%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年10月15日号 No.327

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.「清水小屋」日記
 6.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
【2006年10月12日】
 動画:2006年9月8日「寺沢」でのご出現をアップしました。

http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/2006/10/200698_4556.html

【2006年10月11日】
 メッセージライブラリー他の幻視者(日本)マリー・マドレーヌに
与えられた公的メッセージ2006年8月4日〜8月14日をUPしました。メー
ルマガジン「箱舟の聖母」のバックナンバーNo.321を公開しました。

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/japanease_seer_index.htm#mm5
http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/hakobune_index.htm#バックナンバー2

【2006年9月29日】
 「リトル・ペブル同宿会ニュース」を立ち上げました。まあ、これは
更新履歴、インデックス、ニュース速報……みたいなものです。既存の
ホームページにあった「更新履歴」は、リンクを貼るのが大変な作業に
なってしまい、限界を感じてました。そこで、この部分を「ブログ」に
したわけです。前に比べるとけっこう整理がついたんじゃないかと考え
てます。

http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/news/



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
 2005年5月27日からの神秘的体験を記します。(ジャン・マリー司祭の
記録から)

2005年5月27日からの「ベネディクション」(聖体降福式:せいたいこう
ふくしき)。心が温かくなる。

2005年5月31日ごろから「ベネディクション」の時、聖体による祝福時、
「父と子と聖霊」のところで上から流れてくる雲に覆われる。(私は雲
を見たことがない) そのあとから御聖体に対する愛がわきあがってくる。
(毎回)。

2005年5月31日。
第2ミサ、PM12時。(ミサのはじめにあったローキューション)「神の栄光
を見よ」 やさしく権威ある男性の声。聖体拝領、ホスチアのみなのに
ウェファスの味に加えてワインの味がした。聖ヨゼフが見せたヴィジョン
だと思う。「ベネディクション」の始め、「コールヨゼフ、プリッシム
ム」のとき、ジャン・マリー神父が祭壇の前で動いているのを幻視した
(しるしを求めたが何もなし)。

2005年6月4日。
聖変化式のあと、激しい脱力。後に「オムニスホーノルエットグローリ
ア」で頭の神秘的痛みが激しかった。第1ミサ後、聖櫃(せいひつ)の前
で、とんとんとノックして、泣きながら平伏したとき「喜びなさい」と
イエズスからのローキューションがある。

2005年6月8日。
第2ミサの時に「コンムニカンテス」のとき。聖ヨゼフの名のとき、すご
い喜びがきて、印がまずきて、次に百合のものすごい香りがした。

2005年6月9日。
ずうっと熱くて、熱くて、心には静けさがあった。祈ってたときに煉獄
かなと思って、煉獄の霊魂が来たときには恐れがないことを思い出した。
そしたらやっぱり誰かがいて、名前は尋ねなかった。下にずっと下りて
いって、奥底から喜びが湧いてきて、また降りていって今度は寒くなっ
た。
 夜中の12時半過ぎから頭の前、手首、手の甲、手のひら、足の甲、足
の裏、両肩に激痛が来る。そのたびに丹念に「もっとちょー。穴あけて
ちょー」と申し上げていました。5日前の東京の集会のミサ中に初めて
味わい、そして翌日の大阪の集会のミサ中にも同様に味わった、目の前
が暗くなり、下に沈み落ちていく感じに近いが、もっとゆっくり下がっ
ていく感じで、眼に感じる明るさの変化もない、沈み落ちていく感覚が
起こった。部屋はクーラーで寒いほどに冷えていたのに、汗をかくほど
熱く、布団もみなはずしてしまった。
 非常にすぐそばに誰かがいることが感じられたが、名前は聞かなかっ
た。痛みと熱さが夜中の2時過ぎまで続いた。奥底からの喜びが心にわ
いて来た。ずっとそばにいた誰かさんは、そのときにいなくなった。
 引き続き、またゆっくりと沈み落ちていく感覚がきた。今度は寒さが
ひどかった。痛みも激しかった。そのまま眠りに落ちてしまった。夜じゅ
う、ずっと煉獄の霊魂を愛しました。魂が救われるってこういうことな
のかと初めて体験し、自分のことのように喜びました。

2005年6月9日。
ミサのとき、聖変化の時、2回、茨の冠を押しかぶされる感じがした。
ベネディクションのとき、バラの強い香りがした。全身、特に頭の痛み
が猛烈で、時々吐き気もあった。熱かったり寒かったりがあった。頭の
痛みで泣いてしまった。しかし「もっとちょー」「穴あけてちょー」を
忠実に申し上げていた。

2005年6月10日。
AM3時半前に左手の甲に痛みがきて始まった。下に沈み落ちる感覚が来て、
寒さが同時に感じられた。そして、沈み落ちるときに聖ヨゼフに祈って
導きを求めた。沈み落ちていくときに平安が来て、煉獄の霊魂のための
償いである事がわかった。しばらくして私の目の前に一人の女性がいた。
その霊魂はとても美しいのに何か訴えかけてくる悲しみを覚えて「どう
したのですか?」と聞いたら、たった一言「堕胎(だたい)」という
答えが返ってきた。その女性は名前を明らかにしなかった。まだ沈み落
ちていく感覚があるのと、目の前が大変暗かったので、ファチマの射祷
(しゃとう)を唱えた。しばらくしたらその女性はいなくなって私の心
が大変軽くなり、そして平安が与えられた。一番最後に霊魂の救いに
対する喜びがまた新たにされた。

2005年6月10日。
深夜PM11時25分、聖ヨゼフへのノベナが始まると体の熱さを感じた。
沈み落ちていく感じもあった。「キリエ」にさしかかるころ、女性の声
が聞こえた。何を言っているかもわからなかったし、印も求めなかった。

2005年6月11日。
ミサ中に新しい心が与えられる感じがした。目の前に「わっか」のよう
なものがあって、それが透き通るような感じに見えた。「ベネディク
ション」で、「アドレームス……」のところで、本当に崇敬したい望み
と喜びが沸きあがってきて、そのときに印が雨のように降ってきて、私
の右のかたわらにイエズスがおられた。またそれで喜びが湧き上がって
きて、感謝と讃美に満ちた。新しい心が与えられる感じ。「何か今まで
と違うよ」というインスピレーション、心が何かがはめ込まれるような、
眼に焼きつくような映像はガラスのようにものすごく透き通っていて、
円盤状のもの。光っているのではなくて、透き通っているもの。
 AM2時半過ぎ、沈み落ちる感覚が始まった。熱さを感じ、布団をはいで
しまう。しばらくして平安が来て、煉獄の霊魂のための償いであること
がわかった。そのあと、バラの香りが3回あって、そのたびごとに印を
求めた。印があった。マリア様がいらした。静けさと聖なる空気を感じ
て、厳かな雰囲気が感じられて、聖母の汚れなき御心(けがれなきみこ
ころ)がヴィジョンで示された。圧倒されて「お母様」と言ったら、も
う1度心に静けさと清めを感じた。「どうぞ、お話ください」と申し上げ
た。そうしたら「恐れないで」、しばらくしてからまた「祈りなさい」
とすごく透き通っててやさしい声でゆっくりとおっしゃった。声が遠かっ
たので「もう1度教えてください」といったら、繰り返してくれた。
 聖母の汚れなき御心のヴィジョンの説明。まずハートが見えた。ハー
トのまん中に上から下にむかって矢が突き刺さっていた。ハートの脇に
バラの花だけがあった。茎も葉っぱもまったくありません。私は物を見
たことがまったくありません。色については説明できません。

このように神秘的体験が発展していった。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年9月28日AM0:31〜1:00
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなたがたを祝福します。これから起こされ
る新しい人々に対して、それぞれ異なった重荷があります。彼らに与え
られている重荷は非常に重く、殉教をする人たちが多く起こされること
を、どうか覚えてください。
 イエズスのこと、聖母のこと、そして永遠の御父のことがいっさい
わからない人たちが多くいます。情報量が多くあっても、彼らは何が
正しいのかさがしています。現代のカトリック教会は、わかりやすい
言葉をもって福音を伝えようとしています。でも、若者はこの教会の
やり方についていきません。正しいことが抜け落ちてしまったから、彼
らは信じようとしません。
 また、リトル・ペブルを愛するミッションにおいても、信心業を勧め
るあまり、「幼な子たち」はつまづいて、恐怖を感じて、去っていきま
す。でも、熱心に彼らは祈りを唱えているので、愛を神にそそぐことが
できていると信じて疑いません。その教育を受けた東京の人とマリー・
レベッカは、愛する息子が天によって導かれて行う行動に対してギャッ
プを感じて、今、大きな混乱の中にあります。
 聖母はクララとマリー・マドレーヌを、「幼な子」の養育を与えるた
めに選びました。クララの重荷は、一番身近な人から来る混乱の行動が、
彼女を今、苦しみにおとしいれています。ミシェル・マリー・フランソ
ワと、コルベ・マリー、そして愛する息子(ジャン・マリー神父)の
サポートによって、彼女はチームのすばらしさを身をもって経験します。
 子供たち、日本ではわかりやすく、それでも本質を未信者に伝えてく
ださい。苦しむことの価値を教える司祭は少ないです。一人一人の愛に
基づいた行動を、聖母は願い、懇願します。
 マリー・マドレーヌの耳は、だんだん変化しています。ミシェル・マ
リー・フランソワとクララによって、これから道が開かれます。一人
一人を祝福します。幼きイエズスの聖テレジアをマリー・マドレーヌの
取次ぎ手として加えます。司祭によって、マリー・マドレーヌは生け贄
の状態に導かれ、進んでいきます。愛しています。司祭の祝福をお願い
します。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年2月13日 No.36
     リトル・ペブルに(抜粋)

 地獄の全てのものが、霊魂を集めて永遠の滅びに引きずり込むために、
今地上に出てきています! ですからかわいい子らよ、たくさんの祈り
と……たくさんの犠牲と……肉体に対する償いをもって警戒していなさ
い。これは遊びではありません。あなたたちは今、主天使達と…権天使
達と……能天使達とともに戦闘中なのです! これは普通の戦いではあ
りません! この戦争は、人間の起こす戦争よりはるかに大きいもので
す。しかしロザリオ一つで世界の物事が変わるのです。かわいい子らよ、
ロザリオはいかなる水爆よりも強力です。祈りが世界の進路を……世界
の出来事を変えることができるのです! それはあなたたちの手にゆだ
ねられているのです! (省略) かわいい子らよ、そして愛する子ら
よ、行ってしまう前に私は今……もう一つの「ファチマの秘密」を明か
しましょう。それは教皇権のことです…ペトロの座に、暗黒の秘密結社
の一人が支配権を握るでしょう。

(注)地獄の総大将ルシフェルが受肉し、ロード・マイトレーヤとなっ
  てこの世を歩いているのに加え、全てのサタンと人間からサタンに
  なったデーモンが、この世で暴れまわっています。この終りの時に、
  反教皇が悪魔礼拝者の中から立ち、ロード・マイトレーヤを神、
  メシアとして宣言し、666のマイクロチップを全人類に強制する
  のです。



----------------------------------------------------------------
5.「清水小屋」日記
----------------------------------------------------------------
http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/2006/10/post_290e.html

【2006年10月11日 (水)】
 さっき、「リトル・ペブル同宿会ニュース」にマリー・マドレーヌに
与えられたメッセージをアップしたんだが、みんなは「天から与えられ
たメッセージ」をどんなふうによんでいるのかなぁ? 
 ちょうど今、お昼ごはんの話題がこれだったんだ。おいらは、マリー・
マドレーヌとかミシェル・マリー・フランソワとかのメッセージをアッ
プするとき、「聖ベルナデッタへの祈り」を同時に紹介しているけど、
ちょうど今回アップした2006年8月4日のメッセージ(http://homepage1.
nifty.com/charbeljapan/mm060804.html )で、当のベルナデッタちゃん
が「幼な子になりなさい」ってみんなにすすめてくれているよね!
 これが大原則なんです。大人も子供も、「単純さ、素朴さ、素直さ」
が求められているんです。まことの神様をしらない日本の人々に、天は
多くを求めてはいません。今、あなたに与えられているものが、あなた
のスタートラインです。ここから始めてください。
 マリア様は、日本のみなさんに「リトル・ペブルさん」を愛し信じぬ
くことだけを要求なさっています。そしてあなたを愛して、今この瞬間
もあなたを抱きしめて守ってくださっているマリア様と、「幼な子」の
ようにお話しすることだけを求めておられるんです。
 いわゆる「信心業」(カトリックの業界用語?)については、「箱舟
の聖母のメダイ」ひとつだけ身につけること、「ロザリオ」をたった
一連だけ愛をこめて唱えること、これだけで十分なんです。
 実は、神様が最もお喜びになることは、今あなたに与えられている
(正しい)日常の義務を、神と隣人への愛をこめて実行し、ささげるこ
となんです。「信心業」は上記のことだけで十分です。
 普通、お仕事をもっているお父さんや、家事で忙しいお母さん、学校
へ行っている子供たちは、それぞれの義務を果たすことで精一杯でしょ
う? 上記の短い「信心業」だって、忙しくてできないことの方が多い
んじゃないですか? そのときは、わずかな時間をとらえて、一瞬だけ
心を天にあげ、「マリア様、助けてね!」「マリア様、守ってね!」と
か、「マリア様、今日一日をあなたにささげます」と一言、心の中で話
すだけでもいいんです。
 「信心業」は手段でしかありません。日常の義務をおろそかにして、
隣人への愛を実行することをおろそかにして、あるいは睡眠時間をけず
る、あるいは断食をして体をこわしそうになりながら、歯をくいしばっ
て「信心業」をするなんて、断じて神の御旨(みむね:カトリック業界
用語? 神のお望みのこと)ではありません!
 おいらが言いたかったのは、ホームページやメッセージの中で、いっ
ぱい「信心業」が紹介されているけど、「できるなら」という条件つき
なんです。むしろ、初心者の皆さんはこんなこと「やらないで」ね! 
マリア様とお話しすること、愛をこめて日常の義務を果たすこと、そし
てリトル・ペブルさんを愛し信じぬくことです!

 ついでに釘をさしておくけど…メッセージで紹介されている「信心業」
を全部やれなんて「言語道断」です!

(Kolbe-Marie記)



----------------------------------------------------------------
6.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆リトル・ペブルさんを愛し、支持するみなさん! 堂々と公にリトル・
ペブルさんへの愛を表明し、皆さんの友人・愛する人々に伝えていきま
しょう! ホームページやブログを持っているみなさんとの相互リンク
を受け付けています。(リトル・ペブルさんの名を堂々と掲げ、「幼な
子路線」を支持してくれていることが、リンクの条件です)


◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月22日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%5%%




[HOME] [戻る]