「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年7月30日号No.316

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年7月30日号 No.316

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 一つの不思議な体験 】

 1990年10月に一つの不思議なことがおきて、それ以降もんもんと悩む
ようになっていったの。10月7日日曜日に教会(洗礼を受けた教会)に行っ
て礼拝に参加していたときのこと。自分の後ろから肩に手を誰かにかけ
られたような感覚が私におきて、ふっと息を吹き込まれたように感じた
の。その四日後、自分の家で、聖書を読んでたんだ。そうしたら「盲人
の眼は見え、足の不自由な人は鹿のように飛び跳ね……」というイザヤ
の預言の言葉を読んでいたら、「あなたを癒す」という声を聴いたんだ。
男性の声だったのを覚えてる。私はびっくりして心が動揺したよ。数日
後、「私自身が癒す」と言いう男性の声がまた聴こえたの。そうしてい
るうちに私の胸が激しい痛みに襲われて、火の玉がいくつも私の胸に
刺さるように感じたよ。それから、体全体が熱く、炎で燃えるかのよう
になって歌の練習もできないほどになった。母親はこんなわたしの状態
を理解できなかった。私はこれからどうなるんだろうって心の中で悩ん
だよ。
 私、あるとき聖書を読んでいて、マリア様が大天使ガブリエルから
受胎告知(じゅたいこくち)を受けたところで、、天使が、とまどう
マリア様に対して、エリザベトが洗礼者聖ヨハネを身ごもっていること
を告げて、「神様には不可能なことはない」と言った後、マリア様が
「私は主のはしためです。お言葉通り、この身になりますように」と
言って全てを受け入れたことを読み返していたとき、ものすごい慰めを
受けたんだ。
 このときにね、歯にもなにかの力を感じるようになっていったんだ。
けれど、これが全部神様からではないということを知ったのは、だいぶ
後になってから。ジャン・マリー司祭に会って、これも天からの働きか
けではないと言われた。識別と言う点では全く聖霊派に属する教会は
なっていなかった。悪霊追い出しを強調するわりには、予言に対して
全く全部神様からのものだと信じきっていたから、カトリックで言う
『識別』をぜんぜんしないでいたよ。


【 盲学校で起した一つの事件 】

 音楽の勉強をすることが盲学校でできることを知って、普通の音大を
すぐに受験するのをやめて、盲学校できちっと基礎を据えてから、大学
受験をしようっていうことになって方向転換したんだよ。受験は他の
学科の人たちと一緒だったけど、私は一番成績は最低だったと思う。た
だ、音楽がやりたいからその望みをかなえてくれただけで、先生たちは
私を学校に入れてくれたと思う。
 2年いるところを3年勉強しなくちゃならなくなった私はここでも教会
絡みで事件を起しちゃった。家出して1ヶ月学校に行かなかったの。そし
て、ここでも大きな傷を負ったんだ。そのきっかけはやっぱり「肉体の
癒し」を言う教会の信者さんとの出会いで、見えない人たちの中でも
数名「カリスマ」的な事を信じる人がいて、放課後、祈り会をしたんだ
よ。その信者の一人から「予言者」を紹介されて、電話で何度も話すよ
うになっていったの。そして、その人に会ってから私、ものすごいのめ
りこんでしまった。いろいろと話しているうちに私のことを受け入れて
くれたと私は思って、その人が教会を作ると言ったもんだから、私も
一緒にっていって家で泊まらせてもらってたの。
 ところが、この人にも最後に裏切られちゃった。私に対して、「あな
たは私を殺そうとしてる」と突然言い出したの。それはおもいもよらな
いことだった。私は『どうして? 私そんなこと思ってもいないし、殺
そうという行動もしないですよ」と言ったのに「あなたの眼がそういっ
てる」っていう返事が返ってきて警察を呼んで私を家から出したんだ。
その人と礼拝をして、歌を一緒に歌っていたときにある日「あなたの声、
小さくして。私、○○大学に入りたかったんだ。あなたの声が私より
大きかったら許さない」みたいなことを言ったのを覚えてる。それから
だんだん態度が変わってきて、私に対してとっても感情をあらわにする
ようになったの。そして、私はまた『分離』を経験したよ。
 このあと、不思議なことがあったの。家に戻ってじきに「あなたはこ
れからどうしたいのか?」と言う男性の声を私は聴いたの。私は、この
ときにも心がずたずたにされていて、これからまた学校に戻って勉強
できるか不安だったから「希望を持てるようにしてください」って祈っ
たのを覚えてる。


【 試練 】

 教会生活はもう苦しくなっていったの。受験を控えて夏は家庭教師を
つけてもらったよ。このとき、英語を教えてくれていた家庭教師の人が
カトリックの信者で、私がその人の家に行ったとき「ルルドの飴」をく
れたの。そして、くさらない水があることを教えてくれたんだ。奇跡の
水があることをこのときに初めて知ってまたカトリックに対する「憧れ」
が沸いたの。
 シスターになりたいというお話もしてみたけれど、無理だった。この
ときにはじめて「修道院に行きたい」憧れが出たの。でも、何にも当時
はわからなかったな。私ってね、このころ、カトリックのことに興味を
持ったり、聖霊の働きを強く信じるキリスト教の教会の集会に興味を
持ったり、あっちふら、こっちふらしてたな。とっても複雑って書いた
のはこのためなの。
 一つに私の眼に対する『癒し』を望んだのが影響してるんだ。「見え
るようになりたい」という思いは何度も心の中に起きたんだ。信仰はあ
るようでじつはなかったとおもう。ね、そうでしょ?ガブリエルちゃん!
 カトリックの大きな教会に行ったのもこの時機だったかな。事件を
起して騒がせた私はプロテスタントの教会にしばらく行きたくなくって、
教会に行かなかったけど、音楽を聴いたりしながらイエズスから離れる
ようなことをしないようにして過ごしてた。
 でも、音楽だけでは心に安心して寄りかかれる場所がもらえるのは
無理なんだ。あるとき、学校の図書室でカトリックのシスターに出会っ
たのがきっかけで教会に行ってみたくなったの。このときにね「ロザリ
オ」のことがふっと心によぎったの。たしか初めてカトリック教会に
行ったときみんな「ロザリオ」の祈りをしてたようにおもうの。素朴さ
に私は心打たれてて、このときに思い切ってシスターに「ロザリオがほ
しいんだけど」って話したら「教会に行ってみようか」って言われたの。
シスターはその時にお祈りの言葉を点字で書いてくれたんだよ。プロテ
スタントにはないお祈りで、マリア様の事を「お母さん」として敬って
いたのにはとっても心引かれたの。
 そして、カテドラルという大きな教会に行って初めて修道院の院長さ
んに会ってお話ししたの。そうしたら「マリア様が一緒に祈りましょう
って呼びかけているんだわ」と言って喜んで私にロザリオをくれたの。
一つのいいおもいでなの。シスターも交えて、祈るときがあったのね。
ところが、ロザリオの祈りのとき、1連祈ったあと、「栄唱」を言って
すぐに次の連に移っていったので、不思議に思ったの。私はこのときに
ファティマの牧童たちのことを思い出して「そういえば『射祷(しゃと
う)』があったよね。マリア様、どういういのりだったか思い出させて
ください」って祈ったことがあるんだ。そうして祈り始めたら「あぁ、
イエズスよ、われらの罪をゆるしたまえ。われらを地獄の火より守りた
まえ。また、全ての霊魂……」まで思い出して、しばらくこの先が思い
出せないでいたんだ。でもね、じきに「ことに主のおんあわれみをもっ
とも必要とする霊魂を天国へ導きたまえ」という祈りの言葉を思い出す
ことができたんだ。これは不思議な体験になっているよ。
 でも、祈りの言葉の多さとロザリオを一生懸命祈ったけど、なんだか
心に渇きがあって、またカトリックの信仰から離れちゃった。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年7月5日PM15:08〜15:15
聖母マリア様からの公的メッセージ
(寺沢殉教公園、殉教碑のそばで)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、この地を恵みで満たしています。恐れないでくださ
い。寺沢の殉教者、一人ひとりが支えています。司祭の祝福をお願いし
ます。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 今、私たちは寺沢の殉教者碑の前にいます。5月22日に、マリア様が
立たれたところに来ています。ロザリオの祈りを始めて第3玉目にきた
とき「恐れないで」と言われる声がしました。私はしるしを求めるため、
祈りをとめさせてもらいました。「しるしは在りますか?」と尋ねたと
ころ、『識別のための印』が在りました。私は「しもべは聞きます。お
話ください」と祈って待ちました。今回、ローキューションのときどな
たが話されたか、言われなかったため、司祭がローキューションが終わっ
た後、尋ねるようにと言われました。私は「どなたですか?」と聞きま
した。そうしたら「聖母マリアが」と話されたので「印はありますか?」
と尋ねました。『識別のための印』をくださいました。短いメッセージ
でしたが、励ましのメッセージをくださったので、本当に感謝でいっぱ
いです。メッセージがおわって、私は最後に確認をしました。「この
メッセージは本当でしょうか? 印は在りますか?」と私は尋ねました。
そうしたら「識別のための印」をいただきました。


--------------------------------
2006年7月9日AM2:53〜3:26
聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられたメッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛するマリー・マドレーヌ、あなたを恵みで満たします。聖母があな
たにお話しします。聖母の言葉に耳を傾けてください。
 あなたは公に聖痕のことを証しました。死のことについても、愛する
息子(ジャン・マリー神父)が証しました。誰も信じることができない事
ばかりを伝えているので、あなたは司祭のもとで、もっともっと身を低
く天の語り掛けに対して信頼してください。あなたは、聖痕を受けたと
きに、多く質問されて苦しむことをベルナデッタを通して感じています。
過去の幻視者、神秘家は、いろいろな苦しみを負わされ、精神的な苦痛
を味わいました。あなたの耳が聴こえなくなるということも、多くの人
は、信じないであざ笑っています。人は、光に照らされなければ誰も
イエズスと、マリア、ヨゼフと、天使、そして、神が立てた預言者リト
ル・ペブルの事を理解することはできません。恵みがその人を照らして
ようやく心が開かれます。
 今や、聖痕の奇跡は、遠い昔話のように語られ、おとぎばなしの一つ
としてかたずけられる時代となっています。今、ジャン・マリー司祭に
よって、多くの先入観を天は壊そうとしています。聖痕が与えられるの
は、聖職の人、また、特別に選ばれた聖人と呼ばれる人だけにしかもら
えないという考えが一般的でした。でも、彼らも最初は平信徒だったの
を皆は忘れています。 素朴であってください。マリー・マドレーヌ、
怖がらないで司祭を愛し、ついていってください。天が望む事に敏感に
なってほしいのです。
 愛する私の息子(ジャン・マリー神父)、あなたを祝福します。あなた
は今までと変わらず、天の計画に素直に従い、羊たちを導いていってく
ださい。祝福をします。どうか、ベルナデッタの保護を願ってください。
神の御旨を求めてください。愛しています。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 8日の第2ミサをしていた私は今回大変無気力状態で、ジャン・マリー
司祭が聖歌を歌っているときにはただ一緒にオルガンを弾くだけの心の
状態でした。司祭が歌うから私はそれについていく。ただそんな状態で
心が大変重くなんにも言えませんでした。ロザリオの祈りの時にはまた、
左目に光が連続して入る感じを受けました。その時に司祭にお願いして
聖水を撒いてもらって祈ってもらいました。1度印を求めてみました。
でも、印は在りません。私はサタンに出て行くよう、命じました。それ
でも、その光が連続して左目に感じるのはおさまりませんでした。大変
な悪魔のアタックでした。
 ロザリオを祈ったあと、私たちはシドニー・ペニー主演の映画「ベル
ナデッタ」をビデオで見ました。途中、ジャコメ刑事に尋問されている
ベルナデッタの場面を見ていたときです。私の右手に風を感じました。
司祭に話をして途中でビデオを止めました。私は聖堂に行って、印が在
るかを尋ねました。そうしたら『識別のための印』が在ったので、司祭
に伝えました。司祭とマリー・レベッカは一緒に『大天使聖ミカエルに
向かう祈り』を祈ってくれました。私はこのとき「しもべは聞きます。
お話しください」と祈って待ちました。聖母マリア様が話をしてくださ
いました。
 今回のメッセージは大変重かったです。聖痕を貰うことについて改め
て深い謙遜を教えられました。最後にメッセージについて、確認をしま
した。「このメッセージは本当ですか? 印は在りますか?」と私は尋
ねました。そうしたら『識別のための印』をいただきました。このとき
に録音機のメモリの容量がなくなったので、マリア様に「ほかにロー
キューションとリトル・ペブルさんの伝言が在ったら、録音の時間がな
くなったので明日にお願いします」と言ってほしいと司祭から言われま
した。私はそのように言いました。「長の望みです」と付け加えました。


--------------------------------
2006年7月10日AM3:39〜4:10
聖母マリア様からの公的メッセージ(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子、マリー・マドレーヌ、聖母があなたにお話しします。ベル
ナデッタのように、あなたは単純で小さい子のままでいてください。イ
エズスの痛みをもっと負うことになります。弱さを恥じないで、神から
賜った「宝物」として大事にしてください。
 天はあなたに何が在るかをこれから伝えます。あなたは、司教に会い
ます。ジャン・マリー司祭と一緒に、そしてここにいるメンバーも会い
ます。ベルナデッタの単純さと素朴な信仰を見習ってください。彼女に
取次ぎを全員、ここのメンバーは特に願ってください。マリー・マド
レーヌにイエズスの十字架をおわせます。喜んで身を任せてください。
たくさんの事業のために、どうか罪びとの改心を願って犠牲を捧げてく
ださい。ミシェル・マリー・フランソワも一緒に会うので、彼の全てを
天は支えていきます。あなたがた5人は神の御旨に一致する働きをする
ことができるように祈ってください。
 深く愛し、罪を許しています。神のなさることは全て最善です。子供
たち、恐れないで進んでください。天使と聖人の取次ぎをもっと一人ひ
とりが願ってください。謙遜になることを求めて聖母を慕ってください。
正しい道に聖母は導き、あなたがたから決して離れません。子供たち、
一人として愛されていない人はいないのです。みなを祝福します。司祭
の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

マリー・マドレーヌ:(状況説明)
 昨晩に引き続いて、ベルナデッタの映画を見ていました。全部見終わっ
たときに私の左肩から腕にかけて激痛を感じました。今までにない重い
痛みでした。私はこの痛みがあることを司祭に話ました。聖堂に行って
しるしを求めました。司祭とマリー・レベッカも一緒に『大天使聖ミカ
エルに向かう祈り』を祈って、司祭は聖水を撒いてベネディクトの十字
架で十字の印をしてくれました。私はこのときにベネディクトの十字架
を手元においていませんでした。お願いして取ってきてもらいました。
私は「印は在りますか?」と尋ねたら『識別のための印』をいただいた
ので、ジャン・マリー司祭に伝えました。そして私は「しもべは聞きま
す。お話しください」と祈ってローキューションに備えました。そうし
たらはっきりとした声で聖母マリア様が話しをしてくださいました。
愛情にあふれた優しい語り掛けでした。私は本当に謙遜になりたい、た
だそれだけしか今は言えません。「どうか神様の御旨がなりますように」
という思いでいっぱいです。最後に確認をしました。「このメッセージ
は本当ですか? 印は在りますか?」と尋ねたら『識別のための印』が
ありました。続いて「他にローキューションはありますか?」と尋ねて
印を求めましたが、在りません。「リトル・ペブルさんに伝言はありま
すか?」と尋ねましたが、印は在りませんでした。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
大天使聖ミカエルからの警告 1988年12月3日 No.26
     リトル・ペブルに(抜粋)

 黙示録の御言葉は日毎に起こっている。邪悪な者はまもなく世に現れ
るであろう。そして全世界に荒廃をもたらすのだ。だから愛する子よ、
そして子供たちよ、始終準備しておくのだ! 剣はまもなく振り降ろさ
れ、聖にして母なる公教会内に大分裂が起きる! その後あなたたちは
「善」と「悪」が分かるであろう。「中間」というものはないので、そ
の後混乱はなくなる。しかしただ二つの道しかない − 一つは天へ続
く道、もう一つは「破滅」の深淵に落ちる道である。

(注)ルシフェルは、自分を神であると信じています。受肉してロード・
  マイトレイヤとなり、自分を神・メシヤとして示しています。ニュー
  エイジャーのように反キリストのロード・マイトレイヤについて行
  くなら地獄に行きます。


----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :8月12日の午後8時 〜 聖体行列
      8月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      8月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :(7月は夏休みです)(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :(7月は夏休みです)(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :8月19日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は8月6日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%




[HOME] [戻る]