%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年11月12日号 No.331

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.清水小屋日記
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 神様による奇跡 − 無事にジャン・マリー司祭と会う 】

 私がシャーベル会の信者であるということが教会に発覚して、役員の
人が集まって会議をしたことを聞いたのは5月6日になってから。神父さ
んが来て私にもう2度と会わないように、そこには行かないようにって
言われて、私は言われるままジャン・マリー司祭が書いた本と修道会の
会則会憲を預けたんだ。
 そうして、私の心の戦いはまた激しくなった。慰めは唯一ネットを
見て、シャーベル修道会のホームページを見て、情報を得る事で信仰を
保とうとしてた。ジャン・マリー司祭の声を聴いて以来、私の心の中に
またジャン・マリー司祭と名古屋のメンバーにも会いたい思いがわきあ
がってくるようになっていったの。
 ついに私の心は一言ジャン・マリー司祭と話したいという思いになっ
て、日中一人になるときを待って連絡したんだ。それは金曜日(2005年
5月20日)だった。ひとこと声を聴いたらもう「ごめんなさい」っていう
言葉しか言えなくなっちゃった。そうしたらね、「なにが? 大丈夫だ
よ」という司祭の声に私はびっくりしてもう泣いちゃった。司祭が私の
電話を受ける前、寝ていたときに不思議なことがあったという話しをし
てくれた。私の声のローキューションを聴いたんだって。何を話したの
かは覚えていないって言ったの。眼が覚めてすぐに電話がなったから、
取ったら私だったということを話してくれた。あぁ、神様は私を愛して
くれたんだ。私のこと、見捨てていないんだって思ったら本当に泣け
ちゃった。このとき久々に慰めを得たの。少し話してすぐに電話を切っ
たんだ。
 1週間後、職場の帰りに全く鉢合わせでジャン・マリー司祭に会えた
んだ。私はまたここでも不思議な経験をしたんだ。前日、教会の祈りの
勉強会に行って、年配の神父さんのところで一緒に詩篇の勉強をして、
ミサにあずかったんだ。この日のミサは、私、はっきり覚えているけど、
イエズスの受難を黙想する意識が本当に強くって聖体拝領ができない
ままずうっとミサにあずかってて苦しくなっていたんだ。この日に、私
は「神の小羊」という祈りの場面にきたらもうどっと涙があふれて歌え
なくなってしまった。みんな、聖体拝領をするときになって、私はまだ
未信者だから、受けられないという事で、祝福を司祭から受けるため、
前に連れて行かれたんだけど、私はもうみんなの前で泣き出してしまっ
た。体の力も抜けてしまったので、何人かが私を支えて「大丈夫だから」
って言ってくれたけれど、私は辛くって「神様、たすけて!」って心の
なかで叫んでたんだ。
 この事があって、翌日は「イエズスの御聖体の大祝日」にあたってい
て、朝方から私は左の頭が痛んでいた。その日、職場に行ったけれど、
頭の痛みがあることを言って、体調をみて仕事をするけれど、はやびき
させてくださいとお願いしたんだ。お昼ごはんを少し食べて、帰り支度
をして、仕事場を後にしたんだ。このとき、私はまっすぐ職員に連れら
れてバス停に行って、バスに乗ったんだ。職員と別れてすぐに私の後ろ
で「このバスは何分に発車するの?」という声がして私、びっくりし
ちゃった。なんとそこにいたのはジャン・マリー司祭だったから。
 私は急いでバスをおりたんだ。「非常に危険な状態で、もし見つかっ
たら何があるかわからない」って震えていた私に「今からすることを
言うよ。自分で考えてね」って落ち着いた態度でジャン・マリー司祭が
話してくれたんだ。私は話を聴いて、このままジャン・マリー司祭と
一緒に行くことを決めたんだ。
 そうして、午後、ジャン・マリー司祭と養子縁組を東京の区役所で
したんだ。神様は大変な速さで、手続きを助けてくださった。そのあと、
ホテルでこれから大きなすばらしい友情関係になるミシェル・マリー・
フランソワ(奥田力さん)と会って、夜を過ごして、翌日には久々に
コルベ・マリーに会えたんだ。
 車で移動中、ものすごい炎のようなものが私の胸にある体験をしたん
だ。リトル・ペブルさんにも後で手紙を書いているけれど、また神秘的
な体験が始まったよ。刈谷へ帰って夜に不思議な事があったんだ。女性
の声で「あなたの名前はマグダラのマリアです。あなたは世間からふし
だらな女といわれます」という声がしたんだ。トイレに入っていたとき
だったよ。あとで、ジャン・マリー司祭が言ったのには「たぶん、保護
の聖人、マグダラのマリアかもしれないよ」だった。私って、トイレで
ローキューションを受けたり、お風呂から上がって脱衣所のところで声
を聴いたりと、ちょっと不思議なことを経験しているんだよ。

(注:この中に出てくる年配のカトリック司祭はウソを言っている。た
  とえ未信者が、また極端な例では無神論者が洗礼を授けたとしても、
  それがある特定の条件を満たしていれば、その洗礼は秘蹟として
  有効である。年配のカトリック司祭なら、そのことを知らないはず
  がない。まして同じローマ・カトリック使徒教会の同僚であるジャ
  ン・マリー神父が、正式なトリエント典礼をもってマリー・マド
  レーヌに授けた洗礼と堅信は、完全に有効なものである。マリー・
  マドレーヌの霊魂には、永遠に消すことのできない洗礼と堅信の印
  が刻まれている! 彼はそのことを知っていながら、聖シャーベル
  修道会とリトル・ペブルさんからマリー・マドレーヌを引き離すた
  めに、意図的にウソをついている。      Kolbe-Marie記 )



----------------------------------------------------------------
2.清水小屋日記
----------------------------------------------------------------
十M アヴェ・マリア

 コルベ・マリーっす! 上記「マリー・マドレーヌの自叙伝」の
(注)の続きです。

 私はこの件の当事者の一人として証言し、今、この年配の神父様と、
同様な過ちを犯し続けている兄弟姉妹たちに、はっきりと警告します! 

 神父様! 私たちはあなたの教会に訪ねて行った。あなたの教会で
正々堂々とふるまった。しかし、あなたは私たちに正面きって質問する
こともなく、私たちを直接調べることもしなかった!

 マリー・マドレーヌと、この件に関係した全ての霊魂たちに対して、
あなたは重大な責任を負っています! あなたがこのような行動をとっ
た理由が何であれ、司祭は神からまかされた羊たちに対して、神の御前
に重大な責任を負っています。あなたの霊魂は、そのことを誰よりも
ご存知のはずだ!

 確かにマリー・マドレーヌに起こっている神秘的体験は、あなたに
とってもミステリーでしょう。しかし、教会はこのようなケースに対し
て、とるべき方法を持っています。あなたは調べようと思えば、調べる
ことができたはずです! それはあなたの聖なる義務だった。しかし、
あなたはそれをしなかった! ことをうやむやのうちに葬り去ろうと
した!

 現代主義のまちがった教育を受けた若い司祭たちとは違って、昔の
よいカトリックの教育を受けたあなたは、何が真理かを知っているはず
です! 繰り返しますが、この件に関して、あなたは神の御前に重大な
責任を問われているのです! あなた自身の霊魂と、あなたに託された
何十万何百万もの霊魂たちの永遠の運命がかかっているのです!

 神父様! 私たちは、あなたの過ちをゆるしますが、これ以上、神が
私たちにゆだねられた何千万人、何億人の霊魂たちが、あなたたちが
母なる公教会で野放しにしている異端、臆病、弱さによって虐殺される
のを黙って見すごすことはできません! 

「リトル・ペブル同宿会」は、あなたたちの異端、臆病、弱さによって
虐殺され続けている「霊魂たちの救い」、この目的のためだけにジャ
ン・マリー杉浦洋神父(Father Jean-Marie of the Risen Son of God)
によって創立されました。出来の悪い、最低最悪な私は、出来れば臆病
で卑怯なあなたたちをぶん殴ってやりたい! でも、私たちの会則と、
愛する師父アシジの聖フランシスコの模範にならって、死にいたるまで
あなたたちを愛し、ゆるし、支え続けます。

 愛する兄弟姉妹たちよ、私たちはあなたたちと同じ、ローマ・カト
リック使徒教会の一員として留まり続けています。そしてあなたたちの
ために日々、償いをし、荒れ野で叫び続けています。

「善い木は善い実を結び、悪い木は悪い実を結ぶ」 愛する兄弟姉妹
たちよ、あなたたちは近い将来、神の偉大な奇跡を目の当たりにし、
おおいにはずかしめられるでしょう。

 そして、まだ真の神を知らない愛する兄弟姉妹たちよ! 様々な理由
で母なる公教会から離れた状態になっている兄弟姉妹たちよ! 神様の
「あわれみ」はかぎりない! 「多く愛する者は、多くゆるされる!」
神の限りない「あわれみ」に信頼しなさい! あなたのまことのお母さ
んであるマリア様の胸に戻ってきなさい!

2006年11月12日
聖シャーベル修道会 第3部門修練者
リトル・ペブル同宿会 同宿
Kolbe-Marie阿部哲朗



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年8月21日PM18:05
(寺沢の殉教公園殉教碑のそばにて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私は昨日と同じように、ジャン・マリー司祭と一緒に殉教公園の殉教
碑のところに行きました。そして、北向き観音が在る場所に行きました。
マリア様が立たれた場所のそばまで来て、祈りをしたときに私のたって
いる前のほうで、下から水の音が聴こえました。この日、雨が降ってい
たけれど、この雨の音とは違う川のように流れる音が聴こえました。印
を求めたら『識別のための印』が在りました。司祭に話をして、ミシェ
ル・マリー・フランソワが写真を取ってくれました。その場所を説明し
ていたら、今度は細い水の流れる音が聴こえました。ちょろちょろとい
う音です。ジャン・マリー司祭に私は話しました。印があるか尋ねたら
『識別のための印』をいただきました。
 私は車に戻って、「なにかローキューションは在りますか?」と尋ね
て印を求めました。『大天使聖ミカエルに向かう祈り』を祈りました。
印を求めて待っていましたが、このときには在りませんでした。
 そのあとです。女性の細く美しい声で「あそこを掘ってください」と
いわれました。印があるか尋ねました。そうしたら『識別のための印』
が在りました。私は水が流れる音を聞いた場所に行って穴を掘りました。
この日スコップを持っていなくて、素手で掘りました。少し掘ったけれ
ど、根っこがたくさん在ってなかなか掘れませんでした。ジャン・マリー
司祭が根っこを取り除いてくれたらまたどんどん掘れるようになりまし
た。穴を掘れば掘るほど土が乾いていました。私は自分の体力がつきる
まで掘り進めました。私は「マリア様、どのくらい掘ればいいの?」と
聞きました。ベルナデッタに助けを求めながら、これからここに来る
人々を救ってくださいと心の中で祈りながら真剣に掘りました。私は穴
を掘っていたけれど、体が疲れたので、掘るのをやめました。マリア様
はこれ以上掘るようにとは言いませんでした。
 ジャン・マリー司祭から車に戻ってローキューションがあるだろうか
ら、しるしを求めるようにと言われました。私は車に戻ってローキュー
ションに備えて準備をしました。「なにか語られることありますか?」
と尋ねてしるしを求めました。そうしたら『識別のための印』が在りま
した。

聖母マリア様:(PM18:33)
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福します。あなたの願い
は聞き入れられました。ミシェル・マリー・フランソワにビジョンを
見せます。祝福を送ります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
「他にローキューションは在りますか?」と尋ねました。そうしたら
印と共に『私は無原罪の聖母です』と言われました。「リトル・ペブル
さんに伝言は在りますか?」と尋ねました。けれど、印は在りませんで
した。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1988年2月13日 No.40
     リトル・ペブルに(抜粋)

 我が聖母の言われることをよく聴きなさい。そして彼女の忠告に従っ
て行動しなさい。なぜならサタンとその軍勢、そしてサタンに従う者を
永遠に地獄へと投げ落とすために、大いなる力と権威を持って、雲の上
に乗って、私があなたたちの間にやって来るときが間もなく来るからで
ある。その時、門は閉められ、御憐れみはもはや無いだろう。……そし
て、我が至聖なる御母に従った正しい者たちのための平和と救いだけが
あるだろう。

(注)悪魔の総大将ルシフェルであるロード・マイトレーヤとすべての
  サタン、すべてのサタンの追従者に打ち勝つのは、聖母と、聖母に
  従った者です。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月19日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]