%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年8月27日号 No.320

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 「寺沢(Terasawa)のご出現」 − 「リトル・ペブルの泉」、
  「全ての恵みの仲介者、贖いの共贖者の聖母」

 2006年8月22日、「聖母の汚れなき御心」の一級大祝日の日、マリア様
は、ミッシェル・マリー・フランソワ奥田力とマリー・マドレーヌ杉浦
律子に御出現され、秋田県湯沢市雄勝地区「寺沢」の「奇跡の泉」を、
「リトル・ペブルの泉」と名づけるように指示なさいました。それは、
「今のリトル・ペブルの苦しみゆえに与えられるからです」とマリア様
はおっしゃっておられます。
 この日、マリア様はマリー・マドレーヌに、泉の湧く場所を掘るよう
に指示され、マリー・マドレーヌとジャン・マリー神父は素手で草をむ
しり、小さな穴を掘りました。今日(8月27日)の時点で、まだ泉は湧い
ていませんが、マリア様は泉が湧く時、ジャン・マリー神父とミッシェ
ル・マリー・フランソワに知らせることを約束なさいました。
 この8月22日、マリア様は特別な新しいタイトル、「『全ての恵みの
仲介者』『贖いの共贖者』の聖母」として御出現されました。マリア様
はそのお姿をミッシェル・マリー・フランソワとマリー・マドレーヌに
幻視させ、その御像をつくるように指示なさいました。

 今、現在「秋田の聖母の第2出現」、つまり「寺沢の御出現」につい
て明らかになっていることは次のとおりです。

 ■ 「リトル・ペブルの泉」は、今のリトル・ペブルの苦しみゆえに
   与えられる。

 ■ 「リトル・ペブルの泉」は、今までのものと違い、肉体の病気と
   精神病の癒しだけでなく、霊魂の癒し、霊魂の照らし、そして
   リトル・ペブルを支持し、彼のために働く者たちには、そのため
   に必要な注付恩寵(ちゅうふおんちょう)が与えられる。

 ■ マリア様は「寺沢の御出現」において「全ての恵みの仲介者、
   贖いの共贖者の聖母」のタイトルで御出現され、現教皇ベネ
   ディクト16世がこの二つのドグマを宣言することを支援される。
   と同時に、リトル・ペブルの未来の教皇職の正統性を宣言される。

 ■ 寺沢近辺に建てられる大聖堂は「寺沢の殉教者たち」に奉献され
   る。やはり寺沢近辺に建てられる同宿院は「聖母の浄配」である
   リトル・ペブルに奉献される。すなわち「リトル・ペブル、三重
   の契約の預言者」男子同宿院、「リトル・ペブル、聖母の浄配」
   女子同宿院である。

2006年9月4日、この寺沢の殉教公園(北向き観音公園)において、寺沢
の殉教者たちをたたえる野外ミサを行います。皆さんのご参加をお待ち
しております。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 シャーベル修道会のメンバーとの
     メール − 神秘的体験の発展 】

 5月ごろ、インターネットで「スカプラリオ」を検索したいと思い、
調べてみたらいろいろとありました。そのときにリトル・ペブルさんの
記事でマリア様がスカプラリオを下げている姿をリトル・ペブルさんが
幻視されているという箇所が載っているのを見つけました。私は久々に
リトル・ペブルさんの名前に触れました。そして今リトル・ペブルさん
はどうしているのかを知りたくて検索したところ、とっても驚きました。
何があったのだろうと思い、私はもっと知りたいと思って調べていたら
シャーベル修道会のホームページにたどり着きました。「真理の同盟
メーリングリスト(JAOT)」に出会い6月からネット通信をはじめました。
 そこではいろいろな悩みをメールでやり取りしていました。メールの
やりとりをしているうちに神秘的な体験が始まりました。ここでは9月に
シャーベル修道会のメンバーと生活を共にすることになるまでの約3ヶ月
ほど、私が家で体験したことの記録です。

2004年6月29日:「…ひとつの夢を見ました。朝なのですが、シスター
でしょうか、どなたかと私が話していて、言葉では言い表せないのです
が、眼に何かを感じた。そういう夢を見ました。(今の煉獄の霊魂の
償いの勤めにつながるかも知れないので話します) 私にとってショッ
クな出来事がありました。3人の視覚障害者の人が自殺してしまったの
です。何年か前に二人が、そしてあとでもう一人の自殺者がいた。しか
も一人の人は私が卒業した学校で自殺していたことが知り合いの話で
判ったのです。私は生きることをまた深く考えるようになっていきまし
た。同じ眼が見えない人が自殺するなんて考えられなかったのです。
『視覚障害者の魂が救われるように』という願いが心に起きるようにな
りました。
 話がさかのぼりますが、2003年10月、あるプロテスタント教会でチャ
ペルリサイタルをしました。私はそこでフォーレが作曲した『レクイエ
ム』の中の『ああ、イエズスよ』を歌いました。そのほかにラテン語の
曲を3曲歌いました。フォーレのレクイエムの時、私は鎮魂の思いをこ
めて歌いました。演奏会が終わって、その夜不思議なことがありました。
自分の部屋で思い巡らしていたらものすごい慰めが訪れて私は泣き出し
ました。喜びがあふれて涙が止まりませんでした。『視覚障害者の魂を
救ってください』という私の心の奥底にあった叫びを神様が聞いてくだ
さったんだという喜びで満たされたのです。……」

 いま、私は天使の助けを借りてこの手記を書いています。過去の事は
なかなか思い出せません。でも、思い出せないときも天使に頼むと思い
出させてくれます。その天使の助けを意識するようになったひとつの
出来事が2004年7月1日のことです。祈れないとき、またどのように祈っ
たらいいのかわからないときに天使が導いて「天使祝詞(てんししゅく
し)」を祈らせてくれました。心が乱れたときもです。守護の天使を
意識し始めたのはこのころからになります。友情関係が始まった時です。

2004年7月3日:「……母親に『箱舟のメダイ』をそのとき初めて見られ
て『こんな物付けて!』と言われてメダイの鎖をひっぱろうとしたので
す。でも、大丈夫でした。私は2階へ上がっていきました。自分の部屋
で涙していたら、横に誰かがいてくれているような感じがしました。で
も泣き崩れる以外になかったです。これも神秘的な体験でした……」

2004年7月19日:「……私は不思議な夢を見ました。このときに初めて
映画を見るようにヴィジョンを見ました。私はまったく物を眼で見ると
いう経験はしたことがありません。形や色の識別はまったく出来ないの
です。ただ光の明るさや暗さが判ります。最近は蛍光灯の明るさを認識
することが前よりも難しくなっていて電気の消し忘れに気を使うほどで
す。朝、8時前です。夢で神様が天地創造をされるのを見ました。あまり
にも強大だったのでどのように流れていったのか覚えていません。アダ
ムとエヴァがいるのを見ました。私は強烈にエヴァに惹かれました。
言葉では言い表せない美しさ。眼の前に美しい姿のエヴァを見ました。
体が大変美しかったです。背がすらっと高かったです。細い感じです。
とても美しいのです。顔が大変美しく洋服はいっさい着ていません。裸
です。夢の最後に「天地万物の創造主の御稜威(みいつ)」を感じまし
た。多くの人がいろいろな神の名前を呼んでいます。神々を拝んでいま
す。そのとき「天地万物を作られた唯一の神だけを拝みなさい」という
権威に満ちたローキューションを聴きました。天から響くような声です。
 私はそこで眼が覚めました。『主よ、あわれんでください』と祈らさ
れました。自分から祈ったのではなくて口から自然に祈りの言葉を言っ
ていました。ものすごい心が騒いだからです。
 いま、起こっている肉体の疲れ、眠さや痛み、気持ちの悪さ、霊魂の
疲れを経験しています。その神秘的な痛みや疲れの始まりだと思うので
すが、7月19日の午後31日の伴奏あわせのために外に出ていました。なん
だかかなり体の疲れを覚えました。主に対しての痛悔(つうかい)の念
しかおきず、「許してください」と、祈らずにはいられなかったです。
マリア様に「助けて!」と言いたくって「ミサにあずかりたい」とつぶ
やいてしまったほど霊魂が疲れていました。心の疲れは本当に重くて
誰とも話したくないほどでした。ただ、ロザリオを握っているだけでし
た。……」

 体の調子に関して、神様が何かをしていると感じ始めて自分で意識し
たのが2004年7月25日です。その日、私は体の調子が悪くて音楽団体の
例会があって出かけましたが、早めに帰ってきました。何かが始まった
んですねとJAOTのメールに書きました。今年(2005年)の話になります
が、マリア様からの公的メッセージで「御聖体(ごせいたい)を手で
受けてはいけません」「御聖体を愛しなさい」「御聖体を大切にしてく
ださい」というメッセージを受けています。「愛する子よ、あなたに
伝えます。リトル・ペブルを公に支持し、宣言することをあなたに命じ
ます」と言うメッセージも受けています。昨年(2004年)の7月25日の
メールでこのように書いています。「私が言うと傲慢であるかと思いま
すが、お許しください。どうかお願いです。御聖体を本当にもっともっ
と敬ってください。皆さんのほうが先にいただいていらっしゃいますし、
そのおん恵みは計り知れないと思います。私は待ち続けます。主に希望
をおいて。リトル・ペブル氏を愛し、尊敬している私です。これからも
もっともっとリトル・ペブル氏を知り、愛し、尊敬し続けたいです」 
神さまはもうすでに御聖体に対する憧れとリトル・ペブルさんに対する
愛と忠誠を私の心の中に注ぎ込んでいることを、今このメールを読んで
気がつきました。

 教皇様かリトル・ペブルさんからのバイロケーションの訪問を初めて
受けた体験かも知れませんのでここに書きます。

2004年7月25日:「……朝、教皇様らしき方を見ました。浅い眠りの中
です。どなたかいらしていました。リトル・ペブルさんなのか、どなた
なのかが判りませんでした。その方は何もお話になりませんでした。冠
があったから教皇様だとわかったのではありません。言葉では言えない
やさしさを感じたのです。……」

 2004年7月26日にジャン・マリー助祭から、ヴィジョンで与えられる
印をくださいと頼むように、その印をもらったら、印をもらったことを
ジャン・マリー助祭に教えるように。その印についてはどんな印だとい
うことは黙っているようにという助言をメールでもらいました。7月28日
にジャン・マリー助祭の指示に従って印を求めました。28日の朝、私は
読んですぐにお願いしました。そうしたらその日に印をいただきました。
従順に従うことがどんなに大切かを知るひとつの出来事になりました。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年7月29日PM12:24〜13:04
主イエズス様からの公的メッセージ
(名古屋共同体にて)
--------------------------------
主イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福する。イエズスがあな
たに話をする。
 大きな試練の中にあるあなたがた一人ひとりを私は決して見捨てず、
あなたがたの行くべき道を指し示している。これからもあなたがたは
一致団結して、リトル・ペブルのもとで身を固めていくように、私は言
う。愛する恵みの霊魂として選ばれた一人ひとりに対して、あなたがた
は神の事を証(あかし)するために、それぞれに与えられたものでこれ
からも進んでいってほしい。一人ひとりの弱さを悪魔は突いて、滅ぼし
絶やそうとするけれども、彼は神のゆるす範囲でしか動けない。全能の
神の一声によって、悪魔は退散をするのである。
 子供たちよ、勇気を出しなさい。決して過去をふりかえらないように、
前を見て、イエズスについてきてほしい。私はあなたがたを全て悪いも
のから守って、あなたがたに危害を加えないようにする。勇敢で在りな
さい。
 司祭として、これから立てられる男性の仲間は、互いに深く愛し合っ
て友情のもとで助け合い、励ましあっていくように、私はあなたがたに
お願いする。男性は傷を持っていても、純粋さは女性よりもあるので、
愛しやすく、互いの事を励ますことができる。エバが犯した罪は、女性
にずうっと存続しているために、いつもねたみや争いを引き起こしてい
る。男性は権力争いの罪を避け、憎しみを持つ事をしないならば、友情
を結ぶのには非常に大きな影響を多くの人に及ぼす事ができる。自分を
見つめることは、女性のほうが多くしてしまう。男性は自分よりも相手
の事を優先にできる心を備えている。愛している。あなたがたは、いっ
ときもイエズスから離れないで、身を捧げていってほしい。
 マリー・マドレーヌの耳は徐々に聴こえなくなっているので、ミシェ
ル・マリー・フランソワの身代わりとして、彼女に与えていたものを
剥ぎ取っていく。一番惨めでいつも揺れやすい彼女には、さっぱりした
環境が必要である。傷のゆえに絶えず不信や反感を持つので、男性の
支えが必要である。女性で在るけれども、虐待の傷とともに植えつけら
れてしまった悪徳なので、マリー・マドレーヌは、いつも女性の問題で
苦しみ、心を痛めている。マグダラのマリアとマルタのように。マグダ
ラのマリアの悪徳は、ある時をきっかけに劇的に変わっていったように、
マリー・マドレーヌの心の弱さは大きな変化を伴って変えられる必要が
ある。これからも戦いは続くけれども、最後まで使命に生きる事ができ
るように支えてほしい。
 これから多くの病気を患った人たちが一つの印によって集められてい
く。子供たち、前にマリアが話したように、泉が寺沢で湧いて、多くの
病を抱えた人が癒されていく。男性はもちろん、女性も子供も、年を
取った人々も癒される。でも、マリー・レベッカと、マリー・マドレー
ヌは、神が十字架を負って歩ませるために、彼らとは違う道を歩くこと
になる。リトル・ペブルのために捧げられた二人は十字架を担う事での
み、証(あかし)をしていく。
 子供たち、これからも互いに愛し合ってほしい。そして、喜びと笑顔
を絶やさないようにしてほしい。自然に喜ぶ姿を見て、大きな改心を見
ることになる。祝福を送る。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:
 今日は早めに第2ミサをしました。ミサ中の説教の時、司祭が「避雷
針の役割としての機能を果たさなかった」と言われた時から私は「自分
が原因で役割を果たすことをしなかったからかえってみんなに大きな苦
しみを与えてしまったんだ」と思い、「どうか赦してください」とイエ
ズスに祈っていました。そうして、マリー・レベッカの事も合わせて
祈っていました。今日は『マルタの祝日』ということで、説教の時に
マルタの欠点をジャン・マリー司祭が言っていたけれど、私にもその弱
さを持っていることを心に思いながら過ごしていました。でも、涙が
途中出てきてしまいました。つい先ほど『喜んで』と言われたばかりな
のに、私はなんだか悲しみが心に押し寄せる感じで、「イエズス、こん
な私なんだ」と言っていました。でも何とかして自分の心を押しとどめ
てミサに集中するように必死に戦っていました。私はどうしても自分を
見つめてしまう悪い癖を持っています。そして、ここが悪いと指摘され
たらそれだけを見て、良い方に考えられなくなるといういつものパター
ンで心を傾けてしまうのです。でも、今日は「こんな私を愛してくれる
んだよね」とイエズスに話をしていました。
 聖体降福式を終えて、ロザリオの祈りを始めました。2玉目のとき、
「耳が聴こえなくなる」と言う男性の声を聴きました。そのため、祈り
をとめてしるしを求めました。そうしたら『識別のための印』をいただ
きました。イエズス様が話をしてくださいました。今回、はっきりメッ
セージのなかで、「自分の事に眼を向けるのは女性だ」といわれたので
すが、まさに私のミサの中で起きた事を言われたんだと思いました。ま
た、寺沢の事で、希望のメッセージを下さったので、感謝しています。
 最後に確認をしました。「このメッセージは本当ですか? 印は在り
ますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきま
した。続いて「他にローキューションは在りますか?」と尋ねるように、
ジャン・マリー司祭が言ってくれました。私はそのように尋ねて印を求
めて待ちました。けれど、何もありません。「リトル・ペブルさんに
伝言はありますか?」と尋ねました。けれども、印は在りませんでした。
私は「感謝します」とイエズスに話をしました。


--------------------------------
2006年8月2日PM13:16〜13:36
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたの願いを聞きました。聖母が
あなたにお話しします。「泉が湧いて、多くの女性も、男性も、子供た
ちも、年を取った人々についても癒しを与えるけれども、マリー・マド
レーヌと、マリー・レベッカは違う道に行く」とこの間話されたことを
あなたは覚えています。あなたは先ほど、「マリー・レベッカを癒して。
癒されないで進むのは私だけでいいから」と言う訴えをしました。
 マリー・レベッカについて、マリー・マドレーヌはかみあうことがで
きなくて、愛することのできない心の痛みを抱えているというのを聖母
は知っています。マリー・レベッカは癒されます。あなた(マリー・マ
ドレーヌ)一人が傷を負って、愛する息子(ジャン・マリー神父)のチー
ムの中で過ごします。許しを子供たちに与えています。祝福を送ります。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
2日の第1ミサをしていました。このとき、説教で、「兄弟が言い表し
た望みに対して、嬉々として、かなえてあげること」といわれました。
速やかに従う、このことを司祭がまたはっきりと私たちに話をしてくれ
ました。
 私はミサ中マリー・レベッカを愛することの不足が心に迫っていて、
会話ができてもどうしてもかみあわないことを思い、あわれむ心がない
んだなぁと思っていました。そして昨日膝の痛みを自分が経験したので、
そのあとからマリー・レベッカはいま大変なんだろうな、そう思ってい
ました。「激痛が在って、苦しみを持続して捧げるとはいえ、これから
の女子修道院の柱になる人が動けないのはちょっとたいへんだな」そう
思っていました。そうしたら「自分の愛に限界があるけれど、マリア様、
どうかマリー・レベッカを癒して。私だけ癒されなくていいから」とい
う訴えが心の奥底から湧いてきました。情緒の傷から来る問題で女性と
いつも私はかみあわず、恐怖症を自分で起してしまうのでこれから会う
人たちにも慣れることを願いながら「これだけしかできません」と心の
中で叫んでいました。
 ロザリオの祈りが始まって、第2玉目のときに女性の声で「マリー・
レベッカに」と言われたのが聴こえました。私はジャン・マリー司祭に
「祈りをとめてほしい」と合図しました。「印は在りますか?」と尋ね
て待っていたら『識別のための印』が在ったので、ジャン・マリー司祭
に話しました。私は「しもべは聞きます。お話しください。」と祈って
待ちました。そうしたら聖母マリア様が話してくださいました。最後に
「このメッセージは本当ですか?」と確認をしました。印があるか尋ね
たらすぐに『識別のための印』が在りました。続いて「ほかにローキュー
ションが在るかどうか尋ねるように」とジャン・マリー司祭が言われた
ので、私は尋ねて待ちました。けれど、何も在りません。「リトル・ペ
ブルさんに伝言はありますか?」と尋ねました。けれど、印は在りませ
んでした。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1989年2月4日 No.30
     リトル・ペブルに(抜粋)

 私の可愛い子らよ、世の中は神のことを気にかけていない。世の中は
悪への傾きに従い続けているのだ。今、世界は悪魔の勢力範囲である。
というのは、悪魔もまた、神の御意志に従わねばならないからである。
神、永遠の御父は子らを試すため、彼らが死後の世界を信ずるかどうか
を見るため、彼らが天国の贈り物、すなわち神を愛するかどうかを見る
ために、悪魔が世の中を徘徊し続けるのをお許しになられたのである。
 可愛い子らよ、悪魔が世界中暴れまわっているのだ。覚えていなさい。
悪魔が今、放たれていることを。鎖を解かれていることを! ルシフェ
ル自身が地球上を歩いているのだ。なぜなら彼は、自分の時が短いこと
を知っているからである! 私達は、彼が自分自身の者を集めるのを許
している。
 可愛い子らよ、絶えず警戒していなければならないことを理解しなさ
い! 毎日が誘惑される新しい瞬間なのである! 悪魔は決して眠るこ
とがない! 可愛い子らよ! このことがまだ理解できないのか? 彼
は堕天使であり、今もなお知性を、それも超自然的な知性を持っている
ことを忘れてはならない! 彼はあなた方の弱みを知っていて、あなた
方を弱くするため、その弱みに働きかけている。であるから、あなた方
は堕ちて彼の餌食となるかもしれないのである!



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は9月3日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%




[HOME] [戻る]