「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年7月23日号No.315

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年7月23日号 No.315

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.マリー・マドレーヌの自叙伝
 2.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 4.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 洗礼を受ける 】

 高校生になってすぐ洗礼を受けたの。このときに母親も一緒に参加し
たよ。そのあと、なんとなく母親との距離を感じて母親とはあまり話せ
なくなっていった。


【 音楽の勉強 】

 将来音楽の事で仕事ができたらいいかなって思っていて、ピアニスト
が良いのか、歌う人になったら良いのかわからなくて悩んだの。そうし
ているうちに「音楽コンクール」にでてみないかって学校の先生に言わ
れて、参加したよ。将来、どちらにするかを決めるため、ピアノの部門
と歌の部門に出たの。ピアノは先生について習ってたけど、歌は全く
勉強してなくて、合唱で歌ったり、教会で歌うだけだったから、先生に
ついて習ってはいなかったんだ。このときにラテン語の歌を私ね、歌っ
たの。どっちかをやることを決めるために受けたコンクールはなんと
両方優勝しちゃったの。盲人の学生だけがでるコンクールだったのね。
そのあと、先生に相談して歌をすることに決めたんだ。


【 信仰の試練 】

 教会へ通うことはこれから先、とっても複雑になっていったよ。そう、
友達につれていってもらって初めて「カトリック教会」に行ったのが
高校2年生ごろかな。その頃に初めてマリア様の事を詳しく聞いたの。
教会にはマリア像があって聖堂に入ったときにとってもあったかい雰囲
気がして何か不思議なことを感じた。今まで行っていた教会にはない
あったかくて優しい空気だったの。このときに友達がマリア様の事を書
いた本をテープで録音してくれて私にくれたの。その本にはマリア様が
たくさんの場所で出現されてみんなにお話しをされて奇跡も起されてい
るっていうお話しだった。このときにリトル・ペブルさんというお名前
を初めて知ったんだ。その時にね、マリア像をもらった記憶があるんだ
けど、家では自分の机には置いてはいけなくてかたずけられちゃったん
だ。どこにいったか私はぜんぜん知らないの。このときにね、友達に
「ロザリオの祈り」とかパドアの聖アントニオに忘れ物とかなくしたの
を見つけてくれるようにお祈りをしたりしたの。
 私は音楽の勉強をするためにいろいろしたけれど、高校を卒業して
大学にはすぐにはいけなかった。1年間、家にずっといて、大学に入る
ための受験勉強をしたの。もちろん、このときには教会に行かせてもら
えなくなった。私はとっても辛くて、あるときに「自分は能力がないし、
生きてたってなんになるんだろう」って考えて、生きるより死んだほう
がいいみたいに思ったの。
 ある友達が聖霊派の教会に通う人を紹介してくれたんだ。1990年8月
1日、韓国の人たちが集まる教会(家の教会だった)に友達と行って、こ
こで不思議な体験をしたんだ。聖霊によるバプテスマ(洗礼)で、信者さ
んたちが私のことで祈ってくれて、牧師先生が按手(あんしゅ)をして
くれたんだ。体にものすごい力みたいなものを感じて、横に倒れてしば
らく息がはずんでた。聖霊を受ける前と按手されているときにいろんな
予言が信者さんから出ていたよ。「天使が眼に刺さってるとげを抜いて
る」とか、「大きなひしゃくで永遠の命の泉から水を飲んでる」とか
「足の指先から鋭いものが出てる」とか……。予言をしていた人の中に
は男の子もいたよ。「『この鋭いもの』とはいったいなんですか?」と
牧師先生らしい人が聞いていて、「神を求めている」と男の子が答えた
んだ。このときに聖霊を受けなさいって言われて、按手されたんだけど、
みんな泣きながら祈ってたなぁ。
 このあと、2週間して、大変なことを経験したんだ。これが大きな
信仰によるトラウマになって自責の念にかられる一つのきっかけになっ
たんだ。どういうことかと言うと、私、ものすごい渇きを感じて、教会
にいけないけれど、この教会に行って求めようと思って行ったんだ。そ
うしたら「あなたは聖霊をけがした。聖霊があなたから取り去られた」
と言われて、泣き伏してしまったんだ。実際、親の言うことを聞かない
で罪を犯してたから、そうなんだろうとは思っていたけど、聖霊による
洗礼を2週間前に受けたばっかりで、ものすごい恐怖を感じさせるよう
なことを言ったもんだから、私はものすごい心が砕けちゃった。
 それが心の中に大きな傷となって、ジャン・マリー司祭に会うまで、
癒されなかった。一つの信頼が崩されてしまって、それ以降教会の人と
は話もできなくなっていったんだ。人を信じていたけど、ここで分離を
味わって、不信になっていったのかなと私は思う。
 この後も、浪人中というのもあって精神的な不安定はずうっと続いた
んだ。英語もままならない状態で、家庭教師をしていた人に会うまで、
プロテスタントの教会でしばらく過ごしたんだ。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年7月1日PM22:38〜22:56
聖ヨゼフ様からのメッセージ(名古屋共同体にて)
--------------------------------
聖ヨゼフ様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福する。ヨゼフがあなたがたに話を
する。
 一人ひとり愛されている子供たち、あなたがたの働きに関して、天は
どれほどに慰められ、大きな喜びを得たか。私たちは決してあなた方の
ことを忘れていない。ますます勇敢であり、リトル・ペブルの事を伝え
ていってほしい。
 愛するマリー・マドレーヌに話をする。痛みを捧げ続けてほしい。ヨ
ゼフは最後まであなたを捨てず、イエズスの養父としてイエズスを護っ
たように、今、愛する息子(ジャン・マリー神父)が私に頼んでいること
を全て聞いているので、あなたの行くべき道を全てまっとうさせるため
に、決して見捨てない。だから、イエズスに会うことをもっともっと
楽しみに憧れてほしい。リトル・ペブルの教皇職の真実性と正当性を
証(あかし)するために、あなたにはこれからみなが信じるようになる
ために、身を持ってしるしが与えられるので、十字架を負って歩むよう
に、私はあなたに言う。
 愛するロンジン・マリーと、フランソワ・マリーは、これからますま
す互いに固く愛し合って、新しく来る子供たちのために情熱を傾けて
いってほしい。それぞれに神から与えられた能力に従って神の事業を
行ってほしい。小さい子供たちを神は深く愛しておられるので、どうか
一人ひとりの手を取って、イエズスとマリアのところに導いてほしい。
 イエズスの喜びである愛する息子(ジャン・マリー神父)をはじめ、
子供たちにこれからも豊かに恵みを注ぐ。雄々しくありなさい。天使と
聖人とともに、この共同体を祝福する。司祭の祝福をお願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

聖イメルダ・ランベルディーニ:
 愛する皆さんにイメルダがお話しします。みんなは聖体を拝領して
あまりの嬉しさで死んでしまって、天国に行った私のこの奇跡について、
「なんで?」と何百年も言っているし、今は「そんな馬鹿なことないよ」
って言われてしまう時代になってしまっています。ただ、私はイエズス
が大好きで、「本当にご聖体と一緒にいたい」、それだけが私の思いで
した。
「なんにも、難しい知識のお話しは、私にはわからない」 その単純な
思いだけが神様に喜んでもらえる。このことをお話ししたくてここに
来ました。天国にはちっちゃい子がいっぱいいます。優しいお兄さんも
お姉さんも、そしてお父さんも、お母さんも、たくさんいて神様のとこ
ろで神様を心から喜んで礼拝して、イエズス様とマリア様にいっぱい
お話しています。
 みんなに言います。どうか泣いてるマリア様の胸に飛び込んで「お母
さん、私の悪いところをゆるしてね」と言ってほしいんです。みんな、
ちょっとの楽しみで満足しないでほしいんです。イエズス様とマリア様
はどのように友達を愛したらいいか、教えてくれるし、天使が一人ひと
りにいるんです。大好きなみんなのことをいつもそばにいて護ってくれ
ています。
 「イエズスは神様だから、とっても遠くて私にはわからない」なんて
言わないでほしいんです。馬小屋で生まれてくれました。一番汚いと思
う場所で、すごく寒いのに、たくさんの天使が護るなか、赤ちゃんと
なってくれたんです。そして、同じくいっぱい遊んで、いっぱい神様の
ことをみんなに伝えてくれました。ちっちゃいかわいいみんなは、同じ
人間になってくれたイエズスのそばに行くことができます。怖がらない
で「私のこと、好きなんだね。ありがとうね」と話してみてください。
イエズスは、本当にちっちゃい子が大好きなんです。
 マリア様はお母さんだから、いつもみんなを抱きしめています。いっ
ぱいかわいがってくれます。悪いことしちゃっても、おこって放り出す
お母さんじゃないです。「ごめんなさい」の一言が聞こえると、もう
「大好きだよ」って言って、やさしく抱きしめてくれます。
 やさしいマリア様とイエズス様がみんなのことを祝福してくれます。
どうかイエズス様と、マリア様のところに来てください。神父様に祝福
をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年6月22日PM18:03〜18:41
主イエズス様からの公的メッセージ
(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
主イエズス様:
 愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたに挨拶をする。イエズスが
あなたに話をする。私の子よ、あなたの全てを持って私に捧げてくれて
いる。聖体に養われてあなたは恵みを受ける。愛する息子(ジャン・マ
リー神父)に従い、これからも歩み続けてほしい。
 私の母、汚れなき御心のマリアは、日本の事で大変悲しみ、憂いてい
る。「互いに愛し合え」。この教えに従えず、分裂をしたままであり、
愛する息子(ジャン・マリー神父)の進めている神の計画に対して、批判
し、讒言(ざんげん)を言うまでになってしまった。天は日本に選ばれ
た子供たちを深く愛し、一致をすることができるよう、ねがっている。
 愛する息子(ジャン・マリー神父)、私はあなたを強め、祝福する。あ
なたは福音を適切に語り、多くの若者に真理を教えるように力を与える。
福音を愛し、実践するあなたを悪魔は攻撃して、困らせようとあなたに
働いているが、私は全く新しい人をこれからあなたの助け手として送る。
絶えず祈り、幼子のままで歩むあなたを深く愛している。
 子供たち、あなたがたにお願いする。どうか、日本の選ばれた子供た
ちの一致のために祈りをしてほしい。リトル・ペブルを愛し、彼の苦し
みを担うように、私はあなたがたに伝える。祝福を送る。司祭の祝福を
お願いする。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


【 聖母マリア様からリトル・ペブルさんへのメッセージ 】

聖母マリア様:
 愛する私の浄配であるリトル・ペブル、あなたを深く愛し、祝福を送
ります。聖母はあなたの困難のなかにも愛は変わらず、すぐそばにいて、
涙を拭いています。私の愛しい子、リトル・ペブルよ、勇敢でありなさ
い。
 敵は勝ち誇っています。でも、彼らは天の主に対して手を上げたので
す。彼らは、神である主の前に大いなる罪を犯しました。罪の許しを請
うならば、神はあわれみ深い方ですから、ゆるします。でも、もし最後
まで許しを願うことをこばむなら、神は彼らを裁き、大いなる屈辱を身
に受けることとなります。あなたはあなたを苦しめる敵に対しても寛容
で、祈りを捧げてきました。天はあなたの愛の寛大さを喜んでいます。
神に全て任せなさい。あなたを豊かに祝福します。全世界の子供たちの
ために、引き続き、祈ってください。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
3.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
マリア様からの警告 1988年6月13日 No.25
     リトル・ペブルに(抜粋)

 あなたたちは今、ルシフェルが地獄から解き放たれ、自ら肉体をとも
なって、御子に奉献されたすべての子らを引きずり込もうと地上を歩い
ている時代に生きているのです。彼は今、自分のものとなる者を集めよ
うと世界を徘徊しています! 彼はまた、天国に至ろうとしている全て
の霊魂を奪い集めようと望んでいるのです。ですからかわいい子らよ、
あなたたちが持つ頼みの綱は、たくさんの祈りと、多くの償いと犠牲し
かありません。

(注)ルシフェルが受肉して人間となったことは、世の初めから今まで
なかったことです。そのロード・マイトレーヤと手下の全てのサタンの
力を弱めることができるのが「ロザリオの祈り」です。ロザリオの祈り
は、サタンののどもとに剣をつきつけるようなものなのです。


----------------------------------------------------------------
4.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :8月12日の午後8時 〜 聖体行列
      8月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      8月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :(7月は夏休みです)(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :(7月は夏休みです)(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :8月19日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は7月30日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%2%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%3%%




[HOME] [戻る]