%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年9月10日号 No.322

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
◆第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサ

 2006年9月4日、秋田県湯沢市雄勝地区「寺沢」殉教記念碑の前でジャ
ン・マリー神父司式により、第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる
荘厳ミサが行われました。
 マリア様が立たれ、「リトル・ペブルの泉」が湧くと約束された方向
に祭壇が置かれ、殉教記念碑と、「リトル・ペブルの泉」が湧くと約束
された場所に献香、「寺沢の殉教者たち」の取次ぎを願って、トリエン
ト・ミサが捧げられました。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
 2004年8月7日、私はこの日また違ったタイプのローキューションを
受けました。目の見えない後輩に電話をかけたときのことです。彼女が
非常に落ち込んでいて「先生にきつく言われたから歌えない」と私に訴
えてきました。私はどうしたらいいのかわからず、マリア様に助けてく
ださいと心の中で祈りながら彼女の話を聴いていました。そして私は
自分の弱さがある事を話し、「答えがうまくできないの。でも、送りた
いものがあるから読んでみてほしいの」と彼女に言いました。その言葉
を確認するかのように一言、胸の中から「箱舟」と聴こえました。女性
の声です。胸の中から声を聴いたのはこれがはじめてでした。はっきり
とした調子で聴こえました。
 いろいろなタイプのローキューションがあります。耳で聴いたり、夢
の中であったり。今回は胸の中に響く声で聴きました。そのあと彼女
にはすぐメールマガジンを送りました。未信者に送った最初の人です。
この日から悪魔の笑い声が聞こえ始め、アタックを受けるようになりま
した。ジャン・マリー神父(当時助祭)とコルベ・マリーと初めて会った
日の夜からこのことがおきはじめました。

2004年8月8日:「……真夜中2時ごろ、眼が覚めました。眠れずにいたら
笑い声が聴こえました。悪魔のアタックです。甲高くはっきりときこえ
ました。前日にジャン・マリー助祭とコルベ・マリー氏の二人に会って
ジャン・マリー助祭から『皇室を用いて神様が日本を大改心させる』と
いう話があったことを思い出していました。2時20分ごろです。マリア様
と静かにお話をしていました。そうしたら皇室の女性のことで『3人』と
言う言葉と『カトリック』と『ミッション』という三つの言葉を聴きま
した。……」

 当時、勘違いもあって3人の皇室の女性が誰であるのかはっきりしてい
ませんでした。ただ、美智子皇后様と皇太子妃がカトリックの信者なの
かなという思いでした。今は3人の方については明らかに知らされていま
す。皇后様が聖心女学院を出られたこと。雅子皇太子妃が双葉学園の出
であること。そして内面的にカトリックの信仰を持っていらっしゃる方
が紀宮様(黒田清子様)。この3人です。
 私はこの点に注目しています。8月7日の日にジャン・マリー助祭とコ
ルベ・マリーの二人に会った日から悪魔のアタックを受けはじめたこと。
それから皇室に関する重要なローキューションがあったことです。

2004年8月10日:「……7日の晩から両親の迫害が始まり、8日には母から
『シャーベル修道会に行ったら? そこでお世話してくれるよ』といわ
れました。翌日、父が『生きている間に修道会へ行ってくれ』と言いま
した。……」

 その日、母から顔面を平手打ちされています。けれどジャン・マリー
助祭とコルベ・マリーからは「経済力のあるシスター志願者が現れて、
その人たちとチームを組んで修道院に住める状況になるまでは家で証
(あかし)を立てるように」と7日に言われ、9日には同様のメールを
貰っています。私は窮地に追い込まれました。にっちもさっちも行かな
い状況のなかで、天が励まし、平安と慰めを伴う夢をくれました。体の
痛みも日に日に増してきました。

2004年8月10日(続き):「……今日の朝、平安を伴う夢を見ました。
眼が覚めたとき印を求めました。印があったかは覚えていません。マリ
ア様に祈りました。夢の事を思いめぐらしていて希望を下さるものであ
ることがあとになって知らされました。誰かと会話をしているときに
『あなたシスターになるの?』と聞かれる夢を見ました。私は『なりた
い』と言っていました。……」

 すでに以前行っていたカトリック西千葉教会の知り合いで、男性信徒
と女性信徒から「このミッションと関わりを持たないように」とメール
で言われるというカトリック信者からのよくない働きかけも始まってい
ました。本当に私は窮地に追い込まれました。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年8月17日PM14:14〜14:37
聖ヨゼフ様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたにヨゼフが話をする。
 泉の恵みによって、多くの人々が変わり、神の恩寵の注付により、リ
トル・ペブルを証(あかし)する。一人一人が弱いので、神の権限を
知るようになる。特に、ミシェル・マリー・フランソワと、コルベ・マ
リーは大きな働きを、愛するジャン・マリー神父と一緒にする。
 今まで、一人ひとりが通った道は、日本の過去のミッションが通った
ことのないもので、悪魔は滅ぼそうとして、今も分裂を起そうと躍起に
なっている。ヨゼフと、ミカエルがあなたがたを支えて、あなたがたの
呼ぶ声にいつでも助けられるよう待っている。
 一番大きな重荷を負っているのは、愛する息子(ジャン・マリー神父)
である。マリー・マドレーヌも、試練に合って、弱さを感じて、いまに
も力を失うところまできている。彼女の事を支えるのは、男性の3人が
どうしても必要である。 名古屋の共同体でも、二人の男性は苦しんで
いる。彼らのために祈ってほしい。
 あえて、性格が対照的なメンバーをこの秋田の共同体に置いたのは、
神の奇跡が行われるためである。最低最悪な、……とくに女性はそうで
あるから……ただ、支えがあって今保たれているので、自分の全てを
注ぎだして神に捧げてほしい。神は、このことを承知のうえで、救いを
与えようとしている。司祭の祝福を、ミシェル・マリー・フランソワと、
マリー・レベッカにお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 ロザリオの祈りをしようとしていたときです。『聖ヨゼフの連祷』が
終ったちょうどそのころ、私の心に『ヨゼフ』と言われる声が響きまし
た。「アヴェマリア」の歌を終えて、私はジャン・マリー司祭に告げま
した。印があるかを尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいた
だいたので、ジャン・マリー司祭に私は伝えました。司祭が祈りをして
くれている間に私は『しもべは聞きます。お話ください。』と祈り、待
ちました。
 ヨゼフ様が久々に話してくださったので、私は本当に嬉しかったです。
今回も希望のメッセージをくださって、感謝しかありません。ますます
ヨゼフ様にお話ししたいです。メッセージの後、確認をしました。「こ
のメッセージは本当ですか?印は在りますか?」と私は尋ねました。そ
うしたところ、『識別のための印』をいただきました。
 「他にローキューションは在りますか?」と尋ねたら「ミシェル・マ
リー・フランソワに」と言われる声が聴こえました。ヨゼフ様の声でし
たが、私は「印は在りますか? しるしをください」とお願いしました。
そうしたら『識別のための印』をくださいました。もう1度「他にロー
キューションは在りますか?」と尋ねたけれど、印はありません。「リ
トル・ペブルさんに語られることありますか?」と尋ねましたが、印は
在りませんでした。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年2月4日 No.32
     リトル・ペブルに(抜粋)

 教会もまた、恐るべき苦難をうけるでしょう。そして私がラサレット
やファチマで与えた「預言」が明らかにされるでしょう! ペトロの座
は敵の手中へと落ち、サタンのような者がペトロの言葉を話し、聖なる
御子の家にたくさんの変化をもたらすでしょう! 可愛い子供達、今…
大迫害が起ころうとしているのだということを理解しなさい。私の可愛
い子供達、そして愛する子よ、このことは「ファチマの秘密」で多くの
幻視者に表わされたことですが、現在の教皇は、残酷な殉教死をするで
しょう。この時はもう、とても近いのです! 可愛い子供達、そして愛
する子供達、教皇は、この何十年の間に幻視者を通して告げられた預言
の言葉はよく理解しています。彼のためによく祈りなさい。

(注)「ペトロの言葉を話すサタンのような者」とは反教皇です。彼が
   ロード・マイトレーヤをメシヤと宣言し、聖座をエルサレムに
   移します。現教皇ベネディクト16世は真の教皇です。そして神に
   おいて眠っておられる前教皇ヨハネ・パウロ2世は、神が定めら
   れた時に復活し、反教皇がペトロの座を乗っ取る時、ローマに
   もどり、反教皇と反キリストを公然と非難し、殺されます。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月17日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

 (C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]