「箱舟の聖母」11月19日号No.332
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年11月19日号 No.332

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
【2006年11月15日】
 YouTube の「 KolbeMarie Channel 」にてイエズス様、マリア様、ヨ
 ゼフ様のご出現の様子(抜粋ですけどね……)etc を随時アップして
 います。
 http://www.youtube.com/profile?user=KolbeMarie

 また「清水小屋」ブログではこれらのビデオのWindows Media Player
(wmvファイル: ISDN回線、ブロードバンド対応)での閲覧、iPod での
 ダウンロードが出来ます。
 http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/

 最新作:
「2006年7月29日 名古屋でのご出現(抜粋)」
 http://www.youtube.com/watch?v=iB6k3UKUSg4&eurl=
「2006年10月13日 マリー・マドレーヌ杉浦律子のエピソード」
 http://www.youtube.com/watch?v=VVt4i54Qjcs&eurl=
「遠足@栗駒高原、2006年10月28日」
 http://www.youtube.com/watch?v=QipoAjH7oYA&eurl=
「2006年6月28日 名古屋でのご出現(抜粋)」
 http://www.youtube.com/watch?v=gV234Uj9Rh0&eurl=



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
 私はいま、思い出しながらこのことをかいている。今年(2006年)の
4月30日に一つの出来事が起きたんだ。イエズスが私の耳を聴こえなく
するっていうメッセージを私にくれたんだ。私を愛してくれている仲間
の一人、ミシェル・マリー・フランソワの身代わりになって、私の聴力
を失う代わりに彼の耳が完全に開かれるっていう約束をもらったの。そ
うしてね、今週この言葉をもらってからいろいろと事が起き始めたんだ。
何度も何度も意識を失う発作に会うし、三日連続でこのことを経験して
ね、今日の夜には突然眼に光が入らなくなったの。前に眼の検査をした
ら、もう蛍光灯の光を感じることがぜんぜんできなくなってて、私は光
がそのときには照っていないのに「光を感じます」って言ったり、とん
ちんかんの答えをしてたんだというの。 司祭に看護婦さんがその時に
「ぜんぜん感じてませんよ。かわいそうに」って耳打ちしたんだって。
つい最近このことを私は聞いたの。イエズスは「耳が聴こえなくなる」
って言ったので、耳だけ聴こえなくなるんだなって私、思ってた。でも、
眼まで……。光をまったく感じなくなっちゃった!!!
「目の前になにか動くような感じがする」って司祭に話したら、「それ
は脳が想像してるんだ」っていう答えをしたんだ。いま、なんて言った
らいいんだろう。「よろこべ。喜べ」って司祭に言われたけど、私は
動揺して眼から涙がいっぱい出ちゃった!!! 夕食を食べていたとき
にもう眼の前が暗いんだ!! いままで、聴こえること、光を感じるこ
とが当たり前の生活だったのに、「イエズスは『あなたが良いと思って
いることを私はあなたからはぎ取った』ってメッセージで言ってたんだ
よね!!」
 あぁ、なんという事を!! 本当に見えない、聴こえない人たちの
苦しみ、私はひとつたりともわかってなかった!! 「一緒にいてね!
一人じゃいられないよ!」って司祭に泣きながら私、言っちゃった!!
これほどまでに弱い私はただみんなに身を任せるしかないんだよね。
「イエズスがしたいことなんだから何でもうけいれるように!」って
ジャン・マリー司祭から私は言われてるよ。私の眼が完全に光を失った
のは5月5日(初金曜日)だった。
 マリア様、1日1日と、イエズスのもとに行く日が近づいているんだよ
ね。毎日いろんなこと起きるなかで、いつもイエズスの受難を黙想する
ことは、ミサのときに意識してするように私は心がけているんだけど、
光を眼に感じなくなった日から翌日、そして何日も体の力が抜けちゃっ
てミサに十分あずかれていないように思う。ものすごい眠気との戦いで、
なんにも気力がわかなくなっちゃって……。
 耳も聴こえなくなる、眼も真っ暗。そんな私は本当に何にもできない
ものになっちゃう。
「マリア様、ちっちゃい子だから、ちっちゃい子のように死なせて。お
願いだよ」って私、最近のミサで祈ったの。でも、イエズスは十字架に
つけられて「磔(はりつけ)」にされて何にもできなくなったし、人の
まえでさらしものにされちゃったんだよね。神様であるイエズスが……。
私はこれから耳が聴こえない、目も全く見えないという世界に飛び込ん
でいって、イエズスのそばで一緒に「何もできないちっちゃい子」とし
て最後を迎えるんだね。マリア様は最近『小さな子が負えるようにイエ
ズスの十字架を担わせます』って言ってくれたんだ。
 きょう「私何にもしません」って言うことを幼きイエズスの聖テレジ
アと言う24歳で亡くなった聖人が話していたと司祭から聞いたよ。そし
てね、私が体の具合が悪くて苦しんでたりしているときによく言われる
んだけど、「イエズスのすることは何でも好き」って言っている幼き
イエズスの聖テレジアのお話しもしてくれるんだ。
 あぁ、マリア様、みんなお母さんに甘えるようにマリア様のところに
走って行って甘えることできたらいいね。そして、みんな「マリア様、
大好き」ってマリア様に言えればいいのになぁ……。私、メッセージを
貰ったらすぐに書き起こすんだけどね、これがもう耳が聴こえなくなっ
たらこの仕事できなくなるんだなぁって思ったの。今まで出来てたこと
ができなくなる寂しさ、またやりきれない思いは、聖痕を受けるという
メッセージを貰って、生贄になってほしいといわれたときにそう思った。
 イエズスがね、こんなこと言ったことがあるの。「あなたは何もでき
なくなるジレンマを抱えている。私に信頼して全部身を任せなさい」っ
て。イエズスに対する不信頼がイエズスの心を侮辱することをこのとき
に学んだよ。でも、私って何度も何度もイエズスを侮辱するような行動
をしちゃって、どうしようもないほどイエズスを痛めつけてるんだ。
 ごめんなさい、大好きなイエズス。あなたを離れては何にもできない
のに、いろんなこと思って、あなたを悲しませてるよね。特に人を信じ
ないとか、ねたむとか、人の善を認めないとか……。毎日、何度も繰り
返される自分の弱さをイエズスは忍耐してくれている。私には誇るとこ
ろはいっさいないのに、何か在るとすぐ自分を持ち上げようとしちゃう
んだ。どこにも良いところ、ないよ。自分は何かをすぐ誰かに言わない
と心が落ち着かないところがあるんだ。
 それに自分が頼んだらすぐに司祭をはじめ、仲間はしてくれるけど、
「これこれの事をやってね」って言われたら自分のしていたことを後回
しにしてその人の望みをすぐに受け入れてすることって私に在ったかなっ
てちょっと思った。
 自分をごまかすこともよくしてしまう。でも、ここにきてだいぶ自分
の心の中を隠さないで司祭に話そうって思うから、悪いことでも自分の
心の状態を素直に司祭に言うようにしている。そうすると、自分に向き
合えるんだ。すぐわからないことや不安になったことを何でも話してい
くうちに、自分の心はいま何を求めているんだろうって知るんだ。そし
て、自分はいまどこにいて、船の舳先がどこを向いているか司祭が教え
てくれるから、危険から守られる。
 マリア様、ありがとうね。こんなに汚れきっていて、どうにもならな
いほど敗れている私を愛してマントで包んでくれる……。ありがとうね、
本当に。
 人の悪口も、人がいないときべつの人に言ってしまう。私には悪い癖、
いっぱいあるよ。自分に都合が悪くなると黙ったりしてた。自分の弱さ
を見られて、指摘されるとぜんぜん自分の悪さを認めないんだ。傲慢の
かたまりなんだね。
「自分には何もないです」って言いながら「こんなに自分は良いんだ」
っていうことを心の中で言ってたりしてる。人とすぐ比べてしまう悪さ
を持ってる。自分が認めてもらいたいから、そんなにして相手と比較し
ちゃうんだよね。
 女性特有の『比較』、これは女性の存在が悪い方向に出る危険を持っ
てる。人と比べて少しでも弱いところがあるとみたら、その人の弱さに
たいして、おとしいれることするのが女性。男性はそんなことしない。
比較する心を持ってないんだ。
 いつかこんなこと思った。女の醜さが私の心をしめてるんだったら、
なんて哀れなんだろうって。それほど、自分という存在を見るのに忍び
なくなって苦しみしかなくなった時を過ごしたことがある。それでも、
神様、私を愛してくれて本当にありがとう。「材料が一番最悪で、過去
誰も見なかったほど、何もかも不足してる私をよくも愛してくれますね」
っていま、本当に言えるほど、神様の愛は無限で、罪を許してくれるん
だ。激しい試練もあるけれど、1歩1歩手を引いてくれる。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年11月8日PM3:00
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのローキューション
(入院中のベッドにて)
--------------------------------
(11月8日AM4:00頃、マリー・マドレーヌは腹痛のため入院することに
 なった。その日の午後3時、イエズス様から一言ローキューションが
 与えられた)

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 午後3時に一声だけ聞こえました。入院してからも痛み(腹痛と手足
etcの神秘的な痛み)がずっと続いていたので、「イエズス、助けてね」
と祈っていました。そうしたら「何もできなくていいんだよ」という
一声を聞きました。「しるしはありますか?」と尋ねましたら「識別
のためのしるし」をもらいました。「どなたですか?」と尋ねました
ら、「イエズス」という声が聞こえました。

(その後、マリー・マドレーヌは順調に回復し、11月10日に退院した)


--------------------------------
2006年11月12日PM8:09
マリー・マドレーヌに与えられたイエズス様からのメッセージ
(秋田県湯沢市、リトル・ペブルの「清水小屋」共同体にて)
--------------------------------
イエズス様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。イエズスがあなたがたに
話しをする。
 一人一人、愛されている。子供たち、あなたがたの行く末を神に任せ
て、一歩一歩進みなさい。十字架を愛し、私についてきてほしい。一人
一人が担えるだけの重荷を負わせる。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、あなたを特別に天が祝福してい
る。このことを覚えてほしい。愛するマリー・マドレーヌは大きな苦し
みを通って、死ぬかと思わせるような苦しみであったけれども、彼女の
揺れやすい心を全てイエズスが知っているので、愛する息子のところに
戻して歩ませることを私は望んだ。いつも攻撃に会いやすい羊であり、
すぐに道を踏み外して迷ってしまう弱い霊魂だから、人の言葉をすぐに
受け入れてしまって不安になる霊魂だから、放っておくと悪いものに
襲われてしまう。一人にはさせたくないので、愛する息子のところに
帰らせた。
 子供たち、これからの「リトル・ペブル同宿会」について、アッシジ
の聖フランシスコとクララを取り次ぎ手として与えるので、真実にリト
ル・ペブルが望んでやまないカリスマを実践できるように助けを願いな
さい。男の柱を強め、何が真理で、何が偽りであるかをこの世にはっき
り示す。ヨゼフとともに、すべての恵みの仲介者、贖いの共贖者の聖母
があなたがたを祝福する。司祭の祝福を一人一人にお願いする。

ジャン・マリー神父:
(その場にいた同宿たちと、他の場所にいる同宿たち、そしてこれから
起こされる未来の全ての同宿たちに向けて……)全能の神、父と子と
聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【 リトル・ペブルさんへイエズス様からのメッセージ 】

イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、イエズスがあなたを祝福する。あなたをまこ
とに愛し、あなたが望んでいるまことの愛を人々に与え、愛の仲間を
集める同宿たちを起こし、真理をこの世に証しする子供たちを起こして、
一致と愛のゆえに活動させ、あなたを深く愛させ、あなたのために全て
を与えつくす子らを、この日本から起こし、日本によって傷つけられた
不一致をなくし、あなたのために新たなメンバーで、あなたの深い傷を
癒す「リトル・ペブル同宿会」を立ち上げ、世界に向けて聖母とあなた
の真実性を発信する役割を、この「リトル・ペブル同宿会」は行なって
いく。
 最低最悪で何も知識がない、体も精神的にも弱い霊魂の集まりとして
始められる「リトル・ペブル同宿会」を、わざわざ神が立ち上げて、そ
こに神のみが行なおうとする事業を打ちたて、進めさせる。弱さの中に
神の力があらわされるためである。彼らは弱いから多く失敗して、表面
的に見る人々から笑われる。けれども、そこに神が先頭に立って道を
進むので、神の業が行なわれ、神が望むことがなされていく。
 愛する子よ、何もかもを全人類のために与えつくした愛するリトル・
ペブル、天は決してあなたを見放したのでもなく、見捨てたのでもない。
一番愛されている子を、このまま誰が放っておけよう! 豊かに祝福を
送る。司祭の祝福をリトル・ペブルにお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝、リトル・ペブルを祝福し給わんこと
を。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 償いのプログラムで聖体行列をする予定で外に出ましたが、雨が降っ
てきたので、家の中で聖体降福式をすることになりました。聖体降福式
の最中に、私の目の前で風がずっと吹いていましたので、聖体降福式が
終わったときにしるしを求めました。「識別のためのしるし」をいただ
きました。機械の準備をしている間にもう一度しるしを求めました。ま
た「識別のためのしるし」をいただきました。そしてローキューション
が始まる前にもう一度しるしを求めました。ローキューションが始まる
までに合計で3回しるしを求め「しもべは聞きます。お話しください」
と祈りまして、3回とも「識別のためのしるし」をいただきました。
 これから新たな転換、時をむかえるんだなと、メッセージをいただき
ながら、そう感じてまして、本当に弱い霊魂だから助けて下さい、もっ
と寄りすがりたいなと思ってます。
 最後にこのメッセージをいただいたあとで、「このローキューション
は本当でしょうか? しるしはありますか?」と尋ねました。そうした
ら「識別のためのしるし」をいただきました。「他にローキューション
はありますか?」と尋ねましたが、しるしはありませんでした。続いて
「リトル・ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ね、「しもべは聞き
ます。お話しください」と祈り、待ちました。そうしたら「識別のため
のしるし」を久々にいただきました。イエズス様がお話しくださって、
リトル・ペブルさんに、これから何がなされるかを話して下さいました。
 最後に「このローキューションは本当でしょうか? しるしはありま
すか?」と尋ねました。「識別のためのしるし」をいただきました。
「他にローキューションはありますか?」と聞きました。ここで一つ
アタックがありました。ローキューションが終わってすぐ、「幼きイエ
ズスの聖テレジア」と聞こえました。「しるしはありますか?」と尋ね
ましたが、しるしはありませんでした。ただちに「イエズスの御名に
よって命じる! サタン、退け!」と厳命し、追い出しました。

ジャン・マリー神父:
全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1988年2月19日 No.41
     リトル・ペブルに(抜粋)

 その奥義とはつまり、あなたたちも知っているとおり、あなたたちは
今、艱難の時、この世の最後の瞬間にいるということ、そのために今、
あなたたち一人一人が準備しておくということです。なぜなら獣である
反キリストと「太陽をまとった婦人」との間の大きな戦い − その時
とは今だからです!

(注)獣である反キリストはロード・マイトレーヤです。黙示録に出て
  くる太陽をまとった婦人とはマリア様です。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月26日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]