです。「理想」は実体
のないものです。そうです、あなたたちはさまざまな党派の何人かの
急進論者を捕らえるでしょう。しかし、あなたたちは決してテロリスト
との戦いに勝つことはないでしょう。なぜなら、相手は「理想」だから
です。
 テロリストたちの「理想」に勝つ唯一の手段は、他の「理想(idea)」
です。「思想の力」、それは安定した世界にとって異質なものである
テロリストたち自身の中にある「理想」ですが、力と権力はそれらを
降伏させることはできないでしょう。

【 質問 】 「テロリストとは何ですか?」
【テロリストの答え】「西側の帝国主義者に反対する者!」

 なぜ彼らは、彼らが無敵であると信じているのですか? なぜなら、
彼らは自分自身の命と、西側の哲学、西側の理想主義、帝国主義を信じ
ている者たちの命をとることは善いことだと信じているからです。テロ
リストは死を恐れません。なぜなら、彼は彼自身の内でただ信じており、
彼は神に栄光を帰していると信じているからです。
 それゆえ、なぜあなたたちは爆弾や無実な者たちの死をもって戦おう
とするのですか? テロリズムと戦う方法は、脅迫や、今なされている
戦争によるのではないのです。実際のところ多くの無実な命が不必要に
奪われました。
 人々は、イスラム教、ユダヤ教、さらにはキリスト教にまでも責任が
あると信じています。それは違います。「理想(idea)」が、過去の
歴史におけるナチズム、ポル・ポト、そして他のものの憎悪、非人道的
な独裁政治に取って代わりました。過去のそれらのケースでは、その
国家と指導者たちが誰かがはっきりしていました。しかし、私たちの
時代のテロリズムは人間性への憎しみに基づいています。それは「理想
(idea)」、形のないものなのです。
 テロリズムを粉砕することのできる唯一の手段は、他の「理想」です。
もしイスラム教国を含む全ての安定した世界的強国が、犯人を根絶する
ために秘密に行うならば、それはなされるでしょう。例えば、テロリズ
ムの理想を支援する強力な組織に「よい人々」を侵入させれば、彼らを
「よい理想」をもって導くでしょう。ひとたび、その者がテロリストを
理解し、なぜ彼がそのようになったかを理解したなら、その時、彼は
彼らに答えるための「鍵」を手にしたことになります。

神の祝福が皆さんの上にあらんことを。

[ サイン ]

ウィリアム・カム
「リトル・ペブル」として知られています。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1989年3月19日 No.42
     リトル・ペブルに(抜粋) 

 世の人々に、まだ時のあるうちに……今!……悔い改めねばならない
と伝えなさい。まもなく、全て暗闇となるからである! 真理のろうそ
くは消えて行く。「邪悪な者」の時が、もう間近なのだ! かわいい子
らよ、あなた達はこのことを − 何度も言われてきた。あなた達は世
が地獄に投げ込まれるのを見たいのか? 世界が血に染まり、火だるま
になるのを見たいのか? 世が時計の針を戻し、(昔からの罪も)悔い
改めなければ、このことは起きるのてある。そして特に、地上における
「わたしの家」の息子と娘たちよ……あなた違も又、「わたしの家」の
外にいる者たちよりももっと懲らしめられるであろう。あなた達は真埋
を……生命を与えられているからである! あなたたちは、真理であり
命である「我が御言葉」を与えられているが、その光を投げ捨て、ルシ
ファーである闇にすり替えてしまったのだ! あなた達はルシファーを
まん中に据えてしまった! あらゆる聖なるものを投げ捨ててしまった!
 聖ミカエルを……信仰の守護者である彼を投げ捨ててしまった! 彼
を……今連れ戻しなさい! 御父が − あなた達のために、我が至聖
なる御母マリアにお与えになった聖なるロザリオを祈りなさい! かわ
いい子らよ、このロザリオはあなた達の持つ武器の中で最大のものなの
である! 言うまでもなく、この大いなる準秘蹟も、大勢の我々の聖職
者によって脇へ押しやられている!

(注)「この世にとっての避雷針」である聖職者・修道者が、この世が
  罰せられる最大の原因となってしまいました。彼ら彼女らが、ルシ
  フェルであるロード・マイトレイヤをカトリック教会に導き入れる
  役割を果たしてしまっています。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は12月3日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%




[HOME] [戻る]