%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年10月29日号 No.329

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
【2006年10月26日】
全国で行われる「集会のご案内」を更新しました。
(下記「5.お知らせ」参照)
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/cat5085860/index.html

【2006年10月26日】
メッセージライブラリー他の幻視者(日本)マリー・マドレーヌに与え
られた公的メッセージ2006年8月17日をUPしました。メールマガジン
「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.322を公開しました。
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/mm060817.html
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/hakobune_bn_322.html

【2006年10月26日】
「清水小屋」ブログ、iPod で画像が見れるようになりました。
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 イエズスが生贄(いけにえ)として
  私を望まれた! − 初めての幻視 】

 そう、私に最初のビジョンが刈谷の家であったのは、2005年1月7日
(初金曜日)だった。それはこういうものなんだ。(ジャン・マリー司祭
がリトル・ペブルさんへ送った手紙より)

2005年1月7日(初金曜日)PM12:30:「…2つの輝く指輪が見えました。
そのひとつは次第にクローズアップされてきました。(彼女には結婚
指輪のように思えたそうです)……」

 眼を覚まして司祭に話したよ。あとで判ったことは、大きいのは一人
の女性のもので、小さいのは私のだった。そして、私の指輪については
「イエズスとの神秘的結婚を意味するものだと思います」というリトル・
ペブルさんからのお返事をもらってびっくりしちゃった。まだ、ビジョ
ンとかローキューションって、人に対してのメッセージなんだってはっ
きり理解できてなかった私はびっくりして、初めて気持ちが動揺したの
を覚えてる。うらやましさとか、妬(ねた)みの心がわき起こるのに私
は気がついてね、自分の心のなんと醜いかということを、この時になっ
て嫌と言うほど知らされちゃったんだ。エバの罪を持つ女性の存在が
本当に自分そのものであると痛いほど認識させられたときだった。妬む
心が自分にあったんだなんて認めるのに本当に時間がかかった。


【 執着からの離脱 】

 私、このことを知る前、司祭から「傲慢(ごうまん)」について耳が
痛いほど、指摘されたんだ。特に音楽をしていた私に対して「芸術は人
を完全に幸せにはできないよ」って司祭が言ったの。一瞬の喜びとか
慰めをもらえるかも知れないけれど、芸術家は感覚的な人が多くて、す
べて「感じる」という事に価値を置いてるという話をしたんだ。判断に
おいても「好き、嫌い」で物事を片付ける傾向を持ってるのが芸術家な
んだと言われて私、唖然としちゃった。
 前の教会でもある人が予言の賜物を用いて「あなたは歌を歌うことで
傲慢になってる。悔い改めなさい」って私に言って、大変なショックを
受けたんだ。家へ帰ったらもう激しく泣かされちゃった。こんな出来事
があって、傷が深くなっていた私はもう歌うことが嫌になって、どんど
ん歌を人に聞かせるという思いがはぎ取られていった。そして、リトル・
ペブルさんの事で、信仰を守るため、決意して家を出てから、司祭と
コルベ・マリーの3人で暮らすようになったので、嬉しさでいっぱい
だった。
 けれど、私にとって「音楽」に対する執着はなかなか捨てられなかっ
た。まず、自分が絶対音感があるって小さい頃から言われて、その才能
を見込まれてピアノを習っていったんだけど、この与えられたものは
全部神様が一方的にくれたものであったということを、またここにきて
知らされたんだ。私は自分の歌が「人に聴いてもらうための歌」ではな
くって「修道者が神に向かって祈るために歌う」という事に切り替える
ために、しばらくミサでは歌わないという決心をしたんだ。司祭に執着
を捨てるようにする一つの方法として「祈ることが第一になるまでは
歌わない」って言われたんだ。
 それと合わさって女性の持つ「傲慢」をまたいやと言うほど知らされ
て、私は苦しんだ。でも、従順するということを教えられて、黙って
自分の内面を変えていくしかなかった。自分という醜い存在……。歌を
歌ってたものにとって、人から見下げられるというのは非常に耐えられ
ないように感じたんだ。
 でも、この試練をくぐらなければ今の私はなかった。エバの持つ罪…。
人とすぐ比較する私。そして、陰口をいつも言ってしまう。人の善を
すぐに認めない悪い私。あげればきりがないほど、私は腐っていて、ど
こも誇れるところはないのに、ちょっと良いことを経験したりすると、
それで優越感に浸っちゃうんだ。そして、自分を認めてほしい、そんな
欲に心が満ちてしまう。
 こんなこともある。なにかとプレッシャーに弱いんだ。死を迎えるま
で、書けるだけ書いていく仕事があるのに、なかなか手につかないで、
きれいに書かなきゃとか、みんなにわかるように順番を整えなきゃと
いったことを考えてしまって。だから、「大人」としての私を意識して
しまう。天が望まれる「幼な子」になる道を歩くのに今でもいっぱい
失敗しながら転んだり、怪我したりしながら進んでる。
 この指輪に関して私は、「イエズスとの神秘的婚姻を意味していると
思いますよ」というリトル・ペブルさんからのお返事をもらった時に、
何がなんだかわからなかった。司祭は私に「シスターにならない」って
このときにはもう言ってたと思うの。なのに、イエズスとの神秘的結婚?
よく判らなかったんだ。そうしているうちに「死ぬことによって神秘的
結婚が完成されるよ」って司祭が言いだしたの。そして、イエズスの
ためなら、またリトル・ペブルさんのためなら死ぬ覚悟を持つようにっ
ていうことも言われ始めたんだ。いまでもこの言葉は変わらずミサの
ときに確認するんだよ。リトル・ペブルさんのために殉教っていうこと
もみんなに言ってる。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年10月21日PM9:50-10:20
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福します。聖母があなたがたにお話
しします。
 今、新たな転換期にきています。天を信頼して歩んでください。今、
「ふるいわけ」をしています。愛する息子(ジャン・マリー神父)の
ことで讒言(ざんげん)がされています。神は愛する息子にすべてこれ
からの仕事、なすべきことがらを託しました。福音に基づいて行動する
ことはどういうことなのかを、この日本で知らされ、照らされることに
なります。
 混乱をいだいている人々は、前の考えを変えようとしません。(ジャ
ン・マリー神父を)悪魔だと言って批判します。子供たち、神が今まで
何をしてきたか、思い出してください。実務にあたっているコルベ・マ
リーに、多くの慰め手を送り、支えます。
 まことにメッセージだけに興味をいだいた人は、愛する息子(ジャン・
マリー神父)が、聖母の浄配であるリトル・ペブルをどれほどに愛し、
忠実に従っているかを悟ることができないまま、うわべだけで批判をし
ています。聖母は涙をもって彼らも愛していると、今はっきり伝えます。
 あなたがたはよく考えて第3世代の子供たちを愛し、彼らをやさしく
保護してあげなければなりません。「幼な子路線」の道に対して、いっ
ときの間、批判をあびて、そしてイエズスの教えがどういうものである
か、自ら知るようになります。リトル・ペブルの孤独な状態をあなた
がた、ここに集められたかわいい子供達は身をもって知らされ、彼に対
する花嫁の愛を燃やす準備として、この試練に立ち向かっていくのです。
 愛する子供たちに祝福を送ります。どうか守護の天使と保護の聖人に
深く話しをして、これからの仕事に対して助けを求めてください。いっ
ときも離れず知恵を与え続けます。司祭の祝福をコルベ・マリーと、マ
リー・レベッカ、そしてミシェル・マリー・フランソワにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ローキューションをいただく前、今までの状況を2階でお話しを聞い
ていました。新しいことがおきていること、インターネットのアクセス
とか、話しを聞いていましたが、途中で携帯電話の話をしていまして、
これからいろいろ新しいことをこころみようと話しをしていたときに
インスピレーションがありました。これは2回あったんですが、最初は
「識別のためのしるし」を求めませんでした。2回目も同じインスピ
レーションがありましたので、「識別のためのしるし」を求めました。
それは私の思いの中に「中学生とか高校生、子供たちがこれからアクセ
スするんじゃないか」という何か強い思いで、頭からはなれなかったん
です。それをジャン・マリー司祭に話しをしまして、「識別のための
しるし」を求めました。そうしたら「識別のためのしるし」がありまし
た。そこで、何かローキューションがあるかもしれないということで、
みんなで私の部屋にきて、ローキューションを待ちました。「しもべは
聞きます。お話しください」といって祈っていると、もう一度しるしを
くださいましたので、ジャン・マリー司祭に伝えました。そしてもうい
ちど「しもべは聞きます。お話しください」と話しました。そうしまし
たら聖母マリア様からローキューションがありました。
 最後に「このローキューションは本当でしょうか?」とたずねると
すぐ「識別のためのしるし」をいただきました。このことをジャン・マ
リー司祭にお話ししまして、「他にローキューションはありますか」と
たずねましたが、しるしはありませんでした。「リトル・ペブルさんに
伝言はありますか?」とたずねましたが、しるしはありませんでした。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1987年12月13日 No.38
     リトル・ペブルに(抜粋)

 愛しい子供達よ、全世界が大混乱に陥る「時」が迫っている。兄弟が
兄弟を憎み、父が息子を否認し、息子が親を殺す時が。世界中で殺人が
行なわれ、通りや川で血が溢れる時が迫っているのだ。司教が司教に、
司祭が司祭に、枢機卿が枢機卿に対立する。人類は隠れるために山の下
に自ら埋まりたがる。国は互いに滅亡する。何のために? 貪欲、罪、
不純のためだ。愛の欠如のため、そして御父が創り給うたあらゆる被造
物の主権を得ようと、サタンが支配してしまうためである。それはあな
たたちがサタンの存在を許したため、祈りを捧げなかったため、そして
罪を償わなかったためである。これこそ世界が今日のような状況になっ
た理由である。

(注)反キリストのロード・マイトレーヤは、フリーメーソンの聖職者
  と共に教会を、フリーメーソンの財閥と共に世界経済を、フリー
  メーソンの政治家とともに世界政府を、国連軍によって世界の軍を
  支配してしまっています。そしてサタンに支配されることを許した
  報いとして、憎しみ、殺人、戦争が全世界を支配してしまうのです。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は11月5日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]