%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年9月17日号 No.323

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
2004年8月11日、悪魔のアタックも日を追って増えてきました。喉(の
ど)の違和感、喉の神経が乱されて食べ物がうまく飲み込めない、咳き
込むといった状態が起きています。また、幽体離脱(ゆうたいりだつ)
のような感覚を起こさせる危険なアタックもあります。アッセンブリー
教会の悪い影響からくるアタックです。カトリックで言われるバイロケー
ションや脱魂はまったくこれとは違います。耳鳴りもあります。右耳の
耳鳴りはアッセンブリー教会に行っていたときにひどくなりました。気
になって検査をして見ましたが、特に異常はありませんでした。悪魔か
らのアタックです。家に連れ戻された101日間(2005年2月15日〜5月26日)、
両方の耳鳴りがひどくなりました。

2004年8月12日:「……夜中に苦しさのあまり、眼が覚めました。悪魔か
らのアタックで、空耳なのですが、友達の声が聞こえました。何を言っ
ているのか判らなかったです。眼が覚めたと同時に『主よ、あわれんで
ください』と祈っていました。……」

2004年8月13日:「……2時間ほど寝てしまったあと、夕方5時半過ぎです。
右の腰の後ろからまっすぐ前へ、つまりおなかのほうに痛みを感じまし
た。息が吸えない状態で、何かと思い、『この苦痛が主の御旨(みむね)
であればおささげします』と祈りました。毎日の痛みのなかでイエズス
様の十字架の痛みは比べ物にならないほどの痛みなのだと思わされてい
ます。実際、家族といるときに痛みが来て、午前中など、暑さと痛みで
汗が出ます。……」

 その時点での体の状態です。これから痛みのために汗をかくのが日常
的になって行きます。

2004年8月13日(続き):「……その晩、超自然的な喜びを体験しました。
両親といろいろなことがあって母が私の弱さを指摘しました。こういう
時には今までは私の顔が暗くなっていたのに、今度は逆になって私の
奥底から何かが沸きあがり、ほおが上に上がり、笑みを出したのです。
でも、母がにやにやしていると捕らえ、ますます笑みがこぼれてしまっ
たら『侮辱してるのか』と言って思いっきり叩かれました。……」

 今年(2005年)の8月に指導司祭との信頼関係をゆるがせようとする出来
事が起こった後、8月14日にロンジン・マリーのところでミサにあずかっ
ていたときに、背中のほうから体の前にかけて暖かく包まれるような
体験がありました。昨年(2004年)の8月24日と25日はこの出来事と類似
するような体験が起きています。

 2004年8月24日、午前中です。朝から体の具合が悪く、作業所に行った
のですが、約2時間も居られず帰ってきました。パソコン教室のインスト
ラクターをしていましたが、途中、胃が調子が悪くなりました。血の気
が引けて行くようだったので、そばにいた人に顔色を見てもらったら青
ざめていました。早びきして帰ったのですが、駐車場から出た車の下に
白杖が乗ってしまい、曲がってしまったのです。そのまま私はゆっくり
と帰りました。バスのなかで「めでたし」の祈りをしました。心の落ち
着きを願っていました。私は心の傷のため、罪責感に陥りやすい状態に
あります。そのときも人を裁いたのかなと思っていました。家に帰って
どうにもならなかったので、しばらく寝ました。3時過ぎに起きました。
大天使聖ミカエルの祈りをしてようやく落ち着いてきました。そのとき
です。強烈な叫び声を聴いたのです。印を求められないほどの怖さを
感じました。翌25日明け方5時前だったでしょうか、ロザリオを握った
まま横になっていたら、後ろから誰かが包んでくれているような不思議
な感覚がありました。背中のほうから胸にかけて暖かい手のような感じ
です。眼が覚めたあと、マリア様にお話していたら平安を感じました。
包んでくれただけでなく、胸のほうに傷を癒してくれるようなものすご
い幸福感をそのときに感じました。マリアさまの手なのかなと思いまし
た。朝ごはんを食べたとき、胃のほうになんとなく違和感を覚えて2階
へ行きました。横になっていたとき「この日、無事に過ごせるのか」
「昨日早く帰ったことで隣人に何か言われるのでは」という恐怖感に
おそわれました。私はそのままの状態で祈りました。そうしたら「今は
困難に見える状況下も知れないけれど、神様の手の中ではすべて良いん
ですよね。うまくいってますね。だからこれからも悪いことおきないで
すね」という祈りに発展していきました。自分では出せなかった祈りで
す。希望の祈りに発展し始めた最初の出来事になりました。

 2004年9月4日、この日、胃の調子が悪くなり、苦しみました。8月24日
にもそうだったのですが、おなかが大変冷えていました。午前中に薬を
飲んだあと急に胃の痛みがきたので2階へ上がって休みました。苦しむ
状態が続き、また不安を抱きました。自然と涙して何かを感じて泣かず
には居られなかったです。苦しみを熱望するとはいえ、この状態が続く
ので辛く、涙していました。そのとき、言葉には言えないやさしさに
包まれて苦しみが取り去られるのを感じたのです。私はこのとき祈りが
変えられました。「小癲癇(しょうてんかん)もあり、苦しいことが多
いけれど、神様どうか所有してください。あなたのものにしてください」
という祈りです。まったく自分ではこのような祈りをしたことはありま
せんでした。マリア様の愛の働きかけが8月25日に始まってこのときに
感じたのが2度目です。

 話が前後して、今年(2005年)のことですが、指導司祭との信頼関係
を揺らがされる出来事を経験した後、励まし、慰めてくれるように体を
包んでくれたのがやはりマリア様でした。何か悪魔のアタックが強くあ
り、私の心の傷と合わさって困難な状態に陥るとき、マリア様が愛撫し
てくれるのです。細やかでお母様らしく接してくださるマリア様の優し
さ。私の恐怖感を和らげてくれて、悪魔の攻撃に対していつも励ましを
下さるマリア様の介入を経験し、今になってこの恵みの深さになんて
感謝したらいいかわかりません。苦しむけれど、希望へと向かわせてく
れるマリア様の恩寵に感謝せずにはいられません。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年8月20日PM18:13
マリー・マドレーヌに与えられた聖母マリア様からの
ローキューション(寺沢の殉教公園にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私たち4人は寺沢にきました。コルベ・マリーに待ってもらって私は
殉教碑のそばに行きたいとジャン・マリーにお願いしました。私とジャ
ン・マリー司祭、そしてミシェル・マリー・フランソワの3人が殉教碑
のところにある北向き観音に向かう場所にきたときです。マリア様が
立たれたところをジャン・マリー司祭が教えてくれたこのときに、この
場所だけにつめたい風を感じました。水辺にいるときに感じるような
冷たい風でした。私はこのことをジャン・マリー司祭に話しました。車
に戻って印を尋ねました。その時に一声「この場所に泉が湧きます」と
言われる女性の声がありました。私は「印は在りますか?」と尋ねたら
『識別のための印』がありました。私はジャン・マリー司祭に伝えまし
た。誰が話されたかを尋ねるよう、司祭から言われました。私は尋ねま
した。「どなたですか? 印をください」と。そうしたら「聖母マリア」
といわれました。私は「印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら
「識別のための印」をいただきました。このとき、録音機を持っていな
かったので、ジャン・マリー司祭が「ローキューションの続きが在った
ら帰ってからお願いします」と頼んでほしいと言われました。私は長の
望みですと言ってこのことをお願いしました。そして、私たちはこの
公園をあとにしました。


--------------------------------
2006年8月21日AM0:35〜0:59
聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 いま、一言、ローキューションが在りました。私は印を求めました。
そうしたら『識別のための印』をいただきました。「まず、ミシェル・
マリー・フランソワに」と聴こえて「シャーベルに取り次ぎをお願いし
なさい」といわれる声が聴こえました。司祭がどなたか尋ねるよう言わ
れました。私は「どなたですか? 印は在りますか?」と尋ねました。
そうしたら「聖母マリア」と言われ、印をいただきました。

聖母マリア様:
 愛する子ども達、聖母がお話します。まもなく恵みが与えられます。
恵みが近いので、聖体に一致してください。
 『全ての恵みの仲介者』『贖いの共贖者』の聖母があなたがたの罪を
ゆるしてもらうように、とりなしています。恐れないで近づいてくださ
い。あなたがたを深く愛しています。
 ■■■■さんの事も恵みを与え、決して見捨てません。聖母のところ
に来る人を誰ひとり、拒むことはありません。愛しています。
 シャーベルに祈ってください。一人ひとりを祝福します。聖母の涙を
拭いてください。あなたがたを祝福します。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
「他にローキューションは在りますか?」と尋ねてしるしを求めたとこ
ろマリア様から一言ローキューションがありました。「リトル・ペブル
のゆえに泉が与えられます」といわれました。印を求めたら『識別のた
めの印』がありました。

【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛するリトル・ペブルに聖母が話ます。あなたは慰めを与えられます。
神は共にいて、あなたが天から使わされた預言者であるということが
証明されます。あなたを豊かに祝福します。司祭の祝福をベッティーナ
と共にお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年2月4日 No.32
     リトル・ペブルに(抜粋)

 間もなく教会で、激烈な変化がおこるでしょう! この変化は、私達
の聖なる教皇に多くの危害をもたらします。というのも司教たちは……
彼らの中の多くの者が、私の聖なる御子のためにではなく、むしろ悪魔
のために働くからです。そして彼らはこのことに気付いていないのです!
それは彼らが祈っていないからです!……彼らは享楽の日々を送ってい
ます。その生活は、私の聖なる御子の福音に従っていません。このため、
教会は今日のような有様になってしまっているのです。私の敵であるル
シフェルは、今や地球上の御子の家を支配下に置こうとしています……
彼は、私達の聖なる教皇の死を待ち受けています。間もなく教会は……
闇の霊が地球上の御子の家を自由に歩き回るでしょう。これは悲しい事
実です。可愛い子供達、しかし、聖書の御言葉は厳密に成し遂げられな
ければなりません!

(注)ヨハネの黙示録13章を読んでください。「闇の霊」とは、ルシ
フェルそのものであるロード・マイトレーヤです。



----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月24日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]