%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年9月24日号 No.324

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.マリー・マドレーヌの自叙伝
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 2006年9月19日、ジャン・マリー神父は「リトル・ペブル同宿会
 (どうしゅくかい)」を創立しました。

--------------------------------
リトル・ペブル同宿会の会則
 − 日本の秋田で創立 −
--------------------------------
【 花嫁の愛 】
 リトル・ペブルを「花嫁の愛」で愛すること。「花嫁の愛」とは、花嫁
は花婿の運命に共に預かることを望む。たとえば、それが拷問であろう
が、処刑であろうが、花婿と運命を共にすることを最高の幸福とみなす。
花婿と同じ運命、同じ苦しみ、同じ十字架を下さいと、神に祈り求める
愛が、花嫁の愛である、したがって同宿は皆、リトル・ペブルと同じ運命、
同じ苦しみ、同じ十字架をくださいと「花嫁の愛」をもって神に請い願
うこと。

【 完全な献身 】
 リトル・ペブルに何もかも捧げること。何もかもとは、生命、名誉、
財産をも含めてである。すなわち、リトル・ペブルのための殉教の死を
決意し、神にその恵みをこい願うこと。財産をリトル・ペブルのために
用いること。「リトル・ペブル気狂い」といわれるように生き、現世的
名誉をすて、リトル・ペブルのために「はずかしめの道」をあるくこと。

【 英雄的にリトル・ペブルの支持を表明する 】
 同宿は、勇敢に、堂々と、リトル・ペブルの名を旗印として、高々と
掲げ、決してその名を隠してはならない。

【 同宿服を公然と着用する 】
 同宿は、リトル・ペブルを「花嫁の愛」で愛していることを外的に
あらわす、同宿服を着る。同宿服は、花嫁衣裳をモチーフにした純白の
衣裳である。

【 同宿は創立者、復活した神の子のジャン・マリー神父に従う 】
 同宿は、リトル・ペブルを真に愛し、仕えているジャン・マリー神父
に完全に信頼し、従い、彼を助け、ささえること。たとえば、彼に対す
る讒言(ざんげん)のゆえに、リトル・ペブルによって彼がいかなる
処罰を受けても、彼(ジャン・マリー神父)への忠実さを変えてはいけ
ない。

【 互いの愛と一致 】
 同宿は、ダビドとヨナタンの友情を互いに実践すること、すなわち、
「おまえのためなら、死んでやるよ」と互いに言うレベルの友情を、す
べての同宿仲間の一人ひとりに対してもつこと。

【 まかせられた霊魂に対する責任感 】
 同宿は、まかせられた霊魂のために命を捧げること。例えば、100人
の霊魂をまかせられていて、そのうちの1人が危険の際、逃げ遅れたな
ら、99人をおいて、もどっていって、その1人と一緒に死ぬこと。

【 幼な子(おさなご)路線 】
 同宿の霊性は「幼な子路線」であること。すなわち知識を誇り、信心
業を誇るファリサイ的な傾きを捨て去ること。あらゆる、プライドを
捨てさること。

【 痛悔 】
 同宿は、常に死ぬまで痛悔(つうかい)している状態を霊魂にたもつ
こと。すなわち、聖福音のたとえにある税吏のように、神のみまえで
地獄の底まで自らをへりくだらせること。

【 避雷針 】 
 同宿は避雷針(ひらいしん)としての存在である。愛のゆえに、喜ん
で苦しめば、他の霊魂たちは神の正義には打たれずにすみ、悪魔の攻撃
にはさらされずにすむ。従って、苦しみを喜びと笑顔でむかえ、「かつ
て誰も苦しまなかったほどに苦しみたい」という野心をもつこと。「あ
らゆる苦しみをください。苦しみしかいらない」と実際に神に祈り求め
ること。

【 「生け贄(いけにえ)」の愛 】
 リトル・ペブルが、全世界、全リンボ、全煉獄(れんごく)の一人ひ
とりを愛し、生け贄となっているのにならい、同宿は、全世界、全リン
ボ、全煉獄の一人ひとりのために、生け贄として身をささげ、彼らのた
めにつぐないに生きること。

【 「かたち」を他者に求めない 】
 同宿は、必要最低限の義務、すなわち、リトル・ペブルを愛し、支持
しぬくこと、ロザリオを一日一連となえること、箱舟のメダイを一つ、
身につけること。これ以上のことを他者に勧めないように。特に、断食
や信心業や信心道具や作法について、教えたり、課したりしないこと。
祈りは、一番、祈りやすい姿勢でマリア様と自分のことばでお話するよ
う教えること。

【 自由と自己責任 】
 同宿は自分の自由意志で自らすすんで、上記のことを行うのである。
決して他者に責任を帰してはならない。同宿にとって「従う」というこ
とは、責任は自分が負うという前提で、自由意志で従うのである。「私
は従っただけなので責任はありません」ということは決して言ってはな
らない。

【 経済の自立 】
 同宿は、自分の経済は自分でみること。ゆえに、借金があっても同宿
になれる。

【 秘密主義の否定 】
 同宿は、住所、氏名、電話番号(自宅)をかくしてはいけない、写真
の拒否もしてはいけない。

【 ローマ・カトリックの正しい伝統的信仰 】
 同宿は、ローマ・カトリックの洗礼を受けていること、他の宗教の
教えをことごとく捨て去ること、カトリック内の異端説も捨て去ること。

【 以上のことを決意しており、受け入れており、しかし、かつ倫理的、
  道徳的に大罪を犯すことの多い人、大罪の状態が恒常的な人 】
 同宿になってできるだけ多くの人を救いたい、つぐないを神に捧げた
いのなら、そして「多く愛するものは多くゆるされる」という神のみこ
とばに希望するなら、その人も同宿になれる。

【 同宿の活動 】
 「同宿」はキリシタン時代、イエズス会のバリニャーノ巡察使によっ
て制度化された日本独自の制度である。この制度によって、宣教はたい
へんにはかどった。同宿は、信徒であり、いっさい、誓願はたてない。
しかし、同宿の身分をあらわす、服を与えられ、司祭、修道者たちを
助け、伝道を受け持った。ジャン・マリー神父は、この制度を再興した。
 同宿は、同宿服によって、リトル・ペブルをあかしする。自宅では、
リトル・ペブルのために働く司祭、修道者、同じ同宿たち、場合によっ
ては幻視者たちを泊め、あるいは住まわせ、世話をする。茶話会を開い
て伝道し、友人、知人をさそって、真理に導く(ドア・トゥー・ドアの
伝道)。家をハウスチャーチにする。

【 共住生活 】
 共住生活を送りたい同宿のために、当人たちが、男子同宿院、女子
同宿院を力を結集して建てる。同宿院長を選んで従う。自分たちの経済
のために、事業を起こす。

【 リトル・ペブル同宿会の他の重要な使命 】
・リトル・ペブルのもとで、愛しあい、一致しあう共同体を同宿たちは
 つくりあげること。しかも、上述したとおりの愛のレベルで愛し、愛
 しあうこと。
・ 幻視者、神秘家、恵みの霊魂たちに、ジャン・マリー神父の識別、
 ガードの固め方を伝え、彼らの一致の輪をつくること。
・勇敢さの模範となること。
・幼な子路線をひろめること。

2006年9月19日
[ サイン ]
 Father Jean-Marie of the Risen Son of God          
 ラサレットの聖母のご出現の160年の記念の日の
 主の御死去の時間である午後3時。
 復活した神の子のジャン・マリー神父



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年9月21日PM8:40〜9:30
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からのメッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 マリー・レベッカのために祈りなさい。家族に注意して。過去のこと
を引きずらないように。

 愛する子供たち、聖母があなたがたにお話しします。今までマリー・
マドレーヌのことは、男性が支えてあげるようにと指示していました。
マリー・レベッカの霊魂についても、別な観点で傷があるために、男性
が彼女のことを守るように、聖母はお願いします。
 「自分で立てる」と思っている彼女は、気づかないところで弱さを持っ
ています。「犠牲を捧げているのはいつも私なんだ」という思いにとら
われてしまって、「必死になって、苦業をしているのに、なぜ?」とい
う怒りで心を満たしてしまっています。軽く「地獄に落ちること」を
口にしないようにしてください。過去のミッションのよかった部分を
思い起こしているかもしれません。そして長の言葉とメッセージとを
比べているということを無意識でしています。
 マリー・レベッカに伝えます。愛する息子がまことに天から約束され
た救いを実行する「柱」として立てられていることを、はっきりとあな
たは知ることになります。「長上の言葉を強める」と言ったのは、この
ためです。今まで司祭の言葉より、「メッセージにはこう言われている
から」と言って、過去のミッションの人々が信じて疑わなかったし、今
でもその考えを変えようとはしません。あえて、マリー・マドレーヌに
天からの語りかけをしなかったのは、代理者である長上の意思に従って
ほしいと望んだからです。
 子供たち、どうか愛し合ってください。そしてリトル・ペブルのもと
で皆が一致団結して働いてください。愛しています。祝福を送ります。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【 聖母からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母:
 愛するリトル・ペブルに聖母がお話しします。あなたのことを心から
愛し、魂の救いを多くの人に情熱をもって広めるチーム(「リトル・ペ
ブル同宿会」のこと)をこの日本におこしました。あなたは、誰が真実
に愛し、堂々とあなたの旗を高く掲げた人なのかを、はっきりと知るこ
とになります。引き続き、世界の子供たちのために祈ってください。
祝福を送ります。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 この時機(2004年)のローキューション 】

 一言のローキューションで、私的なものが多いです。けれど、悪魔の
ものも入ってきました。

2004年8月30日、この日、悪魔からのローキューションで「死んで!」と
いう一言が聞こえました。この声は響き渡っていて声の高さは女性のよ
うです。強烈で恐怖感におそわれました。悪魔のアタックによる笑い声
は8月7日の晩から始まって、24日には午後3時50分過ぎ、大天使聖ミカエ
ルの祈りをして落ち着いたと思ったら叫び声が聴こえました。一週間
ちょっとして今度はたった一言ですが、「死んで!」というはっきりと
した調子で聴こえたのです。

2004年9月1日、朝、バスを待っていました。風が強いなかで待っていて、
心の中で不安ながらいろいろと思いめぐらしていたら胸の中で「希望」
という声を聴きました。とってもはっきりとしていました。男性の声だっ
たか女性だったか覚えていません。でも、8月7日に聴いた胸の中で響き
渡るような声だったのを覚えています。この「希望」という言葉を聞い
た後なんともいえないすっきりした心になりました。

 耳にはっきりと聴こえるローキューションとは違い、ひらめきのよう
な内的語らいを一度経験しています。2004年9月3日、箱舟の聖母を読ん
でいたとき「バー」と言う言葉が出てきたところがありました。初期の
バックナンバーのものです。私はそのとき、内的語らいを聞きました。
ひらめきと言った感じのもので「バーコード」という言葉です。

2004年9月7日、ロザリオ1連を唱えていたら睡魔に襲われました。この
日、ラップ音という悪魔のアタックが始まりました。この日にはいくつ
かメールで報告しています。ストレスからくると思われる、一瞬記憶が
飛ぶ状態になっていること。小癲癇(しょうてんかん)の状態に悪魔の
アタックがあると思います。

 それからこれは独特なもので、においに関することを書いています。
リトル・ペブルさんの確認をお願いしたところ、確認が取れています。
誰もいないのに清潔な修道服の匂いが私の目の前でしていたのです。印
を求めています。このことに対して、リトル・ペブルさんが「その人
(ジャン・マリー神父)の良い霊魂の状態です」という回答をしてくだ
さっています。天からのもので意味のあるメッセージであるという内容
でした。以前、匂いに関して、1995年ごろ、サンダミアーノの出現を
信じていたとき、自分の部屋でバラの香りがしていました。毎晩神秘的
な香りがしていました。それから今回のこの修道服から来る清潔な匂い。
良い匂いを経験しています。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年6月13日 No.33
     リトル・ペブルに(抜粋)

 あなたたちは今、ルシフェルが地獄から解き放たれ、自ら肉体をとも
なって、御子に奉献されたすべての子らを引きずり込もうと地上を歩い
ている時代に生きているのです。彼は今、自分のものとなる者を集めよ
うと世界を徘徊しています! 彼はまた、天国に至ろうとしている全て
の霊魂を奪い集めようと望んでいるのです。ですからかわいい子らよ、
あなたたちが持つ頼みの綱は、たくさんの祈りと、多くの償いと犠牲し
かありません。

(注)ルシフェルが受肉して人間となったことは、世の初めから今まで
   なかったことです。そのロード・マイトレーヤと手下の全ての
   サタンの力を弱めることができるのが「ロザリオの祈り」です。
   ロザリオの祈りは、サタンののどもとに剣をつきつけるような
   ものなのです。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は10月1日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%4%%




[HOME] [戻る]