%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年10月22日号 No.328

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
【2006年10月18日】
「箱舟の聖母社」のホームページをリニューアルしました。携帯にも
対応しています。

http://hakobune.cart.fc2.com/



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------

話をもとに戻そう。

 2004年8月7日、ジャン・マリーとコルベ・マリーの二人がわざわざ
千葉まできてくれて、初めて会って話をしたの。このときにはまたシス
ターになりたい憧れも出ていたから、いろいろ話したよ。そう、コルベ・
マリーに初めて会った印象はというとね、「この人は修道士なんだよね。
本当に静かな人だな」って私はおもったの。「こんな修道士(ブラザー
って言うんだけど)は今までみたことない。すっごく静かで控えめな
男性はすごい!」って私は本気で思ったんだ。そうしたらね、今はまっ
たくその見方ではなくなっちゃった。
 もうこの修道会に入ったらみんな笑いっぱなし。こんな歌もできちゃっ
たくらい。

「むかち(無価値)、むかち、マリー・マドレーヌは、助けたジャン・
 マリーに連れられて、シャーベル会にきてみれば、絵にもかけない
 あほらしさ!」

 この歌ね、なんと「浦島太郎」の歌を替え歌にしちゃったものなんだ
けど……。ちょっと字余りで歌いにくいかな? めっちゃ笑いっぱなし
で、苦しいことがあっても「何があっても笑えるね」っていう言葉を
毎日言ってる素敵な仲間に出会えたんだ。
 よくよく一緒にすごしてたら、みんなそれぞれに大変な問題を抱えて
るのに、私は本当にびっくりしたほど、みんなは何でこんなに明るく
笑い合えるのかなって思うことたくさんあったなぁ。
 そう、私はね、イエズスからこんなこと言われたんだ。「何があって
も喜びに喜びなさい」って。「体の具合の悪さも『すべて良い物』とし
て捧げるように」って。これがね、私にとって、一番弱いところでね、
具合が悪くなると、どうしても弱音を吐いちゃって、自分の弱さをもの
すごくそこで見せつけられるんだ。体の具合の悪い事が、いいものとし
て受け入れられないんだね。

【 リトル・ペブルさんに奉献 】

 私、リトル・ペブルさんが書いた「最後の教皇」という本のことが
心にひっかかって、いつか寄付できたらいいなって思ってた。それで、
2005年9月8日(聖母マリア様の誕生日)のその日に、私はおもいきって
寄付をしたんだ。自分のお金でしたんだけど、この日の夜、大変なこと
が起きた。「一週間、考えて、彼らとの付き合いをやめなければ家から
出す」と言われた。でも、私はぜんぜん気持ちを変えないで、メールし
続けたの。結局9月15日(悲しみの聖母の祝日)に一人で名古屋まで新幹線
に乗っていったの。もちろん、助けを求めて。
 それ以降3人で生活することが始まったんだ。3人で過ごし始めた最初
のころ、体に痛みを感じることだけだったから、とっても安全だったの。
ジャン・マリー司祭が「体に痛みを感じたら、すかさず『もっとちょ!』
って言え」って私に教えたんだ。本当に見えない聖痕についてリトル・
ペブルさんから識別をいただいていたから、どんどん痛みは強くなって
行ったよ。
 2005年8月7日にジャン・マリーとコルベ・マリーの二人に会ってから、
その晩にすぐ悪魔による攻撃を受け始めたんだ。笑い声がしたの。それ
と、不思議な体験はこの日をさかいに増えていったんだ。
 何日かして、ローキューションもあったの。それは皇室のことに関わ
る事柄で、このローキューションは「カトリック」と「3人」と「ミッ
ション」という三つの言葉だけだったんだ。これからの事を知る一つの
きっかけになった。3人の女性の方(美智子皇后陛下と、雅子妃殿下、そ
して清子さま、この3人が重要な人物だということが、あとで司祭から
聞いてよくわかったんだ。カトリックに行っている女性が何で皇室に
多いのかなって私、その時に思っててね、その時にこの言葉が聞こえた
から、びっくりしちゃった。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年9月6日
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、聖母が祝福します。寺沢のことで、これからなされること
は、神が用意したものであり、定められた時にしたがって仕事が進めら
れていきます。子供たち、愛する息子(ジャン・マリー神父)のことを
聖母が守り導きます。
 悪魔は分断することを試みています。あなたがたにこのことを伝えに
来ました。今、愛する息子の心の奥深いところは聖母がよく知っていま
す。マリー・マドレーヌは十字架を愛して、イエズスの渇きをうるおし
てください。ここに集められた一人一人を愛し、祝福します。特に愛す
る息子をなぐさめ、強めます。どうか、互いに愛し合ってください。
リトル・ペブルとソーン・ブッシュのために祈ってください。一人一人
を祝福します。司祭の祝福をコルベ・マリーと、マリー・レベッカ、
ミシェル・マリー・フランソワに、そして最後にマリー・マドレーヌに
お願いします。

(4人、各々に祝福が与えられる)

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 「ミシェル・マリー・フランソワに」と、識別のためのしるしをいた
だいてます。……

(ミシェル・マリー・フランソワがビジョンを見る……)


--------------------------------
2006年9月6日
マリー・マドレーヌに与えられた幼いイエズス様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
幼いイエズス様:
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを祝福する。幼いイエズスがあな
たに話しをする。小さな、小さな子であるイエズスとあなたといっしょ
に手をとって、これから一緒に歩いていく。このことを覚えてほしい。
イエズスは小さくって本当に渇いている。誰か渇きをうるおしてほしい。
そうお願いして、みんなに呼びかけているれども、誰も助けてくれない。
今、ここに集まっている一人一人の心にノックして「渇きをいやして」
とお願いしに来た。ジャン・マリー司祭の言葉を、もう一度思い出して
ほしい。聖体と一致して愛してほしい。母が言ったように、どうか渇き
をいやしてほしい。胸の中に幼いイエズスが、何もできないまま、聖体
になった幼いイエズスを抱いて休ませてほしい。愛している。司祭の
祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【 リトル・ペブルさんへの聖母マリア様からのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛する私の浄配、リトル・ペブルに「すべての恵みの仲介者、贖いの
共贖者の聖母」がお話しします。寺沢の殉教地のところに「リトル・ペ
ブルの泉」という名前がついた泉が与えられ、そこで神の計画による
大きな救いが行われようとしています。愛する息子(ジャン・マリー
神父)はこの泉にあなたへの愛をこめてつけました。あなたは果たす
ことのできなかったアンとの関わりについて、そしてベッティーナとの
関係について、愛する息子は預言的使命を果たすことであなたに仕え、
務めを果たしています。忠実に従う子をあなたははっきりと知ることに
なります。子供よ、勇気を出しなさい。そして天が与えた真のしもべは
誰なのかを、あなたははっきり知ることになります。あいさつを送りま
す。司祭の祝福をリトル・ペブルにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とがリトル・ペブルを祝福し給わんことを。
アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1989年4月1日 No.37
     リトル・ペブルに(抜粋)

 私の敵である反キリストは、彼の「しるし」をつけた人々の中で十分
に働いている。今は彼の時でもあるからだ! あなたたちは、− 勝利
と希望と救いの「しるし」である聖母 − を持っている者もおり、神
に見捨てられた者の「しるし」である − ルシフェル − と彼の預
言者である反キリストおよび堕落した心の者達もいる!! 大部分の者
は破滅へと続く道に従うが、一方、少数の者は聖母に従う。今は全ての
「光」の子らが − 心を一致させて一つになり、沢山の祈りをもって、
不屈の精神のうちに立ち向かわなければならないときである! 今は善
と悪の大戦争の時である。その中間はない。意気地無しや……生ぬるい
心になる暇などない! 熱いか……冷たいかのどちらかであるべきだ。
かわいい子らよ、あなたたちが生ぬるいのであれば、私はあなたたちを
吐き出して、地獄の火の中へ吐き捨てるであろう!! 私と聖母と共に
いるか、あるいは私達に反抗するかである!
 私の聖なる息子、我らの代理者ヨハネ・パウロ2世のうちにある真理
と共にあるか、彼に反抗するかである。彼に反抗する事は、私や聖母に
反抗することであり、私はそのような者をも(地獄へ)投げ捨てるのだ!

(注)反キリストのロード・マイトレーヤと戦わない者は、地獄に行っ
  てしまいます。ヨハネ・パウロ2世、ベネディクト16世とリトル・
  ペブルに一致し、マリア様によりすがって、メッセージに従いぬか
  なければなりません。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月29日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%




[HOME] [戻る]