%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年10月1日号 No.325

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 2006年9月29日、ホームページをリニューアルしました。ジャン・
 マリー神父が創立した「リトル・ペブル同宿会(どうしゅくかい)」
 の会則を、動画で見ることができます。

 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 体調に出てくる悪魔のアタック − 体のだるさ、
  睡魔、頭痛、胃の調子が悪くなる。一瞬記憶が飛ぶ 】

 ビジョンに関して、悪魔のアタックがあったのは2004年9月10日が初め
てになります。9月10日、悪夢を見ました。私は視覚障害があって生まれ
つき物を見るという経験はありません。けれど、今回起こった夢のなか
で視覚という感覚に悪魔が働いてビジョンを見させるということをしま
した。私は小さい子がピアノを片手で弾いているのを見ました。その子
は私のほうへ来て、両手でひく困難な曲も難なく片手で弾いて見せまし
た。私は驚いてしまって両手のひきかたをその子に話しました。けれど、
その子は絶対片手でひくことを変えませんでした。
 夢の続きです。生まれて初めてもやもやした太った小さいものを見ま
した。なんともそれが気持ち悪くて、悪魔なのか表現が出来ない形をし
ていました。悪魔が健常者と同じように「見せる」という形でビジョン
のアタックをかけてきたのはこれが初めてです。

 先ほどラップ音という悪魔のアタックがあったことを書きました。こ
れはバチッという音で、周りの人には聴こえていません。それからミサ
中、司祭の説教が聴こえなくなるというアタックもあとになって受ける
ことになります。そのときは両耳がふさがれる状態に感じます。

 痛みに関して、2004年9月から増してきています。天からの物であろう
と、下からのものであろうと、この痛みに関しては全部識別はしないで
受け入れて、苦しみを進んで受け入れるように「もっとください(小さ
い子が言うようにもっとちょぉ)」と痛みがきた瞬間に私は祈り願って
います。

 2004年9月15日から5ヶ月間はまったくビジョンもローキューションも
なくなり、痛みだけになりました。痛みだけが一番安全なのです。先ほ
ども言ったように識別をいちいちする必要はありませんから。その反面、
ビジョンとローキューションは、大変慎重に識別しないと危険をはらみ
ます。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年8月24日PM14:51〜15:30
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに聖母がお話しします。心の中であなたは
決断をしました。聖母と愛する息子(ジャン・マリー神父)が一緒にいて、
あなたの全てをこれから守ります。ミシェル・マリー・フランソワの耳
が開かれることを願って、あなたは司祭の言われたことを心にとめて、
耳に入る楽しみを取り去って、聴くものを絞って捧げる決意をあなたは
してくれました。「扉を閉じる」 これを聖母と一緒にこれからもあな
たは学んでいきます。絶えず、助けを求めてよりすがってください。
自分の力は弱く転んでしまうのをあなたは知っているから、頼んで聖母
に甘えてやれば必要な力を与えます。
 ミシェル・マリー・フランソワの耳は、悪魔が攻撃していろいろな
ものを聞かせて混乱させたりしてきました。でも、愛する子をいつまで
も聖母は放っておきません。忍耐強く希望を持って待ってください。あ
なたは見ることと、聴くこと、両方を得ます。力強く証(あかし)するた
めにプレゼントとして与えます。恐れないで聖母のところに来てくださ
い。小さな子がお母さんを慕って離れないように、あなたも霊魂におい
て、幼な子であってください。
 いつも「全ての恵みの仲介者、贖いの共贖者の聖母」があなたがた、
ここにいる全てのメンバーに光を与え、照らして、何が真理であるかを
教えます。祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今、午後3時15分になりました。 このメッセージをいただくまでの
状況です。ミサ前にあった出来事です。私自身、執着がなかなか取れず、
最近は耳の事でここ何日か苦しみました。音楽を聴くとか、DVDの観賞
など音に関する事でまたいろいろ不安が押し寄せていました。昨日ジャ
ン・マリー司祭と私は話をしました。これから私は聴くものを限定する
ことで、一つの犠牲を捧げる事を決断しました。耳の楽しみを自ら取る
事です。私にとって、あと残されたわずかな期間なので、聴くものと
いったらメッセージとか、本を読むことなどに絞って生活することを
心に決めたのです。私にとってはぴったりの犠牲だと思いました。今日
のミサ前、今まで聴いていたMDの機械を箱にしまってもう手に触れない
ようにしました。メッセージを聴くとか、書き物をするなど、これから
一点集中することに心を変えようと決めました。ベルナデッタや他の
聖人の助けを心からお願いしました。
 ミサが始まってじきに、先ほど決断したばっかりなのに、また不安に
なりました。さびしさとか心の葛藤がまたおしよせたのです。なんだか
無気力状態になってしまって、体がだるくなりました。自分の心の弱さ
をまた思わされたときでした。私はなにも言わないようにして自分と
向き合ってマリア様に「自分の心の状態はこうなんです。助けてくださ
い」と祈りました。マリア様に頼んでやろう、そうしていけばできると
いう考えになったのは、だいぶたってからです。
 聖変化のときに私はアタックを受けました。右耳のほうで、耳鳴りが
しました。そうして耳がふさがれる感じを覚えました。この時、なにが
なんだかわからず、私はミサが終るまでそのままにしていました。ミサ
中もこの耳鳴りのほか、ローキューションは在りませんでした。ロザリ
オの祈りが終って「何か語られること在りますか?」と祈ってローキュー
ションに備えて準備しました。私は「謙遜になりたいです」という思い
をこめて祈りました。そうしたら印とともに女性の声がしました。「ミ
シェル・マリー・フランソワの身代わりとして」と言われました。私は
「マリア様かな」と思いましたが「印をください」と言ったら『識別の
ための印』があったので、司祭に伝えました。「何かローキューション
は在りますか?」と尋ねて祈りをしたとき、ジャン・マリー司祭は聖水
を撒いて、ベネディクトの十字架で十字のしるしをして『大天使聖ミカ
エルに向かう祈り』をしてくれました。私は「しもべは聞きます。お話
しください」と祈って待ちました。そうしたらゆっくりと美しい声で
聖母マリア様が話をしてくださいました。本当にお母さんらしい話し方
でした。私は感謝でいっぱいです。
 メッセージが終って、確認をしました。「これは天からのものですか?
印は在りますか?」と私は尋ねました。そうしたところ、『識別のため
の印』をいただきました。私は「マリア様、ありがとうございます」と
言ってジャン・マリー司祭に印が在ったことを話しました。「他にロー
キューションは在りますか?」と尋ねましたけれど、印は在りません。
続いて「リトル・ペブルさんに伝言は在りますか?」と尋ねて印を求め
ましたが、印は在りませんでした。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
エノクからの警告 1989年2月4日 No.34
     リトル・ペブルに(抜粋)

 また、しばらくすれば私達、旧約の預言者は、イスラエルのユダヤ人
の国が、救い主であり総ての王であるイエズス・キリストに立ち戻るよ
うに準備するため、肉体でも現れるでしょう。今日の預言者の口を通し
て語られる永遠の御父の御言葉に耳を傾けなさい。神の御言葉に聞き従
いなさい。なぜなら、間もなく神の御手は世界に振り下ろされ、多くの
霊魂が決して消えることのない永遠の火へと投げ落とされるからです。

 この世界中のすべてのユダヤ人よ、自分達の罪を後悔しなさい! そ
して神の子、救い主イエズス・キリストが、肉体となって現れた永遠の
御言葉であることを信じなさい。間もなく最も高い都市、エルサレムに
「しるし」が現れるでしょう。……救いの「しるし」は御子キリストで
す。この「しるし」が与えられる前に、リトル・ペブルの口や腹心の者
を通して、今日の預言者があなた方に前もって永遠の神の「御言葉」を
告げるでしょう。ああイスラエル! 永遠の御父は、二人の預言者……
エノクとエリヤが諸国に話しにやってきて、あなた方のとらわれの状態、
つまりルシフェルと罪を取り除くことをお許しになるでしょう。そうし
てあなた方は、生ける神の子イエズス・キリストを信じるでしょう。

(注)ルシフェルそのものであるロード・マイトレーヤに、多くのユダ
  ヤ人がすでに礼拝を捧げ、仕えています。ユダヤの大財閥、フリー
  メーソン、ニューエイジャー、サタニストたちです。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月8日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%




[HOME] [戻る]