%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年8月20日号 No.319

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 教皇ベネディクト16世が宣言を予定している、マリア様の
   「全ての恵みの仲介者」「贖いの共贖者」のドグマについて

「箱舟の聖母」8月6日号No.317でお伝えした、マリー・マドレーヌ杉浦
律子に与えられたメッセージに続いて、

 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/mm060728.htm

 2006年8月15日にマリア様の「全ての恵みの仲介者」「贖いの共贖者」
のドグマ(宣言予定)について、マリー・マドレーヌにマリア様からの
メッセージが与えられました。また2006年5月31日に、シストとカタリナ
夫妻殉教者が、このドグマについて言及している部分も再掲します。

--------------------------------
2006年8月15日PM15:23〜15:36(聖母の被昇天の祝日)
聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(寺沢の殉教公園殉教碑のそば)
--------------------------------
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/mm060815.htm

マリー・マドレーヌ:
 いま、寺沢の殉教公園にいます。ロザリオの祈りのとき、最後の珠で
私の右斜め前、上の方から女性の声で「約束」と言われたのが判りまし
た。私は、印があるか尋ねるため司祭に祈りをとめてもらいました。印
があるか尋ねたところ、「識別のための印」がありました。

聖母マリア様:
 愛する子供たち、聖母があなたがたを祝福します。約束のとおり、泉
は与えられます。「全ての恵みの仲介者」「贖いの共贖者」の聖母があ
なたがたのために救いを与えます。聖母を通して、恵みが注がれます。
希望を持ってください。
 あなたがたの撒く種は実りをもたらします。とくに、かわいい息子た
ち、あなたがたの働きを聖母は決して忘れません。祝福を送ります。
 引き続き、リトル・ペブルと、ベッティーナ、ソーンブッシュ、ベネ
ディクト16世教皇のために祈り続けてください。愛する子供たちのため
にとりなしています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
シストとカタリナ夫妻殉教者:(2006年5月31日)
--------------------------------
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/mm060531.htm

 イエズスと、聖母マリアの贖いによって、人類は救われ、罪が許され
ます。そして、神が兄弟たちの中に送った預言者、そして、最後の教皇
として世の終わりまで治めることになっているリトル・ペブルに仕えて
ください。あなたがたを愛しています。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 ジャン・マリー司祭との出会い 】

 2004年6月にインターネットで「スカプラリオ」というマリア様の絵
が入ったカトリックで使うものを検索していたの。この時に、たまたま
リトル・ペブルさんのことが思い出されて、「そういえば今リトル・ペ
ブルさんはどうしてるのかな」って思ってリトル・ペブルさんのことも
見てみたの。そうしたらちょっと衝撃的なことが書いてあって私、びっ
くりしちゃったんだ。そしてもっと詳しく調べていたら、なんと「シャー
ベル修道会」というのにぶつかって、メーリングリストがあるのを知っ
たの。そしてメールを出してみたら、お返事もらってやりとりが始まっ
たのね。
 私は久々に渇きが満たされるように思えて、何でも悩みを書いたよ。
家族にはいえないこともたくさん書く事で、私は喜びに満たされていっ
たんだ。教会へいけない、信仰の戦いはずうっと続いていて、魂がから
からに渇いていた私は本当に慰められたんだ。そうしたらジャン・マリー
という人がとっても不思議なメールをくれて私はびっくりしちゃった。
私はこのときにはジャン・マリーっていうんだから日本人じゃないよ
ねって思ってたの。でも名前は日本人の名前も書いてあって、これなん
て読むんだろうってちょっと首かしげたんだ。音声ではストレートに
読んでくれなかったから……。
 ジャン・マリーはね、私のメールに対してものすごいストレートに
答えてくれてね、「お父さんはあなたを抱きしめてますよ。ギュ!」な
んていうメールもらっちゃって、いやぁびっくりしちゃった! 思わず
「えぇ!」って声を上げるくらい。それに「あなたの傷にもキスします
ね。ちゅ!」って言うのも送ってきて、もう絶対この人は日本人じゃな
いって思ったんだ。嬉しいやらびっくりするやらで、毎日メール交換は
とっても楽しいものになったよ。このメールのやりとりの時、不思議な
体験があってメールでもいろいろ送ったり、助言をもらったりしたんだ。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年7月18日AM1:51〜2:28
主イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
主イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福する。イエズスがあな
たに話をする。
 リトル・ペブルのために、あなたは何もかもを捧げてほしい。苦しむ
3人のために、もっと喜んで支えていくように、私はあなたに言う。何が
足りないのかを知って、司祭に耳を傾けて、従順する意志を新たにして、
全部をイエズスに任せてほしい。「大きな事は言えない」と言ったあな
たを励ますために私はここに来た。全部を委ねてほしい。しっかり長に
ついていくように。あなたを祝福する。
 苦しみを担わせるために、材料が過去どんな人よりも悪く、また、こ
れから先にもないほど良くないあなたにもやれることをあなたに教える。
男性が全国各地で勇敢にリトル・ペブルのために働くことができるよう
に、どうか支えてほしい。
 心をあずけて、喜びに喜びなさい。何があっても、一人にはしない。
理解者がそばにいる。ここが、あなたの過去にあったことと違う。勇敢
でありなさい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

【 主イエズス様からマリー・マドレーヌに
  与えられたリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

主イエズス様:
 愛するリトル・ペブル、あなたを祝福する。あなたのために苦しみを
負う人を起し、ベッティーナとローズ・オブ・ホーリー・イノセンツの
ために、身を捧げる人を送る。あなたがたのために犠牲を喜んで捧げる
人が少ない。天は3人を助けるために、苦しみの援助者を起す。もうまも
なく、あなたがたに対する誹謗中傷はなくなるので、信頼してほしい。
いつも豊かに祝福を注ぐ。愛している。恐れないで歩みなさい。司祭の
祝福を3人にお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年7月19日AM2:25〜2:54
マグダラのマリアからのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
マグダラのマリア:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを愛しています。マグダラの
マリアがあなたにお話しします。
 痛悔の恵みを注いでいる今、自分の弱点を率直に言い表して全てを認
める勇気、これを与えました。自分が一番の罪びとであると、自覚して
神に謝って許しを願う人こそ、イエズスが赦しを与えることができる
良い状態です。謙遜こそ、どんな宝石にも勝る宝物で、贈り物です。苦
しんで、試練に合って、激しく試されて、いままで気付かなかったこと
が見えてきて、弱さを知らされたときに、自分の愚かさに驚いてしまう
経験をあなたはしてきました。一番罪深く、自分を低く見るなら、後は
それを謙遜のよすがとして、全部をイエズスに委ねてください。マリア
様に罪を痛悔する恵みをこれからも願ってください。
 愛しています。私はあなたが弱いからといって、見放すようなことは
しません。あなたの足りない勇敢さを持っているので、あなたを助けま
す。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年7月21日AM2:46〜3:44
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するちっちゃい子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福します。
聖母がお話しします。
 いっぱい傷があって、不完全なあなたたちに対して、天が痛みを一緒
に担います。愛しています。弱さを素直に言い表すことは、全て良いこ
とです。
 今、ミシェル・マリー・フランソワも、コルベ・マリーも、ぎりぎり
の状態で、一番苦しんでいます。男性の柱を全国に打ち立て、過去20年
の失敗をした苦い事柄を忘れるほどに神の計画を進ませるので、彼らの
苦しみは大きなものになっています。悪魔はリトル・ペブルのもとで
全く愛に満ちた共同体が立ち上がって、互いに手を結び、一致するのを
恐れているので、一番弱い部分につけこんで、倒そうと働いています。
一人ひとりの弱点を利用して、攻撃し、存在までも絶やそうとしていま
す。でも、神が手をあげれば、悪魔はそこから身をひかなくてはなりま
せん。周りの人に、愛する心を神は与えます。
 子供たち、深く愛し、どれほどにあなたがたの行いを喜んでいるかし
れません。今、霊戦のただなかであって、孤独が蝕もうとしています。
「愛」と「喜び」、これを悪魔は一番嫌います。「苦しむことをどうし
て喜ぶことができるか」という思いを吹き込み、「苦しんだから何かを
得ることを期待するのはおかしい」といって絶望へと落とそうとしてい
ます。あなたがたはたくさんの信仰の先輩がいます。激しい苦しみを
彼らはくぐりました。でも、「希望の徳」を彼らは与えられて、力強く
勇気に満ち溢れて、最後まで使命をまっとうしました。一人ひとりに送
られている保護の聖人と、守護の天使にいっぱいお話ししてください。
あなたがたが互いに手を取り合って会話をしているように、眼には見え
ないけれど、一緒にいる隣の人に話すように、どうか友情を持ってくだ
さい。何でも話すのです。「こんなこと話すとおかしいかな」と思って
はいけません。あなたがたが気がつかないところでも彼らは守っていま
す。話しかけられない時があっても、彼らは決して見捨てないで愛して
支えています。神に全部任せてください。ジャン・マリー司祭も苦悩の
中にあります。大きな慰めを男性は得ます。
 女子修道院に関して、マリー・レベッカは、大きな責任を負っていま
す。司祭のもとで、歩み続けてください。愛しています。天が苦しんで
いる男性の柱に介入します。
 マリー・マドレーヌは、ベルナデッタを愛して、ちっちゃな子の路線
をひいていくのです。なにもできない、人を愛することも、赦すことも
全くできずに苦しんで憎しみに陥りそうになる。このことを司祭に話し
ました。あなたの悪さは前面に出ています。ねたみぶかいことも、なに
もかもです。全部がさらけ出されて、それでイエズスによって変えられ
ていきます。何度も同じ戦いの中を行かねばならないことに関して、恐
れないで下さい。指導者が絶えず助言をすることに耳を傾けてください。
 一人ひとりを祝福します。気落ちしないでください。司祭の祝福を
お願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年7月25日PM23:41〜26日AM0:47
聖母マリア様からのメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを恵みでみたします。聖母が
あなたにお話しします。長上が言っている言葉は、彼に神が賜物を与え
ています。司祭の口から出る言葉を聴いてください。今まで私たちが
与えたメッセージをただその時限りにして、新しい事を期待するのでは
なくて、司祭が言うように、読み返してください。愛しているからこそ
言うのです。司祭の心の奥からの願いは、だれ一ひとり、失われずに、
全てにおいて従順して、最後まで使命に生きることです。
 愛する子供たち、リトル・ペブルは、神が最後の教皇として、預言者
として選びました。「このことは何度も聴いているし、判っている」と
言いたいでしょうが、あえて言うのは、本当にたくさんの子供たちが天
が語りかける言葉を聴き、恵みを受けたのに、リトル・ペブルを裏切り、
敵に回ったからです。
 慰めを必要とする人には、神は深くあわれみ、傷の治療をします。生
きてきた土台が子の中で違っているために、男性であっても女性であっ
ても、傷を受けた人については、それぞれにふさわしい方法で導いてい
ます。指導者が神の霊に忠実である限り、ずうっと一人ひとりの羊の
世話をして導きます。「自分の事が自分でよく判る」などと思わないで
ください。絶えず、揺れているのです。
 マリー・マドレーヌは謙遜の道を愛して、「これからもこの旅は謙遜
の旅でありたい」とお話ししてくれました。あなたは、司祭が言ったよ
うに、辱められていきます。もうそのことは気づいています。聖痕は、
辱められれば辱められるほど、イエズスのところに行けます。それで、
あなたの十字架を理解でき、苦しみを共にすることはどういうことなの
かを知るようになります。
 今、コルベ・マリーの心は、本当に苦しみと、怒りでいっぱいなため
に、周りに心がひらけなくなっています。彼の叫びが伝わったとおもい
ます。多くの貧しい人が福音に照らされるなら、神の愛に触れるなら
かわるということは、マザー・テレサの働きによって、証明されていま
す。でも、今は、司祭のなす事に、眼を注いでほしいと願っています。
直接司祭と話をしているので、あなたは判っていると思います。恐れな
いでください。聖母は、誰一人として見捨てるようなことはしません。
日本はカトリックの国ではないので、外国のような天の求め方とは違い
ます。たくさんの人が神を探して求めてくれることを願っています。
 いま、全員が試練の中にあります。多くの霊魂を得ようとしたら大き
な試練に合うのは当然です。いま、ここで何がされているかと言うと、
一人ひとりの心を神が砕き、火で精錬するようにしています。良い形の
器を作っているのです。
 一人ひとりに求められる道はみな違います。でも、プライドを持たな
いこと、従順に従うことなど、司祭の口を通して言われる徳の積み重ね
については同じです。男性は男性なりの誇りがあります。女性は女性の
誇りがあります。人間は、原罪を持っているので、神の恩寵がなければ
決して生きて行けません。自殺は罪です。子供たち、一人ひとりを愛し、
失いたくないということを判ってください。
 お願いですから、情報を得るためにメッセージを読むのではなくて、
助けを願って読んでください。絶えず司祭の指導に従ってください。愛
するがゆえに、厳しいことを言うのです。そして、絶えず恵みを注いで
います。イエズスの十字架を愛してください。
 司祭の祝福を特に、マリー・レベッカにお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1988年12月13日 No.29
     リトル・ペブルに(抜粋)

 間もなく教会を荒廃させる誰かが、ペトロの王座に座るだろうという
ことを、私はあなたがたに話しませんでしたか? 私達の子供たちよ、
愛のロザリオを手にし祈らなければ、その時は間もなくやってきます!
……私とともに心をこめて祈りなさい。そして私達は共に、真理の小道
を外れてしまった霊魂を取り戻すでしょう。

 愛しています、私の可愛い子供たち、そしてあなた方を私の愛の汚れ
なき御心で抱きしめます。私は信心深い人々を勇気づけたいのです。私
の汚れなき御心への奉献の内に、祈りの生活にしっかりと踏みとどまり
なさい。あなたを攻撃するであろう誘惑によって弱められてはいけませ
ん。今、悪魔はこの世に解き放たれ、霊魂を滅ぼすために飢えたライオ
ンのように歩き回っています。あなた方は今、激しい戦いのさなかにあ
るのです。可愛い子供達、霊魂の戦いです。それは単なる戦いではあり
ません。あなた方が持ち合わせているあらゆる力(勇気)とあらゆる精
神(知恵)を必要とする戦いなのです。

(注)ルシフェル(反キリストのロード・マイトレイヤ)は、すべての
  地獄の悪魔とともに今、地上にいて、霊的・精神的に直接な攻撃を
  かけています。


----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
 第1回 「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサ
 日 時  : 9月4日 午後3時〜5時30分
 場 所  : 秋田県湯沢市
         雄勝寺沢地区「観音公園」内
         キリシタン殉教碑にて

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :9月12日の午後8時 〜 聖体行列
      9月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      9月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        リトル・ペブルの「清水小屋」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :(8月は夏休みです)
       9月17日(日曜日)13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :8月27日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      9月24日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)

  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :9月16日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        リトル・ペブルの「秋田、天草、そして
          全ての日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は8月27日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「リトル・ペブルの共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]