「箱舟の聖母」バックナンバー
2006年7月9日号No.313

 マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたの購読料はマリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は永遠に忘れません。

 お申し込みはEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さんにも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」となり、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで与える者を神は愛される」、これが私たちの宣教事業の基本理念です。

◆マテオによる聖福音10章27節
「私がやみの中で言うことを、あなたたちは明るみで言え。耳をあてて聞くことを、屋根の上から知らせよ」

◆マテオによる聖福音10章42節
「この小さい者の一人に、弟子として冷や水の一杯でも与える人があったなら、まことに私は言う。その人は報いを失わぬ」


ご注意
■ お申し込みは下記住所宛にEメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願いします(商行為でも契約でもありません)。  〒467-0014 名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3 箱舟の聖母社  郵便振替 00880−4−204678
■ トラブルを避けるために、必ずご本人様でお申し込み下さい。いかなる理由でも、ご送金後の返金はできません。お申し込みから登録まで2週間程度かかりますので、あしからずご了承下さい。
■ 本誌読者=「聖シャーベル修道会会員」ではありません。どのような立場の方でも歓迎いたします。
■ これを用いてマリア様の事業を攻撃する人には送付を打ち切ります。また災害・戦争など、やむを得ない事情の際も送付いたしませんが、ご了承ください。


%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

        「 箱 舟 の 聖 母 」

       2006年7月9日号 No.313

   毎週1回発行:Eメール版 年間3,000円(ご寄付)
          郵送版  年間10,000円(ご寄付)
  http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
      E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp
       ( 等幅フォントでご覧下さい!)
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%7%%
----------------------------------------------------------------
    箱舟の聖母、
       我らが御母聖マリア、
         キリスト信者の助け
----------------------------------------------------------------

◆今週号の目次

 1.聖シャーベル修道会ニュース
 2.マリー・マドレーヌの自叙伝
 3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
 4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
 5.お知らせ



----------------------------------------------------------------
1.聖シャーベル修道会ニュース
----------------------------------------------------------------
◆聖シャーベル修道会、「幼な子」宣言!

イエズス様:……これから小さな子供たちが送られてくるので「幼な子
 路線」でいくように。幼いイエズスを求めて、イエズスの絵をパンフ
 レットに描いて伝道するなど、いろいろなアイデアを用いて、まだ
 イエズスのこと、私の愛する母マリアのことを知らない小さな子供た
 ちに伝えていってほしい。……
 (2006年6月28日、マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ)

マリア様:……愛する子(マリー・マドレーヌ)あなたを祝福します。あ
 なたは「幼な子」であってください。それが天に喜ばれるからです。
 ……あなたは知識も何もありません。私は知識を持つ人を辱めるため
 にあなたを使います。この共同体に属する人たちはみな知識を持って
 いません。全て神から賜った知恵、知識をただみなは使っているにす
 ぎないのです。多くの人たちはこのことを忘れています。
  聖ベルナデッタを見てください。彼女は純真で何もわからず、ただ
 私が伝えるままを司祭に話し、多くの苦しみを負いました。あなたは
 いま知識のある人たちに眼を向けようと心が揺れました。あなたは
 彼らに対して、恐れてはなりません。あなたは自分をもっともっと
 見下げることで十分に恵みを得ます。本当の謙遜を聖母に求めてくだ
 さい。私はこれをあなたに伝えます。……
 (2006年2月24日、マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ)

聖ヨゼフ様:……これから送られる子供たちはみな「幼な子」であるよ
 うに神は望まれている。多くの傷を抱えているので、彼らはただ、リ
 トル・ペブルを愛し、彼を信じること、これだけが要求される。ミサ
 にあずかるときでも「お母さん、愛します。助けてね」という心で
 あずかってほしい。彼らにはそれだけが望まれる。何も形を彼らに
 要求してはならない。……
 (2006年4月20日、マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ)

 今、天は私たちに「幼な子」であるように望まれています。この路線
で、ホームページ、「箱舟の聖母」etc も全面的なリニューアルを検討
しています。最初は幻視者たちに与えられたメッセージを皆さんに配布
するだけでした。次の段階は、過去の教訓を学び、まがりなりにも修道
会を立ち上げ、リーダーたちを養成することに力点をおいてきました。
そして今なお戦力は不十分ですが、いよいよ第3世代の子供たちに向け
ての宣教の段階へと入っていくわけです。「箱舟の聖母」でも「聖ヨゼ
フの百合」の連載が終わり、新しく「マリー・マドレーヌの自叙伝」の
連載が始ります。これまでの経験を生かし、「実戦応用編」に入ってい
くわけですね。
 天はこの腐敗しきった終末の時代に、小さな子供たちを「使徒」とし
て立てることをご計画なさっておられます。これは終末の時代における
神のご計画の一つで、神の神秘です。なぜなのか、どのようにしてなの
か、私たちにはわかりません。しかし、この「幼な子路線」は、これら
の実際の小さな子供たちだけに当てはまるのではありません。私たち
「大人」にも当てはまるのです。イエズス様は福音の中でおっしゃいま
した。「……あなたたちが悔い改めて子供のようにならないなら、天の
国には入れぬ。誰でもこの子供のようにへりくだる人が、天の国では
いちばん偉い人である」(マタイによる福音書 第18章 3〜4節)
 あなたはこの福音を単なる「たとえばなし」だと思うかもしれません。
しかし、これは単純で偉大な真理です。大人でも「幼な子」になれます。
「幼な子」の特徴は単純さ、素朴さ、そして信頼です。外面は大人でも、
その霊魂がこれらの特徴をもっているのです。よく見てごらんなさい、
アシジの聖フランシスコを始め、「偉大な聖人」と呼ばれる方々はみな
「幼な子」の霊魂の持ち主です。これは不可能なことではありません。
皆さんも「幼な子」になることができるのです。
 最後に、皆さんの理解を助けるために、マリア・ワルトルタの著作か
ら一つのエピソードを紹介しましょう。これはイエズス様が公生活を
始められて間もない頃のエピソードです。

 ……イエズスはある果樹園に腰掛け、一人の農夫から捧げられた果物
 を食べている。農夫の話からすると、イエズスは先ほど既に話をした
 らしい。
「あなたの渇きに応じるのが私の喜びです、先生。あなたの弟子は、あ
 なたの上智について話していたが、それでも私たちはその話を聞いて
 すっかり驚いてしまいました。ここは聖なる町エルサレムに近いので、
 果物とか野菜とかを売るために、しばしばそこへ行きます。その時、
 神殿にも上って、ラビたちの話を聞きます。いえいえ、そこでは、あ
 なたのように話しはしません。私たちは帰る道々、よく言い合うもの
 です。『そのとおりだったら、だれが救われるものか!』 それに引
 きかえ、あなたの話を聞くと、心が軽くなったような気がします。
 大人なのにもかかわらず幼な子に戻る心、私は粗野だから、ちゃんと
 説明できないが、あなたはよくわかってくださると思います」
「ええ、分かりますとも。あなたが言いたいことは、大人らしい真面目
 さと、物事を知り尽くしていても、神の御言葉(みことば)を聞くと、
 心に素直、信仰、純潔が、また生まれ、悪意のない、罪のない子供に
 戻るという感じがすると、こう言いたいのですね」
「そう、本当にそうです。この方といつも一緒にいるあなたたちは、ど
 れほど幸せか」……
(マリア・ワルトルタ著「イエズスに出会った人々」pp246-247)

 「福音」とは、このように非常に単純素朴なものなのです。私たちが
アシジの聖フランシスコや聖ベルナデッタにあこがれるのは、彼らが
単純で、素朴で、神様への絶対的な信頼をもっているからです。知識、
能力、年齢は関係ありません。あなたが本当に望めば、「幼な子」のよ
うになり、天国に入ることができるのです。私たち日本の聖シャーベル
修道会は、この「福音」の原点に戻ろうとチャレンジを始めます。



----------------------------------------------------------------
2.マリー・マドレーヌの自叙伝
----------------------------------------------------------------
【 献呈 】

 この本をリトル・ペブルさんに捧げます。私の生涯全てを導いてくれ
た御父と、イエズスに、聖霊に捧げます。そして、私のことを育てて
くれているマリア様、ヨゼフ様に捧げます。


【 序文 】

 イエズスが大好きで、イエズスの行くところに一生懸命ついていった
マリー・マドレーヌの話です。私、マリー・マドレーヌは今、自分の
人生をふりかえってみようと思います。まだ自分の人生をふりかえるよ
うな年ではないけれど、イエズスのもとに行く日が近いことを告げられ
たので、いっぱい貰った喜び、苦しみを書いてみようと思ってここに
記すことを決心しました。
 天の皆さんが本当に惨めで弱いちっちゃい子で人の手を借りないと生
きていけない私にいっぱい恵みをくれたので、感謝と讃美をここに捧げ
ます。そして、いっぱい失敗したこと、いっぱい学んだこと、みんなと
出会ってもらった宝物をここに書いていきたい、そう思います。
 皆さんのなかには、マリア様に惹かれて、優しいマリア様みたいにな
りたいと憧れを持っている人がいるとおもいます。マリア様は、優しい
お母さんなのに、実は私はなぜだかマリア様が怖い! 祈るのもままな
らない、そんな私なんです。マリア様恐怖症を抱えている私は、女性と
して生まれたのに、ある傷がもとで「女性恐怖症」になっているんです。
女性とうまく付き合えない、うまく意志の疎通ができないんです。何か
あると、比べてしまったり、そのことから発展して妬む心が起きちゃっ
たり……。不親切なことをしたり、言っちゃったりする私なの。
 あるときシスターになりたいと憧れを持ったけれど、女子修道院に
入らなくてよかったってつくづく思うほど、私の心は汚くって見るにも
耐えられない。自分のしたくない行動を相手にしちゃったりするんです。
マリア様に最近「助け合って、互いに愛し合いなさい」って言われたの
にぜんぜんできないの。なんかトラブルと、自分が何をしてしまうか
こわくって。
 でも、こんな私を「今まで生きてきた人生で出会った人たちの中で
一番私を愛してくれた仲間」は、やさしくって、私のことを笑いながら
見守ってくれるの。そして、天の皆さんはめちゃくちゃわるい私をいつ
も導いて、甘えることを教えてくれるんだ。このこともみんなに知らせ
たくて書いていきます。
 天の不思議な出来事に興味を持つみんな、実は生まれる前からみんな
の事を「だいすきだよ」って言ってくれるイエズス、マリアさま、ヨゼ
フ様、、天使たちがいること、知ってほしいな。ヨゼフ様の保護のもと
で、そして私から離れないでいつも守ってくれる天使ガブリエルちゃん
に助けてもらいながら書いていきますね!

2006年5月1日(労働者の保護者、聖ヨゼフの祝日)
聖シャーベル修道会第3部門修練女
マリー・マドレーヌ(スギウラリツコ)


【 マリー・マドレーヌは本当にちっちゃかった! 】

 私、マリー・マドレーヌは7ヶ月で生まれて、体重は何と1050gだった
んだ。このときは寒い冬。私は冬に生まれたのに、冬は大の苦手。7ヶ
月で出てきちゃったもんだから、「早く飛び出しすぎ!」なんてよく
言われたよ。3ヶ月間、保育器に入っていて、その間に酸素を入れすぎ
て網膜をやられちゃって眼が見えなくなっちゃったの。『未熟児網膜症』
っていう病気なんだよ。瞳の部分がにごっていて、『見る』という機能
がぜんぜん使えなくなったの。手術はできないんだ。「網膜は脳に近い
ところにあるから不可能なんだ」とお医者さんに言われたんだよ。この
ときに1ど死にかけたんだよ。でも、神様は私に生きるようにって守っ
てくれたんだ。見ることはできなくても「明るい」とか「暗い」は判る
ように神様はしてくれたの。そして、退院したよ。
 ところがね、最近、眼に感じる光は強いのじゃないとだめになったっ
て、今日司祭が私に言ったの。つまり、電気の光はぜんぜん判らなく
なっちゃったの。太陽からさす光はかろうじて判る、そんな眼になっ
ちゃった。洸郭っていうらしいんだけど、光を眼に感じることができる
程度はね、みんなそれぞれで、私はこの光を感じる力も落ちてきたんだ
なって思うよ。昔は白い車が止まっていたら、私が道を歩いていたとき
に、光の反射で1メートル以上離れてその車が在るのを眼で感じること
ができたくらい良かったの。それから道路にある白線を眼で追いながら
歩けたんだ。光の反射で、眼に感じたんだと思う。



----------------------------------------------------------------
3.マリー・マドレーヌ杉浦律子に与えられたメッセージ
----------------------------------------------------------------
 100%天からのものであるメッセージはありません。幻視者・神秘
家に与えられたメッセージについて、その中に含まれている天からのも
のと、そうでないものとの識別は、それを読む皆さん自身の自己責任で
す。「153本の聖ヨゼフの百合」(箱舟の聖母社)の後半にある「メッ
セージの識別について」の各章を参照してください。

--------------------------------
2006年6月20日PM16:46〜17:23
聖母マリア様からの公的メッセージ(秋田県湯沢にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福します。聖母がお話しします。
 どうか聖体を愛し、崇敬してください。あなたがたを深く愛し、いつ
もあなたがたの事を守っています。一番弱い、何もできないまでに弱く
自分を低くしたイエズスを見てください。あなたがたはこの無防備と言
うまでに自分を弱くした聖体の愛をどうかおろそかにしないでください。
 リトル・ペブルは、深く聖体を愛し、いつも聖体に一致して全世界、
全リンボウ、全煉獄のために身を捧げています。そして、ここにいる私
の愛する息子(ジャン・マリー神父)も、一時たりともリトル・ペブルか
ら離れず、彼の精神を引き継いで、まったき愛を持って彼(リトル・ペ
ブル)に仕えています。リトル・ペブルが聖体を愛するのと同じく、愛
する息子(ジャン・マリー神父)も深く聖体を愛しています。
 マリー・レベッカにお話しします。どうか、弱い聖体を黙想して、こ
れから来る子供たちの弱さの中にイエズスがいると思って彼らを愛して
ください。いつも聖母があなたを愛し、導きます。
 マリー・マドレーヌにお話しします。体の具合の悪さを恐れないで捧
げてください。あなたは、一時、死の危険に会いました。でも、イエズ
スがあなたを抱きしめています。愛する息子に全て知らせて悪魔の策略
を壊し、これより先の事を許しませんでした。愛しています。小さな子
のままでいいのです。過去の傷も全部天は知っています。全部委ねてく
ださい。祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。

福者イメルダ・ランベルディーニ:
 愛するかわいい子(マリー・マドレーヌ)あなたに挨拶します。私は、
本当に御聖体が大好きで、ずうっと一緒にいたいと憧れていました。
イエズスが、全く神であるイエズスが、パンになって私たちの食べ物に
なってくれたのです。こんな優しい神様は世界を探してもこのイエズス
しかいません。弱さを恥じないでください。愛しています。愛するジャ
ン・マリー神父様に私を思い出してくれて感謝します。イエズスの聖体
のすばらしさをもっとみんなは知ってほしいです。マリア様と一緒に
祝福をします。司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。


--------------------------------
2006年6月25日PM16:45〜17:01
聖母マリア様からの公的メッセージ(大倉山の集会にて)
--------------------------------
聖母マリア様:
 愛する子供たち、あなたがたを祝福します。聖母がお話しします。
一人ひとりを天は愛しています。それぞれの悩み、苦しみ、痛みを天は
見ており、そのつぶやきも知っています。神はあなたがたにしてほしい
と望んだことがそれぞれに在ります。できないと諦めないでください。
どのようにしたらいいのか戸惑ったら「助けて」と一言お話ししてくだ
さい。あなたがたに与えられている守護の天使と、保護の聖人に助けを
求めて、取次ぎをお願いしてください。「どうしたらいいの?」この
祈りもしていいのです。小さい子のように何でも話してください。
あなたがたのことを一人ひとり聖母は愛し、決して見捨てません。
「『不可能に見えてもマリア様が一緒にいてくれるから私、やれるよね』
この希望の徳をください」と言ってください。一番そばにいて苦しむこ
とを一緒に担ってあげるのは聖母です。愛しています。祝福を送ります。
司祭の祝福をお願いします。

ジャン・マリー神父:
 全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。



----------------------------------------------------------------
4.反キリスト、ロード・マイトレイヤについての警告
----------------------------------------------------------------
イエズス様からの警告 1987年6月19日 No.23
     リトル・ペブルに(抜粋)

 天には、ヨハネ・パウロ2世の真の唯一の後継者はあなたであるとい
うことを、公教会と世界が知る計画があるのだ。そしてあなたはローマ
人ペトロ、ペトロ2世と呼ばれるのである。あなたは歴代の教皇が選挙
で選ばれたように選出されるのではないが、これは最後の教皇が世の終
わりまで統治するようにと定めた天の計画なのである。ヨハネ・パウロ
2世の逝去後、ペトロの聖座に自分で就く者は反教皇であることに注意
せねばならぬ。その名はカザローリであり、彼は悪魔を拝んでいる者な
のである。

(注1)ヨハネ・パウロ2世は死んだのではなく、神において眠りにつ
  いておられます。ベネディクト16世は真の教皇です。ベネディク
  ト16世の後、ペトロの聖座に自分で就こうとする反教皇を公に
  弾劾するためにヨハネ・パウロ2世は帰ってこられます。この後、
  ヨハネ・パウロ2世は殺され、預言は成就します。

(注2)神様が、私達の祈りによって時を遅らせてくださらなかったな
  らば、カザローリが反教皇になっていたところでしたが、彼は死に、
  別の者が反教皇として用意されています。反教皇は黙示録の「小羊
  のような獣」で、反キリストのロード・マイトレーヤを神・メシヤ
  として礼拝させ、666の獣の印のマイクロチップを全ての人に
  埋め込ませようとします。その時、ヴァチカンは「大淫婦」となり
  ます。 



----------------------------------------------------------------
5.お知らせ
----------------------------------------------------------------
◆「リトル・ペブル 最後の教皇 第3巻」日本語版が出版されました。
これをもって原本(英語Vol.1〜Vol.3)の翻訳は終了しました。英語版
Vol.4 の発行が待たれるところです。「リトル・ペブル 最後の教皇」
第3巻は一冊5000円(消費税・送料込)です。お申し込みは下記まで、
現金書留か郵便振替にてお願いします。ご送金はおつりのないように
お願いします。ご入金を確認後、発送いたします。

 〒467−0014
 名古屋市瑞穂区白羽根町2−33−3
  箱舟の聖母社
 電話・FAX: 052−851−8584
 郵便振替 00880−4−204678

「リトル・ペブル 最後の教皇」は、インターネット上で、こちらでも
購入できます。

「ホンニナル出版」
 http://www.honninaru.com/web_order/publish/


--------------------------------
◆ 集会のご案内 ◆

【 秋 田 】
  マリア様のローキューショニスト、マリー・マドレーヌ杉浦律子、
 マリア様のヴィジョナリスト、ミシェル・マリー・フランソワ奥田力
 と共に償いの13日を! 毎月、秋田県湯沢市の共同体において償い
 のプログラムを行います。

 会の名称:「償いの日のプログラム(毎月13日)」
 日 時 :7月12日の午後8時 〜 聖体行列
      7月13日の午後1時 〜悪魔祓いの一般的祝福
          〃   1時半〜トリエント・ミサ
          〃   3時 〜ベネディクション(聖体降福式)
          〃   3時半〜ロザリオ
                 (最大延長の場合、4時半まで)
      7月13日の午後8時 〜 聖体行列

 場 所  :〒012‐0106
        秋田県湯沢市三梨町字清水小屋14
        「秋田、天草、そして全ての
          日本の殉教者たちの聖母」共同体
        TEL/FAX: 0183−42−2762
        Eメール:charbeljapan@nifty.ne.jp

     ※ 毎月13日、行われます。
     ※ 告解をご希望の場合は、近隣の宿泊施設に、お泊りいた
       だくことをお勧めいたします。


--------------------------------

【 東 京 】
(1)東京での集会
  会の名称:「グレゴリオ聖歌研究会」
  日 時 :(7月は夏休みです)(交流茶話会のみ)
  会 場 :タワーホール船堀
      (東京都江戸川区:都営新宿線船堀駅下車)
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsu/bunka/bunka1.html
       地下鉄都営新宿線船堀駅下車すぐ。

(2)横浜での集会
  会の名称:「グレゴリアンソサエティー」
  日 時 :(7月は夏休みです)(ジャンマリー神父来訪)
  会 場 :大倉山記念館
      (横浜市港北区太尾町706大倉山公園内)
http://www.yaf.city.yokohama.jp/facilities/okurayama/index.htm
       東急東横線大倉山駅下車大倉山公園方面へ徒歩5分

 ■ 東京事務局連絡先 ■
  ミシェル・マリー・フランソワ奥田
    TEL:090−2901−0978
    Eメール:chikar@par.odn.ne.jp
  オーガスタン・マリー山田
    TEL:047−391−1375
  ミシェル・ジョゼ山本
    TEL:045−821−1027
  セルジオ豊田(ポルトガル語可:Portugues OK!)
    TEL:090−4547−4143

--------------------------------

【 名古屋 】
 会の名称 :「ひつじのつどい」(楽しい茶話会ですよ!)
 日 時  :7月15日(毎月第3土曜日)13:00〜17:00
 場 所  :〒467-0014 
        名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
        「秋田、天草、そして全ての
         日本の殉教者たちの聖母」共同体
        ロンジン・マリー馬場勝吉
        TEL/FAX:052−851−8584
        E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph

--------------------------------

【 大 阪 】
 会の名称 :「グレゴリオ聖歌研究会」
 日 時  :( 未定です )
 場 所  :「大阪YMCA国際文化センター」
 大阪市西区土佐堀1−5−6
      http://www.osakaymca.or.jp/shisetsu/bunka/index.html


--------------------------------
【 皆さまへのお願い 】
 ジャン・マリー神父の集会のための旅費etcは、皆さまのご寄付で
まかなわれております。皆さまのご協力をお願いいたします。
--------------------------------


◆ 洗礼を希望する方は申し出てください。ローマ・カトリック使徒教会
 の昔からの教えを全て固く信じ、現代主義の異端を決して受け入れな
 いこと。他の宗教の教えをことごとく捨て去ること。この固い決心が
 あるなら、準備が不十分でも洗礼を授けます。

 準備としては、私たちの4冊の本と、マリア・ワルトルタ著の十巻の
 本を全て読んでください。受洗後に読む場合、読む約束をして下さい。

 「153本のマリアさまのバラ」「153本の聖ヨゼフの百合」
 「聖シャーベル修道会の会則会憲」「メッセージ集」

   ■箱舟の聖母社
    〒467-0014 
    名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
    電話/FAX 052−851−8584
    郵便振替 00880−4−204678

 マリア・ワルトルタ著、フェデリコ・バルバロ訳編の「マグダラのマ
 リア」「聖母マリアの詩(上)(下)」「イエズスの受難」「イエズ
 スに出会った人々(一)(二)(三)」「イエズス − たそがれの
 日々」「受難の前日」「復活」の10冊、それぞれ3000円前後です。

   ■あかし書房
    〒166
    東京都杉並区成田西3-9-22
    電話:03-3313-4014 FAX:03-3311-9359
    郵便振替:00110-6-111231


◆「天からのメッセージ」に版権はありません。天はできるだけ多くの
 人々がメッセージを読むことをお望みです。どうぞ友人知人に「天か
 らのメッセージ」を伝えて下さい。コピーして配布して下さい。

◆ 次回「箱舟の聖母」は7月16日頃、発行を予定しています。


----------------------------------------------------------------
編集・発行:箱舟の聖母社
スタッフ :Father Jean-Marie of the Risen Son of God(復活された
      神の子のジャン・マリー神父)  Kolbe-Marie阿部哲朗
      Rongin-Marie馬場勝吉 Francois-Marie丸山幸一
----------------------------------------------------------------
お申込み、ご質問、ご感想は下記までお願いします。

  〒467-0014
  名古屋市瑞穂区白羽根町2-33-3
  箱舟の聖母社
  電話/FAX 052−851−8584
  E-mail : rongin-marie@martyrs.jpn.ph
       charbeljapan@nifty.ne.jp
  郵便振替 00880−4−204678

 「箱舟の聖母」は宣教誌です。購読しコピーし身近な人にわたすなら、
 あとはマリア様ご自身が働いて下さいます。そしてあなたのご寄付は
 マリア様の事業を支えます。あなたのマリア様に対する奉仕を神様は
 永遠に忘れません。マリア様を喜ばせましょう。マリア様はあなたの
 小さな奉仕にも大きな恵みで報いて下さいます。あなたが愛する人
 の救いのために「箱舟の聖母」を役立ててください。お申し込みは
 Eメール版は3千円、郵送版は一万円を目安に一年分のご寄付をお願
 いします(商契約ではありません)。こうするのは、読者の皆さん
 にも「受けるだけの人」のままでいるのではなく、自発的な献金と、
 友人知人にコピーをわたす伝道を通して「よろこんで与える人」とな
 り、神様の祝福をもっと得ていただきたいからです。「よろこんで
 与える者を神は愛される」、これが私達の宣教事業の基本理念です。
----------------------------------------------------------------
%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%0%%

(C)日本における「聖シャーベル修道会の共同体」
      設立の促進と援助のための事務所
 http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/index.htm
    E-mail : charbeljapan@nifty.ne.jp

%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%%9%%




[HOME] [戻る]