%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年10月8日号 No.326

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
【2006年10月6日】
 2006年9月4日午後3:00、秋田県湯沢市雄勝地区「寺沢」の殉教公園
にて行われた、第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサの動画
をアップしました。

http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/2006/10/post_3a16.html

【2006年10月4日】
 2006年8月15日午後3:23、秋田県湯沢市雄勝地区「寺沢」にてマリア様
からマリー・マドレーヌに与えられたローキューション(動画)をアッ
プしました。

 http://charbeljapan.cocolog-nifty.com/charbeljapan/2006/10/post_2def.html



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 起きているときに見たビジョンと、夢の中で見たビジョン 】

 2004年7月19日には夢の中でのビジョンを書きました。この後9月12日
になって起きているときにビジョンを見るという体験をしています。
2004年9月12日、午後バスを待っていた時にリトル・ペブルさんと教皇冠
を見ています。私はマニフィカトという音楽を聴きながらバスを待って
いました。音楽の荘厳さの中で今までにない体験をしました。神秘的な
体験です。リトル・ペブルさんが教皇であるというのが、言葉ではなく
神様の注付(ちゅうふ)という形で私の心の中に埋め込まれました。
そのとき、背の高いキラキラと輝く冠があってリトル・ペブルさんの頭
に載せられるのを私は見たのです。


【 痛みに関して 】

 2004年9月ごろから痛みが強くなってきています。霊的読書をしてい
るときや祈りをしているときに体の痛み、手や足の激痛が起きています。
5ヶ月間修道会にきて過ごした時(2004年9月15日〜2005年2月15日)、毎日
痛みが深まっていきました。汗をかくほどの激しい痛みを体に受けるよ
うになって歩けなくなるほどになりました。今年(2005年)、ポータブ
ルトイレや車椅子を買いました。5ヶ月間は指導司祭の下で痛みを受け
入れる環境づくりがしっかりなされました。私が十分に痛み、苦しめる
ように司祭のケアーがあり、受け皿を作って、イエズス様の受難の黙想
が出来るように本を読んでくれたり、トイレや旅行に備えて車椅子の
準備もしてくれました。神秘家一本でまったく危険のない、識別のいら
ない5ヶ月をすごしました。理解のある司祭のもとですごすことが出来
たのです。それからプログラムはまったくなく自由の生活を送ることが
出来ました。
 今年(2005年)の2月15日から101日間、家に連れ戻されたときには、
これとはまったく反対で環境がよくありませんでした。まず、痛みに
関しての周りの無理解と、私が痛み苦しんでいるのに、無理解のゆえ
放任するという状態でした。日を追うごとに神様が痛みを免除されまし
た。だんだん痛みが少なくなり、昼間、普通に起きることができる状態
になっていきました。
 けれど、修道会に戻った2005年5月27日以来、また自由に痛み、苦し
める環境に戻ることが出来てから、101日間の間に少なくなった痛みが
また強くなっていきました。
 それに加え、ビジョンとローキューションが始まりました。2005年
6月11日、秋田県横手市に旅行してから、長い文章としてのローキュー
ションを受けるようになりました。これが初めてです。今までは一言の
言葉だけでしたが、この日以来、ローキューションの長さがだんだん
長くなってきて、いま現在に至っています。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年8月24日PM18:35〜19:00
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢市「寺沢」にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 今、寺沢の殉教公園に来ています。ロザリオを一連祈っていて、その
8珠目、ちょうどマリア様が立たれた、「泉」の湧く場所の前にきて
いるんですが、ちょうどこの上の方に、十字架が立っているのが見えま
した。しるしを求めました。そうしたら「識別のためのしるし」をいた
だきました。

聖母マリア様:
 リトル・ペブルのために祈りなさい。

 「泉」が湧くとき、ミシェル・マリー・フランソワに見せます。愛す
る息子(ジャン・マリー神父)にも、そのとき同じようにわかります。

 いつも、あなたがたのそばにいます。愛しています。子供たち、忘れ
ないで、聖母を慕ってください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年9月4日PM15:00〜17:50
第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサにて、
ジャン・マリー神父の「説教」と、マリー・マドレーヌ
杉浦律子、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
に与えられたメッセージ
(秋田県湯沢市雄勝地区「寺沢」の殉教公園)
--------------------------------
ジャン・マリー神父:(ミサ中の説教)
 みなさん、傲慢にものを頼んで聞いてくれる人はいないでしょう? 
神様に頼むこと、謙遜に頼むんですよ。ですから、一番いいのは「おか
あさん、一緒に頼んでね」って言うことです。「ぼくこれがほしい!」
って言うんじゃなくて、「お母さん、ぼくこれがほしいんだけど、お母さ
んいっしょに頼んでね」って言うんですよ。今日の今の時点で、みんな
そうなんです。
 いつもマリア様といっしょに、マリア様によって、マリア様の中で。
これは本当に神様の御旨なんです。神様はね、それを決めたんです。
神様が決めたんです。人間が発明したんじゃなくて。それほど人間って、
絶対的に完全で清らかな存在の神様とは遠い存在です。
 それで、「すべての恵みの仲介者」っていうことはね、どんな恵みも
マリア様がいなければ私たちに届かないんです。あんまりにも私たちは
悪い人間だから。私たちは恵みを受け付けないんです。ちょうど、衰弱
した病人が滋養のある食べ物ものどを通らないように。マリア様は「お
母さん」「看護婦さん」、そいうものをはるかに超える方です。神様の
恵みを、衰弱しきって昏睡状態にあるのに近いような、罪で、罪深くて、
恵みにたいして何も受け付けられないような私たちの喉を通すことが
できる唯一のお方なんです。全ての恵みは、そうやってマリア様の手を
経て、私たちの霊魂に入ることができるんです。
 これは実は聖霊の働きで、聖霊とマリア様はいつもこうやって完璧に
共同作業をしているんです。どんな恵みも聖霊とマリア様、例外なしに、
私たちの最低最悪の霊魂に、やっとこさ入ることができるんです。
 では、マリア様がいなかったらどうなるでしょうか? マリア様が
いなかったら? そこで、贖(あがな)いすら、マリア様がいなかった
ら私たちにはもう無益になるんです。イエズス様が亡くなってくださっ
たその贖いの恵みですら、マリア様がいなかったら私たちには届かな
いんです。無益になるんです。それでマリア様はイエズス様とともに、
完全に一致して、むしろイエズス様よりも多く苦しんで、特に女性の
エバの罪のために、男のイエズス様よりも女のマリア様が払うべきもの
は、はるかに大きかったんです。マリア様は払って下さいました。イエ
ズス様とマリア様は一緒に、永遠の御父から私たちに天国へ行くにため
の「養子としての権利」を勝ち取ってくださいました。そしてその恵み
はマリア様と聖霊によって、私たちの霊魂に生かされて、そして私たち
にとってマリア様が梯子のように、架け橋のようにね、荒れ狂う大海を、
こうグーッと水に濡れずにこえる、高くかけられた長い安全な橋のよう
にわたっていくんですよ。
 では、もう一度言いますね。「へりくだって」ください! マリア様
がいなければどうなりましたか? 考えただけで、「へりくだる」必要
がわかるでしょう。人間は神様の前に堂々と立っていられる存在じゃな
いんです。

それでは、ミサを続けましょう……。

(ミサが続けられる……)

(……ミサ後、マリア様が立たれ、「リトル・ペブルの泉」
 が湧くとおっしゃられた場所の前で、皆でロザリオを
 一連唱えた後……)

ミシェル・マリー・フランソワ:(与えられたビジョンの説明)
 今、夕方の5時11分です。「識別のためのしるし」があったビジョン
は、まず、ジャン・マリー神父がミサの入祭唱を唱えている時なんです
が、ちょうどここ、マリア様が立たれ、「リトル・ペブルの泉」が湧く
とおっしゃられた、この場所の両脇に小さな石像があるんですが、向かっ
て右側の像の左側に「識別のためのしるし」がありました。
 次に、今日は「シストとカタリナ夫妻」と「寺沢の殉教者たち」の
殉教の記念の日ですので、ジャン・マリー神父は赤い祭服を着ている
んですが、ミサの説教中に、ジャン・マリー神父の赤い祭服の左下に
「識別のためのしるし」がありました。
 もうひとつ説教中にビジョンがありまして、それは板の間にひざを
ついて謝っている女性です。誰に謝っているかは、影になってわからな
い状態で、だいたい年齢は30代後半から40代前くらいの女性です。何度
も頭をさげて、顔は赤くよごれていて、ベージュ色のかすりで、緑の
井桁の模様のついたかすりの上着を着て、モンペをはいているんですが、
髪はぼさぼさでゆわえている状態で、両手をついて土下座するような
感じで、すごく貧しい顔で……。何回も同じビジョンがあるんですけど。
本当に何か謝っているような感じでした。今の時代では考えられない、
おそらく江戸時代の人だろうと思いました。
 あとは、ミサ中の聖変化の時に、ホスチアのうえに3回「識別のため
のしるし」がありました。
 その後のロザリオのときは、何回もビジョンがありましたが、「識別
のためのしるし」はありませんでした。

マリー・マドレーヌ:(ロザリオ後の状況説明)
 今、5時40分です。さきほど5時15分くらいに、マリア様が「リトル・
ペブルの泉」が湧くとおっしゃられた場所、この前、穴を掘ったところ
にきました。じきに掘った場所の下から水がちょろちょろと湧くような
感じの音が聞こえましたので、ジャン・マリー神父にそのことを伝えて、
「しるしはありますか? 何か語られることはありますか?」と、ひざ
まずいて祈りました。そうしたら一声、「あなたがた一人一人を祝福し
ます」と女性の声を聞きました。その声が聖母マリア様であることが
わかりまして、しるしを求めました。そうしたら「識別のためのしるし」
がありました。
「ミシェル・マリー・フランソワにビジョンを見せます」とローキュー
ションがあり、「識別のための印」がありました。ミシェル・マリー・
フランソワがビジョンは見たんですけど「識別のためのしるし」はない
とのことでした。
 この後、「マリア様、どうか助けてください」と祈って、「何か語ら
れることはありますか?」と尋ねました。そうしたら、聖母マリア様か
ら「司祭の祝福をお願いします」と一声あって、「識別のためのしるし」
がありました。ジャン・マリー神父が祝福してくださったあと、やはり
水の音が、この下にですね、まだ表面には見えてませんが、私の耳には
聞こえてきました。「しるしはありますか?」と聞きましたら、「識別
のためのしるし」をいただいています。「リトル・ペブルさんに伝言は
ありますか?」と聞きましたが、しるしはありませんでした。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1989年1月1日 No.35
     リトル・ペブルに(抜粋)

 可愛い子たちよ、十字架は日々、重くなっていくだろう! 相手を裁
いてはならない。愛し合いなさい! 信じ合いなさい! 信頼を抱き合
いなさい。あなたがたは……この世で、私を現しているのだから! あ
なたがたはこの世の「光」とならなければならない。可愛い子たちよ、
あなたがたが口論しあっているとき、「光」になれるか? 相手のあら
探しをし合っている時は? ……なれないのだ! 私の可愛い子たちよ、
こんなことは、我が道ではなく、弱い人間とルシフェルの道というべき
だろう!
 ルシフェルは今、世界中を、地球上の我が家を歩き廻っている。我が
聖母があなたがたに、ラ・サレットで話したように、間もなくルシフェ
ルは、ペトロの王座に座るだろう。しかし、事が起こるまでは、我が子
たちは信じないであろう!

(注)ロード・マイトレーヤはルシフェルです。その霊力において愛徳
  を破壊し、内部分裂をおこさせ、罪に引きずり込みます。愛徳の
  英雄的実践をもって対抗しなければ、彼のわなにおちてしまいます。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月15日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%




[HOME] [戻る]