%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年11月5日号 No.330

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 家に連れ戻される 】

 2005年2月、ジャン・マリーとコルベ・マリーは奄美大島へ宣教旅行
に出かけて、三日間家を留守にしたんだ。私はジャン・マリーたちが
用意してくれた食べ物を自分で温めて食べたりしていたの。そうしたら
なんと、以前住んでいた千葉の家族から電話がひっきりなしにかかって
くるようになったの。私はとっても不安になりだしちゃった。

 何度もかかってくる電話で、私は不安のレベルが増していた。電話に
一度でたこともあったけれど、名古屋のロンジン・マリーがかけてきて
くれたときには、ほっとして電話にでたんだ。でも、そのあとから電話
は激しくなっていった。私は必死で出ないようにしていたら、2月15日
の午後、数名と両親が来て、私を家から出して千葉へ連れ戻したんだ。

 昔から母親には逆らえなかった私は、ある一言を聞いて、鍵を開け
ちゃったんだ。自分から空けちゃったから、もうそのあとは外へでてし
まった!! 荷物も置いてパジャマ姿で出ちゃった。私は「帰りたい!」
と何度も叫んだけど、誰も何もしてくれないで私はそのまま車に乗せら
れた。それから、約3ヶ月ほどの大試練に合ったの。

 そのあと、私がいなくなったのをジャン・マリーと、コルベ・マリー
が知って、私に連絡を取ったんだけど、ぜんぜん話をさせてくれなかっ
た。私は本当にショックで、今までリトル・ペブルさんを愛し、信じて
いたのに、この後から人格がまるで全く別人のように変わってしまって、
とんでもない不信仰を言い出したんだ。

 2月19日の夜、雨の日で寒かった。私の名前を呼ぶ声が聴こえて、私
は家を走って飛び出した。そうしたらもみ合いになって、大騒ぎになっ
た。近所の人も出てくるぐらい。私は必死に帰りたいと言ったのに、ぜ
んぜん助けてもらえなかった。そうしているうちに話し合いで事をおさ
めようという動きになって、私は見えない聖痕があることを医者に見せ
て、医師の診断をしてもらうことに同意するよう言われたんだ。そして、
病院へ行っていろいろ信仰のことを話していったんだ。3月の最初ごろ
までは一生懸命リトル・ペブルさんのこと、シャーベル修道会の生活を
思い起こしては話をしてた。

 でも、はっきりと覚えていることがある。母親が、眼が見えない人が
入っているといわれている修道院へ行きたい、そして見たいと言ったの
を私が確かめた時からだんだん自分の心が変わってきてしまったのを
覚えてる。それ以降、カトリックの地元の教会へ行こうという話が出て、
「もし、自分が神父さんに相談したい気持ちになったら友達に紹介して
もらうから」と母親に言われ、私は行くことに決めちゃったんだ。そう
して、年配の司祭に会って、いろいろと聞いたよ。トリエントのミサの
ことはまだ頭にあったから、古いことをよく知っている神父さんだった
ら私が何を求めているか知ってもらえるかなと思って、心を開いて話し
たよ。リトル・ペブルさんの名前も出して、私は洗礼を受けたことも
言った。でも、教会に通いだして、あなたの洗礼は無効だと言われたん
だ。私はとっても心が動揺しちゃった。「私って今まで何を信じて生活
したの? 洗礼が無効? どうして?」って思って、本当にわたし鍵を
開けなかったらこんな苦しみを負わないですんだのに……って思いに
なって、孤独感に襲われていった。

 そうしてしばらく心の治療と言って、家にいてしばらく休んだりした。
以前、行っていた職場にもまた行き始めて、4月からは教会に行くこと
もしたよ。でも、家ではパソコンが使えないから作業所で久々にネット
を見たら、とっても心が変わりだしたんだ。だんだん気持ちが揺れだし
たんだ。どうしてもリトル・ペブルさんのことが離れなかった私は、ま
たそっとネットを見るようになって、いまどうしてるかなっていう思い
で見たんだ。このときに荷物も戻してもらって、もう刈谷の家には帰ら
ないとまで言うようになって、弁護士に依頼して荷物をもらうこともし
た。私、本当に信仰が変わってしまったんだ。

 リトル・ペブルさんから、教皇ヨハネ・パウロ2世は眠っているとい
うメッセージがネットで載ってから私は本当に心が揺れた。私、リトル・
ペブルさんを否んでいるんじゃないか。でも、もうどうしようもない。
自分で鍵を開けたんだから……って何度も何度も思って、自分の使命は
終わってしまったんだとも思った。

 5月になって、カトリックの要理も点字で買って勉強を始めるちょうど
その頃、またジャン・マリー司祭たちが私に会いにきてくれた。労働者
聖ヨゼフの祝日の5月1日、この日は私、教会へ行って帰ってきたばっか
りで、午後私の名前「マリー・マドレーヌ」って呼ぶ司祭の声が耳に
入って、びっくりしちゃった! 私、やっぱり罪を犯してる。今、会っ
てあやまりたい、そんな思いになって急いで外へ出たの。でも、もう
誰もいなかった。

 この日をさかいに私の心はだんだんリトル・ペブルさんの事を意識す
るようになっていった。でも、帰ることはしないと弁護士を通じて言っ
たことと本当の思いとがぶつかり始めて私は本当に苦しくなっていった。
そう、教皇様のことが出たのはこの頃だった。私、リトル・ペブルさん
のメッセージを職場の昼休みとかに読んでいたよ。それに、職場に行っ
ても以前のようには仕事はなくて、私は静かに過ごしてた。でも、何か
自分の思いが自由に言えない感じがして、心の中には二つの人格がある
ようで、私は当惑してた。それでも、職場の人や家族には「シャーベル
会」の話をするたびに口あわせをするように悪いことしか言わないでい
た。ところが、自分の部屋に戻って一人でいると、ふっとわれに返った
ようにまたみんなの事を思いめぐらしていたんだ。

 私、本当にこの時をふりかえってみて、今まで信じてたことをひっく
り返して、よくも「信じない」って言っちゃうほど自分の心がめっちゃ
汚くって、これほどの侮辱はないというほど、イエズス様の愛に対して
まったくとんちんかんな事をしてたんだ。そう思う。「来年洗礼を受け
られるまで1年聖書の勉強会にいきます」って神父さんに言ったんだ
もの。日曜日と水曜日は教会へ通えていたけれど、5月8日以降、日曜日
には行けなくなったかな。火曜日に主任司祭の聖書勉強会があったから
2度ほどかな、行ったけれど、だめだった。

 そして、点字のカトリックの教えの本がようやく手元に届いたから、
読み始めたんだけど、それをしたら今度はリトル・ペブルさんのことと、
刈谷での生活が思い出されて「いつ連絡取れるかな」って思うように
なっていった。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年11月1日AM0:56-1:23
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、あなたを祝福します。聖母がお話しします。

 謙遜になることを、ここにいる子供たち一人一人が真剣に願ってくだ
さい。あるもので満足して、互いに喜びあってほしいのです。

マリー・マドレーヌには毎晩、償いのために犠牲をするように定めた
時を与えて、痛みを負わせています。お願いですから、煉獄の霊魂のた
めに、子供たち、祈ってください。彼女が残された期間、煉獄の霊魂と
亡くなった霊魂のために、愛する息子と一致してミサをささげ、死者の
ために償いをさせます。痛みを負った三人は、それぞれの立場でせいいっ
ぱい償いをささげて、祈られていない霊魂のために犠牲をささげてくだ
さい。子供たち、痛みはもう間もなく終わりになります。

 神の計画を疑わないで、どうかコルベ・マリーと愛する息子(ジャン・
マリー神父)が純心に信じて歩んでいるように、従ってください。必ず
天が定めた時にリトル・ペブルの名が広まり、彼の無実なことが明らか
にされます。煉獄の霊魂のために償ってください。一人一人に祝福を
送ります。

 必ず天の計画は成就されます。東京の子供たちのために涙をもって
救いを聖母は願っています。司祭の祝福をコルベ・マリーとマリー・レ
ベッカにお願いします。


ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今日は諸聖人の祝日です。死者ミサが終わる直前に、ひさしぶりに下
にずっと沈み落ちてゆく感覚がありまして、しるし求めたら「識別のた
めのしるし」があり、ジャン・マリー司祭に伝え、もう一度しるしを
求めるように言われましたので、もう一度「識別のためのしるし」を
求め、与えられました。
 そこでみなさんにこちらに来ていただきました。この間も、ご出現が
始まる直前まで、下に沈み落ちていく感覚がありました。「しもべは
聞きます。お話しください」といってしるしがあるか尋ねるように司祭
に言われましたので、そうしたところ「識別のためのしるし」がありま
した。もう一度「しもべは聞きます。お話しください」と祈りました、
そうしたらはっきりとゆっくりした感じで聖母マリア様がお話ししてく
ださいました。今回は静かに、苦しげな感じで話をされたのが、とって
も印象的でした。
 天の計画ことについて信頼するということをもう一度言われたように
感じまして、謙遜に悔い改めてこれからも過ごしたいなって思っていま
す。
 最後に「このローキューションは本当でしょうか?」と尋ねました。
そうしましたら「識別のためのしるし」がありまして、ジャン・マリー
司祭に伝えました。「他にローキューションはありますか?」と尋ねま
したが、しるしはありませんでした。「リトル・ペブルさんに伝言はあ
りますか?」と尋ねましたが、「識別のためのしるし」はありませんで
した。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1988年2月13日 No.39
     リトル・ペブルに(抜粋)

 ルシフェルと彼の堕天使達、そして地獄へ行った者たちに対する戦い
は今真っ最中です。それは聖書の中で語られた大いなる戦いであり、我
が神なる御子イエズスと彼の光の真理に従う者たちに刃向かう反キリス
トの戦いなのです。可愛い子らよ、この大戦争に生き残ろうとするあな
た方は、身体に素晴らしい武器を着けなければなりません。それは私と
我が神なる御子イエズスが、過去に何度もあなた方に語った武器、すな
わち準秘蹟です。……
 ……この武器はサタンとその軍勢を敗北させるでしょう。しかしこの
ことは戦い、祈り、断食、犠牲なしには達成されません。善人と悪人と
のあいだの戦いは、今から苛烈なものとなるでしょう。そして心と額に
「十字架の印」を受けたすべての子らは、自分自身を強める必要がある
でしょう。なぜなら、この戦闘は激しいものとなるからであり、霊戦で
あるからです。しかしながら、我が神なる御子を愛し、彼に仕える者に
とっては恐れることは何もありません。なぜならイエズスとその天の母、
無原罪のマリアが、あなた方のそばにとどまるからです。そして私達は、
あなたがたが悪魔とその蛇どもに打ち勝つために強められるようにと、
私達の聖心をあなた方の心の中に置くからです。

(注)ルシフェルは受肉し、反キリストのロード・マイトレーヤとなり
  活動しています。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月12日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%



[HOME] [戻る]