%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年9月3日号 No.321

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
◆「ゲテモノ幻視者戦記」!

 ミシェル・マリー・フランソワ奥田力のブログ「ゲテモノ幻視者戦記」
が立ち上がりました! おめだじの知らねごどいっぺ書いである。まん
ずよ映画っこでも見るみでにマリア様見るんだ。全部秋田弁だ。いがべ!

 http://blog.goo.ne.jp/mmfjto929

だそうです……(^_^;) ちなみにこの「ゲテモノ」とは、ある日 mmfj
が、「道の駅」で、「マリア様、こんなゲテモノでもいいんですか?」
と祈ったところ、「識別のための印」をいただいたというエピソード
から来ているとか、来ていないとか……。まんず、皆さん、見てたんせ!



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 見えない聖痕(せいこん)の痛みが始まる 】

2004年7月30日:「……私の肉体、特に右手の甲や左手のほうに痛みが
走ります。時々痛みが走るので思わず声を上げそうな状態です。今日は
金曜日でした。イエズス様の受難を黙想して肉を食べないようにしよう
と思っていました。朝から間隔をおいてくるので、何があるかわかりま
せん。へりくだりたいですし、十字架の意味を感じさせられる状態です。
感覚に頼らないようにと祈るのですが、その瞬間に痛みが走ります。足
にも火のようなものを感じました。私の思い込みではとおもっています
が、痛みがあります。何が起きているか私の状態を慎重に祈っています。
昔も似たような経験があったので余計に慎重です。……」と報告しまし
た。以前にあった痛みの説明を2004年8月1日にメールでしています。
「……1995年、カトリック教会へ行き、サンダミアーノの聖母出現を
信じる信者さんと交流してメダイなどをもらっていました。そのときに
手首に痛みを感じるという経験をしています。印を求めることは当時
知らなかったし求めもしませんでした。識別をすることを知らない私は
バラの香りやほかの匂いがあったことなどを人に話していました。今回
『153本の聖ヨゼフの百合』を読んでいて印を求めることと、識別する
ことを知らされています。再度印を求めたらありました。……」と報告
しています。

 匂いに関しても、ビジョンが与えられたときでも、痛みに対しても印
を求める。このことを私はしていました。今はローキューション、ヴィ
ジョン、香り、痛みに関して印を求めて、いただいています。

2004年8月4日:「……痛みの箇所が増えてきています。手首や足の甲に
加えて足の裏と足首、体に痛みを感じています。体は胸の痛み、肩の
痛み、わき腹にありました。それから夕方に疲労感を感じていました。
神秘的な疲労によるものです。
 朝早くから眼が覚めるようになり、祈りをすることが導かれ始めまし
た。大体4時半ごろから5時過ぎに眼が覚めてロザリオの祈りをするよう
になりました。痛みが家でも外でも強くなっているように感じています。
十字架をおもっていて、償いのためなんだという理解が自分の中にあり
ました。十字架を思いめぐらしていることについてロザリオについてい
る十字架をイメージしていて痛みが大体手や足にくるんだなとおもって
いました。……」

 つぐのい(償い)ですが、自分の罪のためだとおもっていました。当時
は公なものであるとはまったく知らなかったのであくまでも自分の罪に
対して償うためなんだという理解でした。2004年8月4日のメールに8月
1日の日曜日に受けたことを書いています。私は家で十字の印をする意味
の重要性について、神様によって知識を注付されるという形でインスピ
レーションを受けました。言葉ではなくヴィジョンでもない形です。私
は『箱舟の聖母』のメッセージを読んでいて、リトル・ペブルさんや
ほかの幻視者のメッセージに必ず出てくる「父と、子と、聖霊との御名
(みな)によりて」や「父と、子と、聖霊との御名によって祝福します」
と言われるマリア様や天の方々の言葉に心がとまりました。これは何な
のかと考えて思いをめぐらしていました。メッセージ全部に共通してい
るこの言葉について思い巡らしていたところ、「これは十字を切ってい
らっしゃるのかな」という思いがきました。私はこのことが何なのか
わかりませんでした。ただ、リトル・ペブルさんも天の方々もみんな
ゆっくりと十字を切っているんじゃないかというインスピレーションが
私の心の中に与えられました。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年8月4日PM16:42〜17:24
聖ベルナデッタからのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖ベルナデッタ:
 愛する子、あなたに挨拶します。ベルナデッタがお話しします。
 みんなは、これからちっちゃい子たちを心にとめてください。私は何
にも知識がなく、ただ、起こる事そのままを受けいれて、大好きな天使
と一緒に遊ぶようにしていたし、全く教会で教えてもらう勉強は覚えら
れないでいました。大好きな貴婦人の姿で私に話しかけてくれたマリア
様はいつもどのように喜んで試練に耐えることができるか教えてくれま
した。「大人になって、結婚して、子どもを生む」と言われていたけれ
ど、なんにも心に残るものはなかったです。計算して動くなんてひとか
けらもしなかったし、働ける事が喜びだったから、働いていました。
 みんなは私にたくさん御出現の事を質問して、いっぱい同じことを
答えなければならなかった。これが私の一番の苦しみだったし、悲しみ
でした。みんなは、知識を誇らないようにしてほしいんです。何にも
判らないのが安全だし、天の方が望まれる事に「判りました」と言って、
なんにも疑わないで従うのが小さい子の行動です。泣いてしまう事が
あっても、そのまま祈って「良き主は、この試練に対して、良くしてく
れる」と希望を持つのが一番天の方が喜んでくれることです。
 私は15日間マリア様に会うことしかできなくて、本当に無理解の中を
生きなければなりませんでした。激しい喘息と、最後には結核になって、
苦しい毎日を過ごさなければなりませんでした。でも「苦しいと思った
ことはないです」と話したように、人には、その姿を見せないように、
たくさん心の中で、お話しをしていました。
 小さい子のように振舞ってほしいんです。なんにも知識はいりません。
「イエズス、大すき」「マリア様、この事をしたいけど、やれるよね」
といったことをお話ししてください。聖人のみんなが仲良くなりたいと
いつも呼びかけています。友達になってください。
 大人の人は、自分の生き方が誇りになって、考え方がしっかりとして
いるので、単純で馬鹿みたいなことを言う人が目の前に来た時に、「そ
の幼さが合わない」と言って毛嫌いします。私はそうされても、なんに
も気にしなかったし、ぜんぜん悪く思うこともしなかった。天の助けに
よって、喜びしか心に起きなかった。そんな時を過ごしました。
 みんなが聖人のように私を見る。これが一番嫌だったし、そんなふう
に見られるような人格はぜんぜん持っていませんでした。「いつもお話
ししたい。ただ、マリア様と一緒にいたい」 それが私の願いで、心の
支えになっていたんです。
 いつもみんなの事を愛しています。いつも取り次いでいます。マリア
様の望みに耳を傾けて従ってください。祝福を送ります。神父様の祝福
をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年8月13日PM14:14〜14:52(償いの日)
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、あなたの母である聖母がお話しします。
 男性の捧げ物は天に喜ばれています。愛する息子(ジャン・マリー
神父)、あなたを祝福しています。聖母を慕って、避難所である聖母の
懐に飛び込んで全てを預けてください。
 マリー・レベッカは、今、長の言われる事に留まってください。愛し
ています。
 マリー・マドレーヌは、弱さのなかで戦って、解決は優しい母、あな
たを最初から知っている聖母にあることを知りはじめています。愛着
形成ができていない傷から、人を愛することができず、不安を抱えて、
気にしているのを、聖母は知っています。女性の問題が解決できない
まま過ごしています。同じように、聖母は知っています。苦しいこと、
不安なことを全部話して「お母さん」と言ってよりすがってください。
すぐそばに愛する息子(ジャン・マリー神父)がいます。一人でやろうと
して、神経がすりへっています。耳が聴こえなくなる事の不安も、全部
愛する息子(ジャン・マリー神父)に天が教えますから、大丈夫です。彼
(ジャン・マリー神父)に身を任せてください。
 愛する子供たち、リトル・ペブルと、いま現在の教皇であるベネディ
クト16世のために祈ってください。寺沢の事も、全部天に任せてくだ
さい。いつも一緒にいます。弱さを感じたとき、「私はこんなに悪いの。
これが本当の私なんだ」と言って、聖母に話すのです。話さなければ前
に進めません。子供たちの呼ぶ声を待っています。話しかけてくれた時
はとっても喜んで聞いているのです。「お母さん、助けて!」この一言
を言うか言わないかで、全く心の状態が決まってしまいます。愛してい
ます。
 天は男性の子らを慰め、力を注ぎます。これからも神に信頼して歩ん
でいってください。司祭の祝福を特にマリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年8月14日PM17:11〜17:31
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌに聖母がお話しします。自叙伝の事で、あ
なたは最後の段階になりました。昔、あなたが手紙を聖母にくれました。
一番弱く、どんぞこに落ちたあなたは、聖母が支えていたので、落ちっ
ぱなしになることはありませんでした。あなたの人生のなかで、本当の
母親に出会います。話しかけている聖母、それがあなたの母で、なにも
かもを癒す母です。
 司祭の口に偽りはありません。聴こえなくなるのを恐れないでくださ
い。子どもよ、リトル・ペブルのために大切な一人なのです。小さな子
は、親に連れていかれます。祝福をおくります。何もかも、お母さんに
書いてください。愛しています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年8月15日PM15:23〜15:36(聖母の被昇天の祝日)
聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(寺沢の殉教公園殉教碑のそば)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 いま、寺沢の殉教公園にいます。ロザリオの祈りのとき、最後の珠で
私の右斜め前、上の方から女性の声で「約束」と言われたのが判りまし
た。私は、印があるか尋ねるため司祭に祈りをとめてもらいました。印
があるか尋ねたところ、『識別のための印』がありました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなたがたを祝福します。約束のとおり、泉
は与えられます。『全ての恵みの仲介者』『贖いの共贖者』の聖母が
あなたがたのために救いを与えます。聖母を通して、恵みが注がれます。
希望を持ってください。
 あなたがたの撒く種は実りをもたらします。特に、かわいい息子たち、
あなたがたの働きを聖母は決して忘れません。祝福を送ります。
 引き続き、リトル・ペブルと、ベッティーナ、ソーンブッシュ、ベネ
ディクト16世教皇のために祈り続けてください。愛する子供たちのため
にとりなしています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1989年2月4日 No.31
     リトル・ペブルに(抜粋)

 可愛い子らよ、教会もまた、ルシフェルが地獄から解放されてから何
年もの間、大きく変化した。彼の計画は、私の御名と最も神聖なる御母
の御名が、もはや崇められることのないように、教会を破壊することで
あった。そして今、あなた方は彼の実を見るのである! 彼は、地球上
の私の家の多くの子供達の感情や心を迷わせている!
 彼は何度も騙してきた。聖書の「御言葉」は、今や成し遂げられたの
である。そこでは選ばれた民でさえ騙されると書いてあるのだ! …私
の聖なるミサ……私が世界人類のために天の御父に捧げた犠牲もまた、
みだりに変更されてしまっているのである! 私が地球上の教会、また
正当な文書を通して与え主張した教えは、みだりに変更されてしまった。
可愛い子らよ、このことは悪魔の仕業なのである! というのは、サタ
ンは狐のようにずる賢いからである! 彼は母なる公教会のなかの多く
の者を取り去ることによって、神と聖なる御母への信心を破壊するつも
りなのである。
 可愛い子らよ、周りを見てごらん! サタンが何をしたか良く見て理
解しなさい! サタンは教会の中や、可愛い子らの中にいる。あなた方
の唯一の防御は、聖なるロザリオである。たくさん祈りなさい。この愛
の祈りを。母なる公教会の王子であり、守護者である聖ミカエルに度々
祈りなさい。



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月10日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]