「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年8月13日号No.318

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年8月13日号 No.318

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.今週のニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.今週のニュース
----------------------------------------------------------------
◆ 約400年前、日本人で初めて聖母マリア様に会った、
 栄誉ある「寺沢の殉教者たち」の子孫の皆さんへ

 今、秋田県湯沢市では「秋田の聖母の第2出現」が起こっています。
今から400年ほど前に、この地「寺沢」で14人の日本人キリシタン
と朝鮮半島出身の「シストとカタリナ」夫妻が殉教しました。聖母マリ
ア様は、「寺沢の殉教公園」近辺に寺沢の殉教者たちをたたえる聖堂、
男子修道院、女子修道院を建てることをお望みです。また、聖母マリア
様は、フランスの大巡礼地ルルドのように、「寺沢の殉教公園」に奇跡的
な「癒しの泉」が湧くようになることを約束なさっています。近い将来ルルド
と同じく、何十万、何百万人もの巡礼者が訪れるようになることでしょう。
どうか、皆さんの先祖をたたえるこの事業にご協力をお願いします。
この事業にご協力してくださる方は名乗りをあげてください。ご連絡を
お待ちしております。

 第1回「寺沢の殉教者たち」をたたえる荘厳ミサ

  日時: 2006年9月4日 午後3時〜5時30分
  場所: 雄勝寺沢地区「観音公園」内 キリシタン殉教碑にて

  代表:ジャン・マリー杉浦 洋 神父
    ( Father Jean-Marie of the Risen Son of God )

  連絡先:〒012-0106
       湯沢市三梨町字清水小屋14

  電話・FAX: 0183-42-2762
  E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
  ホームページ: http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 7年間の苦しみ 】

 大学を卒業するころ、また教会に行けなくなっちゃった。それから
7年ほど、ずうっと教会には行けないで過ごしたの。プロテスタントで
言う聖餐式(せいさんしき:カトリックではミサの中での聖体拝領(せ
いたいはいりょう))に出ることもだめになっちゃって、毎週日曜日が
来るとさびしい気持ちになっていった。本当にイエズスのパンと葡萄酒
(ぶどうしゅ)がほしくって、とっても心がからからに乾いたのを覚え
てる。ね、マリアさま、このときの私ってイエズスを求めてたよね。今
は本当に毎日聖体にあずかれるけど、あの頃の飢えみたいな思いは本当
にびっくりするほど今にはなくなっちゃった。なんていう私なんだろう。
真剣にイエズスを探していたのにね……。ごめんなさい、イエズス! 
「聖体を大切にしなさい!」って何度も何度も言われてる私。いま満ち
足りちゃってるんだね、イエズス!
 あのころはまったく教会に行ける状況でなくって、イエズスを信じる
人がまわりにいない寂しさ、孤独感にいっぱい浸ってた私は自殺をしか
ねないほどだったね。この悲しみは大変なものだった。なんて言葉にし
たらいいかわからないほど辛くって「神様はどこにいるんだろう」って
しか思えなかったよ。それなのに、ガブリエルちゃん、あなたを知らな
いでいた私を今の今まで守ってくれたんだね。ほんとにありがとうね!
 あぁ、神様の優しさ、こんなに心が軽い私を愛してくれるこの大きな
愛はものすごくって、ちょっとどうしたらいいかわからない!! イエ
ズスっていくら愛しても愛しきれないほどものすごい魅力たっぷりなん
だ。私はイエズスのとりこになっちゃった。そう、イエズスが私の全部
をにぎってくれてて、何もかもいっぱいいいものをくれてたんだね。私
にとって辛いということでも……。


【 私の大きな傷 】

 私は愛着形成ができないまま育って、一人でなんでもやれるようにな
るために甘えることも許されなかった。料理を作ることや女性として
できることが当たり前にできない私。高校生の頃、「家政科」っていう
ところで勉強しなきゃならなくって、眼が見えない私の将来を全部自分
の力で生きていくための生活訓練もかねた勉強だった。まわりの友達は
針仕事はなにも不自由なくやってたし、料理も楽しんで作ってた。でも、
私って本当に大変で、先生にいっぱい叱られたんだ。料理の手順を覚え
るのが当たり前で、授業はちゃんとみんなと一緒についてやってくのが
当然なんだけど、私は「砂糖をスプーンに何杯……」とかいうのが覚え
られなくってぜんぜんできなかった。それがもとで何にも作れない、み
んなにご馳走する人になれなくなっちゃったんだ。
 人を信じる、このことにもとっても大きな傷を負ってしまった私に
とって、孤独でたまらない時を過ごした。と言ってもどこか一人でいる
ことを求めていたのかな。そう思うことがときどきあるよ。
 私にとって、教会の人と交われる喜びは、学校での激しい孤独感に
さいなまれる苦悩を和らげてくれる唯一のよりどころだった。でも、い
ろいろと求めて、いろいろと教会の人たちと会って、そこでも人間関係
に悩まされるようになっていった。優しい言葉をかけられると、すぐに
人を信用してしまう私は、何度も心が通わなくなる悲しさをこの身に味
わうようになって、まさか信仰を同じく持っている人から裏切られるな
んて、思ってもみなかった。それはやっぱり人間だし、完全な交わりを
求めるのは地上ではむりなのかなと思わずにいられないほど。だから
「自分の殻」に入っちゃうし、心の空虚な自分になるのは、この苦しみ
をずうっと負ってきたからかな。
 大学を卒業して、じきに一つの病気になった。それはストレスからく
る『小癲癇(しょうてんかん)』だった。ある先生のところで歌の勉強
をしていて、とっても厳しいレッスンに私はついていくのが苦しくなっ
て、「プロになるのはむり」と言われて、練習不足からくる不安と自分
の将来をどうしていったらいいかわからなくなって大変苦しんだ。教会
にいけない苦しみと、仕事がない苦しみで私はいちじき自殺をしかねな
いほど、自分を責め続けていた。
 そして、ようやく外へ出られるきっかけができて、点字を書くボラン
ティアの人たちに間違いがないかチェックしてほしいと頼まれて、添削
(てんさく)の仕事をした。そのあと、パソコン教室がちかくであって、
パソコンを覚えて作業所で働くようになっていったの。このころから
音楽の演奏の仕事もするようになっていった。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年7月17日AM3:19〜4:17
聖母マリア様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)、あなたを祝福します。カルメル山の
聖母があなたにお話しします。
 煉獄の事が無視され、語られなくなった今、リトル・ペブルのミッショ
ンは彼らに対する愛徳に燃えてください。リトル・ペブルの彼らに対す
る愛は他の誰もが持っていないものを神から与えられ、絶えずリンボウ
と煉獄の事を忘れないで祈っています。マリー・マドレーヌに、また、
マリー・レベッカに苦しみを与えるのは、全世界の罪のつぐのいだけで
はなくて、リンボウと煉獄をもっと認識してほしいために、あえて人が
負わないような苦しみに合わせ、もっとその苦しみを喜んで捧げて貰い
たいからです。
 あなたがたの魂の弱さのゆえに重いと感じるあちこちの体の不調に対
して、聖母はよく知っています。よく判っています。多くの人がこれか
ら泉が湧くことによって癒されます。でも、十字架を進んで担う人を天
は求めています。ベルナデッタに「幸せは後の世で約束します」と聖母
は言いました。あなたがたも同じく、ベルナデッタと一緒に十字架を
担います。
 周りが癒されるのを見て、どうかねたまないでください。特にマリー・
マドレーヌは、聖痕を受けるので、全てをイエズスの聖心に、そして、
聖母の汚れなき御心にあずけてください。マリー・レベッカは子供を産
む奇跡をその身に受け、自分の眼ではっきり見ます。でも、あなたの
肉体の痛みに関しては、一つの重荷としてイエズスに一致させるために、
そのままにします。もう一度言います。周りが癒されるのを見て、どう
かねたまないでください。あえてそのようにするのは、イエズスの十字
架を愛する人がいないために、自ら進んで十字架を担わせるために聖母
が選んだからです。男性が癒されるのを見ても、ねたまないでください。
 今は苦しみを軽くして健康な生活を願う時代で、昔は苦しむという事
に非常に大きな価値を置いていました。カトリックの本来の教えは「イ
エズスが苦しまれた苦しみに私も一緒にあずかりたい」という願いを
信者が持つようにしています。でも、リトル・ペブルを中心としたミッ
ション以外はこの苦しみに対する熱望がなくなってきています。修道院
では意識されて捧げる人もいますが、それでも昔のようではありません。
 子供たち、痛みが来たときに、本当にイエズスに自分の身を生贄とし
て捧げてください。あなたがたは長上が話す言葉を『宝物』として大切
にしてほしいのです。外に出てしまったらこの事を言う司祭に会えませ
ん。全てを神の望みに従って捧げてください。これからもリンボウと
煉獄の霊魂に捧げてください。愛しています。
 マリー・マドレーヌ、あなたの身に起こる事で、恐れないでください。
耳の事も、聖痕の事についても、そして神の計画によって死に、イエズ
スに合間見える時に至るまで、全部を委ねてください。あなたはちっちゃ
な子です。「いっぱい転んで何度も同じ失敗をしているから」と言って
自分の弱さを恥じようとしています。なにもできない。それでいいので
す。へりくだらせるためにそうしています。祝福をします。司祭の祝福
をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

主イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがあなたがたを祝福する。男性の柱に選ば
れた愛する子らよ、今、悪魔は躍起になってあなたがたを苦しめ、多く
痛めている。イエズスのもとに来なさい。前、話したようにイエズスの
聖心が避難所である。なにも言えず、全てにおいて力がなくなったと
感じているときでも、イエズスは愛し、すぐそばにいる。そのままを
捧げてほしい。全て愛している。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 16日の第2ミサを夜中にしていました。ミサでは煉獄の霊魂に対する愛
を燃え上がらせ、彼らの救いのために祈り、マリア様にお願いしていま
した。ロザリオの祈りのとき、第3玉目で私は下に降りるような感覚を受
けたので、しるしがあるかを求めるために祈りをとめさせてもらいまし
た。印があるか求めましたが、在りません。すぐにサタンにイエズスの
み名によって出ていくよう私は厳命しました。続いて4玉目のとき、右手
に風を感じました。印を求めたら、『識別のための印』が在ったので、
司祭に話しました。私は「しもべは聞きます。お話ください」と言って
待ちました。その間、司祭は聖水を撒いて、ベネディクトの十字架を持っ
て『大天使聖ミカエルに向かう祈り』をして、十字のしるしをしてくれ
ました。そうして待っていたら、はっきりとした美しい声で聖母マリア
様が話をされました。
 今回、苦しみを喜んで捧げていないことをミサ前、司祭に指摘された
ばかりでした。マリア様もまったく同じことを言われ、私は本当に悔い
改める必要を感じました。ここ何日か共同体の中で、私は笑顔で過ごす
ことが少なくなっていました。それと、紛らわしい悪魔のアタックが
多く、夢も、なにもかも全く下からのものでした。15日には「おまえは
落ちた」とローキューションがないことをあざ笑うかのように悪魔に言
われるほどでした。11日以来、天からのローキューションは何も在りま
せんでした。久々にマリア様のメッセージを受け、私は初心に帰ること
を痛感させられました。
 メッセージが終わって、確認をしました。「このメッセージは本当で
すか? 印は在りますか?」と尋ねました。そうしたら『識別のための
印』をいただきました。続いて「他にローキューションはありますか?」
と尋ねるよう司祭に言われて、私は尋ねました。しばらく沈黙していた
ら『男性に』と言われる声がしました。『印は在りますか?」と私は尋
ねました。そうしたら『識別のための印』が在りました。司祭にこのこ
とを話しました。「しもべは聞きます。お話ください」と私は祈って
待ちました。そうしたら男性の声がしました。イエズス様でした。
 今回私が感じたのはチームで支えあうんだということです。互いに
担い合うことで、神様のご計画にあずかるんだなと改めて知らされた時
でした。最後に「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」
と尋ねて確認をしました。そうしたところ『識別のための印』が在りま
した。続いて司祭から「他にローキューションはありますか?」と尋ね
るよう言われて印を求めて待ちましたが、何も在りません。「リトル・
ペブルさんに伝言はありますか?」と尋ねましたが、なにも在りません。
 共同体全員が病気持ちで、悪魔によるアタックが多くなってきていま
す。ジャン・マリー司祭から「苦しい時にこそ、にこにこしなさい」と
言う助言を受けているけれども、このことに関して全員シロートなので
全く従えていません。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1989年1月7日 No.28
     リトル・ペブルに(抜粋)

 あがない主たるキリスト・イエズスのために迫害され、拷問にかけら
れ、殺され、肉体も霊魂も耐えがたいひどい苦しみを受けている子らが、
世界中に……特に共産主義圏内に何百万となくいます。彼らは、自分達
の嘆願を聴き、それに耳を傾けてくれるよう、西側諸国に頼んで大声で
叫んでいます! しかし世界は眠っています! 真っ暗闇の中にいます!
そして共産主義は少しずつ直接的に、また間接的に、ほとんど全世界を
支配しているのです。1917年に我が小さき子らに与えた私の言葉は、
今実現しつつあります。かわいい子らよ、そしてまもなく世界のあらゆ
る「制度」は崩壊するでしょう! 貨幣制度さえも崩壊します! かわ
いい子らよ、全世界の皆が反キリストと世界統一政府と世界統一教会に
対して準備するべきです。

(注)全世界の共産主義の国々が一致して、自由主義の国々を攻撃する
  密約ができています。日本も中国から侵略されます。全世界を戦争
  へ引きずり込み、全ての制度を崩壊させてから、救い主、神、絶対
  的指導者として自分自身を全人類に受け入れさせる。これが反キリ
  スト・ロード・マイトレイヤの計画です。


----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :9月12日の午後8時 〜 聖体行列
      9月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      9月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :(8月は夏休みです)
       9月17日(日曜日)13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :8月27日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      9月24日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)

  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :8月19日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は8月20日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%1%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%


 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。




[HOME] [戻る]