「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年8月6日号No.317

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年8月6日号 No.317

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%8%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆マリア様の「共贖者(きょうしょくしゃ)」のドグマ

--------------------------------
2006年7月28日PM16:57〜17:06
マリー・マドレーヌに与えられたインスピレーションと
ローキューション(名古屋共同体にて)
--------------------------------
マリー・マドレーヌ:
 私は「ベルナデッタの詩」と言う映画をみんなで見ていました。だい
ぶ最後の場面にきたときです。ベルナデッタが一番最後の御出現が終っ
て帰り道にお母さんとおばさんから「名前を聴いたの?」って聴かれて
彼女は「無原罪のおん宿りと言われた」と話をしていたときです。私は
しばらくこの「無原罪のおん宿り」という名を思いめぐらしていました。
そうしたら今まで私がマリア様の御出現を受けたとき、「悲しみの聖母」
とか「無原罪の聖母」とか「カルメル山の聖母」と言う名で話されたこ
とを思い出したんです。そうしたら「真実であることを、聖母の名前が
証明する」というインスピレーションを受けたので、ジャン・マリー
司祭に映画を止めてもらうようお願いしました。
 インスピレーションが天からのものであるか確認を取るために、ジャ
ン・マリー司祭が聖堂に連れて行ってくれました。司祭がベネディクト
の十字架で悪魔祓いの祈りをしてくれて、聖水を撒いて祈ってくれまし
た。「聖ヨゼフのいと清きみこころ、われらのために祈りたまえ」と
3回唱えました。
 ところで、何が真実である事を証明するかと言うとね、ちょうどベル
ナデッタのときにパパ様が世界に向けて発表した「無原罪のおん宿り」
のドグマがマリア様のこの御出現のタイトルによって証明された、そし
て、パパ様のドグマの発表によってベルナデッタへのマリア様の御出現
が真実であることが証明された。それと同じようなことがこれから起こ
ろうとしてるんだ。今、ベネディクト16世が発表しようとしているある
ドグマが真実であることが私に語られたマリア様のタイトルによって
証明される、それと同時に私が受けているマリア様の御出現が真実であ
ることがパパ様のドグマの発表によって証明されようとしている。この
ことをジャン・マリー司祭がその晩遅く説明してくれました。ベルナ
デッタが無知、無学、無能であったように、私も同じく、何にも知らな
いんです。
 先ほどの続きですが、聖堂に行って、印があるかを尋ねて待ちました。
しばらく待っていたら「識別のための印」をいただきました。「何か
ローキューションは在りますか?」と尋ねるよう、司祭から言われまし
た。私は尋ねて待ちましたが、印は在りませんでした。「リトル・ペブ
ルさんに伝言はありますか?」と尋ねて待っていました。私は心の中で
「リトル・ペブルさんを愛します」と祈りました。この時に一言「メッ
セージを読み返しなさい」と言われる女性の声がしました。私は印をこ
のときに求めました。そうしたら「識別のための印」をいただきました。
このローキューションが在ったことを司祭に話したら「誰が話されたか
聴いて」といわれました。私は「どなたですか? 印をください」と
お願いしたら、「聖母マリアが」と言われて、「識別のための印」をく
ださいました。それから最後まで映画を見ました。
 メッセージを読み返すと、2005年7月15日と2006年4月13日にマリア様
から「私はイエズスと一緒に人類を贖いました」と言われたことがあり
ます。私は当時、なにも知らず、このメッセージの意味がぜんぜんわか
らないまま、マリア様の言われるままに受けていました。ジャン・マリー
司祭がこのメッセージについて「贖いの共贖者のマリア様」と言われた
けれど、私はなんにも知りませんでした。けれど、これがリトル・ペブ
ルさんがパパ様に世界に発表してくれるよう、願っているマリア様の
ドグマの宣言に、おおきな影響を持つんだと後になってジャン・マリー
司祭が教えてくれたんです。
 ヨハネ・パウロ2世がマリア様のドグマを伝えようとしていたけれど、
発表するまでには行かないまま、今は神様のもとで眠っています。リト
ル・ペブルさんが今、神秘的に教皇職を行っていて、現在のパパ様であ
るベネディクト16世が「贖いの共贖者」と「恵みの仲介者」であるマリ
ア様のドグマを世界に向けて発表してくれるように、リトル・ペブルさ
んが手紙を書いています。それで、パパ様がドグマを発表されるのを
私たちは待っています。
 昔、ベルナデッタの時代の教皇様が「無原罪のおん宿りのマリア様」
のドグマを宣言したあと、天が確認するように何も知らないベルナデッ
タにドグマが真実であるとマリア様が啓示してくれたように、私自身、
全く無知無能なので、ベルナデッタが負った同じ役割を受けたと思いま
す。この映画をみている最中に「ドグマが真実であり、御出現が真実で
あることをマリア様の名前が証明する」と示されたので、私は本当に
びっくりしています。
 ベルナデッタの映画の中でベルナデッタが「無原罪のおん宿り」と言
われたけれど、その名前の意味をぜんぜん彼女は知らなかったし、自分
に現れたのはマリア様だということもわからなかったんです。ただみん
なに「貴婦人」と彼女は言っていました。ベルナデッタは、「無原罪の
おん宿り」という言葉を神父様に伝えるまで忘れてはいけないと一生懸
命口のなかで何度もつぶやいていました。この時、マリア様は「無原罪
のおん宿り」と言う言葉を彼女のなじみのある方言で言われたそうです。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 大学生活 】

 3年間、盲学校で音楽の専門の勉強をした後、無事に大学に入ったの。
大学に入って音楽を勉強したんだ。このときにまたカトリックへ行く
機会があったんだ。先生が信者で、学校でサークル活動が在ったんだけ
ど、このサークルで『グレゴリオ聖歌研究会』というのがあって、私そ
こに入ったのね。そしてね、ラテン語の文字を読みながら点字の楽譜を
覚えていったんだよ。夢を見てるようで、わたし嬉しかった。でもでも、
やっぱり難しくって、歌うのに大変苦労したの。眼が見えないのは私だ
けで、みんなに一生懸命ついていかなきゃならなかったから、とっても
緊張したんだ。
 それと、古楽研究っていうサークルにも4年生になって入って、ある
とき、フランスの作曲家が作った神様をたたえる聖歌をラテン語で歌っ
たの。オルガンの伴奏で。みんな感動してくれたみたいで、音楽会の時
の独唱だったので、とっても目立ったなぁ。いい思い出になった。
 このころ、学校の帰りにね、教会に寄ってはマリア様のメダイとか
イエズスの像など買って集めてた。なんとコレクターしちゃったんだね。
いっぱいメダイを買ったりしたよ。カトリックはきれいなものいっぱい
あるんだなって思って、それを買うのがいつの間にか楽しみになっていっ
たの。あぁ、ガブリエルちゃん、私ってなんて変なんだろうね。ちょっ
としたことで、すっごくのめりこんだり、かと思ったらさっと冷めて何
にもしなくなったりって、ほんと、何を信じてるんだろうって思うよ。
 サンダミアーノの御出現を信じる信者さんとの出会いもこのころで、
何年ぶりかに会えたんだ。そして、またマリア様による神秘的体験に
あこがれる時機を過ごしたの。数年間、私の自分の部屋で、夜にご飯を
食べて戻ってくると、甘いバラの花の香りを感じたりするようになった。
サンダミアーノの絵葉書ももらったりして自分の部屋でかざってたりし
ていたんだ。
 ある信者さんから日本の巡礼のために作られたサンダミアーノのマリ
ア様の白い像が各家庭を回るという話を聞いて、祈り会に来ないかと
誘われたんだ。マリア様に手紙を書くと言うことがあって、このときに
私「聖痕を下さい。シスターになりたい。早く洗礼受けて改宗したい」
などお願いを書いて点字のまま、マリア様に渡したんだ。この手紙は
巡礼の像の下に1日置いて、翌日にかたづけるようにとマリア様が言っ
たというので、メッセージを信じる信者さんはそのようにして、私のも
あずかってくれたの。でも、約3年ほど続いた「神秘的な香り」はある
ときなくなったの。
 このあとに、またプロテスタントの聖霊派の教会の信者さんにある駅
で声をかけられて出会ったのがきっかけで、その足で教会の牧師先生の
ところに行って、毎週教会に通うようになっていったんだ。それは確か
1月26日ごろだったと思う。3年生の終わりごろから行き始めたよ。でも、
家では猛反対にあったの。私の信仰のなさに嫌気をさした家族は理解で
きなかったんだと思うよ。それでも、わたし、行ってね、教会で聖歌隊
に入ったりして礼拝に出たよ。
 この教会では祈りをするのに日本語の祈りと違った言葉を言う祈り、
「異言(いげん)」という祈り方もしたの。聖霊を受けたらこの祈りも
できるようになるって教えられて祈ったんだ。もちろん、この類(たぐ
い)はぜんぜん違ってて悪いものなんだよ。ジャン・マリー司祭に出会っ
てから聞いたことなんだけど、この言葉で神様を呪っているんだってい
うの。「異言」として信じて祈っていたのにびっくりしたよ。だって、
「異言」で神様をたたえているとか聞いてたんだもん。
 聖霊によるバプテスマ(洗礼)は信者によって、私は受けたんだけど、
信者が人に手を置くのは許されてないんだ。カトリックでは唯一司祭だ
けが手を人に置くことができるの。でも、プロテスタントで聖霊を信じ
る教会では「信者であってもみんな訓練すれば神様が働かれるようにな
るんだから、信仰をもってしよう」って言って、祈り会の時にはみんな
で祈ったよ。わたしもそこで一緒に参加して心を合わせて祈ったりした
の。このときにね、予言の賜物(たまもの)もあって、声を聴いて予言
したんだ。これもね、実は違うの。カトリックで言うローキューション
(内的語らい)という天からの働きかけとはぜんぜん違っているんだよ。
 私はここまでひどく悪い影響を受けちゃって、しばらくこの事で苦し
まなきゃならなかった。いまでもね、とっても苦しくなることに出会う
んだ。ローキューションを受けて、この悪い影響がもろに出るようになっ
たころがあった。それは「口に言葉が置かれるようにしゃべらされる」
状態になったの。2005年11月7日ごろだった。これを司祭がいち早く
見抜いて「以前受けていた聖霊派の影響だから、口に言葉が置かれて
しゃべらされるように感じたら、すぐ止めてしるしをすぐ求めなさい。
もしこのときに不快な態度を相手が表したらそれは悪魔だから」という
助言をもらって、それ以降なにか滑らかなような感じで口に言葉が置か
れるようにしゃべらされたら、すぐとめてしるしを求めることをして
いったんだ。今ではこれが大変大きなガードになって神様に感謝してる
よ。なぜなら、聴こえてきた言葉を話す。これができるようになってき
たんだ。注意を注ぐこともだんだんできるようになった。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年7月11日AM4:39〜5:16
主イエズス様からマリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
主イエズス様:
 愛する子供たち、イエズスがあなた方を祝福する。
 愛されている息子(ジャン・マリー神父)、あなたを大きな恵みで満た
す。あなたのそばをいっときも離れず、あなたの過去受けた多くの苦し
みを癒す。豊かに祝福する。
 マリー・レベッカにお話しする。全面的に司祭を信頼して、全ての悩
み、不安なことをいっさい天に任せるように、私は言う。子供を宿すこ
とにおいても、神は生まれ出る子供を祝福しているので、どうかその子
を愛し、慈しんでほしい。
 リトル・ペブルの事は、公にされるので、そのしるしを神はリトル・
ペブル自身に与える。引き続き、彼の事を愛し、もっともっと情熱を
燃やしてほしい。『花嫁の愛』で、支えてほしい。マリー・ダニエルと
同じ道に歩む第2のソーン・ブッシュのためにも祈ってほしい。リトル・
ペブルを天は愛している。愛する子供たち、彼の事を愛し、時の人にな
る彼の名を旗印として、高々と掲げ、勇敢に進んでほしい。
 マリー・マドレーヌの傷については、よく知っているし、この苦しみ
を捧げてくれたので、いつも許しと愛を注ぎ、愛する息子のそばに置い
た。決して見放したのではないから、あなたがそのまま何もかもを捧げ
ていってほしい。子どもよ、勇敢でありなさい。祝福を送る。愛し続け
てほしい。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 10日の第2ミサを捧げたあと、私はジャン・マリー司祭と『ロード・オ
ブ・ザ・リング』を見ていました。 途中、妖精エルフのアルウェンが
アラゴルンと深く愛し合う場面があります。不老不死の身であるエルフ
アルウェンは、自分の命を捨ててまでも人間アラゴルンを愛します。け
れど、「妖精と人間の運命はあまりにも違う」ということで、アラゴル
ンはアルウェンを仲間のエルフのところに行かせようとして彼女を説得
します。そして、貰っていたペンダントを返します。彼女は「贈り物と
してあげたのだから、持ってて」と言います。そして「あなたの言葉を
信じません」とアラゴルンの愛を決して疑いません。
 人間は愛している人が今までと違う行動をしたとき、裏切りだといっ
て相手を非難しますが、エバの罪をエルフの女性はない事をジャン・マ
リーが説明してくれていました。このときに私の左目に久々に光が入り
ました。と思ったら発作を起し、そのあとは記憶がなくなってしまいま
した。私が気がついて時計を見た時間は2時50分ごろで、30分以上何も
わからないで過ごしていました。私は意識が混濁したまま、司祭に連れ
られて、2階のマリー・レベッカの個人の寝室で、ベッドに寝かされま
した。気がついたときにはそこにいました。また、睡眠中に発作が起き
るといけないので、二人が見張ってくれました。横になっていた私は
先ほど突然に発作があったことを思い出し「なにか罪が在るのでこのこ
とがあったのかな」と思ってしまって泣いてしまいました。言葉になら
ない心からの叫びのようで、悲しみを感じていました。しばらく私は休
みました。眼が覚めてしばらく横になっていました。その時に私は「こ
の苦しみをイエズス、捧げます」と祈りました。今までは発作が起きた
ときには罪責感がよみがえっていて、「この苦しみを捧げる」という
思いになれませんでした。でも「心を入れ替えて苦しいだけに終わらな
いで、捧げることに気持ちを切り替えてみよう」と思い、祈りをした私
です。この後、私の手に風を感じたので、司祭に話ました。印が在るか
尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在ったので、司祭に話ま
した。ロザリオを祈っていないときに御出現が在ったのは本当に久々で
す。イエズス様の優しい語りかけには本当に慰められました。今回重要
な言葉をたくさん言われて、ただ感謝しかありません。最後にメッセー
ジの確認をしました。「このメッセージは本当ですか? 印は在ります
か?」と尋ねたら『識別のための印』が在りました。
 「他にローキューションはありますか?」と尋ねて待っていたら『ベ
ネディクト』という名前が聴こえてきました。印を尋ねたけれど、在り
ません。サタンを追い出しました。「リトル・ペブルさんに伝言があり
ますか?」と尋ねてしるしを求めましたが、在りませんでした。再度
『ベネディクト』と言われた一言のローキューションについて、確かめ
ました。印があるか尋ねましたが、在りませんでした。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1988年12月3日 No.27
     リトル・ペブルに(抜粋)

 私はあなたたちを愛している天の母なのですから。私は世の子らを助
けるため、すべての子らの所に来ています。なぜなら、仮に私達の子ら
が(私の言葉に)耳を傾けないのなら、子らは大きな落とし穴へと堕ち
るからです……そしてそこから救い出すことは至難の業だからです。多
くの私達の子らに起こっていることがこの事なのです……今や彼らは、
子らの霊魂を破壊しようと望んで、世に待ち伏せしているルシフェルが
作ったその落とし穴にいるのです。かわいい子らよ、ルシフェルはあな
たたちを愛しません! 彼は快楽を与えるかもしれません……あなたた
ちが求める、肉体や……考えや……霊の快楽さえも。彼は、私達からあ
なたたちを引き離そうと、あなたたちをそそのかすのです。そのような
者を否みなさい! 非難するのです! そしてあなたたちの視野から放
り投げなさい。あなたたちの天の母である私に心を向けなさい。そうす
ればあなたたちを護るために、あなたたちの所へ……急いで来ましょう。

(注)麻薬、性、娯楽、スポーツ、音楽、劇、映画、それらの快楽すべ
  てに不道徳、不信仰に導く反キリスト・ロード・マイトレイヤの
  わなが仕掛けられています。ニューエイジ思想、サタニズムへと
  導かれているのです。


----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :8月12日の午後8時 〜 聖体行列
      8月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      8月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :(8月は夏休みです)
       9月17日(日曜日)13:00-16:30(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :8月27日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)
      9月24日(日曜日)13:00-17:00(ジャンマリー神父来訪)

  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :8月19日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は8月13日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%6%%


 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。




[HOME] [戻る]